09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

10/29

Wed.

19:18:44

パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 

Category【随筆・エッセイ

学生の頃、「語学」をキーワードに読書を繰り返していました。通訳、翻訳、留学、言語学、○○語勉強法、文学・・・。多くはエッセイか専門書でしたが、エッセイの中でダントツに面白かったのが米原万里さんの『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』でした。

内地北海道 弁で「本州」のこと)の人にとって、近い外国と云えば 中国韓国 かと思います。日本地図をみれば一目瞭然ですが、 北海道 から最も近いのはロシアです。今はもう「ソ連」と呼ばれていた時代を知らない人も多いかと思いますが、米ソの冷戦時代が幼少期であった私には、ソ連は距離的な近さはあっても近寄り難い国として映っていました。そんなロシアとの心の距離を埋めてくれたのが、米原さんのエッセイです。いつ読んでも、何度読んでも楽しめます。

お昼にパスタを食べました。突如気分はイタリアに。
ということで、この本を読みました。

パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)パーネ・アモーレ―イタリア語通訳奮闘記 (文春文庫)
(2004/09)
田丸 公美子

商品詳細を見る


イタリア語通訳の田丸さんは、米原さんの親友です。米原さんの師である徳永晴美さんは、米原さんにSimonetta d'Oggi(シモネッタ・ドッジ)という屋号を贈っています。ところが田丸さんは米原さんの上を行く凄腕。米原さん、その名を献上なさいました。

田丸さんの文章も、イタリアの豪快さや明るさを想像させる楽しい文章でした。
ますは、書き始めをご紹介しましょう。

通訳はその言語の文化に同化する

 私がイタリア語通訳を始めたのは大学在学中のことなので、今日までほぼ三十年、舌先三寸で口を糊してきたことになる。聖書にも“はじめに言葉ありき”という有名なフレーズがあるごとく、言葉は自分が自分である存在理由である。ところが通訳は、仕事の現場では他人になりきって、その人の言わんとすることを他者に伝えなくてはならない。恐山のイタコの口寄せそのものである。
 彼女たちは一度自己を捨て陶酔、すなわちトリップ状態に入る儀式を経て使者になりきり、最後は放心状態でぐったりしているという。そのくらいのエネルギーを使うのである。通訳も同じ、その間は脳内パワー全開状態で、猛烈に甘いものが食べたくなる。脳に供給されるエネルギーは、ブドウ糖のみというところから、「ああ、脳が動いているな」と実感させられる瞬間である。当然ストレスがたまる。
 



米原さんの本で「シモネッタ」である事が公表されていることもあり、きっと「おもしろい本を!」とご苦労なさったのではないかな?と思いました。あの、下ネタを期待している方には完全に物足りない本です。これは通訳者の奮闘記ですので、あしからず。 語学を学ぶ努力、言葉を扱う難しさがつめられた一冊だと思いました。決して言葉を邪険に扱わず、丁寧に我が物とする姿が印象に残ります。

イタリアだけあって、ファッションや建築関係のお仕事の話が多く散りばめられており、ちらほら出てくる有名デザイナーの名だけでも華やかさを感じます。お国柄、きっと美的感覚も日本の「わびさび」とは真逆の「太陽」や「愛」みたいな派手さがあるのでしょう。どうやら田丸さんもド派手なお方のようです。

この本を読んで学んだこと jumee☆point1d
外国語の上達には、高度な日本語能力が必須なこと。日本語でも文章に出来ないなら、外国語にはできない。素晴らしい外国語の文章に接しても、その美しさを享受できる母国語の感性がなくては、理解・共感には結びつかない。日本のことわざ、もっと学ばなくちゃと思いました。
外国語の上達には、聖書、ラテン語、ITの知識が必要なこと。結局、文化背景がわからないと、 jumee☆whyL なんですね。
英語はやっぱり便利。イタリア語通訳の田丸さんですが、中・高とカトリック系の学校で英語漬けの教育を受けておられたそうです。もちろん、英語もかなりおできになる模様。最近では日常にIT用語が増え、その多くは英語が基になっています。イタリア語でもどんどん英語が取り入れられているようで、伊製英語なんかもあるようです。
関心の分野を広げること。関心を持てば、その世界を知りたくなります。そして「これ、○○語でなんていうのかな?」と自分の学習言語へ結びつけることで楽しさが広がります。

語学に携わっている方、是非読んで見て下さい。
ヤル気、いただけますよw


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2008

10/26

Sun.

