10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

02/19

Fri.

22:52:45

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 

Category【歴史

西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)西洋音楽史―「クラシック」の黄昏 (中公新書)
(2005/10)
岡田 暁生

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

まえがき

 俗にいう「クラシック音楽」は、この本で扱う「西洋芸術音楽」と、必ずしも同じものではない。西洋芸術音楽は一〇〇〇年以上の歴史をもつが、私たちが普段慣れ親しんでいるクラシックは、一八世紀(バロック後期)から二〇世紀初頭までのたかだか二〇〇年間の音楽にすぎない。西洋音楽の歴史を川の流れに喩えるなら、クラシック音楽はせいぜいその河口付近にすぎない。確かにクラシックの二〇〇年は、西洋音楽史という川が最も美しく壮大な風景を繰り広げてくれた次代、川幅が最も大きくなり、最も威容に満ちた時代ではある。だが、この川はいったいどこからやってきたのか。そしてどこへ流れて行くのか。



「のだめ」もとうとう最終回となってしまいました。私は1にコミック、2にアニメの順で「のだめ」を応援していたのですが(ドラマはちょっと苦手です)、よく見ていたのはアニメかもしれません。コミックはストーリーを追う目的でワクワクしながら読んでましたが、アニメはコミックではどうしてもできない「その曲を背景に流す」という特典が大きかった。なんとなく覚えている曲名でも、実際にその音を聞きながらストーリーを負っていると、「うおぉぉぉ」と力が湧いくるんですよね。だから、アニメ好きです♪

そもそもマイケル一筋!モータウン大好き!という小学校時代を過ごしてましたので、あんまりクラシックには詳しくないんです。でも、大好きなマイケルの音楽も、元を辿ればクラシックに結びつくはず。たまたま「のだめ」の最終章があったこともあり、クラシックの歴史を追ってみようとこの本を手に取りました。

先ほど申し上げたように、私のクラシックの知識は、学校の音楽のテキストに出てきた有名な曲と有名な作曲家の名前を微かに知っているという程度。よって、この本も最初はレベル高すぎで、理解に時間がかかりました。でも、17世紀に入りモーツァルトが出てきたあたりからは、徐々に面白くなりはじめました。「のだめ」に出てきた作曲家やオペラの話なんかは、「これ、知ってるわ~」と嬉しくなり、最後のジャズのあたりなんて「そうそう!」とツッコミいれながら読んでたほどです。

一通り読んで思ったこと。ヨーロッパの文化を見るとき、音楽、哲学、文学は切っても切り離せないもんだなーと痛感しました。歴史だけではわからない、その時代のトレンドってありますよね?それが密接に繋がってる印象をうけました。例えば、絵画なんかもそうだと思うのですが、「どうして、この画家はこの絵を描いたのかしら?」と謎を感じた時、同時代の流行だった小説を読んで、「なるほど!」と思ったことがあります。音楽も、そういう影響を受けているんだろうし、音楽が影響を与えていたこともあったはずです。そんなことを考えていたら、なんて壮大!とワクワクしてきました。

すごく印象に残ったのは、オルガンの話です。私の通った高校には、講堂にパイプオルガンがありました。週に1度、講堂で全体礼拝があるのですが、初めてパイプオルガンを見た時、体に響くような音にとても驚いたのを覚えています。パイプオルガンの存在は、今でも「あの学校に入ってよかった!」と思えることの一つになっています。以下を読んでいて、ふとそんなことを思い出しながらワーグナーを聞きたくなりました。

日本にいるとなかなか想像しにくいが、「神の楽器」たるオルガンは教会と分かち難く結びついている。今でこそコンサートホールにもたいがいオルガンは備え付けてあるが、本来それは教会でしか体験できないはずの楽器だった。そして西欧人にとって、ミサでオルガンが鳴り渡る時の、石造りの教会の建物全体が音をたてて振動するあの感覚こそ、音による宇宙のメタファーそのものであるに違いない。本来は教会でしか体験できなないはずのこの法悦の響きを、ワーグナーはオーケストラで再現しようとする。ロマン派的な旋律/和声が表現する個人の内面感情が、宇宙と一体になるような擬似宗教体験へと膨れ上がるのである。



私たちにはなかなか分かり難い欧米文化。音楽も文化の中核をなしています。これからは単体ではなく、もっと大きな視野で文化を捉えたいと思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・この本で大まかな流れを追うことはできますが、各作曲家の代表曲や年表のようなものはありません。深く音楽を勉強なさっている方にはものたりないかもしれませんが、私のような初心者にはよい本だと思います。

・ただ、クラシックを聞いてみたいけど、どこから手をつけてよいのかわからない!という気持ちは、この本を読んでも解決しませんでした。もっと具体的に「だれだれ指揮の、だれだれ演奏の、アレを聴け!」というような本があったらと思うのですが…。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2010

02/15

Mon.

