05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

06/25

Thu.

11:46:43

トルコで私も考えた (1) 

Category【マンガ

移動時間にこれ読んでました。

トルコで私も考えた (1) (ヤングユーコミックスワイド版)トルコで私も考えた (1) (ヤングユーコミックスワイド版)
(1996/12)
高橋 由佳利

商品詳細を見る


これを読んだ理由は、後にご紹介する村上春樹さんのトルコ旅行記の影響です。

この本は集英社さんのサイトで立ち読みできます。

jumee☆signHPD http://www.s-manga.net/title/torukodewatashimokangaeta.html

昨日のヤマザキマリさんのイタリア話に比べると、私にとってはトルコの方が未知数度が高かったです。トルコもイタリアも(そしてキムチ国も)ママンと食にはかなわないのかー、とか一人地下鉄でつぶやきながら漫画を読んでおりました。

ところで、この本の途中途中に「コミックの3を参照ください」的なコメントがちょくちょく出てきます。1冊目だと思って購入したのですが、実は前作があるのでしょうか?うむ。もう少し落ち着いたら2巻以降も読んでみよう。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2009

06/24

Wed.

11:43:42

それではさっそくBuonappetito! 

Category【マンガ

みなさん、ハルヴァのこと、覚えていますか?

過去記事参照 jumee☆arrow5R ハルヴァ、Halva / Halava (Turkish:Helva)

もう居ても立ってもいられずで韓国のサイトを検索しまくり、トルコ料理店やトルコ食材輸入会社をチェックしてみました。ところがどれもなーんかイメージが違うのです。私が食べたいのは万里さんの書いているハルヴァであってキャラメルの親戚みたいのではないんです。

どうやらソウルでの入手は難しい模様。泣く泣くあきらめました。その悲しさを要約乗り越えたかと思ったのに真打がやってきたのですよ!私のお菓子魂に火をつけるこいつが!

         

この子、イタリアのNutella(ヌッテラ)でございます。
チョコとヘーゼルナッツをミックスしたペーストで、パンなどに塗って頂きます。そういえば私も小さい頃はふかふかの食パン(耳は取る)にチョコペーストをたっぷり塗って食べてましたわ。思えばあれはどこの会社のものだったのかな?昔は白いプラスチック製の入れ物だったけど、途中で紙製のカップになったんだよなぁ。うーん。よつ葉だったかな?明治だったかな?どこだったかな。

そもそもなぜNutellaか。
読んでしまったのです。この本を。

それではさっそくBuonappetito! (ワイドKC)それではさっそくBuonappetito! (ワイドKC)
(2008/08/11)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る


ヤマザキマリさんのイタリア漫画。今回はお食事編です。

(1冊目についてはこちら 過去記事 【本】「マンマ・ミーア!」「アイゴ、オンマヤ!」

思えば「イタリアンが嫌い」って言う人、あんまりいないですよね。今では世界各地にピザ屋さんがありますし、台所にはスパゲティがあったりするはず。でもそれ以外のメニューって実はよく知らなかったりしませんか?モッツァレラチーズを食べるのは知っていても、どうやって食べるのか、どんなメニューで使われるのか、いつがシーズンなのかなど、意外と知らない知識があるはずです。この本でそんなイタリアの食に関する小ネタを仕入れてみて下さい。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・イタリア料理って、きっとその地域地域によってお得意分野が違うんでしょうね。食べ方も違うみたいだし、ピザなんか厚さや具まで違うそうです。ああ、一度行って見たい。ところで、1都市でイタリアの食を満喫するとしたら、どの都市に行けばよいのでしょうか?イタリアにお詳しい方、情報よろしくお願い致します。

・ヤマザキマリさん、北海道のローカルテレビにでてらしたそうです。へー。知らなかった!

・肝心のヌッテラですが、どうやら日本では結構普通に手に入れられる品物のようですね。調べるとソウルではまだまだ貴重なものらしく、「アメリカのチョコジャム」とか「アメリカじゃなくてオーストリアだ」といった様な情報が行きかっているところをみると、相当知名度が低いと考えられます。とりあえずデパートの輸入食品売り場をチェックするぞ!



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/23

Tue.

11:42:24

犬婿入り 

Category【日本文学

mixiの須賀敦子さんコミュニティで須賀さんに続く美しい文章を書く方として紹介されていた多和田葉子さん。ドイツ在住でドイツ語でも作品を発表されておられます。須賀さんに並ぶ美文とあれば、ぜひ読んでみたい!ということでこの本を読みました。

犬婿入り (講談社文庫)犬婿入り (講談社文庫)
(1998/10)
多和田 葉子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

『ペルソナ』

 セオンリョン・キムがそんなことをするはずがない、と初めはみんなが口をそろえて言ったものだ。美智子ももちろんそう思った。セオンリョン・キムは、まじめな男だから、親切な看護夫だから、絶対に彼の仕業ではない、とみんな口をそろえて言ったものだ。レナーテが嘘をついているのだ、と。レナーテの担当医もそう言った。レナーテの入っているコーラス部の指導をしているセラピストもそう言った。レナーテが、本を借りるためではなく、おしゃべりをするために毎日出掛けて行った患者用図書室の連中もみんな口をそろえてそう言った。



この本には上で紹介した『ペルソナ』とタイトル小説の『犬婿入り』の2作が収められています。芥川賞受賞作です。

『ペルソナ』は、姉弟でドイツに留学している道子の外国で受けた心の葛藤を記したものです。ところで書き出しの最初に出てくるセオンリョン・キムという名前ですが、キムという苗字からも想像できるとおり韓国の男性。後に漢字表記が出てくるのですが、金成龍だそうです。この名前はハングル発音だとキム・ソンリョンでアルファベットだとKim Seong Ryongとなります。ハングルのアルファベット化には独特の方式があり、英語力で読もうと思っても無理のあるものがあります。(例えば崔さん(チェさん)はアルファベット表記だとChoiです。彼らはローマ字圏ではMr.チョイになっちゃいます。)

このことはお話の内容とはなんの関係もないのですが、いつもハングルのアルファベット化に困っていた私には変に記憶に残る部分となりました。でも内容もちょっと微妙な違和感というか、「暫くは結構。おなかいっぱい」な気持ちになりました。簡単に説明すると、ユーロ合併前のドイツではアジア人全般に対する偏見があり、日本人もその偏見を受けつつも差別する側に回っていることに気付いた道子の怒りを表現しています。道子はアジア人全般を「東アジア人」と表現し、日本、中国、香港、韓国、遠くはベトナムまでもを「一つ」としています。私たちがコートジボワールとブルキナファソの区別が付かないと同様にヨーロッパ人には日本も中国もベトナムも差がわからないのかもしれない。人種差別は決して許せることではありません。でも今、韓国で暮らす私は、差別という意味ではなく、日本と韓国は別の国で別の文化背景を持つ、全く別の国であり人であると強く感じています。悪く言えば「一緒にしてくれるな!」と言いたい。だって、それぞれの国にはそれぞれの良さがあり、その良さこそが違いであり味であると思うからです。それは外に出たことで日本の良さを強く感じるようになり、それをアピールしたいと感じるにつれて出てきた感情です。道子の場合は人種として「東アジア人」と言っているのか、それとも文化も含めた上で使っているのか、ちょっとその点引っ掛かりました。もし私が道子ならきっと彼女のようには行動しないなーという点が多かったので読了感が複雑だったのかもしれません。

『犬婿入り』も不思議な話です。昔土曜の夜に見ていた「まんが日本昔話」を思い出しました。
塾の独身女先生は、とても変わった人。親の目からみると変なことばかり教えているように思うのですが、当の子どもだちは楽しそうに通っている。ある日先生のもとに太郎という男が現れて、塾に住み込むようになります。太郎はなんだか人とは違う力を持っています。太郎がやってきて、先生の日々が代わり、街が変わるという話です。

芥川賞の選考委員のコメントがおもしろいのでリンク貼っておきますね。

jumee☆signHPD第108回芥川賞受賞賞作

多和田さんの本はあと1冊手元にあります。
週末、ゆっくり読んでみるつもり。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/22

Mon.