15:36:55

いつでも!どこでも!手帳スケッチ 

Category【その他

「お絵かきの仕方」を教えてくれる本です。

いつでも!どこでも!手帳スケッチ (NHKまる得マガジン)いつでも!どこでも!手帳スケッチ (NHKまる得マガジン)
(2008/05)
不明

商品詳細を見る


メモ手帳として、2009年もほぼ日手帳を使う予定です。私が注文したのは、こちら。



ほぼ日さんのHPには「ほぼ日手帳CLUB」という手帳情報が公開されているページがあります。おもに使い方が紹介されているのですが、多くのユーザーさんの手帳を見ていて「私もカラフルな楽しい手帳を作りたい!」と思うようになりました。

絵やシールを加えることで、驚くほど手帳に充実感が加わっています。多色ペンでメモを取るだけでも色がついた感はありますが、線(メモの文字)と面(絵や写真)では与える印象が違います。

絵を導入しようと思った理由は、マインド・マップを描くようになったからです。本の情報や、授業の準備にマインド・マップを使っているのですが、絵があると頭の中で眠っていた情報を引き出すスピードが早くなることに気がつきました。上手である必要はなく、「わかればよい」程度の絵です。絵というよりも、何かのマーク程度のものなのですが、それでもはるかに頭の中が整理されます。

ということで、この本を購入して「これからは絵を描こう!」というわけです。
まず、共通して云えることは、

?最初に大雑把な輪郭を描く。
?輪郭に沿って、大きく外郭を描いていく。
?細かいところを加える。
?最後に出来上がりの線を濃い目に描く。

の4点です。これで、「うちのペット」も「旅行で見た景色」も「きれいな夕日」も描けます。ちょっとレベルがアップしたら、濃淡をつけることで雰囲気UP。

この1冊があれば、ちょっとしたスケッチの方法がマスターできると思います。
あとはこれが欲しい。

マルチ8マルチ8
()
不明

商品詳細を見る


絵が苦手な私でも、この本を見てるうちに「描けそう」という気になります。絵心ある方なら「ちら見」しただけでスケッチのわくわく感が伝わるのではないでしょうか。絵を描くことが心の助けになるという話をよく聞きます。楽しくメモ&勉強しながら心にゆとりが出来たら最高ですね。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

10/23

Thu.

11:27:00

南の島のティオ 

Category【日本文学

『飛ぶ教室』という雑誌、ご存知ですか?
児童文学の季刊誌で、現在は『飛ぶ教室 15(2008秋)―児童文学の冒険 (15号)』まで出ています。そこで掲載されていた、連作短編集がコレ。

南の島のティオ (文春文庫)南の島のティオ (文春文庫)
(1996/08)
池澤 夏樹

商品詳細を見る


児童文学とか、童話に分類されるんでしょうか。でも、大人が読んでも楽しめる作品です。
書き出しをご紹介しましょう。

絵はがき屋さん

 飛行機は週に三度、月曜と水曜と日曜に島にやってくる。
 いつもならぼくたちはその日の便で出発するお客をマイクロ・バスに乗せて、飛行機の到着する三十分ほど前に空港にゆくのだが、その日はたまたまうちのホテルには島を出るお客はいなかった。父とぼくがいつもより遅く空港に着いて、車を置き、パンダナスの葉で屋根を葺いたターミナルに入ると、もうかすかな爆音がオレンジ色に染まった西の空から響いてきた。東風に逆らって飛行機は着陸し、滑走路の端まで走っていって、また轟々とあたりの空気を揺るがしながらターミナルの前へ戻ってきた。
 二、三十人の乗客が飛行機から降りた。それぞれ鞄を肩から下げ、荷物を手にして、ターミナルに向かって歩きはじめる。みんなの長い影が平らな広いアスファルトの上に揺れた。ぼくはいつものようにホテルの名前を書いたプラカードを手に、ターミナルの横でその人たちを見ていた。
 



10の短編は、南の島に住む少年ティオの語りで綴られています。この「絵はがき屋さん」は冒頭の小説です。スタートからティオの世界に引きこまれます。私、引き込まれるどころか、ドップリのめりこんでしまいまして、あまりのおもしろさに1日に何度も読み返しちゃいましたjumee걲shy1

これはこの本全体に云えることですが、なんとも透明感のある海が頭から離れなくなります。舞台が海に囲まれた南国の島国だからかもしれませんが、それ以上に物語の透明感がずば抜けているように思いました。クリアブルーだったり、エメラルドグリーンだったり、サファイアブルーだったり。暖かい地域の澄んだ海の色とでもいうのでしょうか。そんなキレイ色にどんどん満たされていきます。それが「ああ、洗われてく~。心が洗われてく~。」となるんです。

児童文学の世界には「夢」とか「魔法」など、いくつかのキーワードがあるように思います。やっぱりこのお話にも、「夢」や「魔法」が生き生きとちりばめられていて、ファンジー感をかもし出すのですが、子供子供していないところが素晴らしい。「絵はがき屋さん」は、とてもよいお話でしたよ。心に残りました。これはいいお話です、本当に。

予断ですが、冒頭にティオの住む島の地図があります。その地図も物語りもポリネシアとかミクロネシアを想像させるのですが、なんとなく北海道の地名に似てると思う部分がありました。北海道の地名はアイヌ語が起源になっているところが多くあります。音がなんとなく似てる。そのせいか、人の心の温かさを感じながら楽しむことができました。

サローヤンがお好きな方に激オススメ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

10/22

Wed.

