04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

08/01

Mon.

05:33:44

夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法 

Category【マネー


夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法
(2011/02/26)
花輪 陽子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

夫のこづかい3万円では出世できない

お金の管理は夫婦2人で

「夫のこづかいは千円でも減らしたい」
「こづかい3万円ではつきあいもできない」

夫婦の間でこづかいに関する議論は尽きません。

私、花輪陽子はファイナンシャルプランナー(FP)として、夫婦のお金に関する様々な相談を受けてきました。その経験を通して感じたのは、お金の管理をどちらか一方の任せきりのカップルがとても多いということです。

「ぼくは貯金をしていません。妻がこっそり貯めてくれているはずだから。(でも実際はいくら貯まっているのか全く知らないんです。貯まっていなかったら困るな……)」
「夫のこづかいの額は、お給料から生活費を差し引いて、余った分です。これって当たり前じゃないんですか?」
「夫が私に内緒でキャッシングをしていたんです。おこづかいはちゃんと毎月3万円渡していたのに……」

 こんなカップルが実に多いのです。



アマゾンをちらちら見ていた時に気になった一冊。

ファイナンシャルプランナーが書くお金の本はいくつかありますが、この本は本当に本当に初歩に向いている1冊だと思います。とにかく「お金貯めたいんだけど、どうしたらいいんだろう」とか、「お金貯めなくちゃーとは思うんだけど、うまくいかん」などなど、私のように「算数弱いからお金の計算できないのー。夫、頼む!」という人にもぴったりです。

この本のポイントは、「やりくり」とか「節約」というような小さなお金の変動ではなく、「仕分け」がテーマになっています。もちろん使ってはいないお部屋の電気を消すだとかいうような、小さな節約も大切です。でもそれは時にストレスになることも。

それなら、どーんと大きく出ていく部分を見直そう!というわけです。例えば住宅費。買うべきかしら?借りるべきかしら?の問題がありますよね。あと車を持つか、持たないか。お子さんがいるお宅であれば、教育費の問題もありますね。そして誰もが老いていくにあたり、保険などの準備をしているはずです。

そんな家計に大きなパーセンテージを占めている部分を見直しましょう!その方法や目安が記されています。

今、すでに投資でがんがん攻めに入っている方には完全に物足りない一冊でしょう。どちらかというと、主婦の目を覚まさせる本かと思います。

 この本を読んで 

・文章が読みやすく、非常にわかりやすかったことから「これ、しばらくバイブルにしよう」と決めました。お金の管理、これで見直して生きたいと思います。

・とは言え、「年長者がおごる」というシステムのある韓国では3万円ではやりくりできん!です。あとこちらのカード社会な面もどうにか対策を練らなくちゃ、と思うところ。

・貯金についての項は「なるほど」が満載です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2011

07/20

Wed.

22:52:35

公認会計士が教える年収の4割を貯蓄する方法 

Category【マネー


公認会計士が教える年収の4割を貯蓄する方法公認会計士が教える年収の4割を貯蓄する方法
(2010/07/02)
森安理恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

28歳、無職・フリーター。
平日は自給1400円で派遣社員として働き、休日は日払いアルバイト。
しかし、それでも年収は200万円程度。
そのくせ、お金もないのに、つい高額の買い物をしてしまい、
貯金どころか借金300万円を抱える始末。

さらに、小さい頃からミーハーで、
学生時代は好きなアイドルの追っかけにあけくれ、
ろくに勉強もしなかったために低学歴。
……これ、すべて私のことです。

20代という、若くて元気な時期をいつもお金の心配をして過ごし、
また、学歴社会のこの世の中で、低学歴ゆえの差別や偏見を受け、
私は、たくさんの悔しい思いをしてきました。

そんな私が、一発逆転でまわりの人たちを見返せることがしたい!
と、試行錯誤して生まれたのが、この「年収4割を貯蓄する方法」です。



上の「はじめに」にある書き出し部、私もまさにこんな人生です。いえ、著者の追っかけの徹底ぶりにはビックリしました。これは確実に負けました。ジャニーズを追いかけ、ツアーとなれば全国各地を追いかける。きっとグッズやCDなんかも大量買いなさってたんだろうなーと思われます。300万円の借金は歯科矯正などなどで追っかけとは異なるものなのですが、それでも立派にちゃんと返済なさってるもの素晴らしいです。

著者が提唱する4割貯金の方法というのは3つ。

①過去ノート
②今ノート
③未来ノート

を記入すること。それぞれ自分のお金の使いっぷり、手元にある残金、今後必要になるであろうお金や将来計画などが人目で分かるという長所があります。

単なる家計簿と違うのは、この3つを同時に進行させることで、進捗状況が即座に分かるという点。それから、見直しすることで、無駄が省ける点です。

私はエクセルで家計簿をつけていますが、つけるだけであんまり見返してませんでした。その理由は、③の未来ノートが欠けていたからだと思います。将来、自分のお金がどうなっていくのかが分かってなかった。

簡単な文章でわかりやすく、「これならできる!」と思わせてくれる一冊。家計簿をつけたことのない方、家計簿をつけるのが続かない方にもおススメ。お金の記録方法の本です。

 この本を読んで 

・やってみようと思ったことがいくつかありますが、中でも将来的な長いスパンでの貯蓄の見取り図は必要だと思いました。人生、どこでどうなるかわからない。今のようなどんぶり勘定、そろそろ卒業しなくちゃなー。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

04/14

Wed.

22:59:33

となりの億万長者―成功を生む7つの法則 

Category【マネー

となりの億万長者―成功を生む7つの法則となりの億万長者―成功を生む7つの法則
(1997/09)
トマス・J. スタンリーウィリアム・D. ダンコ

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

イントロダクション

 二〇年以上前、私たちは、人はどうやって金持ちになるのかを研究し始めた。最初、私たちは、絵誰もが考えるように、いわゆる高級住宅街に住む人々を対象に調査を行った。だが、そのうちどうも奇妙なことに気づいた。豪華な屋敷に住み、高級車に乗っている人たちは、実際にはあまり資産を持っていないのだ。そしてもっと奇妙なことに気づいた。大きな資産を持つ人々は、そもそも高級住宅街に住んでいないのだ。
 この小さな発見が、私たちの人生を一変させてしまった。トム・スタンリーは大学の教職を捨て、富裕層を対象としたマーケティングの本を三冊書き、富裕層向けにビジネスをする企業のアドバイザーになった。またアメリカを代表する大手金融機関七社の依頼で、資産家についての研究調査を行った。この二〇年間、彼と私は、富裕層向けビジネスに関するセミナーを何百回と行ってきた。



今、猛烈に反省しています。私、どう考えても浪費型人間。貯蓄や未来の計画を立てるのが苦手なタイプです。更に今まで裕福ではない家庭に育ち、それほど甘やかされて育ったわけではないと思っていましたが、実は無いながらも親は私に融通してくれていたんですね。今になり、「なんと甘やかされていたことか!」と気がつきました。

