11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

12/31

Thu.

23:17:18

人生を変える!夢の設計図の描き方 

Category【自己啓発

人生を変える!夢の設計図の描き方~1年後に「自分らしい生き方」ができる方法人生を変える!夢の設計図の描き方~1年後に「自分らしい生き方」ができる方法
(2009/07/22)
鶴岡 秀子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

夢しか実現しない!

 自分の本当にやりたいことがわからない、夢に向かってなかなか一歩を踏み出せない、誰からも賛成してもらえない…。
 夢が実現しない理由を挙げたらきりがないでしょう。
 でも本当は「夢しか実現しない」と知ったら…。実は、夢が実現しない本当の理由は、心のどこかで「夢はなかなか実現しないもの」と思い込んでいるからです。

 私は10歳のときに起業家を目指して以来、いくつもの夢を実現してきました。
 今の私の夢は【伝説のホテル】を創ることです。
 ホテルで働いた経験のない私が「ホテルを創る」という夢を本気で実現させようというのですから、客観的に考えればものすごく無謀に感じられるでしょう。でも、もうすぐその夢も実現すると言ったら驚かれるでしょうか?



書き出し部分、太字の箇所は赤で色付けをしてあります。

2009年最後のUPです。2009年、私のイロイロな計画は6月を境にポッキリと折れてしまいました。あれこれ計画を立てていたのにも関らず、です。それだけ自分の意思が弱かったという事もありますが、どのように夢を叶えるためのプランを立てるのかがわかっていなかったことも原因の一つではないかと反省しているところ。

この本を購入したキッカケは偶然、amazonで発見したことにありました。たしか手帳に関する書籍を探していた時だったように思います。下に小さく書いてある「1年後に自分らしい生き方ができる方法」の「1年後」という言葉がとても気になり購入です。

帯に浅見帆帆子さんの推薦文がありますが、なるほど浅見さんの本に共通する温かさがあるように思います。でもさすがに起業家の方の文章ですから、説得力に満ちておりモチベーションもあがりました。今回は付箋を片手に読書したのですが、今見てその量の多さに驚きました。私、こんなに付箋貼ってたんですね!!!確かに一つ一つの章で説得されるような気持ちといいますか、深く考えたくなるような気持ちにさせられまして、1週間かけてゆっくりと読みました。心に残るフレーズの多い本です。

簡単に言ってしまうと多くの実現本と同様、「夢を具体的に描くことで、ゴールへの道が見えてくる」「夢を形にしよう(=視覚化しよう)」「謙虚に努力」となりますが、私はこの本に著者の熱意を感じました。

いくつか心に響いたフレーズを転記したいと思います。

それ以来、私は自分とはタイプが違う人たちと、積極的に会話するようにしています。そうすると自分が「右にある」と思っているコップが、実はどの辺にあるのかという正確な位置が分かってくるのです。つまり、すぐ近くの右なのか、とっても遠い右なのかも、「上」とか「下」とか「斜め右」といった色々な意見を聞く中ではっきりとしてくるのですね。そして同時に、自分の立ち居地も客観的に把握できるようになります。

つまり自分が生きているうちに実現しようという時間軸で考えてしまうと、野心になりやすいのです。

「人を嫌いになったら負けだと思いなさい」というのは、小さい頃に伯母から教えられたメッセージです。



jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・モチベーションがあがりました。とにかく、絶対にあきらめない。それが大切。
・2010年はこの本に従って動いてみようと思います。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・長期プランをねり、2010年のタスクを書き出す。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2009

12/30

Wed.

11:55:25

ねこのばば 

Category【日本文学

ねこのばば (新潮文庫)ねこのばば (新潮文庫)
(2006/11)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 寝起きをしている長崎屋の離れで、若だんなは襲い昼餉を取っていた。その様子を、兄やである二人の手代達が、両脇から奇妙な目つきで見つめている。
「若だんな、どうしたんです。びっくりするほど食が進みますね」
「そうだねえ。ここのところ全然寝込まないし、咳すら出ないね。まるで丈夫になったみたいだよ」
 にこにこしながら若だんなが、ご飯のお代わりを欲しがった。目の前に出てきた空の茶碗に、しゃもじを持ったままの佐助が、手も顔も強ばらせている。
「いつもは茶碗に半分がせいぜいなのに!大丈夫ですか、若だんな。源信先生をお呼びしましょうか」
 その言葉に、若だんなが苦笑を浮かべる。
「仁吉、佐助。私がご飯を食べたからって、医者を呼んでどうするんだい。毎日もっと食べるようにって、言っているじゃないか。食べ物が美味しいというのは、良いことだろう?」
「……そりゃ、そうですけどねえ」



昨日、船便がやーっと到着いたしまして、シリーズ3冊目が届きました。

<参考>
1冊目 『しゃばけ』
2冊目 『ぬしさまへ』

あの病弱で小食の若だんなが、いきなりモリモリとご飯を食べるシーンから始まります。3巻目もあっと驚くような若だんなの機転と、相変わらず若だんな命の手代や妖(あやかし)の様子がおかしい江戸の日々です。

前2作では、妖(あやかし)の一風変わった様が非常に目に付きましたが、3作目に入り若だんなの問題解決っぷりにスポットライトが当てられている印象を感じました。病弱な若だんなは、なかなか外に出ることがかないません。それでも岡っ引きの話を聞き、推理をします。そして証拠を集めるために妖(あやかし)たちに調べを進めさせる。そして解決の場面では、若だんな自らが現場に出向いて種明かしをする。おもしろいです。シャーロックホームズの日本版みたい。

現在文庫版では6冊まで出ています。ああ、早く続きが読みたいです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・時代モノが苦手な人に読んで欲しいです。本当に面白いから!文庫本ですから2冊購入してもたったの1000円ですよ。年末年始の移動の際、実家での暇つぶしに是非おススメ。

・それにしても、この独特の世界にどっぷりつかってしまっている。小説なのに臨場感たっぷりなのがハマるポイントなのかも。






☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/29

Tue.