11:41:38

太陽の塔 

Category【日本文学

この間届いたこの本で大笑いです。

太陽の塔 (新潮文庫)太陽の塔 (新潮文庫)
(2006/05)
森見 登美彦

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

          ○
何かしらの点で、彼らは根本的に間違っている。
なぜなら、私が間違っているはずがないからだ。

          ○

 この手記を始めるにあたって、私はどこで生まれたとか、どんな愛すべき幼稚園児だったとか、高校時代の初恋はいかにして始まりいかにして終ったかとか、いわゆるデビッド・カッパーフィールド式のくだんないことから始めねばならないのかもしれないが、あまり長くなると読者も退屈されると思うので手短にすませよう。
 私は奈良で生まれ、一時期大阪に住み、思春期はふたたび奈良で過ごし、大学入学と同時に京都に住むようになった。今年の冬でほぼ五年、京都で過ごしていることになる。四回生の春には農学部の研究室にいたが、わけあって長い逃亡生活に入った。あのときは色々と思い悩んでいたのだが、今となっては思い出せないし思い出したくないし思い出す必要もない。そのあたりの事情は書かないですますつもりである。若者の苦悩なんぞに興味はない。
 現在の私は、「休学中の五回生」という、大学生の中でもかなりタチの悪い部類に属している。



ちょっと長めに引用です。
本当にケチなことだと思うんですけど、ソウルに越してきてから前にも増して、小説やエッセイの類を文庫本で購入したいと思うようになりました。理由は金とスペース。2005年以降、年に1回ずつ引越の回数を重ねているので、スペースの問題は本当に切実。加えてこのところのウォン安が財政を圧迫するようになってきたので「1冊の単行本より3冊の文庫を!」という気分になってます。(そう考えると800円くらいで買える新書って魅力的ですよね。)

なので、森見登美彦さんのこともアマゾンの文庫本のランキングを見るまで知りませんでした。5月に福岡天神のTSUTAYAで購入した『夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)』を帰りの飛行機で読み始め、「ああ!何でもっと他の作品も買ってこなかったんだー!」と後悔したことしきりです。

過去記事参照 jumee☆arrow5R 【本】オモチロイです

森見登美彦さんの作品は、どこか明治や大正を思い起こさせる漢字やカタカナ使いと平成を生きる京都の大学生の絶妙なバランスがとても心に残ります。一瞬夏目漱石の時代の作品を読んでいる気になりますが、携帯だのメールだのが出て来て「本当に明治を生きた人の文章ではないんだな。」と気がつきます。森見さんは夏目漱石を愛読なさっているそうで、その古さを身につけ新しきを産んだんでしょうね。新鮮です。きっとご本人も相当ユニークでステキな人なんだろうなー。

この作品も京都大学の男子学生が主人公。最高学府の京大生だというのに華麗さは微塵もなく、ただただモサくて、イケてなくて、奇妙な独自ワールドに篭るちょっと変わった男子学生の日常がのぞけます。主人公の私には好きな女の子がいたのですが、そんな間違っているはずが無い私のことを彼女が振るわけです。時は冬。そろそろクリスマスという古都京都で、愛自転車「まなみ号」を失いながらも果敢にクリスマスの幸せムードに対抗するお話。超笑えます。

日本ファンタジーノベル大賞受賞作だけあり、ファンタジー要素も満ちてます。でも私は古めかしい言葉でやりとりしている主人公たちが可笑しくてしょうがなかったです。またよい本に出会いました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・本書とはあまり関連性のない話なのですが、私は大抵黙読で読書を楽しんでいます。でも頭の中では音読していることが多いです。特に小説やエッセイなんかは。字面だけをさらっと読めればかっこいいですし何より速読にもつながるんですけど、なかなか上手くいきません。
で、ふと思いました。このお話の舞台は京都です。森見さんご自身も関西のご出身です。とすると、この主人公たちの会話は関西弁の可能性が高い。でも私は関西弁が話せませんから、ふつうに自分の言葉で読んでるだけです。それぞれの読者のバックグラウンドで本はいくようにも解釈されますが、書き手と読み手の方言の違いも解釈の多様化に繋がってるのかなーと思いました。京都をよく知り、京都の言葉を知る方が読めば、もっともっと共感して感動するんだろうなと羨ましく思います。

・森見さんの作品を読むと、無性に漢字の勉強がしたくなります。あと大和言葉とかも調べたくなります。古典も読みたくなるし、俳句や短歌も好きになる。国文学が苦手な学生さんにもおススメかも。

・何より京大男子ってどんな人なの!?という妄想が膨らみます。男汁に溢れ、ジョニーの対処に戸惑い、勉強の傍ら不思議な世界と現実を行き来しているイメージ、とでも言うのでしょうか。きっとそんなことはないと思うんですけど、この小説のような人たちであって欲しいというわけのわからない願望で頭がいっぱいです。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/19

Fri.

11:40:32

多読術 

Category【読書術

またもやスゴい本に出会ってしまった。

多読術 (ちくまプリマー新書)多読術 (ちくまプリマー新書)
(2009/04/08)
松岡正剛

商品詳細を見る


ちくまからも新書が出てるんですね。本が到着するまで気がつきませんでした。私、ちくまさんの本って結構好きなんですよ。特に文庫本にはお世話になってます。この本を読んで、「やっぱりちくま!」と大満足。

書き出しをご紹介します。

-いま、本格的な読書方法論が待望されています。一部では「読書立国」も訴えられています。そこで、そのような方法を実践されているとおぼしい松岡さんに、セイゴオさんと呼ばせてもらいますが、そのあたりの話を「多読術」を軸に伺いたい。

 ぼくにとっては「多読」と「少読」はつながっています。本質は同じです。少読がしだいに多読になるわけではなく、多読によって少読が深まるということもありうるわけで、そこが読書のおもしろいところだと思いますね。
 また、「粗読」と「精読」を比較して、いつも精読のほうが読書力が深まっているともかぎりません。それとは逆にひょこひょこと読む「狭読」が底辺を広げて読む「広読」を妨げているということもなく、読書っていろいろな方法によって成立しうるんですね。



この本は対話式になっています。聞き役(青字部分)は担当編集者さんでセイゴオさんが質問に答える形で進みます。実は私、かなり感動しました!!!ここ最近読んだ“読書本”といえば勝間さんの『読書進化論?人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか? (小学館101新書)』、小宮さんの『ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)』などがあります。ビジネスパーソンが書いた読書本には、読んだ本から得た情報をいかに消化し活用するかが主でした。多読は基本で、速読や積読などの小技で情報を吸い取るような印象が残っています。このタイプをビジネスパーソン型とすると、セイゴオさんの『多読術』はこのカテゴリーの対極にある気がします。私が最初に読んだ読書本といえば『本を読む本 (講談社学術文庫)』ですが、それともちょっと違う。

私が感じたこと。セイゴオさんは文章が文字が好きで好きでたまらないんでしょうね。愛着がヒシヒシと伝わってくるのです。Web「千夜千冊」を愛読してるのにセイゴオさんの著書を読むのは初めてでした。いつも「どうすればこんなに深く書物に入り込めるんだろう」と感じていた疑問がこの本によって解けた気がします。この本は「するめ」本ですよ。読めば読むほど味がでるはず。セイゴオさんの生い立ちから会社設立までのお話も面白い。週末中にもう一度読んで、もっと深くかかわりたいと思います。

jumee걲point1d この本を読んで jumee걲point1d

・この本が届く直前、米原万里さんの『打ちのめされるようなすごい本』をめくっていました。この本は読み手が万里さんの読書愛に打ちのめされるような1冊ですが、頭の中で何かが開きかけていたんですね。そこへ『多読術』がやってきて、ばーんと何かがスパークしました。このブログを初め、丁度この本で300冊くらいになると思うのですが、300冊読んでやっと何かベールがはがれたような気がしました。障害物競走で最初に出てくる網をくぐり抜けたような気分です。やっと「本が好き」と言うための準備体操段階に入れた気がしています。