結局お金には正しい対応の仕方というのがあるようです。この本に出てくる億万長者は、誰一人として湯水のようにお金を使っているわけではありません。どちらかと言うと普通、一般の生活を送っているような感じ。もっと言うとむしろケチといっても良いほど、財布の紐をきっちりと結んでいるのです。とにかく、ムダなことに一切お金を流さない。これが億万長者の秘訣でしょうか。

面白いなぁと思ったのは、一つラクシュアリなアイテムを持ってしまうと、それに合わせて生活態度を変えなくてはいけないという点です。例えば高級時計を買ったとします。ボロボロのジャンパーに高級時計をしていては、なんのための立派な時計かわからない。だから自ずとスーツや靴の質が変わってきます。身につけるものが高級化すると、今度は軽自動車が似合わなくなる。だから買い換える。そのうち高級車が今のボロ屋にはそぐわないと高級住宅街へ引っ越す。どんどんとお金を使わざるを得なくなるわけですね。なるほど、これはよくわかる!と思いました。

とにかく将来の計画はキッチリ立てる。日、月、年間単位でそれぞれのお金の出て行き方を把握する。必要のない高級品を買おうとしない。毎月決まった%でお金を貯蓄する習慣を持つ。お金は使うためにあるけれど、いつどのように使うかをしっかりと明確にすること。種を撒かなければ収穫はありません。種芋まで食べてしまってはいけません。

もっと短絡的にその場限りの使い方ではなく、人生の中でのお金の流れを考えなくてはいけませんね。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・私たちの世代は、年金があるからと大きく構えていてはいけません。自衛の精神を持たなくては老後は決して安心というわけではない。億万長者ならずとも、少しは蓄えを作らなくちゃ。今までのお金の使い方を思い出し、猛省中です。

・それにしても、ほんとーになんてもったいないお金の使い方をしたことでしょう。それでも稼げる年齢のうちに気づけてよかった。貯蓄は早いうちにはじめるに限ります。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

02/25

Thu.

21:07:23

金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方 

Category【マネー

金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方金持ち父さんの新提言 お金がお金を生むしくみの作り方
(2009/10/22)
ロバート・キヨサキ

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

今世界は「流動性のワナ」にある

 私は以前から、危機的状況を迎えると言っていたが、それは現実のものとなった。
 いま、世界中のお金は「流動性のワナ」にハマっている状況だ。「流動性のワナ」とはお金が動いていない状態を指すが、実は日本が、世界中のどの国よりも、これについて、よくわかっているはず。貯蓄率は世界一だが、お金がお金を生まない。お金が銀行にうなるほどあるのに、お金を動かすためにどう運用すればいいのかがわかっていない。
 日本だけじゃない。中国もいま流動性のワナにはまっている。アメリカは、大きな「借金のワナ」につかまっているけどね(笑)。愚かなもので、彼らは今頃になって「貯蓄をしよう」だなんて言いだしている。13ページの「キャッシュフロー・クワドラント」を見てほしいが、この中のEやSクワドラントの人々は、お金をメリルリンチなど他人に預けてしまっている。これでは、お金を自分のために働かせることはできない。



本書は、「BIG tomorrow」に連載された記事と、この書籍のために行ったキヨサキ氏とのインタビューをもとに再編集された書籍です。書き下ろしではなく、編集者によりまとめも収録されています。記事も一つ一つが短く、今までの「金持ち父さん 貧乏父さん」シリーズよりは軽めのできになっています。キヨサキ氏の書籍を初めて読む方には適当かもしれませんが、私は若干の物足りなさを感じました。

とは言え、ファイナンシャル・リテラシーを持つことが大切であるというお話や、自身ではなくお金に働いてもらえという一貫したスタンスは同じです。それに関するお話もちょこちょこ出てきます。私はこれが掲載されていた雑誌をよく知りませんが、もし連載を読んでいない人ならなにか一つは新しいエピソードを発見できると思います。

キヨサキ氏の書籍はいくつか読んで来ていますが、未読の書籍もタイミングを見て購入しようかと思いました。ちょうど連載時期に日本で翻訳版が出たのだと思いますが、『金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン』『あなたに金持ちになってほしい』の2冊について、何度か話が出て来ていました。アマゾンでチェックしても、共に好評のようです。

金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン金持ち父さんの起業する前に読む本 -ビッグビジネスで成功するための10のレッスン
(2006/11/10)
ロバート・キヨサキシャロン・レクター

商品詳細を見る



あなたに金持ちになってほしいあなたに金持ちになってほしい
(2008/01/23)
ドナルド・ トランプロバート・キヨサキ

商品詳細を見る


新提言とありますが、キヨサキ氏の一連の作品を読んできた方には「新」の意味が感じ難いかも。おさらいとして、さーっと読むには最適です。雑誌に掲載されていたエッセイのようですので、あっという間に読み終えられます。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・著者がキヨサキ氏になっていますが、半分くらいは編集者のコメントです。でも、私はキヨサキ氏へインタビューを試みるようなチャンスはありませんので、それはそれで勉強になりました。

・でも、やっぱり軽い。書籍の値段は、芸術と同様に金額による数値化をするのは難しいと思いますが、この内容なら有料のネット配信でもよいのでは?という気がしないでもないです。

・とは言え、他の書籍についての情報もあり、やっぱり読む価値はありました。おススメするにはちょっと微妙な本ですね。








☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

11/04

Wed.

23:19:54

1万人の貯蓄長者から学ぶ 6000万円貯める技術 

Category【マネー

1万人の貯蓄長者から学ぶ 6000万円貯める技術1万人の貯蓄長者から学ぶ 6000万円貯める技術
(2009/07/23)
坂井 武

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 お金は「貯める」と「貯まる」ものです。よく聞く言葉にすると「お金持ちにはお金が集まる」ということです。私はファイナンシャルプランナーとして貯蓄相談を受けてきた中で、この言葉を今さらながらに実感しています。
 金融機関に在職している時から遡れば、延べ1万人以上の人の預金通帳や保険証券・有価証券を見てきましたが、その中で今でも印象に残っているのは、初めてお金持ちの人(資産2億円)の預金通帳を拝見させていただいた時のことです。



アマゾンでの評価が高かった事から購入してみました。

私の場合、まず貯蓄の段階から躓いています。とにかく貯めなくちゃならないんですよね。それにいちいち、「日本円で貯めるべきかな?ウォンかな?」と持つべき通貨で悩む。そして「こっちの銀行に円で預けようかな。それともドルにしておいて、あとで必要に応じて円にしたほうがいいかな?それとも日本の銀行に素直に円で預けるべきかな?」など、今度は預け先でも迷ってしまいます。

元手となるお金が無ければ、運用すらできません。
この本では、その元手の作り方を説明し、目標金額までの過程を説明します。元手がある程度膨らんだところで、次に貯蓄システムを作るアドバイスへと進んでいきます。とてもシンプルかつ初歩者にもわかりやすい流れです。

具体的に「○○社の株が・・・」とか「△△銀行の・・・」のような方法が書かれているわけではありません。むしろ貯蓄マインドを作り、小さなことからコツコツと継続する力を与えてくれる一冊です。面白かったのは、冒頭にあったお金持ちのお話です。その方は古い通帳をいくつも持っていたそうなんですが、それぞれの用途別に貯めたお金を使わずにずっと取ってあったそうです。昭和時代に作った通帳なら、利子もついてそれだけで少しは貯蓄に繋がったのではないでしょうか。

折角日本より金利の良い韓国に住んでいるので、少しはそれを活かしたい思っていました。でも、株やFXなどリスクの大きいものは怖すぎる。銀行の長期貯金などなら私でもできそうです。俄然、通帳作りたくなりました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・0から1を作る力が出てきました。貯蓄にも必ず自分にあった方法があるはず。この本の方法ならば、スタートで躓かずに済みそうです。

・まずは10万円。まずは100万ウォンからスタートですね。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・新しい通帳を作り、6ヶ月で100万ウォン貯める。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

07/22

Wed.