10:03:00

ぼくらの頭脳の鍛え方 

Category【読書術

ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)
(2009/10/17)
立花 隆・佐藤 優

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「知」の世界への入場券

 <佐藤> 立花さん、蔵書数はどれくらいあるんですか?
 <立花> 地下一階、地上三階のビルを仕事場にしていますが、十年ほど前に数えたときには、約三万五千冊でした。
 <佐藤> ビルの外装がネコの顔になっている、「ネコビル」ですね。
 <立花> ええ。舞台装置家の妹尾河童さんに描いてもらった。ネコビル近辺にも本の置き場があります。現在の正確な蔵書数はわかりませんが、十年で倍ぐらいになっているとして、七、八万冊でしょうか。佐藤さんはいかがですか?
 <佐藤> 約一万五千冊です。最近、箱根に二番目の仕事場をつくり、思想・哲学系の本は都内の仕事場からそちらに移しました。立花さんは毎月、本題にはどれくらい費やしていますか?
 <立花> これも正確には把握していません。医学書や理系の専門書などを大量に買うときは、五十万円くらい使うときもありました。しかし、それほど高くない本なら、両手で持てる重さの限界が、だいたい三、四万円でしょう。月に四回それくらいの買出しをするとして、十数万円じゃないですか。
 <佐藤> 私は約二十万円です。サラリーマン(外交官)時代も月十万円が本代で消えていました。
 

 ※本書では、お名前を<>でくくることはなく、太字で表記されています。

読書について、改めて考えさせられる本でした。
本当に読んで良かった。

まず出だしからビックリです。蔵書が1万冊以上って!月々数十万円の書籍費って!
知識が金額や冊数に比例するわけではありませんが、お二人の「教養」に関するお話を読んでいると、私の恩師を思い出さずにはいられませんでした。教養をgoo辞書で調べてみました。

きょうよう けうやう 【教養】
(名)スル
(1)おしえそだてること。
「父は其子を―するの勤労を免かれ/民約論(徳)」
(2)社会人として必要な広い文化的な知識。また、それによって養われた品位。
「―を身につける」
(3)〔英 culture; (ドイツ) Bildung〕単なる知識ではなく、人間がその素質を精神的・全人的に開化・発展させるために学び養われる学問や芸術など。


私の恩師がよく、このcultureとBildungのお話をしてくれました。教養とは、積み重ねられた知識が、体の中で養われてしっかりと根をはり、身についた様子をいうんですよね。私の今の読書は、教養のための読書なんだろうかと深く反省。

本書では、立花氏、佐藤氏それぞれブックリストとして蔵書から100冊、文庫&新書から100冊の計400冊が紹介されています。私の年間の読書量は大体250冊程度ですから、全て読むには2年の月日が掛かります。知識を積み、教養を身につけるには、そう短期間では達成できない。そこで、このリストがとてもありがたい存在となります。立花さんは8万冊程度の本を読破なさったお方です。そんなプロの読書家が選ぶ100冊ですから、これは貴重なデータです。400冊の中で、私が読んだことのある本はたった10冊程度でした。

教養を身につけるための読書。来年はこれをテーマに本を読み続けたいと思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・気になったフレーズを転記します。(P242より)

<立花> 今、教養という言葉は死後になりつつある。また、万巻の書を読みつくせる人はいません。結局は、人生の残り時間を確認しながら、最大の成果を得られるように計画を作るしかない。そのとき、知識の系統樹が頭に入っていることが大切です。それとやはり紙媒体に書かれたものを読む、つまり読書が必要なのです。なぜなら、最初の話に戻りますが、人類はそうやって脳を発達させてきたからです。

・時間は限られている…。どんな自分でありたいのか、どんな生き方をしたいのか、それを読書から学ぶには目の前に本をただただ手にとるばかりではなく、計画的に読書をしなくてはならない。今の私は「なんかおもしろそう!」をテーマに書籍を選んでいました。もっと人生の糧となる本の選び方をしなくてはなりませんね。

・お二人にかかると、あの勝間さんも熟練労働者とまとめられています。それもネコを拾ったという話から、勝間さんは新自由主義ではない、というお話になっています。すごくおもしろい解釈でした。ここだけでも、読んでみて欲しい。P204あたりです。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・紹介されている書籍の1/3以上を2010年のうちに読む。まずは購入しなくては。

・読書樹を作る。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/28

Mon.

09:33:58

ぬしさまへ 

Category【日本文学

ぬしさまへ (新潮文庫)ぬしさまへ (新潮文庫)
(2005/11/26)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「にきちさくしへ、ひとねおみでけしおりよろ、わすれ…… 何だろうね、この先は……」
 長崎屋の若だんな一太郎は、寝床に持ち込んだ文を見ながら、白い面をしきりにかしげていた。
 この冬三度目の大熱を出したせいで、一太郎は分厚い夜着の下に、もう五日も放り込まれたままだ。脇を幼い頃から面倒を見て貰っている二人の手代、五つほど歳上の兄やたちにかこまれ、布団の上に起き上がる事も許してもらえないでいる。おかげで若だんなは今、たいくつの固まりだった。
 ここ数日、江戸の冷え込みはきびしかった。通りには着物の下まで染み込むような、冷たい師走の風が吹きわたっている。だが季節というものは金のあるなしで、そのしのぎやすさを都合よく変えていた。



寒い寒い師走のお話からスタートします。江戸以上に寒いであろう師走のソウルで、凍えながら「しゃばけ」シリーズの2冊目、12月師走のお話の『ぬしさまへ』を読んでおりました。

2冊目でも、若だんなは病気がち。妖(あやかし)の手代たちも健在。楽しい江戸のお話です。時代設定が江戸ということで、「時代モノって苦手なんだよね。オヤジっぽいでしょ?」みたいな印象をお持ちの方、まずはこのシリーズ2冊目まで読んでみて下さい。絶対にハマります。

他の時代モノにも、幽霊的なものが出てきます。それも結構リアルに怖いものもあります。この「しゃばけ」シリーズは、まず主人公が町人です。しかも大店の若だんなが主人公ですので、武士ものとは違う華やかさがあります。そして妖(あやかし)と言っても、悪さをするたちの悪い霊ではありません。ですので、怖くありません。どちらかというと遠山の金さんのような人情が漂います。

私が特に気に入っているのは、情景が見えることでしょうか。道の広さから、喧騒から、夜の静かさから、和菓子の味まで、想像がどんどん広がってくる。時代劇は見た事があっても、誰一人として江戸を見てきた人はいないと思います。でも、それが何となく感じられるんです。

年末年始、なにか楽しい本を読みたいと思う方におススメ。私も早く続きが読みたいです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・町人文化って華やかですね。平和で豊かな日本、といったところでしょうか。そういえば水戸黄門でも町人街は華やかでしたね。

・海外で読んでいるせいでしょうか。「ああ、日本!」と思える作品です。こういうのを読み始めると、もっと歴史を知りたい!と思えるのがポイント。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/25

Fri.