・できるだけ多くの情報を得て、自分の血肉にしようというパワーリーディングも理解できます。私も忙しいビジネスパーソンなら、きっとそんな風に本を扱うと思います。実はビジネスパーソン型の読書本からは「上手な本とのおつきあい法」がイマイチつかめずにいました。たくさんの本を読むことで知識が蓄えられるという点に魅力を感じたんだと思います。でも以前より時間に恵まれている今はもっと文字一つ一つに愛着を抱きたいという気持ちもあったのです。もともと文学好きですから、本はじっくり読みたいほう。セイゴオさんの本を読み、「ああ、こういう読書もあったのか!」という気分。

・セイゴオさんは「本はノートである」と仰っています。書き込みもされます。私も最近は勝間さんの影響で書き込みを一時ストップしていたのですが、『多読術』を読んでいる間は付箋貼るのがもどかしくて、メモしたくてうずうずしてました。そこでわかったのですが、自分と本がFitしている時ってノリノリで読書が進みますよね。そうすると書き込みたくなるのかも。こういうことが本との対話なんだとわかりました。

・編集工学から読書を見ると、信じられないくらい読書の意味が変わってきます。私が早速取り入れたことは「引用ノート」を作ることです。これは、ノートを数冊準備して1冊ごとに感心分野の項目を振ります。その項目に従い、読んだ本からアンテナが動いた部分を書き写すというもの。今でも気に入った文章を書き写していますが、ランダムすぎていまいちまとまりがありませんでした。項目を入れることでもっとノートを有効利用できそうです。

これは本当に多くの人にオススメしたい。私はこの本で一皮向けました。

目次、折り込みます。
-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/18

Thu.

11:39:05

ボヴァリー夫人 

Category【海外文学

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)ボヴァリー夫人 (新潮文庫)
(2000)
フローベール

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 私たちは自習室にいた。すると、校長が制服でない普通服をきた『新入生』と大きな教室机をかついだ小使いをしたがえてはいってきた。いねむりしていた連中は目をさました。みんな、勉強中のところを不意打ちくったように立ち上がった。
 校長はすわれと合図し、それから自習教師のほうをむき、小声で、
「ロジェ君、この生徒をたのむ。二年級へ入れる。勉強と品行がいいようだったら、年相応の上級へ変えることにするから」



この本の主人公はタイトルにもあるボヴァリー夫人。上の文章に出てくる『新入生』は後にエマという女性を娶るシャルル・ボヴァリーのことです。

後表紙の説明文を参考に簡単に内容をまとめますと、上のシャルルは後に田舎医師となり治療先の娘エマと結婚します。このエマという女性が非常に美しい人なんですが、ずっと田舎で育った上に修道院で教育を受けた時に読んだ小説の影響で「恋に恋する」体質です。しかもかなり妄想入ってまして、これがちょっと激しすぎ。シャルルと結婚したのも田舎から逃れられるからであり、街に移り住んでからも即効夫に飽きてしまう。でもって、そこに妄想壁がありますので、出てくる若者をどんどん好きになる。そのうちに身を崩して哀れな結末が・・・、というお話です。

前半部はそれほどノリノリで読書できなかったのですが、エマの感情の起伏が激しくなるにつれ、文体にも勢いが付いていきます。そこからは一気に読めました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・一応文学部卒なんですが、ヨーロッパ文学を読むたびに「なんでもっと若い時に、あの授業を受けている時に読まなかったんだ」と後悔ひとしきり。大人になって読書を重ねるにつれ何となく時代背景が想像できるようになりましたが、でも「これってどういうこと?」がたくさんありました。特に宗教系の背景がわからない・・・。少し勉強したいと思います。

・これ、リアリズム文学の名作と言われています。そう言われるだけあり、今でも通用しそうなシーンが多々ありました。特にキムチ国の朝のドラマ系なものがいっぱい・・・。人の心の弱みって大昔から変わらないのかもしれませんね。

・今年は今まで読んだことのないフランス文学を読もうと思っています。超有名作品しか読んだことがないので、おススメご紹介頂けると嬉しいです。

・あの、私はエマに自分を投影してませんよー。うちは夫婦円満ですので、あしからず!!!

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/17

Wed.

11:37:03

10人の法則 

Category【自己啓発

今日はこれを読みました。

10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気
(2008/11/05)
西田 文郎

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

調子に乗るか、図に乗るか

 唐突ですが、私は怒っています。
 怒っているというか、怒っているといいたくなるほど猛烈に悲しいのです。じつは私の勉強会で知り合い、大いに意気投合したAさん、新進気鋭の経営者であり、将来は「日本の経済界を担う実業家」の1人になるものと期待し、楽しみにもしていたAさんが、最近少しおかしいのです。
 おかしいといっても、落語や漫才のように面白おかしいのとは違います。
 たとえば、こうです。
「あいつは使えない。辞めてくれてよかった」
 吐き捨てるようにAさんがいった言葉です。



このAさんという方が成功をキッカケにどんどん傲慢になっていく。気付くと人をけなしたり、悪いことを口走っている。いい気になってしまった。それが図に乗った状態です。このAさんの態度を通して私たちが学ぶことは、図に乗ってしまったことで、気がついた時には人は離れ孤独になってしまうということ。人は一人では何もできないように出来ているそうです。ですから、図に乗ってはいけません。調子に乗るだけに留めておかなくては。

タイトルの『10人の法則』とは、10人の方に1年以内に感謝の言葉を述べようというもの。西田文郎さんは、我らが北海道の駒大岩見沢高校野球部のメンタル面での指導を行った方で、他には北京オリンピックで金メダルに勝ち取ったソフトボールチームの指導もなさっています。そんな彼らに教えたことは誰かのために頑張ろうということです。自分のためだとなかなか動かなくても、心から感謝している人のためなら頑張れる。

私が感動したのは、「ありがとう」が「さよなら」の意味になることもあるというお話です。自分がこの世を去る時、愛する家族に「ありがとう」と言って息を引き取りたいと思います。「ありがとう」という別れには「さよなら」より心が詰めこまれているような気がします。もし感謝する人を10人見つけられなかったら、「ありがとう」の別れを想像してみて下さい。想像しただけで胸が熱くなる人が、あなたの感謝したい人だと思います。

読んでみるとわかると思うのですが、1ページあたりの漢字数が少なくすーっと心に入ります。忙しかったり、自分勝手で多くの方へ感謝を伝えずにおりました。でも、これからはもっと素直になろうと思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・いかに日々の生活で感謝を口に出していないかを思い、かなり反省しました。特に一緒に暮らしている家族への感謝がもっとも疎かになっているように思います。帰ってすぐに感謝の言葉を伝えました。離れてからでは、遅いですから・・・。

・日本語の「ありがとう」ということばの意味、ご存知ですか?元は「有り難し」と有ることが難しいという意味で、「滅多にない」「珍しく貴重である」の意で使われたそうです。「ありがとうございます」は滅多にない貴重なことでございます(だから、感謝します。)、となるわけです。
言霊の話でもよく言われるように、私も「ありがとう」の音というか発音が好きです。日本語勉強中の外国人でも、ありがとうを上手に発音できない人はいないのではないでしょうか。音の響きにも何か前向きになれる秘密があるように思います。

・脳と感謝の関係を説明する本がいくつかありますが、上に書いた別れの「ありがとう」のように感動的なお話が多かったです。繰り返して読みたい本となりました。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/16

Tue.

11:34:21

笑う大英帝国―文化としてのユーモア 

Category【旅行

この間、『ウケる技術 (新潮文庫)』を読んでから、笑いに貪欲になってます。授業で笑い取りたいー!

笑う大英帝国―文化としてのユーモア (岩波新書)笑う大英帝国―文化としてのユーモア (岩波新書)
(2006/05)
富山 太佳夫

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 いかにも国王らしい国王と言えば、やはりフランスのルイ十四世だろうか。太陽王と呼ばれた彼の残した言葉がある。

 本が読めて何になる?