11:22:52

現金は24日におろせ! 

Category【マネー

先週は大雨続きで各地で被害が相次いだのですが、日本の3連休で晴れ男・晴れ女さんが続々と韓国入りしてくれたようです。今週に入り、「あの雨は何だったんだ!」叫びたくなるような好天が続いています。

この頃ずっとCNNを見ていたのでソウルでも日食を体験できることを知らずにおりました。すると9時半くらいから部屋が暗くなり始め、「また一雨くるのかな?」と思っていたら日食が!早速外に出て肉眼で空を見てみましたが、影が掛かっているようには見えず。やっぱり専用メガネ?が必要でしたね。でも、暗さで日食を体験することができました。

現金は24日におろせ!現金は24日におろせ!
(2009/05/26)
小宮 一慶

商品詳細を見る


私は多くの著者さんを自分の「メンター」だと思っています。もちろん面識もありませんし、非常に一方的な話ですが、著作の中に生き生きとした教えが詰まっていると、無条件に感動して「ああ、この人はメンターだ!」と思うのです。小宮一慶さんもそんなお一人。

小宮さんのマネー本には、他にも『お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな』がありますが、読むたびに自分の甘い考えを軌道修正してくれます。

お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)
(2008/08/08)
小宮 一慶

商品詳細を見る


今回読んだ本もマネー・リテラシーを身につけるにピッタリな1冊でした。
書き出しをご紹介します。

「お金」も「時間」も自分でコントロールする

 毎月25日。銀行のATMコーナーには、長い長い人の列ができます。
 理由は単純です。25日が給料日の会社がとても多いからです。
 みんな24日までに財布の中身が空っぽになってしまい、口座にお金が入ったのを待ちきれずに、銀行へと向かうわけです。
 特にお昼どきの混雑はすさまじいもの。都市部の支店などは、列の最後尾に並び始めてからATM機にたどり着くまで、20分、30分待たされることも普通です。
 
 実はこの本は、毎月25日にATMコーナーに並んでいるような人にこそ読んでほしいと思っています。
 25日に現金をおろしているようでは、「ちょっとあなたの人生、このままではまずいですよ」と申しあげたいからです。



お金をコントロールすることが目的の本です。
お金をコントロールする本には、お金持ちになる本に始まり、マネー・リテラシー本、節約術本、投資術本などがありますが、これはメンタル面を鍛えるマネー・リテラシー本です。何事においても、目標や終わりが見えていない限り、コントロールは不可能です。マラソン選手にゴールの情報を何も与えずに「とりあえず、走って」と言っても、ランナーは困惑するばかり。なぜなら自分の走りをコントロールできないからです。お金に関しても同じことが言えます。

日本は今や世界一の長寿国です。医療技術も発達し、今では人生100歳はなんら特別なことではなくなって来ています。100年の人生のうち、働ける時期は正味40年程度かと思います。人生の半分以下の労働時間で、倍以上の人生を養わなくてはならないのです。成人するまで親に育ててもらったことを思えば、両親の老後をみることも考える必要はあるはず。労働年齢の今、人生で必要なお金がどのくらいあり、自分が老後に差し掛かるころの社会がどうなっているのかを見据えた上での計画が必要です。

前マネー本にもありましたが、小宮さんのおススメする人生のキャッシュフローはそんな人生設計に非常に役立ちます。私も作りました。必ずしも計画通りとは限りませんから、定期的な修正が必要です。私は正月休みとお盆休みに見直すようにしています。この表の良さは、お金に限らず自分の人生の目標も合わせて軌道修正できることにあります。人にはそれぞれ夢や目標があると思います。それを漠然と心に抱えているだけでは何もおきません。流されるだけ。でも小宮さんのキャッシュフローを作ると、夢の実現に必要な費用を同時に計算でき、より正確な目標値を叩きだすことができます。これは本当におススメです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・小宮さんの本の良さは、海外でも実現できるところにあります。もしかすると海外在住者の存在も検討に入れて著作なさっているのでしょうか。他の著者さんの作品は、海外で使える面が少ないものが多いのですが、この本は日本国外でも使えます。

・お金が欲しいとお金を追いがちになってしまいますが、この本でも軌道修正を図られました。イチロー選手を見れば一目瞭然。お金は目標達成の成果に過ぎません。一生懸命に自分の目標を達成しようとした結果がお金である。これを知るだけでも毎日が変わりました。

目次、折り込みます。
-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

07/21

Tue.

08:24:14

20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ! 

Category【マネー

20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!
(2009/04/14)
野瀬 大樹野瀬 裕子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 私たちは、お金についてあまり考えることをしません。というか、考えたくないからこそ、私たちはお金と向き合うことを避けてしまいがちです。 世の中には、お金を稼ぐ方法も、出資を減らす方法もいくらでもあります。そんなこと、だれでも知っているはずなのです。
 しかしそれを、

 「なんだか難しそう……っていうか、面倒くさいし……」

 そんな理由で何もしていないのではないですか?
 知っているけどやってみようとしない。それは、知らないことと同じです。



※赤字部分は本文中強調されている部分です。

タイトルに「20代」とありますが、書かれたご夫婦は30代の会計士ですし、内容は「早めにお金について考える機会をもちましょうね」ということなので、30代でも40代でもヒントを見つけられると思います。ただ、年代というよりも独身者で結婚が射程距離にある方にとって、より貴重な情報が多いと思います。

著者はご夫婦の共著のようになっていますが、恐らく奥様はアイデアを提案し、ご主人が執筆したのでは?と思われます。お二人とも会計士です。帯の「1ヶ月の労働時間を72時間短縮、1年で貯金を100倍、生活費を1/2にした私の方法」とありますが、基本的に共働きの夫婦だからこそ出来ることでは?と思う点が多々ありました。72時間労働時間を減らせたのは奥様です。これは同業のご主人のサポートあってのことでしょう。また生活費を半減できたのも、稼ぎ手が2人いて、極力お金を使わない生活をすれば可能なことです。そうすれば貯金を増やすこと(100倍にするには投資が必要)もできるはず。

個人的には、結婚のくだりには共感できませんでした。まぁ、現実的に男女両者が相手の収入や可能性を重く吟味するのは、それぞれ個人の価値観によると思います。条件結婚が多く、その反動で離婚率が世界一の国で暮らしていると、「ああ、日本よ。お前もか・・・」と残念な気持ちが湧いてしまいました。

有益な知識としては、お金を使う度に「1回あたりの単価」を考えるのはよいアイデアだと思います。私も早速実践しています。例えば11万円のヴィトンのバッグ。ネットオークションで売ることを前提として買うとしましょう。オークションHPでは同じバッグが2万円で売られています。とすれば、自分も2万円程度で売ることができるでしょう。すると、

11万円-2万円=9万円

9万円が正味価格となります。それを例えば3年使うなら、

9万円÷3年=3万円/年

となり、毎日の出勤に使うなら

3万円÷260日(52週×月~金)=約115円

と、1日単位で見るならばそれが大きな投資とはなりません。むしろ安い!