23:42:06

深夜食堂 

Category【マンガ

深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 1 (ビッグコミックススペシャル)
(2007/12)
安倍 夜郎

商品詳細を見る
深夜食堂 2 (ビッグコミックススペシャル)深夜食堂 2 (ビッグコミックススペシャル)
(2008/07/30)
安倍 夜郎

商品詳細を見る


海外で暮らすようになってから、食に関する本を読むのが好きになりました。実は私、料理が得意ではありません。そして上手に盛り付けることができません。日本にいるころは自分では作れなくても、外に出れば自分の食べたいものを探すことができました。レストランの情報もいろいろなところで入手できました。しかも数千円でおいしい料理が食べられた。でも、今まで当たり前だったことが、海外に出た途端にハードルが高くなります。そのせいでしょうね、こんなに日本食にこだわるようになったのは。特にマンガは嫌なことを忘れさせてくれる効果があるように思うんです。もう没頭しちゃうんですよね、ごはんの世界に。あとマンガの長所はレシピ代わりにも使えるので超便利。

さて、このマンガはお店に材料があるんだったら、どんなものでも作ってくれる食堂のお話です。ただ営業時間が夜の12時から朝の7時。だから深夜食堂なんですね。今、5巻まで出ていますが、一先ず2巻まで購入してみました。1巻の最初の食材はウインナーです。それもタコのウインナー。ああ、ありましたね、タコのウインナー!そんな懐かしい家庭の味が沢山でてきます。決して豪華な料理ではなく、家庭で食べていたようなメニューばかり。それもどちらかというとお金無い時メニューみたいな感じです。それでもね、「わかる!」と共感どころが満載でした。

家庭の味。私は今、猛烈にオクラが食べたいです。オクラを千切りにして、少しお醤油を掛ける。それをごはんにのっけて食べたいなー。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・人それぞれ、食にもお気に入りがありますよね。地域によっても違うでしょうし、同じ地域でも家庭によって食べ方は様々。ソースか醤油か、これも食への小さなこだわりです。飽食の昨今、小さい頃に食べた懐かしい味が恋しくなるのは、そのシンプルさにあるのかな?と思いました。

・お母さんのご飯が食べたいです。舞茸のお味噌汁、おいしかったなぁ・・・。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/24

Thu.

09:30:16

お行儀の悪い神々 

Category【海外文学

お行儀の悪い神々お行儀の悪い神々
(2009/03/19)
マリー・フィリップス

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 ある朝、アルテミスは何匹もの犬を引き連れて散歩をしていた。するとそこに、あるはずのない木が立っていた。
 立ち入りを禁じられた丘の斜面に、ぽつんと一本だけ立っている木。無頓着な通行人の目には、ごく普通の木に映ったことだろう。だが、アルテミスの鋭い観察眼がそれを見すごすわけはなかった。ハムステッド・ヒースのこの一角は、一日も欠かさず続けているジョギングのルートでもあった。間違いない。この木はとつぜんここにあらわれた。昨日までは存在していなかった。それがまったくの新種であることも、一瞥しただけでわかっていた。一日前まで、この地球上に存在すらしなかったユーカリの一種。どこにも存在するはずのない木だ。



久々の翻訳小説。原本はこちら。


Gods Behaving BadlyGods Behaving Badly
(2008/05/29)
Marie Phillips

商品詳細を見る


ギリシャの神々が、宮殿を追われて現世に暮らしているというパロディーです。神々のパロディーと言えば、『聖☆おにいさん』を思い出さずにはいられません。この小説は、イエスが生まれる前も前、ギリシャ神話のお話です。ギリシャ神話を知らなくても、楽しく読むことができるでしょう。

アルテミスは月の女神、狩りの女神、純潔の女神で、そして太陽の神アポロンとは双子のきょうだい。今はロンドンの古い家に、美の神アプロディテやその息子のエロス(もちろん夫のヘパイトスもいます)、智恵の女神アテナ、商業と旅行の神ヘルメス、酒の神ディオニソスなどと暮らしています。そして、全能の神ゼウスは、妻ヘラに屋上に監禁されている。神々はなぜか互いにけん制し合っているというか、調和を保っていないというか、一言で表すなら不仲な感じ。そこで起きる小さな仕返しが大きな事件へと発展します。

そして2人だけ、人間が登場します。アリスとニールです。二人は長い間、好きあってはいるのですが、心を打ち明けられずに居ます。そんな彼らに神々が関って来て、話は思わぬ方向へ。人間からギリシャ神話への信頼を取り戻すお話です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

『聖☆おにいさん』ほど「こんなこと、いいの!?」と思わせるコメントはありませんが、アプロディテが美と愛を通り越して、セックスの神っぽくなっているのは笑えました。あと、エロスがイエスを信じているというのも笑えます。

・ストーリーはとても単純です。これは英語で読んでみたい。

・こういう宗教や文化に対立しながらもコミカルに表している小説はイギリスならではのように思います。しっかり笑わせて頂きました。おもしろかったです。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/23

Wed.

08:39:30

ボローニャ紀行 

Category【旅行

ボローニャ紀行ボローニャ紀行
(2008/02)
井上 ひさし

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

テストーニの鞄

「イタリア半島は、長靴をはいた脚そっくりに見えるが、ではその長靴をはいているのは男か、女か」
 このなぞなぞに、「イタリアという言葉は女性名詞だから、イタリア半島も女性だろう」と答えたら、「きみはまじめすぎるね」と一蹴されるはずで、正しい(?)答えはこうなります。
「男の脚に決まっている。股の付け根にペニス(ヴェネツィア)があるではないか」
 これに次のように付け加えることもあるらしい。
「靴の先でサッカーのボール(シチリア島のこと)を蹴ろうとしているのだから、ますます男の脚に決まっている」



旅行にいけないので、今日も旅行エッセイを。今度は北イタリアです。それもボローニャ限定の旅行記です。上の話で行きますと、ボローニャは丁度脚の付け根の少し下にあたります。サッカーの中田選手が在籍していたことでも有名ですね。

著者の井上ひさしさんの奥様は、イタリア料理の研究家でいらっしゃいます。米原万里さんの妹さんとしても有名ですね。そんなイタリアに造詣の深い奥様をお持ちだからイタリアに関心を持っておられたのかなと想像しがちですが、実際には30年もの間、ずっとずっと井上さんはイタリアに憧れていたんだそうです。イタリアへの思いを振り返ると、それはご自身の宗教(カトリックのドミニコ会)に始まっているそうです。単身仙台の学校に送られた学校がたまたまドミニコ会の学校で、その学校のおかげで大学に進学し(そして復学し)、放送作家として活躍するようになります。

ボローニャと言われても、あまりピンと来なかった私。この本で大きくイタリアのイメージを変えました。ボローニャの自主性や街を守るために共同する姿は、思い描いていたイタリアとは大きく異なってましたので、まるでスイスあたりの街づくりのお話を読んでいるような気分に。でも、やっぱり歴史を守るイタリアそのものの姿が感じられます。

街づくりという点では、行政の方には是非この本を読んで学んで頂きたいと真剣に思いました。今住んでいるソウルもそうですが、新しいものを作るのは簡単と言えば簡単です。でも、それが10年後、30年後、50年後、100年後、街をどう形作るかまでをしっかり想像してから作るべきなんでしょうね。例えばソウルの場合、戦時中の上下水道を今でも使用しています。その上にどんどんと巨大ビルが作られているのですが、案の定、機能しない場合が多くあります。世界各地でも緑を削って街を作った結果、現在公害に悩まされているところも多くあるはず。ボローニャの人たちは、単に歴史を守るだけではなく、歴史を引き継ぐ心を持っているからこそ、住民が一緒に街を活性化させている。それはまるで共同体のように、互いを支え合うことで機能しているような印象を受けました。