11:26:10

見仏記4 親孝行篇  

Category【旅行

今、かなり仏欲中。見仏、したいです。

見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)見仏記4 親孝行篇 (角川文庫)
(2006/01/25)
みうら じゅんいとう せいこう

商品詳細を見る


4巻目はこんな書き出しから。

 ある夜半、家のファックスがカタカタ言い始めた。出てきたのは見慣れた癖の文字で、一番上ににでかでかと「E見仏記日程表」と書いてある。その横には丸で囲んだ二行。
 「仏友へ スケジュールです」
 それはみうらさんからのメッセージだった。
 仏像鑑賞の旅が習慣となり、我々二人は時折不意に東京を離れることがある。今回もそうだった。ただ、いつもと少しだけ違うのは、緊急に旅の模様を連載することが決定していたことである。
 しかも、発表の場はウェブサイト。つまりインターネット上だ。それでみうらさんには仮タイトルを「E見仏記」と伝えてあったのだが、自分から率先して使ってみているあたり、どうやらかなり気に入った様子である。



今回のお二人の旅は、タイトルにもありますように「親孝行」なのであります。いとうさんご両親+仏友で奈良の旅を、みうらさんご両親+仏友で新潟の旅をなさいました。もちろんいつもの仏友コンビだけで、奈良、京都、兵庫、琵琶湖沿い(東側)、若狭小浜も見仏です。

私がこの本を好きな理由、4冊目にしてわかりました。
この本を読んでると、古き良き日本を感じられるからだと思います。なんというか「文化人類学カジュアル版」みたいな印象なんですね。海外にいるから尚更、そういう「文化」とか「風習」とかにぐっとくるのかもしれません。たった数年で、こうですよ。10年以上海外に暮らす方なら、この本読んで「やっぱ俺、日本が好きだよー!」と思うことでしょう。私なんて、我が家の上を飛ぶ ??? 柄の飛行機見ただけで、「帰りてー」となりますから。二人の何気ない一言が、里心というか「大和魂」を刺激するのですよ。

日常見落としてたものが、一歩島国を出た途端、心の中で妙にいきいきと色付いているようなんです。外国の生活では“適応第一”ですから、自ずと日本的な部分が押さえられてしまう。下手に日本を思ってばかりだとホームシックになってしまうので、かなり「和風」を抑えて暮らしている人が多いと思います。見仏記は、そんな自分の中の「和風」をどーっと引き出し、溢れさせてくれます。そこに、みうらさんの仏のイラストが出てきて、どっぷり癒されちゃってる私。

特に私は離れてくらす親友たちを思い出します。いつか、こんな風に旅したいなーと思うのです。というより、仲良し仏友組の会話を読んでいると、とても友に会いたくなります。顔見ながら話したい、と思うのです。いつでも会えるところにいるって、贅沢なことなんですよー。あなたもいつ、島流しになるかわかりませんよっ!お友達を大切にしましょうね。

見仏記はこの後は『みうらじゅん・いとうせいこうのTV見仏記 』へとバージョンアップです。10本出ているので、これも1つ1つ、見ていきたいなー。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

10/17

Fri.

13:14:47

旅行者の朝食 

Category【随筆・エッセイ

今日はお友達にお願いして買ってきてもらった本を読みました。

旅行者の朝食 (文春文庫)旅行者の朝食 (文春文庫)
(2004/10)
米原 万里

商品詳細を見る


今、猛烈にトルコ蜜飴、いえハルヴァが食べたい。
この本の検索をすると、多くの人が「トルコ蜜飴」の魅力にとりつかれるようなのです。どうしてもそれが何か知りたくなりました。そしてこの本を読み、私も多くの読者同様、トルコ蜜飴が頭から離れなくなったのであります。