ところで、最も一過性の高いものは「新婚旅行」なんだそうです。旅行は一度きりのもので、何度も再生できないことが理由です。これにも私は「うーん」と反論したい部分があります。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・共働きの夫婦が増える中、働き手が増えることで1家庭の収入も増加しています。でも、それを使ってしまうばかりでは未来において安定を掴むことはできません。著者の場合、生活費での支出を抑え、そのお金で不動産投資を行い収入を増やしているそうです。

・上でも書きましたが、私は新婚旅行はムダだと思っていません。旅行もムダだと思っていません。ただ、身の丈に合った「旅」のスタイルを選ぶ必要はあると思います。私の両親は、夏休みには必ず旅行に連れて行ってくれました。北海道内を車で回る2泊3日程度の旅でしたが、今でもそれは私の心の中で大きな支えとなっていますし、決して一過性のものではありませんでした。
新婚旅行にしても、同じです。私たち夫婦には子どもがありませんが、それでも時には意見がすれ違ったり、なかなかうまく事が運ばないこともあります。そんな時、「初心に帰る」と言いますよね。私が「初心」として思い出すのは、新婚旅行のことです。新婚旅行だって決して一過性のものではないと思います。それに多くのビジネスマンは、この機会がなければ、1週間程度の旅行なんて難しいのではないでしょうか。

目次、折り込みます。

-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

05/22

Fri.

09:47:49

年収200万円からの貯金生活宣言 

Category【マネー

表紙デザインを見て、「これは絶対買うべき」とjumee☆point1eときました。買って正解。まさに今の私が必要としていた本であります。

年収200万円からの貯金生活宣言年収200万円からの貯金生活宣言
(2009/04/15)
横山 光昭

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 「節約はかなりの収入なり」。
ルネサンスの先駆的思想家である人文学者、デジデリウス・エラスムス(1467~1536)はそういい残しています。無意識に使っている生活支出を減らすことイコールそれは収入だというとらえ方です。

 現代においてもそれは当てはまり、普遍的な本質といっても過言ではありません。また大多数の人にとって、効果的なルールでもあるのです。
 
 お金を貯めるには、絶対に揺らがない理論上のゴールデンルール(絶対法則)があります。入ってきたものをなるべく多く残す、つまり「稼いだお金は極力使わない」という単純なルールです。何だか味気ないものですね。
 しかし、シンプルだけに強烈なヒントも隠されています。



色付き部は本文中では太字で強調されています

確かに、入った以上にお金を使いさえしなければ、貯金はできるはず。それは『バビロンの大富豪』にも記されていました。でも、それがナカナカできないんですよねぇ・・・はぁ

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのかバビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
(2008/08/08)
ジョージ・S・クレイソン

商品詳細を見る


というわけで、本書を購入したわけです。これからは貯金体質になるために頑張るぞ。おーっ。

まずは著者の横山さんはこんな方です。



おなじみAll Aboutでお金に関する記事を書いておられます。現在、「家計再生」ををかかげ、マイナスのどん底からプラスの道へと導いてくださる、まさに庶民の味方!この本を読むまで横山さんのご活躍を知らなかったのですが、なんと横山さん、北海道出身なんだそうです。おお、道産子仲間!会社も札幌市北区にあるんですねー。地下鉄なら南北線の麻生(あざぶ)、JRなら新琴似(しんことに)が最寄です。

jumee☆signHPD 株式会社 マイエフピー

この本には、貯金をスムーズに初め、長く続ける秘訣が語られています。この通りやれば「家計再生」は可能でしょう。やわらかい文体で書かれていますので簡単に読めますが、内容には芯があります。

私がまとめたポイントは以下です。

jumee☆noA1 支出を「消費」「投資」「浪費」にわける。理想は75:25:5の比率

jumee☆noA2 ムダなお金を使わないことはモチロンだが、1つの支出を長いスパンで考えるクセをつける

jumee☆noA3 3ヵ月単位で行動を見直す。(家計簿チェック)

1番目の項目を読んだ時は、まさに「これだ!」と思いました。我が家はexcelで家計簿をつけている(横山さんは手書き家計簿を奨励しています)上、ほとんどの支払いにカードを利用しています。(もちろん横山さんは現金推奨です。)カードを使う度に家計簿に記入してはおりますが、やっぱり予算オーバーしちゃうんですよね。特に「浪費」部分が・・・。カードを利用している理由は、1に年末調整の所得控除のためです。

jumee☆point1a 知恵袋
韓国では対象年度の前の年の12月から対象年度の11月までが年末調整の時期。年収額に応じて所得控除額が定められていますが、個人が使った金額そのままが所得控除の対象となるのです。個人が利用したクレジットカード額+現金払いした際に発行される現金領収証の総額を申告可能です。(ただしクレジットカードの利用額が年収の15%以上であることが条件。)


カード生活で支出を上手くコントロールできていなかった私にとっては、この本はまさに救いの神でした。長いスパンで物の有効性を考える事も大切ですよね。これはためになった!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・なによりも借金の怖さがわかりました。カードもある意味借金です。支払いに繋がるまでは、カードで「購入した」とは云っても完全に自分のものではないのです。絵文字名を入力してくださいの子ども達はお金の教育を受けるべきだという声をよく耳にしますが、この本を読んでから、私も早期お金教育派の意見に賛同です。

・外国で暮らしていると、何と言っても「為替」問題が付きまといます。滞在国の通貨で貯金すべきか、滞在国に円口座を開くべきか、それとも滞在国外の通貨を運用すべきか・・・。久々に見直しするキッカケとなりました。

・株やらFXやら、今はいろいろな投資法が一般に広がっています。でも、結局「貯金」が最も身近で確実な資金増強法なのかもしれませんね。種銭なくては投資もできません。博打のような投資をするなら、私は貯金を選びたいと思います。

・北海道の、それも地元札幌の方が書いた本ということもあり、親近感を持って読みました。同時に、日頃聞いていた北海道の不況の話が頭に浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・。少ないお金をどう自分に、社会に活かせるかを一人でも多くの道産子が意識できればなぁと思います。

目次、折り込みます。

-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

12/03

Wed.