 平均的な人間が口にするとただのアホ呼ばわりされかねないこの科白も、その発言者がかのルイ十四世だと分かった瞬間に平均的な人間の内にもある種の笑いを誘発してしまう。この一例から引き出せる学問的な仮説とは、笑いの発生源は巧妙な言葉のカラクリの内に求められるだけでなく、その言葉が発せられるときの状況や人間関係にも左右されるということである。ここではベルクソンの説も、フロイトの説も空しい。



帯には「爆笑、大笑、哄笑、激笑」と大きく書かれているけど、文中でニヤリとしたものは数個。結構まじめにフムフムと読みました。人によっては爆笑できるのかもしれませんが、実は私、イギリスの笑いに関しては、思いっきり腹の底から笑えるものもあれば、ツボにかすりもしないし笑いどころすらわからないという、かなりの両極端ぷりを発揮しています。この本の例は後者が多かったかなぁ・・・。

一方前者だとこんなのがあります。



Jonathan Rossがウケるというのもありますが、BBCがこういうの作るっていうこと自体が笑えますよねw

「あれ、なんで笑ってるの!?」といううちにギャグが終っちゃうようなものもあります。大抵は風刺ネタで現地の状況が見えないから一緒に笑えないという理由もありますが、ただ純粋に「おもしろい」と思えない場合も無きにしも非ず。

そこでユーモア大国の笑いを手放しで楽しむ方法が知りたい!と、この本を手に取ってみたわけです。でも、正直よくわかりませんでした・・・ jumee☆sweat2Rb 私が思うにですが、イギリスの笑いは、他国の笑いの価値観からみると攻撃的だったり毒舌だったりするかもしれません。笑いを送り出す側(コメディアン)と笑いを受け取る側(聴衆)が共有できる笑いのツボは常に同じとは限りませんが、笑いin UKの場合は風刺やアイロニーなのかもしれません。絵文字名を入力してくださいは古くは狂言や落語に始まり、漫談、漫才、コントなどがありますね。名指しで風刺するような文化は無かったような気がします。ただ、ボケとツッコミでわかるように、ボケ担当の間抜けっぷりを笑うというのはあるかも。

ところで、児童文学にもユーモア(ここではパロディについて取り上げられています。)として意識できるということにこの本を読むまで気がつきませんでした。なるほど、児童文学のそういう小技があってこそ、あのモンティー・パイソンを生み出す大人が育つんですね。

まじめに英文学や英国史に取り組んでいる学生さんにも読んで欲しいです。「ここ、笑いどころだから」というツボを知るキッカケになると思いますよ。

笑いって、その民族や地域の価値観を示す深い分野なのかもしれませんね。人類学を読めば、もっとそういうことがわかるのかな。気になります。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・何となく感じたことですが、風刺の場合、例えば失敗した人や何か大きなトラブルを犯した人を「敢えて笑ってあげる」という意味もあるのかなーとも思いました。笑われることでネタにされた人も憤慨するのではなく、「あーら、言われてる」くらいの余裕で、「そんなこと、大したことじゃないよ」と吹き飛ばせてしまっているようにも思います。

・風刺のターゲットとなる人は王室だったり政治家だったりしますが、それだけ市民が関心を持っていることの証明でもありますね。身近な存在であったということかも。江戸時代、将軍を風刺なんかしたら大変なことになっていたでしょうね。ハラキリ、間違いないです。

・キムチ国のお笑いにもなかなかついていけない私。笑いを共通できて初めて、その国に馴染んだといえるのかもしれません。

目次、折り込みます。
-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/15

Mon.

22:51:22

他諺の空似―ことわざ人類学 

Category【随筆・エッセイ

私は雨の日の読書が大好きです。(雪でも可。)雨音を聞いていると、なぜか集中力が高まります。特に読書はその本の世界に入り込めるようで、雨の日の行事としては最もお気に入り。昨日も激しい夕立が降り、手元にあったこの本を読みました。

他諺の空似―ことわざ人類学 (光文社文庫)他諺の空似―ことわざ人類学 (光文社文庫)
(2009/05/12)
米原 万里

商品詳細を見る


先月文庫化された本です。書き出しをご紹介します。

「医者の不養生」

「ママ、ママ」出張先から帰宅するなり、娘が駆け寄って来て、私がコートを脱ぐあいだも息継ぎするのも忘れてしゃべりまくる。「きのうママがお留守のあいだにね、パパったら綺麗なお姉さんを連れてきたの。それでね、リビングのソファーでね、一緒に横になってね、お姉さんたらスカートまくり上げちゃったの。それで股のあいだにね・・・・・・」
 ここで娘は肺に溜めていた空気を使い切ったらしく、息を吸い込んだので、抱きしめて言った。
「はるかちゃん、もうすぐパパがお仕事から帰ってくるでしょう。お話の続きはそのときにしてね」
 まもなく夫が帰宅し、親子三人で夕食の卓を囲んだ。頃合いを見ておもむろに娘を促した。



私が好きなエッセイスト・随筆家と言えば、米原万里さん、沢木耕太郎さん、須賀敦子さん。今でも活躍なさっている方はついに沢木さんだけとなってしまいました。米原さんが亡くなったのは2006年の5月ですから、そろそろ3年になるんですね。この本の単行本が発行されたのが2006年8月ですから、米原さんが亡くなれて直後のこと。この世を去られてから当時連載中だったものがまとめられたりして、次々と新刊がでるのが残念でなりません。

この本は、よくもこんなに・・・と感心を通り越して半ば驚きと呆れと笑いで尽くされるほど、世界中の諺が紹介されています。上の書き出しのように、まずは小話。そこからその逸話に適した諺が紹介され、日本から世界各地の諺へと広がります。専門の東欧だけではなく、英語、ギリシャ語、中国語などなど本当にどこから集めたの!?というほど紹介文は尽きません。少なくとも、この諺を集めている米原さんは、パワー全開そのものだったんじゃないかと思います。そうでなければ、これだけもの諺なんて集められないでしょう。

何度読んでも、米原さんのエッセイは笑えてしまいます。米原さんの後に続くエッセイストの登場を期待せずにはいられません。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・副題に「ことわざ人類学」とあるように、どの言葉も必ず兄弟姉妹のような似た面影をもつ言葉があります。表現法は違えども、人の心の中身というのはどこに行っても似たり寄ったりなのかもしれません。

・この中では朝鮮語系のことわざは3つしか出てこないのですが、こんなに近い国なのに随分諺の表現が違うのに驚きます。当時の流行のユーモアが今でも諺として残ったのかしら?と思わされるものもいくつかあり、それがもう少し紹介されてたらおもしろいのに!と思いました。

・遺作とありますが、これほどパワフルな文章なのに、病に冒されていたとは・・・。ああ。本当に惜しい方を亡くしたと今でも残念に思えてなりません。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/15

Mon.

22:47:31

世界一の美女の創りかた 

Category【美容・健康

『ハイヒール・マジック! 』が品切れということで、昨日ご紹介した『世界一の美女になるダイエット』とセットで購入しました。

世界一の美女の創りかた世界一の美女の創りかた
(2007/12/07)
イネス・リグロン

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 私の次の言葉を、一体どれくらいの人が信じるかしら?美しさとは、実は生まれながらの顔の造形やスタイルを指すのではありません。かわいらしい鼻や大きな瞳よりも、大切なのは「健康状態」。真の美しさとは、体の内側から生まれてくるものなの。



ダイエット本と同様、こちらも項目別に短い文章が綴られており、1時間もあればさらっと読める内容ばかりです。でも、なんか効くんですよねぇ。

ところで。
私、実はあまりミスユニバースなるものを見たことがありませんでした。ゆえに、絵文字名を入力してくださいから世界一の美女が選ばれたことも知りませんでした。でも、これを見て思い出しましたよ。キムチ国は美人コンテストが大好きですから、当然話題になりましたもの。



この本にも何度か登場される森理世さんは、2007年メキシコで開かれたミス・ユニバース2007で見事世界一の美女となりました。この報道、私はキムチ国のワイドショーで見てました。いろんな意味で話題になってたんですよね、この大会。まず、アジア人がミスに輝いたわけですが、「同じアジア人ならキムチ国代表の方が勝っていた」という意見があちこちで聞かれました。確かにみなさん甲乙つけがたい美しさです。でも、その場にいて審査員の心にアピールできるものがなければ、それまでのこと。きっと何かが足りなかったんだと思います。