また、企業の発展の歴史も興味深い。財政援助を遮断された上に、国内での売り上げを期待できなくなったボローニャの企業は、自ずと海外へ目を向けるしか生き残る道はなかったそうです。今私たちが何気なく使っているお茶のティーバック。これもボローニャの技術だそうです。思えば昔の紅茶のティーバックって、小さな金具で糸を固定していましたよね。でも、今は糸で縫い合わされている。これ、日本に導入される時に「金気の味がする」という指摘から、ボローニャ企業が試行錯誤の上に生み出した技術だそうです。また面白いのは、企業が大きく成長した時、拡大するのではなく分業するという事。技術の持ち出しはOKですが、同じ物を作ってはいけないというルールがあるそうです。独占するのではなく、分ける。これはおもしろいアイデアだと思いました。

ボローニャの街づくり、その全てがパーフェクトではないと思います。ただ、この本を読んで、そこに住むみんなが街を思い、街を守り、街を作っているという姿に感動しました。そうですよね。私たちの生がなくなった後も、せめて自分の生まれた町は、ずっとずっと美しさを保って欲しい。栄えて欲しい。そんな思いを残させる1冊でした。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・私の故郷(札幌です)の将来を考えました。10年後、30年後、50年後、あの街はどうなっているんだろう。私が街のために貢献できることはなんだろう。人々が「この街に住めて、幸せだ」と思えるような街となっているだろうか。札幌のよさがいつまでもいつまでも繋がっていって欲しいと切に思います。

・一方、ソウル。市内を東西に流れるハンガンには、旅客船を走らせるべく工事の計画が進められています。街の中は、どこでおりても高層ビル。ゴミはいたるところに捨てられていて、歩き煙草で行き来する人たちを見ていると、どうしてもここで長く暮らしたいとは思えないのは私だけでしょうか・・・

・ボローニャ、一度見て来たいです。自分の目で見て、体感したいです。そして、それを生かしたい。強く、そう思います。





☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/22

Tue.

20:32:31

イタリアのすっごく楽しい旅―はじめてでも、リピーターでも 

Category【旅行

イタリアのすっごく楽しい旅―はじめてでも、リピーターでも (知恵の森文庫)イタリアのすっごく楽しい旅―はじめてでも、リピーターでも (知恵の森文庫)
(2001/10)
半沢・メロジー タカコ

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


はじめに
 ヴェネツィア在住の日本人女性から電話が入りました。生涯の夢、目標としている翻訳家にむけての作業がなかなか捗らない。現在の仕事(通訳、及びガイド)に縛られ、ジレンマに悩んでいる。そんな内容でした。
 「でもね、弘美さん」と私。「弘美さん」とは彼女の名前です。
― いいこと!翻訳はあなたの夢でしょ。諦めちゃダメよ。絶対に叶うって信じなくっちゃ。
 そう伝えた私です。
 しばらくして、彼女からファクシミリが送られてきました。
― そうですよね。夢は叶えるためにあるってこと、改めて気づきました。
 ここはイタリア。ポジティヴ思考の国。夢は夢のままで終らせちゃいけない。必ず叶うものだって信じなければ。そんなことさえスンナリと思えてしまう国なのです。



一度は行って見たいイタリア。少しずつイタリアの旅行エッセイを読むようにしています。この本は、タイトルにもあるように「はじめてでも、リピーターでも」楽しめるつくりとなっているそうですが、「はじめて」の私は非常に楽しく読むことができました。日本ならどんな街に行ってもイタリアン・レストランがあって、なかにはおいしいお料理を出すことで有名なお店もあるはずです。あの生ハムをもっと手軽に食べてみたい!あのティラミスをおなかいっぱい食べてみたい!そんな思いを抱きながら読み始めました。

お話は著者の友人の健一さんと倫子さんの旅の様子を語る形で進みます。倫子さんはこれが3度目のイタリア旅行ですが、今までは慌しいツアーでの旅でした。一方健一さんにとっては初めてのイタリア。今までは「ヨーロッパなんかいかない」と言っていた健一さん。著者の誘いにのってついにイタリアを目指します。10日間の旅行行程、彼らは自分たちだけのコースにしようと、決心します。そこで選んだのはこんなコースでした。


コモ湖(2泊)→ベルガモ(2泊)→ミラノ(1泊)→ルッカ(2泊)→ローマ(2泊)


これが一般的なのかそうでないのかはわかりませんが、私が知っている地名はミラノとローマのみです(大汗)2つ目のベルガモは、著者が住む地域なんだそうです。

お二人は食に関するお仕事をしています。よって旅も自然に食中心へと流れていくのですが、そのお話がどれもこれもおいしそうでなりません。特にソウルに来てから美味しいイタリアンに出会ったことの無い私。生ハムだの、ポルチーニ茸だの、新鮮な果物だの、デザートだの、どれもこれも「なんと酷な!」と叫びたくなるほど、味を想像させるのです。イタリア料理が好きな方なら、私と同じように叫びたくなるのではないでしょうか。

また、ショッピングのお話も楽しかったです。イタリア人のファッションセンスはウィンド・ショッピングにあるのかもしれませんね。また革製品のお話は非常に参考になりました。ファッションの国は違いますね。靴も手袋も手作りなんだそうです。一つ一つのデザインもサイズも違う。オーダーメイドでぴったりのものだって作れます。オーダーメイドだから必ずピッタリではないこと、ご存知ですか?ソウルに来て、いくつかのオーダーメイドを試しましたが、実は納得の行く物に出会ったことがありません。やっぱりこれは、長く続く職人技術によるものなんでしょうね。

ますますイタリアに行きたくなる1冊でした。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・食事はエナジーそのものです。もっとお家ご飯を充実させて、イタリアのママンのように家事もしっかりやらなければと思いました。

・それにしてもイタリアやドイツの主婦は、おうちをピカピカに磨きますよね。私も見習わなければと強く思っているのですが、いったい皆さん、どのように美しいキッチンを維持しているのでしょうか。大掃除の時期です。気持ちのあるうちに、イタリアのキッチンを目指します。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/21

Mon.

08:33:31

クリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンス 

Category【ビジネス・経済

クリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンスクリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンス
(2009/10/29)
ビル・タンサー

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

監訳者まえがき テータの中に<ストーリー>を読め!