18:48:13

お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな 

Category【マネー

つい最近ですが、この本に出会いました。

お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)
(2008/08/08)
小宮 一慶

商品詳細を見る


小宮さんの本は本当に読みやすく、重読したくなる魅力があります。
この本、30歳以上なら必読です。

では、書き出しをご紹介しましょう。

基礎的知識を持たないと大けがのもと

 「経済・金融の知識」、「金融商品の知識」、「自身の価値観」、この三つをきちんと持つことが金融をうまく使って皆さんが豊かになるために必要なものだと私は思っています。
 投資と預金のどちらを選べばよいのか、住宅ローンを借りるべきかどうかというような判断をする際に、この三つは必要不可欠なものです。
 この本の全体を読むことで、この三つは自然と身についていきますが、まず第一部では「経済・金融の基礎知識」をざっと説明し、皆さんの価値観を確認しながら、お金にはその性格上、「守るお金」と「攻めるお金」の2種類があることを認識し、その区別の判断ができるようになっていただこうと思います。



この「守るお金」と「攻めるお金」という概念は、これから老後を迎える人すべてにとって必要な知識だと思います。この本を読めば、自分がどんなスタイルで、どんな投資をするべきかがわかります。やって良いこと、やってはいけないことを知らずに投資の世界に入るのは、非常に危険な行為です。

私にとって新鮮だったのは、預金についての考え方でした。
銀行にお金を預けると、今ならわずかな金利がつきますね?確かに小さな投資です。ところで、投信を買うには手数料を払いますが、銀行にお金を預けるのに手数料がかからない!このくだりを読んで、私はお金&投資に対する知識不足や偏見があることに気付けました。

ところで私の両親は自営業です。自営業者の年金支給額は、厚生年金に比べ多くはありません。ですから、若いうちから老後、老後と、「老後に備える」が口癖で、いつも切り詰めた生活をしていました。幼い頃は欲しい物も買ってもらえずケチな両親だと思ってましたが、大人になった今、改めて両親の計画を思い起こすと「何としっかり準備していたんだろう」と感心するばかりです。おかげで私も知らないうちに老後に向けての知識がついたように思います。

この本を読んで、「守るお金」を増やす必要、「攻めるお金」で増やす方法がわかりました。
早いうちに、若いうちに老後の準備を始めるべきだった!と気付いてからでは遅いんです。だいたい30代に入ってから、ようやく「老後」の存在をひしひしと感じられるようになるはず。

長いスパンで自分の人生を設計する重要さを強く感じられる1冊でした。
投資の基礎、金融の基礎への入口として、何からはじめれば良いのかわからない人、老後が不安になってきた人、一緒に重読しましょう!するめ並に読めば読むほど、味が出ます。

おススメ度:★★★★★
経済不安のある今、おススメの1冊です。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

09/11

Thu.

23:14:09

バビロンの大富豪 

Category【マネー

土井英司さんのビジネスブックマラソン(以下BBM)で紹介されていた『<新訳>バビロンの賢者に学ぶ錬金術』

<新訳>バビロンの賢者に学ぶ錬金術<新訳>バビロンの賢者に学ぶ錬金術
(2008/08/07)
ジョージ・サミュエル・クレーソン

商品詳細を見る


アマゾンの書評に、翻訳やイラスト・デザインが子供向けであるとのコメントがありました。調べてみると、『The Richest Man in BabylonRichest Man in Babylon』にはいくつかの翻訳バージョンがあるようです。その中で、手に入れやすく、読みやすいとの書評があるこちらを購入しました。

バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのかバビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか
(2008/08/08)
ジョージ・S・クレイソン

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 バビロンの戦車職人万死亜はすっかり参っていた。家屋を囲む低い壁に腰を下ろしたまま、自分の簡素な家と、扉の開いた作業場、それにそこに置いてある作りかけの戦車を悲しげに眺めていた。
 開けたままの戸口にはひっきりなしに妻の姿が現れた。自分のほうを密かに見やる彼女の目を見れば、「食料袋はほとんど空なのだから、仕事にかかって戦車を完成させてくれなければ困ります」と言っているのはすぐに分かる。切って叩いて、磨いて塗り、さらには車輪の枠に革をピンと張って完成させ、金持ちのお得意から代金をもらわなければならないということくらい……。
 



この本は1926年より、バビロンを舞台にした寓話シリーズとしてパンフレットの形で発行されたそうです。それが今でも多くの蓄財哲学や自己啓発として支持されてきているとのこと。

wikipediaによりますと、『バビロンはメソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がる。ギリシア語で「バビロンの地」を意味するバビロニアの地名で呼ぶ。貿易の商工業の中心であり、物資集積場であった。紀元前600年代の新バビロニア王国時代になって、その首都となるとイシュタル門や、今でも謎を残す空中庭園などの建造物が作られ、オリエント有数の大都会として栄えた。』とあります。

そのバビロニアの遺跡から発見された粘土板を元に作られたお話が、『Richest Man in Babylon』です。

「家族や自分の老後のために、これからはもっと必死に財産を運用しなくてはならない。なにはなくとも投資すべし。」最近のお勉強本や経済本を読み、私はこんな錯覚に陥っていました。しかし、そのまえにすべきことがある。それをこの本から学びました。

運用するだけの財産や、返済の残った住宅ローン。少ない給料から日々の生活費までを捻出しなくてはなりません。しかしそれは、古代も現代も同じこと。とても単純なことなのに、投資にばかり頭がいってました。バビロンの知恵者は、まずは財布を太らせることからはじめるべきだと言っています。収入の10分の1を自分のために取っておくこと。投資にばかり頭が行っていた私には、ベースとなるべき貯蓄の意味を忘れかけていました。

読了後、私は貯金通帳を管理しているところに、この本を仕舞いました。
これから、何度となくこの本を読むことになるでしょう。

土井さんのおっしゃるとおり、未読の方は、是非一度手に取るべき1冊だと思います。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

08/26

Tue.

19:15:40

着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実 

Category【マネー

この本を購入しました。

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実
(2008/06/16)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


アマゾンの投資・為替のランキングでも、長くベスト10入りしています。著者のブログをもとに編集されたFX投資本です。

投資には、先を読む力が必要です。情報を元に予測を立てる「ファンダメンタルズ」と、チャート分析により予測を立てる「テクニカル」があります。投資家はそれぞれの方法で、自分のポジションをどう運用するかを考えます。この本は、テクニカル重視です。

まずは、書き出しのご紹介。

 ここ数年のFXブームでは、日本の個人投資家の大半が主に円キャリートレードを行ってきた。その理由として、2007年七月までの円安傾向が鮮明であったことに加え、FX取引に対する認識の偏りに起因するものと思われる。
 米サブプライム問題を発端とした金融危機が株安、円高をもたらし、円キャリートレード筋のポジションの解消(反対決済)におる狼狽売りが各主要通貨対円のレートを大きく押し下げ、多くの投資家が損失をこうむったことは記憶に新しい。
 いわゆる「プロ」の評論家でも、個人投資家の間でも、あたかも円安が宿命的と言わんばかりの論調がやっとトーンを弱めてきたが、依然、片寄った認識をもって相場に臨んでいる投資家が多く存在しているのも事実だ。具体的に言うと、円キャリートレードを確実な投資手法と見なすことや円安を絶対視する風潮である。 