そして、もう一つは民族衣装です。キムチ国代表は韓服という民族衣装を着たのですが、それがキセンのスタイルであったことから、「世界大会でキセンの姿をするとは何事!」という厳しい意見が。キセンとは、絵文字名を入力してくださいで言う所の芸者や花魁のこと。品がない、ということだったんだと思います。キセンが何か知りたい方、このドラマはおもしろいです。

jumee☆signHPD http://www9.nhk.or.jp/kaigai/hwangjiny_gtv/index.html

そして、ミス大会が開かれるたびに話題になるのが、整形問題。2007年のミスもそれはそれは話題になった方です。森さんとキムチ国代表の幼少時代の写真を比べるなど、ちょっとかわいそうなものもありました。

どうやら今年はイネスさんのもとで、絵文字名を入力してください代表とキムチ国代表が共に指導を受けるそうですね。個人的には代表のお二人にもエールを贈ると共に、イネスさんに大声援と拍手を送りたい。これからもアジア女性の美を育てて下さいね。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ミス・ユニバースはあくまでも欧米人にとって魅力的な美人を選ぶ大会だと思います。アジアの文化とは異なる部分も然り。「なでしこ」が「ひまわり」になるような印象を受けました。

・でもって、大和撫子がひまわり並みのパワーと存在感になると、草食男子化は進みますよね・・・。強い女性っていうのは、何も我がまま一杯、我を通すということではないと思います。(女王様が好きな人は別として。)でも、猫のような気紛れさが魅力というのならば、それはもう好みの問題のような・・・。いくら草食でも大きな花は食べ難い。あんな高い所に花が咲いちゃあ、届かないじゃないですか。

・10代、20代のミスを目指す人じゃなくても、この本は役立ちます。表紙のイネスさんは2人の美女以上の美しさ。迫力のある美女です。30代の私でも「ああ、これは取り入れたい」と思う点がたくさんありました。

・こういう本、もう少し男子にも買い易いようにした方がいいですね。男女の目指すもの、求める方向がバラバラだからこそ、今婚活が流行っているように思います。

・女的モチベーションを上げたい方におススメ。私のような美容脱落者でもヤル気になりました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/12

Fri.

22:48:50

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし  

Category【ライフスタイル

ソウルに来てすぐの頃、せっけん、自分で作ってました。
ここは思った以上に乾燥した土地なんですけど、市販されている洗剤は洗浄力の強いものばかりで、そのうち体がカサカサになりました。おまけに冬はオンドルという床暖房ですから、乾燥バリバリ。洗濯物が乾くのに半日かからないという恐ろしさです。でも、一旦日本に戻る時、せっけんセットを譲ってしまったので、ここ3年ほどは石けんはフランスから個人輸入で購入したものを使っています。

この間、表紙+タイトルに一目惚れして購入したこの本。
久々に石けん作りたくなりました。ああ、憧れのナチュラル・ライフ!

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diaryベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary
(2007/03/27)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith

商品詳細を見る


ちょうどこの本が届いた日、偶然見ていたNHKワールドにベニシアさんが出演しておられました。なんと!まさにシンクロです。どうやら『猫のしっぽ カエルの手』という番組のようです。

jumee☆signHPD http://www.nhk.or.jp/venetia/next.html

書き出しをご紹介します。

 私の母の実家はケドルストン・ホールと呼ばれる一八世紀半ばに建てられた邸宅です。幼い頃、私はその大きな屋敷の中を探検したり、隠れんぼをして過ごしたことを覚えています。屋敷内や敷地内では、母は私たち兄弟を比較的自由にさせてくれましたが、使用人や料理人たちが働いているキッチンや彼らの詰め所へ遊びに行くことと、敷地外に出ることは許されませんでした。「私たちと彼らとは違うのです」という母の言葉が私にはとても寂しく感じられました。母はいつもパーティーで忙しくしているか、疲れて昼前まで寝ており、乳母が私たち兄弟の食事など日々の生活の世話をしてくれました。



京都は大原でのイギリス式生活のお話です。
ただお話は京都からスタートするわけではありません。いきなり豪奢な素晴らしいお城&庭が登場します。ベニシアさんはイギリスの貴族の生まれだそうで、写真は幼少時代を過ごした邸宅とか。ううう。レベルが違いますわ・・・。

ちょうど90年代はイギリスブームで、林望さんや井形慶子さんが次々とエッセイ本を出されました。それを読んでイギリススタイルに憧れた方は多いはず。私の実家の両親ですら、改築の時に私が持っていたイギリス関連の本から「台所はこんな風に」「家具はこんなの」と極寒の札幌でバラ園を夢みてましたから・・・듋괧 でも、やっぱり日本人にはイギリス式は作れないなーと思います。この本を読んで確信しました。いきなりイギリスで見たものを日本の住環境にはめ込んでみても、ちぐはぐ以外の何物でもありません。それよりは、日本の環境でイギリス式で暮らしている方を参考にした方がよいかも。

ガーデニングに興味のある方はもちろん、ナチュラル・ライフを実現したい方にも参考になることがたくさんあります。無添加食品や無添加化粧品の手作りレシピも満載です。それよりね、とにかくお家がステキheart0 

jumee걲point1d この本を読んで jumee걲point1d

ソウルに来てからコンクリートに圧迫された生活をしています。そんな私が断言!土や木がないと、人は狂いますよ。これは本当。自律神経がやられてくる感じ、わかりますか?意味もなくイラッとしたり、躁鬱になったり。特に女性生理には悪影響が多いと思います。それが、この間、3泊4日で九州旅行した時、一度リセットされたんです!意識して土や木に触れるようにしていたのですが、1泊目の由布院で溶けるかのように良くなりました。自然の力は偉大です。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/11

Thu.

22:47:35

私を美しく変えるワードローブ整理術 

Category【美容・健康

最近のテーマは「美」なんです。例えばマラソンを始めたのは「健康美」のため。食事法を変えたりダイエットしてるのは「美容」のため。で、一番難しいのはそもそもセンスがない「美装」部門です。高級ブランドのバッグを手にすると、一瞬にしてニセモノ風アレンジになるという恐るべき私の体質を改善したい!ミョンドンら辺に行く度、「絵文字名を入力してくださいの人はオシャレだなー」と祖国を遠く感じる今日この頃です。

そんな私に救世主登場キラキラ

私を美しく変えるワードローブ整理術―着こなしがたちまち見ちがえる装いのルール私を美しく変えるワードローブ整理術―着こなしがたちまち見ちがえる装いのルール
(2005/07)
メアリー・ルー アンドレ

商品詳細を見る


これは2009年、toh的大絶賛本となりました。(でも出版は2005年。)書き出しをご紹介します。

 本章では、ワードローブすべてをいったんバラバラにして再構築するという、当社の五つのステップを詳しく説明します。これは、ワードローブ管理とファッションコンサルティングの会社である当社の「美装」方式の真髄ともいえるものです。過去十年以上にわたって、個人のお客様やセミナーへの参加者が、ご自分で実践なさった成功例に基づくものです。
 五つのステップには、クローゼットと引き出しの内の全ワードローブを正しくはあくすることが含まれています。なぜなら、どんな人でもたいてい、お持ちの衣類の二〇%しか着用していないからです。



化粧もそう、ファッションもそう。私はいつも自分を省みず、コレクションに出てくるスーパーモデルをお手本にしてました。特に私の中でゴージャス中のゴージャスと言えば彼女です。



デンマーク出身のモデル、Helena Christensen。
さすがに物を知らない私でも、この顔と体でヘレナに憧れるのは無謀すぎです。ただ美しい人とはこういう人だーとして崇めておりました。

問題は雑誌ですよ・・・。コレクションに出てくるモデルさんと違うのは、雑誌のモデルさんは殆どが日本人。同じ人種というだけで、急に目の錯覚が起きました。「ああ、これならできる!」と。なんと厚かましいことでしょう!雑誌モデルさんって、相当キレイですよね。一般人が太刀打ちできるはずがない。でも浅はかな私は「できる!」と思ったんですねぇ。(この顔で・・・。)そこで、気に入ったスタイルの服やメイクがあると、後先考えずに試しました。(この顔で・・・。)当たり前ですが、同じブランドの服を着ても、モデルさんのような雰囲気にはなりません。まるで円山動物園のおさるさんに服を着せたみたい。チンケな私のまんまです。そんなことを10年繰り返して、やっとわかりました。自分に似合う服に投資してこなかったことを・・・がっくり

この本を読めば、まず何が必要で、何を揃えるべきかがわかります。まさにアイデアの世界ですが、どのように洋服を管理するかで、日々のオシャレが変わるそうです。私も早速実践してみました。まずはオフとオンの服を区別し、この2年で全く腕を通していない服と傷んだ服を処分しました。我が家のクローゼットは備え付けの小さなものなので、服を処分しただけで、随分機能がupしました。

これからバーゲンシーズンに突入します。衝動買いを防ぐためにも、手持ちの服を活かすためにも、是非読んで見て下さい。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・片付ける大切さ、身に染みます。見えるようにするだけで、普段の着合わせのコンビネーションは広がりますよ、本当に。流行に左右されない定番スタイルをキープし、それを活かす方法がとても具体的。使える小技です。

・スーパーに買い物に行くのに「買い物リスト」をつくるくせに、服を買うときリストなんか作ったことがありませんでした。これは大切なことですね。色、形など、事前に組み合わせを考えるにも役立ちます。

・靴も履きやすいことばかり優先して選んでましたが、そのスタイルによって相応しい靴、相応しくない靴があるんですねぇ。結局絵文字名を入力してくださいが靴文化を採用するようになって、まだ100年程度。やはり欧米式に学ぶのが賢いですね。(洋服もそうですが。)


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/09

Tue.