 この本を手に取っているみなさんに最初にお伝えしたいこと、それは、この本は、「米国のインターネット事情」に関する本でもなければ、「検索エンジン」に関する本でもない、ということである。この本のテーマを一言でまとめるなら「科学的マーケティングのススメ」である。



今日はちょっと短めに引用しました。

愛読ブログsmoothさんの『マインドマップ的読書感想文』のエントリーを読み、即購入しました。(関連記事を下に添付します。)

【ヤバ本】『クリック!「指先」が引き寄せるメガ・チャンス』ビル・タンサー(著),泉 浩人(監修)

smoothさんの仰るとおり、たしかにヤバ本でした。今、世の中ってこんなことまで出来ちゃうんですね。

簡単に説明しますと、何かを調べたいなと思った時、検索エンジンを立ち上げてキーワード検索しますよね?著者はそのデータを拾って、世の中の流れや流行を読んでしまうのです。それは選挙から、オーディション番組の優勝者まで検索できるものなら何でもと言ってよいのではないでしょうか。

いろいろなところで「データが肝心」と言われますけれども、それはネットの世界でもまさに同様!という感じ。本書内で女性雑誌の読者ターゲットに関するお話が出てくるのですが、データを調べてみた所、出版社が予想していた読書層とは違うターゲットが見つかったと言う話も非常に面白かったです。

グーグルで検索をすると、ヒット数の多いものから順に上がってくるのはみなさんもご存知かと思います。もう何度も書いているので、そろそろウザいと言われそうですが、私はMichael Jacksonが大好きで、ヒマさえあれば検索して情報を得てました。去年はTMZ.comで流されているゴシップの話ばかり順に上がってきていました。ところが今年、あんなニュースがあったからだとは思いますが、彼の音楽、ライフワークだったチャリティー、お子さんの話がワンサカがあがるようになりました。娘さんのParisちゃんに至っては、ウィルスさえ出てきているそうです。そして今マイケルの名は、常に検索キーワード・ランキングの上位に位置しています。

そこで思ったこと。今、マイケルに関するキーワードを検索したら、以前とは違う枕言葉がたくさん出てくるんだろうなと思うんですね。それを見ればきっと、今までファンではなかった人の、ゴシップを喜んで受け入れていた人の心の変化が見えるんじゃないかな、と思えてなりません。あんなにバッシングしていた人は、いったいどこにいっちゃったんだろう。意外とすでにビルさん、調べていたりして。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・事前に人々が何を欲しているのかを知ることができれば、多くのビジネスチャンスが生まれるに違いありません。ネット上でどのようにブームが形成されているのかを知るには最適の1冊です。

・実は私もアークティック・モンキーズが結構好きだったりします。私が彼らを知ったのはBBCのラジオ番組ですが、彼らがネットを通して世に出てきた過程を想像すると、わくわくします。これこそネットの力です。

・韓国では、NaverやDaumという大手サイトが有名です。私は韓国に関する何かを調べる時はNaverを利用していますが、Naverには検索単語ランキングというのがつねに表示されており、「おっ」と気になる話題が出てくると、ついクリックしてしまう。この本を読み、改めて流行が作られる経緯に納得です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/18

Fri.

08:40:15

夢に日付を! 

Category【自己啓発

夢に日付を! ~夢実現の手帳術~夢に日付を! ~夢実現の手帳術~
(2005/10/24)
渡邉 美樹

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

イメージできるならば必ず夢は実現する

 ― 音楽を基調にし、どこよりも、いいものが安く口に入る「ふれあい」のある居酒屋チェーンの確立。
 日本中を一つの話に結びつけるような何百店舗を持つチェーンの確立。
 そして教育。
 現在の教育体制を打ち崩し「人間が本当に人間らしい夢と希望を持った人生を送ることができるもとを築く」ような教育機関の設立。子どもたちが、どこまでもまっすぐに、ひまわりが太陽に向かって伸びるかのようにそれぞれの個性を伸ばす教育機関の設立。
 これだけのことをやるために自分の人生のすべてを費やさねばならないかもしれない。
 でも、自分が自分であるために、自分自身の生の証のためにこれらのことをやり遂げねばならない。
 「夢」を持ち続ける限り必ず「夢は成る」と信じている ―



ワタミ株式会社の渡邉社長の手帳本です。
実は私、こんなに話題になっているにも関らず、この本が初の渡邉社長本です。そしてこの1冊を読み、すっかりファンになってしまいました。

手帳本ではありますが、手帳を使う細かい技術を教えるのではなく、手帳を使う心構えを教えてくれる1冊です。昨今、夢にゴールをつけて未来日記を書いていくという本がいくつかありましたが、実際に夢を叶えるにはそれだけでは不十分なのではないでしょうか。未来日記を書いているのに、全然願いが叶わないという人はぜひこの本を読んでみて下さい。夢をどうフォローするかが一発でわかるはずです。

私が影響を受けた手帳本には、佐々木かをりさんの『ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法』と、熊谷正寿さんの『一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法』があります。2冊とも、読むたびにモチベーションがあがります。前者はワークライフバランスについてのヒントを、後者は渡邉社長のこの本同様、夢を育てる方法を教えてくれています。

ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法ミリオネーゼの手帳術―8ケタ稼ぐ女性に学ぶサクサク時間活用法
(2003/11/30)
佐々木 かをり

商品詳細を見る


一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
(2004/03/24)
熊谷 正寿

商品詳細を見る
 

ここに『夢に日付を!』が加わり、2010年の手帳作りの方法がとても明確なものとなりました。スケジュール帳は、行動を管理するのに最適のツールです。そして、自分を振り返るにも最強の力を発揮します。10代、20代の頃は「時間は無限」と思ってました。でも、30代に入って「時間は有限!しかもいつ終わりがくるかわからない」と強く意識するようになってきたのです。それこそ「もったいない」んですね、時間が。

内容を簡単に説明します。まず、夢には軸となる柱がなくてはなりません。この本では6本の柱として、「仕事」「家庭」「教養」「財産」「趣味」「健康」の軸に、それぞれの目標を立て、それをつねにイメージすることを推奨しています。

それらの夢を実現するにあたり、著者はカードにそれぞれの夢を書き出して、常にイメージを膨らませるのだそうです。カラーで想像できる部分は、自分でも自信があってクリアになっている部分。逆に白黒だったり曖昧な部分は、自信が無い部分でそこが問題点となっています。それを手帳に行動として落として解決していく。すると自然に夢に近づくわけです。

ツールとしては、カード、日記、スケジュール帳の3つです。カードには夢やなりたい姿を記入し、日々目を通してイメージを膨らませます。スケジュール帳は、用が済んだら赤で消す。その消した情報を夜に日記にまとめていきます。


夢に日付を入れることは、一日一日の過ごし方を磨いてくれる素晴らしいアイデアだと思います。そろそろ来年の手帳、新調しなくちゃ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・読むにつれて、自分が情けなくなりました。なんてムダな時間の過ごし方をしてしまったんだろう…。自分で決定したことだけに、自分が選択したことだけに、今後悔がものすごく多いです。過去の自分が今の自分を作り上げてきたわけです。これからは、もっと時を大切にしなくちゃ。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・6本の柱を作る。
・手帳を自分使用にアレンジする


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/17

Thu.