着物トレーダーとは、海外での日本の個人投資家を揶揄した言葉です。橘さんの『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』では、「ミセス・ワタナベ」と紹介されています。投資を知らずに参加する日本の主婦が闇雲に投資して市場を動かし(というより乱し)、莫大な利益を得ている・・・というお話が、着物トレーダーやミセス・ワタナベのイメージのようです。

「相場は、相場に聞け」をモットーとする陳さんは、簡単なテクニカル・データを中心に、相場の行方を見ています。必ず相場に兆候が現われる。鶏が先か、卵が先か。これをFXに当てはめると、相場データの兆候が先で、それから出来事が起きる。サブプライム問題も、データに現れていたそうです。

とは言っても、投資は簡単に儲かるような甘いものではありません。大切なことは、盛りだくさん。特に引き際です。損切りが本当に難しい。どうしても欲が出てくるので、「もうちょっと経てば、良くなるかも。」とずるずるとマイナスを拡大してしまいます。損切りのほかにも、投資の難しさはこの本を読めばわかります。ちょろっとFXで稼いでみるか!とギャンブル気分でこの本を読み始めると、逆にハードルの高さに躊躇するかもしれません。

陳さんは、チャートのほかにMACD、MA、RSIで補助情報を利用しています。そして、チャートに線を引き、シグナルを読む方式で先々を見てきました。スワップ派とは逆のスタイルで、為替利益で稼ぐ事が本物のトレーダーになれる道だと仰っています。

まずは、陳さんのブログをご覧下さい。

陳満咲杜の為替の真実
http://blog.goo.ne.jp/forest168

この本は、ブログの記事に説明を添付した構成です。
まずはどんな本なのか、どんな主張なのかが、どんなスタイルなのかが気になる方はブログから入って見てはいかがでしょうか。

私には目から鱗がたくさん落ちる1冊でした。
これからFXを始める方には、ちょっと難しいかもしれません。数冊基礎本を読んでから手に取ることをおススメいたします。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

08/20

Wed.

09:26:13

サブプライム後の新資産運用 

Category【マネー

とても読みたかった、この本。

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
(2008/07/18)
中原 圭介

商品詳細を見る


橘 玲さんの『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 究極の資産運用編』を読んで「やっぱり外貨預金!」と思い、こので「絶対、外貨預金!」と断言したくなりました。

プロでも読み越せなかったサブプライム問題。中原さんは、2007年当初から、アメリカで住宅問題を発端とする金融トラブルが発生すると仰っていたそうです。私のような素人は、「結局サブプライムって、なんだったの?これからどうなるの?」というのが本音ではないでしょうか。

この本を読み、金融リテラシーがいかに大切であるかを痛感。そして、現時点での自分の金融リテラシーの不足っぷりに「こりゃ、いかん」と襟を正す思いです。ありがたいことに、私でも読めるほど、内容はシンプルかつ読みやすくまとめてあります。そして、中原さん流の今後の見通しの説明があり、「これは危ない」「これはオススメ」的なアドバイスへとつながります。

この本の軸にあるものは、「金融リテラシーを育てなさい。」ということでは?と思いました。
なぜなら、先を見通す力がないと、投資できないんです。例えばタイミング。闇雲に投資して良いわけはありません。いわゆる「チャンス」が必ずあるのです。今、株価は上昇しているのか、下降しているのか。目の前のデータをどう解釈するか一つで、投資のタイミングは変わってきます。「投資」は「投機」とは違います。(この本では投機=バクチ)余裕をもった投資をして、利益を出してこそ運用と言えるもの。学ぶべきことの多い1冊でした。

書き出しのご紹介。

 日本の現状を分析すると、残念ながら、将来は暗いといわざるを得ません。少子化と高齢化のダブルパンチが日本の経済、財政、社会保障制度のすべてに徐々にダメージを与えていくからです。
 2007年12月末現在の人口を推計すると、国内の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合はすでに20%を超えていて、75歳以上の高齢者の割合は初めて10%に達しました。1990年代以降から少子化と高齢化が急ピッチで進んだことで、日本は世界の先陣を切って、人口減少社会に突入することが確実とされています。 



なぜ外貨預金なのかというと、一言でいうと、やっぱりリスク分散のためです。中原さんは「金利差」「物価上昇率」「経済成長率」をポイントとして抑えることで、外貨預金が重要な資産運用になると仰っています。とても納得。やっぱ、外貨預金やろ。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

08/01

Fri.

22:46:49

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編 

Category【マネー

この本、スゴすぎる。
あぁ、海外投資って楽しそうw

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 至高の銀行・証券会社編
(2008/07/26)
橘 玲海外投資を楽しむ会

商品詳細を見る


海外投資を楽しむ会10周年記念ということで、今年は橘本が連続出版されています。

1冊目はこちら。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
(2008/03/07)
橘 玲

商品詳細を見る


この本を読み、自分の境遇(海外在住の非居住者という立場)っておいしいんじゃない?ということに気がついてしまいました。

過去記事:海外でもお金を増やせますか?

第2弾の実践編は、2冊に分かれており、それぞれ表紙の色が異なります。『至高の銀行・証券会社編』は銀色、『究極の資産運用編』は金色です。思わず「金なら1枚、銀なら5枚 byキョロちゃん」を思い出してしまいましたが、内容は“おもちゃ缶”よりお買い得!

今回読んだ銀版の『銀行・証券会社編』は、自分の力でも海外投資はできるんですよ、ということを教えてくれます。高い手数料を払わずして、個人の海外投資が普通になる時代が来るかもしれません。しかも、世界の金融市場からお好きなところを選べてしまうというカバー力。アメリカ、ヨーロッパ、香港、シンガポールなどに口座を開く事で、海外投資の第一歩がはじまりまるのです。

海外投資というと、「えー、あたし、英語できないしー」という悲しい事実が・・・。
ところが!英語使わなくていい会社があるんです!

さらに、「口座開くって、海外行く予定ないしー」なんて人も大丈夫。
21世紀は、行かなくても良いのです。郵送+電話+オンラインを使えばOK。

海外に口座を開くだなんて、ハードルどころか棒高跳びくらいトンデモナイ難しさかと思いきや、「ヤル気」さえ出せば、実は誰にでも出来ることがわかります。もちろん、トラブルの時には英語で交渉する必要もあるかもしれません。唯一それがデメリットのような気もしますが、、この本にはあらゆるトラブルを想定して、その解決方法が記されています。とにかく心強い1冊なのは間違いありません。

海外投資が始めてでも、自分にあった方法が選べちゃう。こんなに便利な本があってよいのでしょうか。しかも、です。英語ができる人ならば、この本を片手に注意事項をチェックしながら、自分で開拓することもできちゃいそう。

海外に口座を開くと、結構いろんな事ができちゃうようです。
・外国株を買いたい!
・オフショアファンドを買いたい!
・米国債を買いたい!
・ミューチュアルファンドを買いたい!
・日経225 先物・オプションを取引したい!
・デリバティブ~!
・FX為替投資!

この本、海外投資のバイブル本になることでしょう。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

07/22

Tue.