22:46:20

世界一の美女の創りかた 

Category【美容・健康

『ハイヒール・マジック! 』が品切れということで、昨日ご紹介した『世界一の美女になるダイエット』とセットで購入しました。

世界一の美女の創りかた世界一の美女の創りかた
(2007/12/07)
イネス・リグロン

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 私の次の言葉を、一体どれくらいの人が信じるかしら?美しさとは、実は生まれながらの顔の造形やスタイルを指すのではありません。かわいらしい鼻や大きな瞳よりも、大切なのは「健康状態」。真の美しさとは、体の内側から生まれてくるものなの。



ダイエット本と同様、こちらも項目別に短い文章が綴られており、1時間もあればさらっと読める内容ばかりです。でも、なんか効くんですよねぇ。

ところで。
私、実はあまりミスユニバースなるものを見たことがありませんでした。ゆえに、絵文字名を入力してくださいから世界一の美女が選ばれたことも知りませんでした。でも、これを見て思い出しましたよ。キムチ国は美人コンテストが大好きですから、当然話題になりましたもの。



この本にも何度か登場される森理世さんは、2007年メキシコで開かれたミス・ユニバース2007で見事世界一の美女となりました。この報道、私はキムチ国のワイドショーで見てました。いろんな意味で話題になってたんですよね、この大会。まず、アジア人がミスに輝いたわけですが、「同じアジア人ならキムチ国代表の方が勝っていた」という意見があちこちで聞かれました。確かにみなさん甲乙つけがたい美しさです。でも、その場にいて審査員の心にアピールできるものがなければ、それまでのこと。きっと何かが足りなかったんだと思います。

そして、もう一つは民族衣装です。キムチ国代表は韓服という民族衣装を着たのですが、それがキセンのスタイルであったことから、「世界大会でキセンの姿をするとは何事!」という厳しい意見が。キセンとは、絵文字名を入力してくださいで言う所の芸者や花魁のこと。品がない、ということだったんだと思います。キセンが何か知りたい方、このドラマはおもしろいです。

jumee☆signHPD http://www9.nhk.or.jp/kaigai/hwangjiny_gtv/index.html

そして、ミス大会が開かれるたびに話題になるのが、整形問題。2007年のミスもそれはそれは話題になった方です。森さんとキムチ国代表の幼少時代の写真を比べるなど、ちょっとかわいそうなものもありました。

どうやら今年はイネスさんのもとで、絵文字名を入力してください代表とキムチ国代表が共に指導を受けるそうですね。個人的には代表のお二人にもエールを贈ると共に、イネスさんに大声援と拍手を送りたい。これからもアジア女性の美を育てて下さいね。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ミス・ユニバースはあくまでも欧米人にとって魅力的な美人を選ぶ大会だと思います。アジアの文化とは異なる部分も然り。「なでしこ」が「ひまわり」になるような印象を受けました。

・でもって、大和撫子がひまわり並みのパワーと存在感になると、草食男子化は進みますよね・・・。強い女性っていうのは、何も我がまま一杯、我を通すということではないと思います。(女王様が好きな人は別として。)でも、猫のような気紛れさが魅力というのならば、それはもう好みの問題のような・・・。いくら草食でも大きな花は食べ難い。あんな高い所に花が咲いちゃあ、届かないじゃないですか。

・10代、20代のミスを目指す人じゃなくても、この本は役立ちます。表紙のイネスさんは2人の美女以上の美しさ。迫力のある美女です。30代の私でも「ああ、これは取り入れたい」と思う点がたくさんありました。

・こういう本、もう少し男子にも買い易いようにした方がいいですね。男女の目指すもの、求める方向がバラバラだからこそ、今婚活が流行っているように思います。

・女的モチベーションを上げたい方におススメ。私のような美容脱落者でもヤル気になりました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/08

Mon.

22:45:02

世界一の美女になるダイエット 

Category【美容・健康

この間『ハイヒール・マジック!』が品切れだったので、代わりにファッションや美容に関する本を購入しました。まず最初に読んだのがコレです。

世界一の美女になるダイエット世界一の美女になるダイエット
(2009/04)
エリカ アンギャル

商品詳細を見る


折り込んだ目次をご覧頂ければ、これがどういう本なのかが見てくると思います。ガチガチのダイエット本ではなくて、メンタル面を支えつつ、内側から女性の美を際立たせましょうという本です。人はそれぞれ違います。その人の個性を活かす人になりつつ、美しさを引き立てましょう!とエールを贈られている気分になりました。

書き出しをご紹介します。

いま口にしたものが、10年後のあなたを決める。

 食事を抜いたり、睡眠不足だったりしても、肌やプロポーションに影響がないというあなた。若いときはDNAへのダメージが少ないため、自己修復スピードが速く、多少の無理をしても、身体にそれが表れているとは感じないでしょう。しかし、問題なのは、10年、20年経ったときです。見た目にはわからなくても、身体の見えないところで細胞は傷ついています。ある日コップの水が急にあふれだすように、影響が出てくるのです。もしも今、ファストフードばかりの食事を続けていたら、肥満になりやすいだけでなく、もっとおそろしいことにも。コレステロールには悪いイメージがあるかもしれませんが、実はコレステロールが女性ホルモンを含むホルモンを作っています。ただ、コレステロールは油からできているので、身体に悪いトランス脂肪酸たっぷりのジャンクフードはホルモンバランスに悪影響を与えます。そのため、良質の油をとることが、美容と健康には大切なのです。



耳に痛い・・・。
10年後の私、ヤバいです。外に出られない身体になっているかも・・・。海外生活に入ってから、何が大変ってやっぱり食生活です。札幌に住んでいる頃は、毎日新鮮な野菜や魚とお味噌汁という食事が主流でしたが、ソウルに来てからは刺激物(辛すぎです、こっちの料理涙)が増え、魚よりも肉、そして間食が増えました。そんなこんなしているうちに、体重10キロくらい増えましてjumee☆cry1Rb

ここらで、リセットしたいと思います。
この本から拾った、私が絶対実行すべき行動のベスト3。

[数字]Rivet*PalePink-1(白-薄い背景用) †SbWebs† カロリーよりGI値を心がける
-GI値とは、血糖値の上がりやすさを表す数値なんだそうです。例えば小麦粉はそば粉よりGI値が高いので、「うどん」は「そば」に比べて低カロリーでも高GI値なので太りやすいんだとか。

[数字]Rivet*PalePink-2(白-薄い背景用) †SbWebs† 良質の油をとる
-キムチ国のお料理には、ナッツ類が多く使われています。ですので、割と安価で質の良い物を購入できます。私は胡桃が好きなので、これからは毎日ちょっとずつ胡桃を食べることにしました。小腹がすいた時に数個食べただけでも満足感を感じられて良い感じ。

[数字]Rivet*PalePink-3(白-薄い背景用) †SbWebs† 脱!白いもの
-精製されたものが身体に良くないことは知っていましたが、知らず知らずの間に摂取しているように思います。特に外食は危険ですね。家では白米に押麦を加えて食べています。お砂糖は三温糖や黒砂糖やハチミツを利用しています。残りは小麦粉系ですね。パン、ケーキ。自粛します。