09:47:15

イギリスの夫婦はなぜ手をつなぐのか 

Category【社会

イギリスの夫婦はなぜ手をつなぐのか (新潮文庫)イギリスの夫婦はなぜ手をつなぐのか (新潮文庫)
(2009/11/28)
井形 慶子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 はじめに― 夫婦になったら淋しくなった

 イギリス関連の本を書き続けてきた私は、これまで何人もの人に頼まれ、イギリスを案内した。
 特に2004年に太平旅行会社が企画、開催した「イギリスの普通の家々をめぐる旅」では、読者の方々とアッパーな会社社長の住む一軒家から、高齢者が一人で暮らす築400年のコテージまで、10軒余りのイギリス一般家庭を見て回り公表を博した。このツアーの目玉は、個人の住宅の寝室やバスルーム、クローゼットの中まで全て見られることだ。参加者の大半は30~60代の女性。イギリスの人々と直接触れ合えると好評で、回を重ねて今に至る。



この書き出し部は、こう続きます。
日本からツアーに参加した方が、口々に「イギリス人のだんな様は奥さんを本当に大切にしている」とか「イギリス人のご夫婦はとても仲睦まじく暮らしているのが羨ましい」と仰ったんだそうです。まぁ、隣の芝は青いといいますからね、他所がよく見える傾向にあるのかもしれません。

ところで「理想の夫婦」とは一体どんな夫婦でしょうか。夫婦の間のことなんて、本人たちにしかわからないことが沢山あります。お手本探しも難しい。昔のアメリカのコマーシャルに出て来たような若くてきれいなお母さんと、ネクタイ締めて七三分けのお父さんが子犬のようにはしゃぐ子どもに囲まれて・・・っていうのが理想の家族、理想の夫婦なんでしょうか。自分のパートナーとの関係がパーフェクトなものかどうかは、相手をどう見るかによると思います。マイナス面ばかりに注目すれば、それはやっぱり物足りない関係になるでしょう。短所を引き立てる長所があれば、良い関係と感じるかもしれません。それに長く夫婦をやっていると、与えるよりも与えられたいという欲求も高まるもの。何かをしてもらって当然と思っているようでは、これから先が心配になります。他と比べてうちは…などと嘆いていてもどうしようもない。

イギリスの場合は、家族という単位がありながらも、根底に個人を尊重する文化があるように思います。結婚して子供を産んだ女性が、完全な「お母さん」になってしまうことはなく、女性のままでいられるような文化があるようです。きっと「○○ちゃんのお母さん」なんて呼び方をしたら、イギリスのママたちは怒っちゃうのかもしれませんね。

大抵の場合、一番身近な夫婦像はやっぱり自分を育ててくれた親です。この頃、世代差によって夫婦像も異なるのでは?と感じるようになりました。著者が言うには、団塊世代はがむしゃらに働いた世代で、家庭を顧みずに血縁よりも会社の人脈を濃くするのに力を注いだ世代。今、退職なさったお父さんたちは、おうちの家具以下の扱いを受けているとか。私の両親も団塊世代ですが、たしかに今の私の年齢の頃の両親は、家庭よりも仕事が優先だったように思います。そんな夫婦を見て育った私たち。少子化や晩婚問題には「夫婦像」が関連しているのかもしれないですね。

そしてもう一つ。女性の社会進出が進みました。若い世代は、それを別に特別なこととは感じないかと思いますが、40代、50代の男性の中には、「女は家にいるものだ」という人だってまだまだ多いんです。特に私の住んでいる韓国では、その傾向が非常に強い。互いに納得できてるならよいでしょうけれども、もし奥さんが外に働きに出たいとか、自分の力を社会に活かしたいと思っていたら、ご主人の主張はとても窮屈で奥さんを苦しめると思います。

海外の夫婦がどのように暮らしているのかを知ってみるのも、自分を振り返る上で良い事かもしれません。まずは互いのパートナーに感謝すること!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・韓国では、女の人が結婚して子どもを産むと、途端に本人の名前を呼ばれることがなります。夫からは「ヨボ(おまえ・あなた)」と呼ばれ、子どもには「オンマ(お母さん)」と呼ばれ、近所でも「○○オンマ(○○ちゃんのお母さん)」と呼ばれ、親戚にはそれぞれの親称で呼ばれる。私が思うにですが、女性が名前で呼ばれないような環境を作ってしまうと、どんどん女性から遠退いていくような気がします。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/16

Wed.

09:29:49

脂肪と言う名の服を着て 完全版 

Category【マンガ

脂肪と言う名の服を着て 完全版 (文春文庫 あ 57-1)脂肪と言う名の服を着て 完全版 (文春文庫 あ 57-1)
(2009/10/09)
安野 モヨコ

商品詳細を見る


<完全版>ということで購入。久々に安野モヨコさんの作品を読みました。
最近寒くなってきたせいもあり、寒さのせいで、ついカロリーのあるものを食べてしまいます。毎年冬になると膨張を続けているのですが、最近「これではいかん!」と思っていた時に書店で出会いました。

主人公は食べることでストレスを解消する女の子、のこ。ストレスを解消するために食べることを繰り返していたのこは、幼い頃からぽっちゃり肥満型です。のこの会社には細くてきれいで今時なOLさんが沢山いるわけですが、太っているということでいつも引け目を感じます。ある日、そんな社内の関係に変化が。のこは自分を取り巻く人に裏切られたり、周りを信頼できなくなったり、陥れられたりしていくのですが、それは全て自分が太っていることにあるんだと一大ダイエットを決心するのですが・・・

というお話。

心の弱さ、芯の強さ、本当の優しさとは何かが分かるコミックです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・心の中の見えない部分も、実は見える場所になんらかのメッセージを送っている。暴飲暴食すれば肌があれるし、寝不足すればクマで真っ黒。ストレスも絶対にメッセージを出しているはず。気づいてあげなくちゃ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/15

Tue.