07:53:03

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 

Category【マネー

海外で生活していて何が不安って、やっぱりお金のこと。
現地価格で給料を貰っているので、為替に大きく影響をうけます。日本の財テク情報はどうしても遅れて手に入りますし、いざ試したいと思う情報があっても、「日本国内に滞在する人のみ」なんていう制限があって指をくわえるばかり。そこで読んだのが、この本です。海外投資なんてハードル高すぎ!でも、世界へ投資する方法、いろいろあるみたいですよ。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
(2008/03/07)
橘 玲

商品詳細を見る


せっかく海外に暮らすチャンスがあるんですから、それを最大限に利用して黄金の扉を開けたい!海外でお金を増やす事はできるのでしょうか。

まずは書き出しからご紹介。

 その書斎は、地下20メートルの洞窟のなかにあった。私はそこで、初老のプライベートバンカーとワインを飲んでいた。“金融帝国の首都”ニューヨークのタワービルに大型旅客機が激突し、世界の姿が変わるすこし前のことだ。
 香港島のヴィクトリアピーク山麓には、アジアでもっとも裕福な人が住んでいる。中環の夜景が眼前に広がる鬱蒼とした森のなかに豪邸が点在し、プールとジムが併設されたコンドミニアムの駐車場にはメルセデスやBMWが並ぶ。そんな高級住宅地の一角に、一九三〇年代にイギリス軍によって掘られた地下弾薬庫がある。それを改造して会員制のワインセラーがつくられたのは、高温多湿の香港でワインの保管に適した数少ない場所のひとつだからだ。



勝間さんの『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』を読んで以来、投資についての見方が変わりました。投資はギャンブルとは違います。宝くじのように運にまかせるものでもありません。正しい知識があれば、資産を増やす事ができる。そして、財産を増やしたいなら、まずは支出を抑えなくてはならない。後者は誰にでもできますが、前者は少し努力をしなくてはなりません。正しく投資を行うには、金融に対する知識が必要です。勝間さんも金融リテラシーを育てるように仰っています。

さて、橘さんの仰る海外投資術も、やはり高度の金融リテラシーとコミュニケーション力が必要です。そして忘れてならないのが、行動力。橘さんも、ジム・ロジャース並に世界各地を旅し、ご自身の目で海外市場の成長率を把握されています。

どうすれば、将来の不安を和らげるべく、資産を増やせるのでしょうか。私がどうにか理解できた方法は2つです。一つは日本の政策金利に注目するもの、そしてエマージング市場に投資するもの。

日本の政策金利は0.50%です。一方、アメリカは2%、ユーロは4.25%、そしてイギリスは5%。南アなんて12%です。FXでは、スワップポイントとして、毎日この金利差を受け取れます。海外に投資、もしくは現地に口座を開いて資金を投入しておけば、日本の数倍の金利差が受け取れるのです。なるほど。私も一応韓国の銀行口座は持ってるぞ。銀行へお金を置くという事に関しては、日本より海外が有利だということがわかりました。

次はエマージング市場への投資です。中国の前進もすさまじいものですが、インドや東南アジアの勢いも忘れてはいけません。エマージング投資の醍醐味は、やはりだれよりも早く見つけ、お買い得なうちに投資をはじめることでしょう。これはちょっと難しいかも・・・。でも、エマージング市場へ投資する方法はいくつかあるようです。海外の証券会社では、中東のオイル株、東南アジアの成長株なんかも購入できるみたい。これもできそう。

この本1冊で、誰もが橘さんのようなプロ的投資ができるようになるわけではありません。ただ、少ない資金をどうやって投資すればよいのか。投資方法に「海外」が加わる事で、もっとその選択肢が増える。とにかく「ほー。こんな方法もあるのか!」と私のような初心者は驚くばかりです。世界の見方が変わるはず。

自分のポートフォリオをもう一度確認してみましょう。実は利益率が少ないものがあるかもしれない。今やだれもが海外旅行をする時代です。海外に投資することだって、これからは当たり前の時代がくるかもしれません。利益率の高い海外へ投資することは、むしろ安全な老後への第一歩につながる可能性だってあるのです。リスクは学べば防げます。海外に投資するのですから、金融リテラシーのほかに語学力も必要になるでしょう。そして常に世界に感心を持ち、敏感にその動きを捉えなくてはなりません。海外に投資することは、決して簡単な事ではないのではありませんが、確かに魅力がある。

やっぱり楽にお金は稼げません。学びと行動が富を与えてくれる。
ところで韓国の経済って、どうなんだろう・・・。エマージング市場の一つとしてカウントされてるのって、未開の「北」の存在があるからなのでは?株式市場も殆どが財閥企業で、その半分くらいはサムソン系列・・・。うーむ。

「さて、どこに投資しようかな?」と海外ニュースを眺めるのが楽しくなりました。
これで安心!というわけではありませんが、行動する価値はありそうです。

banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

04/29

Tue.

09:24:53

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント 

Category【マネー

今日はこの本を読みました。

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
(2006/04)
北村 慶

商品詳細を見る


実は海外在住邦人も、任意で国民年金に加入することができます。私もソウルに越してから、即効手続きしました。とは言っても国民年金、いろいろ問題アリですよね・・・。そこで、これから高齢者になる予定のみなさん、この本は必読ですよ。

では、いつもの書き出しからご紹介します。

はじめに
 今、私たちの社会や経済は大きな転換期を迎えています。
 戦後60年、当たり前だったルールや社会の仕組みが、今、大きく変わろうとしています。
 私たちは、戦後の経済の発展により世界に例を見ないほど経済格差の小さい、平等な社会を築き上げてきました。みんなが仲良く豊かになる―経済全体のパイが拡大する中で、社会も企業も、そして個人一人ひとりも豊かになれる、そんな良い時代が長く続いていました。
 ところが最近、「日本の社会は二極化しつつある」「上流社会と下流社会に分化してきた」などと言われています。本屋さんに行くと、「格差」や「下流」などというタイトルの本が並んでいます。



ムギさんの『お金は銀行に預けるな』に並ぶ、考えさせられる本でした。

将来の事って、不安だらけじゃないですか?子供の問題やら、病気やら、定年やら。不安の素の多くはは「お金」に繋がっています。この本は、どうやって老後の生活費を準備するかが、詳しく、わかり易く説明されています。国民年金の他、どんな準備をすればよいのでしょうか。みなさん、老後対策は早ければ早い方が良いそうですよ。

まず、タイトルの「デイトレ(投機)」と「インベストメント(投資)」。老後対策にはどちらが優位かが語られています。今こうしてみると、あのライブドア問題は、日本国民に投資について考えさせるよい機会になったのではないかと思います。なぜデイトレ(投機)よりインベストメント(投資)を進めるのか。答えはこれにつきます。

時間はあなたの資産形成の味方になってくれるからです。

本屋さんに行くと、それはそれは簡単に株で稼げるような本が沢山並んでいます。でもそんな濡れ手に粟状態は、世界中でほんの一握りの人しか得る事ができません。

多くの本でも言われていますが、時間を味方にして金利を稼ぐ方法はそれはそれは根気のいる地味な作業です。でも、それが最も確実。負けの少ない資産運用法です。

でも、ただコツコツ貯めるだけでは老後には間に合いません。それには「ポートフォリオ」をしっかりと組み立てる必要があります。そのお手本に、北村氏は日本の国民年金基金の資産運用方法を例に取り上げています。日本の国民年金基金は、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式に投資することで運営しています。一時期大きなマイナスを作りましたが、それでも結局プラスに転じました。余計な事をせず忠実にポートフォリオ作りを行った結果がプラスの運用結果を産みました。

将来、日本をしっかり支える事も私たちが安心した老後を過ごす秘訣でもあります。インフレなんかになったら大変な事です。労働生産を高めなくては。

今、高齢者社会は避けて通れない問題になっています。私たちの数年先の未来の話なのです。事前に準備をする事は決してマイナスにはなりません。また、この書籍内で紹介されている本がムギさんのおススメ本と重なっています。ムギさん本を読んだ方はこの本でもう一度基礎固めすることをおススメします。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

03/06

Thu.