ということで、絶対に痩せますよ、あたし。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

キムチの国にはどっぷり太ったタイプの人が少ないように思います。とは言っても子どもの肥満問題は大人よりも深刻なようで、子どものダイエット教室のよく話題に上ります。どうしてキムチ国の人は細いのか。私の分析の結果、

一、彼らはしっかり食事は取るが、ほとんど間食をしない。つまり、砂糖摂取量が少ないと思われる。

二、彼らは非常に姿勢が良い。猫背の人も滅多に見かけない。つまり、腹筋・背筋が鍛えられているのでおなかに肉が付き難い。

三、冷え性の人が少ない。(むしろ高血圧の方が心配なくらい。)冷える人は漢方や運動で代謝を上げている。


マラソンを始めてから「体幹」を気にするようになりました。すると姿勢が自然とよくなりました。おまけにヒールの靴を履いても、前よりバランスが保てるようになりました。本当に良いこといっぱいなマラソンです。絵文字名を入力してくださいに比べてキムチ国の女性は本当に姿勢が良くて、すらっとしています。それが年配の人でもそうなのです。その辺の市場やスーパーにいる人を観察しても、川原で運動している人を見ても、みんな背筋が伸びています。密かに姿勢はダイエットの鍵を握っているかもしれません。

あと、こちらの人ってあんまりお菓子を食べないんですよね。「好きじゃない」と言います。で、たまーに何か食べているのを見ると、伝統的な韓菓だったりするんですよね。お菓子を食べるようになってまだ数十年といいますから、今の20代後半の人でもお菓子を食べる習慣がなかったようです。でもご飯はかなーり食べますよ。大きなボウルにナムル数種とご飯2膳分くらい+コチュジャン、ごま油をぶっこんで、まぜまぜまぜ。すごい量のビビンパが出来上がりますが、平らげちゃうからオドロキです。

目次、折り込みます。
-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/06

Sat.

16:07:21

翻訳家の仕事 

Category【語学 

一応、語学カテゴリーに入れておきます。

翻訳家の仕事 (岩波新書)翻訳家の仕事 (岩波新書)
(2006/12)
岩波書店編集部

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 翻訳というものは、入学試験の英文和訳のように、とりあえず原文の意味内容が伝わればそれでよし、とするものではありません。とくに文学作品の翻訳などの場合には、はっきりそうといえるでしょう。原文を、創作物としての活きた日本語に「書き直す」-そうであってこそ「翻訳」であるといえるのではないでしょうか。しかし、そうかといって、この二一世紀の初頭に活躍する翻訳家たちがそうした翻訳(=創作)作業をやすやすと行っているというわけではありません。翻訳とは、それを体験したことがない者にとっては想像もつかない産みの苦しみをともなう「力仕事」であるようです。



雑誌『図書』の連載を一冊にまとめたものだそうです。
寄稿なさった方の肩書きは目次の横にカッコ書きで折り込みましたが、なんかバラツキがありすぎのような・・・。まず、アジア系文学については中国文学がお一人だけ。あと、恐らく半部以上が大学所属の先生方なので専門を記しておられると思うのですが、「イギリス文学」「英文学」っていうのは、どう違うんでしょう。中には「英語文学」として英米の違いを出させない方もおられますが、うーん。どうなってるのかしら。

内容はいかに翻訳が大変か。でも、その大変さを乗り越えた時、どんなに素晴らしい世界が待っているか、というようなお話です。

それにしても、ハングル翻訳についてはお一人もピックアップされていないんですね。恐らく、日本人の翻訳家が少ないことと、翻訳冊数が少ないのが理由かと思います。輸入されるのはドラマや映画ばかりで、文学が無いのも理由かな?

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・外国語をしっかりと理解していることは当たり前。更に原書を読み込む力と想像力が必要なのが翻訳の世界なんだと思います。翻訳家さんが、いかに日本語を大切に扱っているかがわかりました。

・でも、やっぱり翻訳スタイルについての謎は解決しませんね。原書に忠実に訳すべきか、それとも日本の読者にわかるように若干の意訳を許容するべきか。例えばキムチを「辛い白菜の漬物」と訳すのか、「たくあん」と日本の現状に置き換え意訳するべきか。これ、永遠の問題です。

・青山南さんの寄稿にあったのですが、“Oh, my God”のような語は訳しにくいんだそうです。それ、すごくわかります。日本語にもそういう語が結構あるらしく、授業中に「先生、それなんですか?」と聞かれて答えられないことたくさんあります。共感できました。

・翻訳は将来やってみたいと思っている分野です。自分が読んだ感動を、日本語に置き換えて伝える仕事。夢のある仕事だなーと思っています。それにはまず、読解力ですね。

・日本は翻訳先進国だと思います。特にアジア諸国にとっては、明治の先人達はありがたい恩人なのです。例えば「哲学」という語は、日本が作った造語です。でも、今は韓国でも中国でも使ってますよね。あと「文化」という語も素晴らしいと思います。逆に日本文学を輸出する点においてはどうなんでしょうか。その辺ももう少し知りたかったなと思います。

目次、折り込みます。

-- 続きを読む --

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/05

Fri.

15:32:32

ピエトロのパスタ 

Category【料理

イタリア女性に憧れる今日この頃。というかキラキラ涼しげなワンピにヒールキラキラみたいのに憧れているのです。

まず、なんでイタリア?振り返ってみました。

まず、イタリアへの入り口へ導いてくれたのは須賀敦子さんの『ヴェネツィアの宿』『ミラノ霧の風景』などのエッセイです。イタリアと言えば、おいしい食事と「アモーレ」ですよ。イタリア男子のイメージと言えば、花束片手に窓の下から愛を叫ぶ恋愛体質。(そして2階の出窓には彼の言葉にウットリなイタリア娘。)レストランでは誰もがパスタとピザとジェラードを楽しむ食と愛の王国だと思ってました。ジローラモさんやサッカーの中田選手の存在も、私のイタリア男子のイメージは間違えていなかったと思うに十分でした。彼らの「セクスィー部長」並のパワーにうっとりしたものです。それが私のイタリアのイメージ全部。ところが須賀さんのエッセイには、あの芸術を生み出したイタリア人の感性や、物事を大きく捉えて表現していく底力が記されていました。それからというもの、イタリアの芸術についてもっと知りたいと思うように。



↑「セクスィー部長」こと色香恋次郎さん。中国語の字幕がおもしろいです。返ってセクスィーに感じるのは私だけでしょうか。

須賀さんエッセイを何度も読み返していた頃、元スーパー・モデルのカーラ・ブルーニがフランスのサルコジ大統領夫人となりました。今はファースト・レディのカーラ、彼女もイタリア人です。たしかトリノの富豪だか貴族だかの娘さんで、モデルのお仕事をしている時も他のモデルさんと違う気品がにじみ出ていました。結構好きだったんですよね。私のイタリア女性のイメージはカーラです。

そして最近読んだ光野桃さんの『おしゃれの視線』には打ちのめされました。ソウルに来て、おしゃれから遠のいていた私。これではいけない!背筋を伸ばすキッカケとなりました。光野さんの本、もう少し読みたいと思っているのですが、なかなか見つからない!思えばイタリアはフランスに並ぶファッション大国ですよね。イタリア人にとって美術は空気と同じくらい普通なものなのかもしれません。というより、あの環境ならば知らず知らずに「センス」として身に付いていくのかも。さすがに30過ぎると、「カワイイ」だらけの둋빒럻뼹귩볺쀍궢궲궘궬궠궋のファッションやメークには限界を感じます。「美しい」を目指すヨーロッパのオシャレを知り、「ああ、これだ!」と感じたのでした。

過去記事参照 jumee☆arrow5R 【本】着る服がないのよォォォォ!