14:36:37

放送室 

Category【社会

放送室 (幻冬舎よしもと文庫)放送室 (幻冬舎よしもと文庫)
(2009/11)
松本 人志高須 光聖

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

ぷろろぉぐ

番組のコンセプト

松本 あの~、ものすごい、マイナーな感じにしたいねん。
    ファンみたいのおるのかどうか知らんけど、そんなん
    がスタジオの外に集まるようになったら、辞めなアカン。
高須 辞めなアカンと!(笑)
松本 そう、この放送は「密室芸」やから。
高須 聴いたヤツは「言うな」いう事なんやろ?
    人に言うたらアカンと。
松本 そうそう、絶対言うたらアカン。部屋で聴いてても、もし
    誰かが入ってきたら、もう消さなアカン。
高須 スッと消さなアカンと。
高須・松本 (笑)



これはダウンタウンの松本さんと、放送作家の高須さんの「放送室」というラジオ番組のネタをコンパクトにまとめたものです。実は「放送室」はCDでも出ておりまして、私はそのCD全10巻がものすごく欲しかったりするのですが、5万円もの大金が捻出できない・・・。ということで、この本を購入してみました。

放送室 1放送室 1
(2008/04/23)
高須光聖 松本人志松本人志

商品詳細を見る


大阪弁って、文章にしてみてもテンポを感じられて、あっという間に読み終えられちゃいますね。これを実際にお話として聞くのであれば、間やリズムの差を差し引きが加わって、結構な長さになるんじゃないかなと思います。読み応えは充分です。最近は島田紳助さんの『紳竜の研究』(こちらはDVDです)など、芸人さんの書籍やDVDが人気を集めているようです。笑いで人を魅了し、お茶の間の人気者となる姿は、ビジネスパーソンが人望を集め成功していく姿に似ているのかもしれません。私は単に笑いたい!という欲望大でこの本を手に取りましたが、読後の感想は「この人たち、スゴい!」でした。

アイデアを出すには、普段から広い視野で物事を捉えなくてはならないと思います。お二人はそれが普通にできちゃってるんですね。なんだろう、もう天性のもの、とでも言うのでしょうか。いろいろな角度から物を見れるというのは、一種の才能ですね。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・相手を楽しませるっていうのは、簡単に見えて実は高度な技が必要なんだと思います。お笑いって、根が面白い人が出て行けば成功しそうな世界だと思っていましたが、本当はもっと繊細で、丁寧に言葉を扱う世界だと実感。圧倒されます。人を楽しませること。これは人に接する仕事をしているならば、誰もが楽にコミュニケーションを取れるようになる秘訣なのかもしれません。

・同じ物事を私が話すのと、プロの話し手さんが語るのでは、全く見えてくる世界が違いますよね。これはとても大切なことだと思いました。さっそく授業の時にも意識してみよう。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・人を楽しませる。楽しませている人をもっと観察する。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/14

Mon.

08:37:07

しゃばけ 

Category【日本文学

しゃばけ (新潮文庫)しゃばけ (新潮文庫)
(2004/03)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

一 暗夜

 厚い雲が月を隠すと、江戸の夜の闇は、ずしりとのしかかるように重かった。
 前も後もない、うっかりその闇の中に踏み込んだら、そのまま落ちていきそうな、ひやりとする暗さ。その黒一面の中を、提灯の明かりがぽつりと、わずかに夜をわけて進んでゆく。
 先刻まで雲はときおり切れては、月の光の中、町屋の姿とわずかな風に揺れる木の陰を、浮かび上がらせていた。



完全に表紙買いです。あ、実際に惹かれたのはこちら。

ちんぷんかん (新潮文庫)ちんぷんかん (新潮文庫)
(2009/11/28)
畠中 恵

商品詳細を見る


『ちんぷんかん』がシリーズの6冊目ということで、1冊目の『しゃばけ』を購入しました。もう表紙のイラストだけで「おもしろそう!」とわくわくする本ですね。

まず、登場するのは若旦那。この若旦那はとっても体が弱いのですが、芯はしっかりもの。幼い頃にお爺様によって使わされた二人の手代に支えられて暮らしています。長崎屋という大きな問屋の一粒種、両親からはそれはもうかわいがられて生活している。

実は若旦那には隠れた力がありまして、妖(あやかし)の姿を見る事ができるのです。妖とは、不知火だったり、家に現れる小鬼だったりするのですが、他の人には見えなくても若旦那には見えています。時に声だけは人にも伝わる妖もおりますが、そのたびに若旦那はドキリとする。

これは時代劇とファンタジーが一緒になった夢のある作品です。全く新しい分野に出会った気分になりました。それもそのはず、この作品はファンタジー大賞で優秀賞に選ばれた作品なんだそうです。ファンタジー大賞といえば、梨木果歩さんもいらっしゃいますね。続きが本当に楽しみ!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・過去や歴史って思えばファンタジーそのものですよね。過去の資料はあっても、戻って体感することはできないわけですから。この作品を読んで、時代劇の面白さに引き込まれる人もいるように思います。

・妖という言葉がまた素晴らしいですよね。なんとも想像力を膨らませてくれる作品です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/07

Mon.

08:56:16

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 

Category【ビジネス・経済

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
(2009/11/05)
ジョエル・コム

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 オンラインマーケティングは、新しいビジネスを立ち上げる際に使える素晴らしい手段だ。自宅でも行える上に、自分のペースとスケジュールに合わせて進めることが可能で、さらに始めるにあたってはほとんどコストがかからない。
 ウェブを通じてアドバイスを提供したり、商品のプロモーションを行ったりすることで、私は自分の会社を大きく成長させることに成功した。出発は自宅の寝室だったが、いまでは全国、そして全世界を講演して回っている。
 しかし小さい会社ではっても、ネットビジネスを立ち上げるのには労力が必要だ。その中には、最新のツールやオンライン上のイノベーションに遅れずについていくことも含まれる。



帯にはアンソニー・ロビンズ推薦の言葉があり、冒頭には推薦の言葉も寄せています。アメリカでのtwitter事情が書かれた本ですが、巻末には訳者による日本でのtwitter事情も加えられています。

私はこの本を読んでから、twitterを始めてみました。ご存知の通り、短い言葉でつぶやきを残していくSNSです。今、日本では日本語版が出来上がり、それに伴うサイトもいくつも出来上がっています。

この頃、twitterと言えば、やはり勝間さんでしょう。短期間で一気にフォローを増やしたそうで、最近はご自分のブログにもtwitterでのつぶやきを添付しておられますね。たんなるつぶやきでも、読み手に自分の何かを提供できるようなSNS、それがtwitterです。

この本でわかることは、具体的なtwitterのマナーや使い方のような「はじめての」的な要素はありません。どのように活かすか。そこに重点が置かれているように思います。タイトルにもあるように、ビジネスでtwitterを使うのにはどんな方法があるのか、それを例でもって説明するような文章です。なにもビジネスに限らず、パーソナル・ブランディングにも応用できますし、その他社内でのコミュニケーションツールとしても活用できるのではないでしょうか。

SNSの世界も、どんどんと新しいものが出ては、古いものが淘汰されていきます。twitterはまさに今が旬なのかもしれません。私ももっと使いこなして、楽しんで行きたいと思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・自分の価値を提供する場として使うべきかも。「いまどうしてる」の質問の後に自分のコメントをインプットするわけだけど、ここで本当に今していることにプラスして、気の聞いたことを言えたら読み手も楽しいかも。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

私のtwitterです。よろしければフォローお願い致します。
http://twitter.com/toh_seoul


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/04

Fri.

09:59:34

きのう何食べた? 3 

Category【マンガ

きのう何食べた? 3 (モーニングKC)きのう何食べた? 3 (モーニングKC)
(2009/10/23)
よしなが ふみ

商品詳細を見る


みなさん、お料理得意ですか?
特に海外在住のみなさん、日本食食べたくないですか?