11:46:53

国為替トレード 勝利の方程式 

Category【マネー

少しは投資の勉強も!
日本から持ってきた投資関係の本を再読です。主に株とFXなのですが、まずはFXの本から再読する事にしました。理由はFXの方が外国市場(=韓国)を理解するのに助けになるかしら?と思ったからです。手持ちのFX本の中で、おススメはこちら。


外国為替トレード 勝利の方程式外国為替トレード 勝利の方程式
(2005/07/28)
今井 雅人

商品詳細を見る



今井雅人さんとは、どんな方でしょうか。裏表紙のプロフィールを抜粋します。

1962年生まれ。上智大学卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)でディーリングの世界に入る。大学時代はマージャンの代打ちで稼ぐなど移植の経歴をもつ為替トレーダー。行動心理学とテクニカル分析を駆使した独自の手法で為替相場と対峙、15年間にわたり年間のマイナスが一度もないという運用実績を上げ、”常勝トレーダー”と呼ばれた。UFJ銀行為替部門統括次長兼チーフディーラーを経て、2004年にマットキャピタルマネジメントを設立。また、2006年には投資情報を配信するグローバル・インフォ(株)を設立。現在、早稲田大学公共政策研究所・研究員を兼務。



wikipediaも参考になるかと思います。ブログも必読です。

今井雅人氏 by wikipedia


 トレーディングとは、言ってみればひとつの「ゲーム」である。そこで、何でもいいから、自分がよく知っているゲームを想像してみよう。トランプやマージャンなど、いろいろあると思う。次に、そのゲームに勝とうと思ったら何が必要かを考えてみるといい。
 第一にゲームのルールを知ること。ルールを理解したうえで、一緒にゲームする相手のやり方、性格、そしてその相手と自分の実力の差、自分の得意技、苦手なところなども理解する。それらを把握したうえで、勝つための方法論(自分なりの手法)をつくりあげ、そこで初めてそのゲームで勝てるようになる。
 為替のトレーディングも同じことだ。まず、?トレーディングの基本的なルールを覚えたうえで、?マーケットという相手を知ること。そして、?トレーディングをする自分自身を理解すること。さらに、?トレーディングで勝つための方法論を学んで身につけ、あとは?それを忠実に守ることである。この?~?がすべてきちんとできるようになれば、誰でも一流プレイヤーの仲間入りを果たすことができるだろう。



この本は、上の5つのポイントにそって書かれています。冒頭「ゲーム」という言葉がありますが、FXはゲームではありません。その証拠にポイント?トレーディングする自分自身を理解すること、があります。FXでは自分の持っている貨幣の額や量をどう理解するかが大切だそうです。なぜならそれができなければ、市場を読むことはできません。マーケットの参加する人々がどう動くのか、それに対して自分はどう対応するのか。結局投資は儲けたいからするものです。分析作業には自分の立ち位置を知る必要があります。

ところで投資関連の本を買う時、私は作者の経歴を常にチェックしています。これはあくまでも個人の意見ですが、投資本は著者の「経験値」が本の質に比例しているように思います。株を始めた頃、いくつかの本を読んでみました。タイトルには「失敗しない!」「1年で○○○○万円稼いだ!」など魅力的な言葉が散りばめられておりますが、むしろ「失敗できる!」「○○○○万円損した!」と天邪鬼に解釈していいくらいかと思っています。そういう本、見ると著者は大抵素人が書いた本でした。投資をゲーム感覚で行えるような軽いスタンスで書かれています。私も夢中で何冊も読みました。でも今も知識として残るものはほとんどありません。なぜなら市場は常に変化しているのに、対応への知識が書かれていなかったからです。

主婦や学生さんがそれだけ稼げるのは確かにスゴイと思います。でもその本に書かれている情報は著者たった一人の経験値に過ぎません。一方今井氏のように銀行という金融の巨大情報組織の中で実務に当たった方の「経験値」は膨大です。毎日動かす金額も異なりますし、組織の中で脈々と受け継がれている知識もあります。ここで注意したいのが、同じ金融機関出身者の書籍です。大手金融機関でトレードに関するお仕事をなさっている方がいると想像しましょう。1年生、3年生、5年生、8年生・・・。例えば1年生のお話を聞いて、「これが外国為替かー」と納得できると思いますか?私はできません。では3年生は?5年生は?8年生は?と考えてみた時、まず3年以内で退社なさっている方の本は読まないことにしました。私が会社勤めをしていた頃を思い出すと、3年あたりで退社なさった方は残念ながら「気」が弱かったように思います。悪く言うと、3年持たなかった人材です。いくら自分から辞めたとは言え、適応能力がなかった人。投資の本はたくさんあります。読むべき本は膨大です。

長く書きましたが、きっとみなさん「そんなの当たり前だろ」と仰るかもしれません。でももし、これから始める人がいたらーと思って書いてみました。光る投資本を効率よく探すには、?名の通った金融機関で3年以上勤務経歴の有る人が書いた本。?退社後もその分野で活躍している。?おいしい事ばかり書いていない。?定期的に更新されている著者のブログがある(←失敗するとブログでバレる)、がtohのおススメ選本法です。

【まとめ】
今井さんは今も為替の世界におられますし、定期的にブログで市場分析を紹介下さっています。この本は実際に取引をしてからよりも、取引を始める前にすべき事が書かれています。FXの基礎本を読んで、トレード経験を持ってから読んだ方が深く理解できるでしょう。芯のある投資本です。仕組みをしり、マーケットを知り、自分のルールを持ち、テクニックを磨く。これらの方法が詳しく述べられています。図は少なく文章が主ですが、すっと読めるようなテンポで書かれています。成功続きの方も、サブプライムで困ってる方も、きっと薬になりますよ。あと、テクニカルかファンダメンタルズかでお悩みの方へのアドバイスもあります。



外国為替トレード 勝利の方程式外国為替トレード 勝利の方程式
(2005/07/28)
今井 雅人

商品詳細を見る


外貨投資をやさしく教えてくれる本外貨投資をやさしく教えてくれる本
(2005/10/12)
今井 雅人

これも良い本!


banner_03.gif

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。