まずは、そのトルコ蜜飴の章の書き出しをご紹介しましょう。

トルコ蜜飴の版図

 トルコ蜜飴という菓子の名前を初めて知ったのは、ケストナーの『点子ちゃんとアントン』という小説である。このシリーズ、わたしが小学生のころは結構人気があって、今でも同年輩にたずねると、必ず、
 「ああ、読んだことある」
 という答えが返ってくる。しかし、
 「トルコ蜜飴って出てくるでしょう」
 と問うても、十人中十人が首を傾げる。
 「エッ、そんなのありましたっけ」
 話のすじに無関係に実にさりげなくトルコ蜜飴という言葉が出てくるので、大多数の読者の記憶をかすめもしなかったのだ。
 なのにわたしときたら、トルコ蜜飴という字面を見ただけで、心が千々に乱れたのだった。なんて美味しそうな名前。どんな味のお菓子なのか。どんな色と形をしているのか。一度でいいから食べてみたい。
 


ケストナーは私も大好きで、今でもよく読んでいます。もちろん『点子ちゃんとアントン』は100回以上読みました。(しかもドイツ語版も持っている!)なのにトルコ蜜飴なんてありましたっけ? jumee걲whyR 
米原さんのお友達同様、まったく思い出せませんでした。

点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)点子ちゃんとアントン (岩波少年文庫)
(2000/09)
エーリヒ ケストナー

商品詳細を見る


プラハで幼少時代を過ごした米原さん。トルコ蜜飴は、大人気のお菓子でした。でもロシア人の同級生は「これなら、ハルヴァのほうがおいしい」というのです。ここから先、ハルヴァがどんなにおいしいのかが続きます。お菓子好きなら、ここから先は拷問同様!トルコ蜜飴とハルヴァが頭の中でぐるぐるぐるぐる。口の中は大変なことになります。

トルコ蜜飴は、ヌガーに似たお菓子のようです。本文によると、

ヌガーをもう少しサクサクさせて、ナッツ類の割合を多くした感じ 

だそうです。

あああああ。どこに行ったら、食べられるのでしょうか。
ソウルのトルコ、ギリシャあたりのレストランに行ってみるべきでしょうか。

調べたところ、wikipediaに詳しい説明がありました。



驚いたことに、ハルヴァはアラブ、地中海、フィンランドあたりまでで広く食べられているようなのです。なんと볷궻듴でもネットで取り扱っているところがあるみたい。便利な世の中になりましたねー。

この本によりますと、ハルヴァはだれもが作れるものではなく、やはり専門の職人さんの味には叶わないそうです。その地方に行く予定のある方、これは必食かと思いますよ。

ギリシャあたりへ行かれる方、どうか私の分のハルヴァも買ってきて下さい。
お礼ははずませて頂きますので、どうか何卒よろしくお願いいたします 븶룙

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2008

10/02

Thu.

14:13:39

ぼくのために泣け 

Category【海外文学

アメリカの黒人小説と言えば、『カラーパープル』『アンクルトムの小屋』が有名かと思います。いくつか読んだ中で私が最も好きな作品は、ウィリアム・メルヴィン・ケリーの『ぼくのために泣け』です。

画像 008
  
 アマゾンに画像がないので、こちら貼ります。
 『ぼくのために泣け』

 私が持っている集英社文庫版は昭和52年の3刷です。
 1977年。31年前ですわ。




書き出しをご紹介します。

 

その女の子は家の前の庭にしゃがみ込んで、真鍮のスプーンで地面を掘っていた。そこは海のつもりで、向こうには短い黄ばんだ草のはえた島々があった。着ている赤と白の縞柄の服がだぶついているために、両脚はかくれて見えない。春はまだ浅かったかが、彼女ははだしだった。足の先が裾から突き出ているのでわかる。その男の姿に彼女はまだ気がついていない。男は馬にのってリバティ街をこちらへやってくるところだった。がっしりした肩。着ているダスター・コートが馬の臀をおおってひろがっている。 



ケリーはこの本のはじまりで、「いわゆる黒人問題の解決策や解答が、その作品に含まれているのではないか、と読者から往々にして期待される」と語っています。確かに読者のわれわれも、どこか黒人問題と結びつけようとするのかもしれません。そしてこの時代のアメリカの作家の多くがそうであるように、バックグラウンドへの強い愛情とアイデンティティ溢れる作品が多い。黒人作家の作品にもそんな期待が込められているのではないでしょうか。多くのその点、私はよくわからない子供時代に読んだこともあり、純粋にお話として読むことができたため、ラッキーだったかもしれません。

『ぼくのために泣け』は、いくつかの短編が鎖のようにつながる小説です。登場人物が関連し、そして育っていく。最後まで読むと、なにか永い月日が経ったかのような気がします。それぞれの登場人物の抱える心の問題や葛藤がとても響きます。

人種ではなく、人としての心ありきの小説です。そういう点では、サローヤンの作品に近いものを感じました。

ところで、スゴイものを発見してしまいました。これを見てください。

ず?

左から3行目、下から6番目「ず」が横に転んでます jumee☆surprise8
こんな大胆な誤植、昭和ならではですね(笑)


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。