で、昨日ご紹介した『モーレツ!イタリア家族』。これは丁度コミックが読みたかった時に出会いました。外国生活をテーマにしたものがいいなと思っていたら、こんなピッタリな作品が。で、これを読んでたら、パスタが食べたくなりました。えーと「イタリア女子、なんでこんなに色気ムンムン、かっこいいんだ!やっぱ食か!パスタか!?」という単純さ故でございます・・・

過去記事参照 jumee☆arrow5R 【本】「マンマ・ミーア!」「アイゴ、オンマヤ!」

私のパスタの先生といっても過言ではないこの1冊。

ピエトロのパスタピエトロのパスタ
(2005/08)
ピエトロ

商品詳細を見る


これ、何気にスゴ本です。
昔は札幌にもピエトロさんの店舗があったんですよね。実はあまりパスタって好きではなかったんですけど、ピエトロのサラダパスタを食べて開眼。あれは名作です。ところが、ピエトロさんは札幌から撤退してしまいます。あの味をもう一度!と購入したのがこの本だったのです。ポイントは、材料別にレシピが検索できます。例えば「高菜」「納豆」のような和風ものもあります。それからソースの作り方も便利。簡単、すぐできます。そして何といっても写真がウマそうなんですよー。パスタの盛り付けを知るにもよい1冊です。

そういえば、この間せっかく福岡に行ったのに、ピエトロに寄る時間なかったよー!




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/04

Thu.

15:31:21

モーレツ!イタリア家族 

Category【マンガ

イタリア へは行ったことはないのですが、今までに見聞きした情報を整理すると、「 イタリア韓国 、似てるかも・・・」と思うことがあります。

私がイタリアに興味を持ち始めたのは、そもそも須賀敦子さんの本を読むようになってから。ごく最近です。そこでもう少しイタリアを知りたいなーと思って読んだのが、コレ。

モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)
(2006/10/13)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る


イタリア人のご主人ご結婚されたヤマザキマリさんのご家庭のお話。偶然にもヤマザキマリさんのご主人も須賀敦子さんのご主人と同じベッピーノというお名前だそうで。それだけで親近感2倍増w

とにかく、ご主人のママがスゴいです。これはまさにキムチ国でいう

「アジュンマ」 (おばちゃんの意)

キムチ語のはずなのに、カタカナで書くとイタリア語にも見えてしまうから、あれ不思議。このおばちゃんのノリが伊韓共通してるんですよね。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・何が似てるって食生活。最初に思い浮かぶのはニンニクと唐辛子です。特にニンニクは両国とも大量に使うはず。ご存知のように、キムチにもニンニクと唐辛子は大量に投入されています。それはもう「え、まだいれるの?もういいんじゃない?」と横から注意してあげたくなるくらいに放り込むのです。毎日の食卓にニンニクと唐辛子は欠かせません。イタリアもニンニクはかなり使うそうですね。でもその気持ち、わかります。私はごま油でニンニクを炒める香りが大好きです。あの香りを嗅ぐと、急激にハラヘリ状態になります。

・イタリアがピザなら、キムチ国にはチヂミがあります。これも似てる感じしませんか?味や作り方はお好み焼きに近い気もしますけど、小麦粉ベースで家族がつっついて食べるメニューと言う点でも共通ですね。

・ママ、強し。これもかなり共通してます。大の男がいつまでも「オンマ オンマ」と言ってるのに、最初はjumee☆faceA195dでしたが、今はかなり慣れました。

・キムチ語でloveに当たる語は「サランハダ」と言います。大抵は活用して「サランヘヨ~」とか「サランへ~(タメ口)」と言います。一方イタリア語では「amore(名詞)」や「amare(動詞)」と言うんだそうです。共通してるのは、その使い方。キムチ国でも、その言葉は恋人同士だけではなく、家族間で、友達・先輩後輩間で、そして学校の先生やペットにまでも使います。絵文字名を入力してくださいだったら、「おかあさん、愛してます。」なんていう息子がいたら、「この子ちょっとおかしいわ。」ということになりかねませんが、キムチ国ではこの程度は当たり前です。これも似てる!

・イタリア男子はまさにラテン男の代名詞のような印象があります。おしゃれで、おもしろくて、かわいくて、セクシー。おお、モテないはずがありません。だからハンター本能、いつも全開なんでしょうね汗
一方変なドラマのせいで、キムチ男子はロマンチストで泣き虫的な印象を作られてますが、私のまわりでは「浮気」の話が絶えません。これ、実状。その時は本気なんだと思うんです。だから、付き合ってすぐに「結婚しよう」なんて展開になるんだと思います。そこで思いました。「ダメ男度」の強さが似てる!完全にダメな男なんですけど、憎めない~みたいな。そういう行動レベルがソックリです。

好き勝手に例を挙げてみましたが、パスタの国、キムチの国についてよくご存知の方がいらしたら、是非ご意見お聞かせ下さい!もっとイタリア、知りたいなー!



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

06/03

Wed.

15:30:05

羊をめぐる冒険 

Category【日本文学

いろいろな読書ブログを見ておりますとやっぱり村上春樹さんの新作『1Q84』が話題なわけですが、私は地味に過去作品を読み返しています。


羊をめぐる冒険〈上〉 (講談社文庫)羊をめぐる冒険〈上〉 (講談社文庫)
(2004/11)
村上 春樹

商品詳細を見る


羊をめぐる冒険〈下〉 (講談社文庫)羊をめぐる冒険〈下〉 (講談社文庫)
(2004/11)
村上 春樹

商品詳細を見る



もちろん単独で読んでもおもしろいのですが、できれば『風の歌を聴け』→『1973年のピンボール』→『羊をめぐる冒険』と読み進めるのが良いと思います。あと、オプションで『遠い太鼓』もよいでしょう。これは村上さんがイタリアとギリシャに滞在していたころの記録です。『羊~』もヨーロッパ滞在中に書かれたものなんですねー。

さて、北海道育ちのあたくしにとって、羊は超ポピュラーな動物です。その曖昧な存在感というか、遠めには温かそうなのに近づくと目が怖いとか、まあ犬猫ほどではありませんが道民には「ああ、羊ね。」的な存在。タヌキよりはだんぜん羊のほうが親近感あります。(あ、でも札幌には「狸小路」という商店街があるので、タヌキも馴染みがあると云えるかも・・・)

この作品は、前2作と同じ登場人物が主人公です。作品が進むに従い、主人公も年齢を重ねており、シリーズ最後のこの作品では、舞台が東京から北海道へと変わります。タイトルにもあるとおり、羊をめぐって主人公はいろんな冒険をする、というお話です。道産子、読んどけ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・村上さんの青春三部作の中では、私は2つめの『1973年のピンボール』が一番好きです。人の心の複雑さと単純さがうまく絡み合ってる感じが気に入っています。

・内地(=本州)の人は北海道にいろんなイメージを重ねるようですが、この作品でもやっぱり自然の神秘にスポットライトが当てられています。自然があるということは、街が切り開かれていないor過疎化で山を放置中、のどちらかかと思います。この作品は後者です。その退廃した寂しさがわかるだけに、リアルに読むことができました。きっと寂れた炭鉱の街、赤平とか羽幌みたいなんでしょう。

・札幌育ちの私には、内地人の「自然がいっぱいheart0」度がどのくらいなのかはわかりませんが、札幌人に「道内で自然が豊かな所ってどこさ?」と聞けば、「ん~、やっぱ大雪山とか~(※註:北海道の真ん中にある2000m級の山々です。)、知床とか~(※註:このほど世界遺産に認定された北海道東部の一体。流氷、来ます。熊、います。)、あとは洞爺湖や登別あたり(※註:札幌から車で3時間くらい南下。湖や活火山や温泉がある。)もいいんじゃないかなー。」と言うのではないでしょうか。現在、北海道でめん羊が盛んな地域は確かに道北です。でも、士別のあたりってもっと開けてた気がするな・・・。

・北海道の町村にある温泉地にいくと、たいていアイヌの資料館があります。ホテルや旅館の休憩所にはアイヌの民話の本や、その地域の歴史本が置かれていますので、機会があったら是非見てみて下さい。小さい頃、知床の温泉街に行ったことがあります。父と弟が釣りに出かけてる間、私は旅館でアイヌ民話の本を読破してました。それが子ども心にもとても印象的でした。やっぱりテーマは人と自然の関係なんですけど、自然の美しさだけではなく、厳しさや恐ろしさまでもが盛り込まれていて「これ、花の子ルンルンよりすごい!」と思ったものです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。