22:21:55

コーヒー・ハウス 

Category【歴史

コーヒー・ハウス―18世紀ロンドン、都市の生活史 (講談社学術文庫)コーヒー・ハウス―18世紀ロンドン、都市の生活史 (講談社学術文庫)
(2000/10)
小林 章夫

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 今を去ること三〇年前、私がまだ大学生だった頃は、あちこちに喫茶店があって、そこで本を読んだり友だちとしゃべったりすることが、日課のようなものだった。当時は大学紛争の嵐が吹き荒れていて、そのためにしばしば授業が休講になったから、それをいいことに喫茶店で時間を過ごす割合のほうが、教室で講義を聴くより多かった。あるいは、妙に熱の入った議論が、紫煙漂う中で交わされることもしばしばだった。
 ところで当時の喫茶店は、今ではかなり珍しいものとなっている。いわゆる「純喫茶」がまず多くあり(何が「純」なのかは知らないが)、それに毎日日替わりのコーヒーがあるかなりこだわった店が、いくるかあるのが普通だった。あとは「歌声喫茶」だの、「美人喫茶」などがあって、後者はつい先ごろまでわたしの今勤めている大学の近くにあった(しかし行くたびにどれが美人であるのかを問いただしたため、この頃は表示を替えてしまった)。いずれにしても、割合に薄暗い店内にゆったりと椅子が置かれ、音楽が流れる中で新聞などを読んでいる人がいたりして、都会のオアシスといった雰囲気だったのである。



『ぼくらの頭脳の鍛え方』で紹介されていた一冊。著者の小林先生は、たしかNHKでイギリス英語の講座を持っておられたはず。英文学の教授先生です。

タイトルや表紙を見るとコーヒー専門書のように見えますが、読んでみるとやっぱり英文学の本です。でもコーヒーがヨーロッパへ渡ったお話などは、コーヒーの歴史ともいえますね。最初は薬のように体に良いということで飲まれていたようですが、最初にコーヒーを飲んだイギリス人はあまりよい香りとも、おいしいとも思わなかったそうです。

当たり前ですが、17世紀には電話もネットもありません。新聞がやっと出来て、週に数回配布されるという日々でした。今では情報を伝え、収集する手段はいくつもありますが、当時はこのコーヒーハウスがその役目を担っていました。イギリスはご存知のように、階級社会です。コーヒーハウスのあるエリアによって、それぞれ客層も違いますし、話される内容も異なります。政治論議、株、ゴシップなどなど、コーヒーハウスをめぐることで、その時のトレンドを知る事ができました。

イギリスと言えば「紅茶」のイメージがありますが、もとはコーヒーが一般的な飲み物でした。二日酔いに効くとか、気がひきしまるとかいう効能が知られていた事もあり、当時は貴族から一般人まで飲んでいたようです。紅茶に変わった理由は、大航海時代に焙煎のみ、生豆の輸出が禁止されていたコーヒーをこっそり持ち出したオランダ人がジャワでコーヒーを栽培に成功しました。これにより、アラビア産のモカよりもジャワ産が多く出回ることになり、どんどんと価格下落。輸入量が減って、政府はアジアの茶葉への投資をはじめます。それからコーヒーよりも紅茶が出回るようになりました。

それからとても面白いと思ったのは、コーヒーハウスがイギリスの文学やジャーナリズムを育てたという背景です。字が読めなくても、コーヒーハウスに行けば、誰かが新聞を読んでくれる。面白い新聞には人気が集まりますし、そうでないものには誰も目を向けません。ある意味、各階級に網羅した読者層をコーヒーハウスが提供していたことになります。また、知識人がコーヒーハウスに集ったというのも、注目すべきですね。イギリスには、こんなにも昔から、新聞や本に目を向ける習慣が作られていたのかと思うと、コーヒーハウスの役割は今のイギリスの文学界を作り上げたとも言えます。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・イギリス文学の文化背景を知りたい方にもおススメです。コーヒー以上に文学色の強い本です。

・ジャーナリズムとコーヒーという組み合わせ、なんだかしっくりいきますよね。本を読んでいるとコーヒーが飲みたくなるし、何か文章に行き詰るとコーヒーが欲しくなる。これは400年前から続いている伝統なのかもしれません。

・コーヒーハウスの経営者の一人が、後にトワイニング社の顧客リストに名を連ねていたそうです。時代の移り変わりなども感じられます。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。