日本に最も近い外国に住んでいながらも、やっぱり日本食はなかなか手に入りません。日式レストランは沢山ありますが、それでもやっぱりニセモノなんですよね。海外で食べる日本食は、日本からの距離が近かろうと遠かろうと、やっぱり全く別物なんです。

この本のスゴいところは、マンガの軽やかさでもって料理の作り方が学べるところ。むしろレシピ本がマンガになったというところでしょうか。そして更に惹かれるのは、主人公が1ヶ月の食費を2万5千円でやりくりしているところです。食材は本当にスーパーに売っているような普通の素材。(って、それが海外生活では難関そのものだったりするんですよね・・・)2万5千円ですから、購入するのは安くなっているものばかりです。ただ、日本の調味料さえあれば、なんとか海外でも工夫できるような気がする。ツラいのは長ネギくらいかな。でも、これも最近はヨーロッパでも手に入るそうですから、食費オーバーになっちゃうかもしれませんが、味は作れるかもしれませんね。

ゲイで職業は弁護士なんですが、もう主婦のような細やかさです。きっと冷蔵庫開けてると、きっちりキレイに片付いているんだろうなー。相方は美容師さん。そんな愛のある男所帯の食事事情は、主婦も驚く簡潔さです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・今度帰国する時は、絶対に「白だし」買うぞ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/03

Thu.

10:17:57

iPhone情報整理術 

Category【ビジネス・経済

iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)
(2009/10/21)
堀 正岳佐々木 正悟

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


 この本はiPhoneを中心にすえた、クラウド・コンピューティング時代の新しい情報整理術について解説した本です。
 iPhoneはこれまでの携帯電話とはまったく異なるコンセプトでつくられたツールです。これまでのいわゆるスマートフォンは「電話にPCの機能が付加されている」というつくりのものが多かったのですがiPhoneは違います。それはむしろ「手のひらサイズのインターネット・デバイス」に電話の機能がついているという方が正しい、まったく違う考え方、使い方を要求するツールなのです。



11月27日より、こちら韓国でもiPhoneのサービスがスタートしました。「えっ?今頃?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。韓国にはLGやサムスンなどの大手が携帯市場を独占しており、長くシェアのトップを牛耳ってきました。そこへiPhoneという全く異質の、しかもスマートフォン以上のものが登場したので、暫くの間規制が掛かっていたと聞きました。現に初回の登録者は7万人で、LGの新しくでたスマートフォンの2倍の数字となっています。韓国国内では、今iPhoneを購入すればアーリーアダプターとなるでしょうが、すでに他国では今やメジャーな存在となっていますね。

私もiPhoneへ切り替えるか悩み、この本を購入しました。主にインターネットを利用する便利な機能が紹介されています。いろいろなハック術を組み合わせることにより、自己管理のための最強ツールとなるでしょう。特に、自宅のパソコンと手持のiPhoneでいつでも情報を共有できるという魅力的なツールは、早速使ってみたいと思いました。

でも、韓国の場合、iPhoneの通信料がばかになりません。定額サービスなどがないので、youtubeなんかで遊んでしまった日にはどんどん追加料金がかかりそうで怖い・・・。ということで、私はまず、KT(韓国テレコム)の様子を見てから判断することにしました。それまではiTouchで利用してみたいと思います。

この本の素晴らしいところは、iPhoneに限らずiTouchのようなwi-fi対応のMP3でも使用できるハック術がある点です。そして自宅や会社のパソコンと連動させられる機能のあるものが多く、一度使い始めると便利でやめられないのでは?と思わせるような、魅力的な情報でいっぱいです。外出時の不便さを補うに最適なiPhone。きっとこの本を読めば、より有用な使い方が見えてくると思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・どんなハック術が紹介されているのかは、ネタばれに繋がってしまうので記しません。最初からずっと読んでいくうちに、自分のiPhoneの組み立て方や活かし方がわかる仕組みになっています。

・iTouchでも使用可能かどうかは、紹介ページに記されています。私も沢山メモを貼りました。iPhoneを使いこなせるかどうか心配な方は、まずiTouchで検証してみるのはいかがでしょうか。これだけ沢山のハック術が集められた本はないと思います。お試しアレ。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・iTouchを購入する。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/02

Wed.

11:10:19

氷の花たば 

Category【児童文学

氷の花たば (岩波少年文庫)氷の花たば (岩波少年文庫)
(2004/11)
アリソン アトリー

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

メリー・ゴー・ラウンド

 チルターン丘陵地帯のずっと高いところに、ペンという名の小さい村があります。近くの丘々のブナ林が、ペン村をかこんでいるようすは、ちょうど一枚の絵が、緑と金色の額縁にはいっているように見えます。そして、村の緑地公園をまるくかこんで、古い家々がたっています。戸にシンチュウのドアたたきのついているのは、十八世紀にできた家、ドアたたきがまったくついていないのは、十七世紀の家です。十七世紀に建てられた、小さい家々をおとずれる人たちは、時分のにぎりこぶしてで、戸をたたかなければなりません。



アトリーは、『グレイ・ラビットのおはなし』 、『時の旅人』の作家としても知られているダービーシャー出身の児童文学作家です。

自然に恵まれた村で生まれ育ったアトリーは、自然や動物を題材とした溢れんばかりの四季を感じさせる作品が特徴と言えるでしょう。どの作品の中でも、花々の美しさや香りまでもが届きそうな気がします。

この作品は、子供のための短編集となっており、6つのお話が添えられています。タイトルが「氷の花たば」でもあるように、今回は冬のお話が中心となっています。

冬のイギリスは日照時間が少なく、話には聞いていたものの、実際に経験したときには本当になんとも神秘的な印象がありました。朝は9時近くまで暗く、やっと太陽が昇ったと思ったらそれも数時間のこと。雨など降って曇りになってしまえば、日中でも家の中で電気をつけていなくてはなりません。

初めて一人でイギリスに行った時、私は敢えて冬を選んで旅立ちました。イギリスのホテルは、どこに行っても蛍光灯で照らされている日本のホテルとは異なり、少し暗いんじゃあ・・・と思うくらいの落ち着いた明かりがありました。それが返って読書にピッタリだったように思います。特にアトリーの本は春が来る喜びや、冬の森で暮らす動物たちの様子など想像力を掻きたてるものばかりで、もっと長居して本を読んでいたい気持ちになったものです。

そのせいか、寒くなると児童文学が読みたくなってしまいます。
ぜひ、おススメ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・妖精というのは、やっぱり特別な力を感じさせますね。見た事もないし、到底信じられないけれども、心の中ではその存在を認めている。認めているというか、いて欲しいと思っている。これこそがイギリスの児童文学の魔法なんだと思います。

・「七面鳥とガチョウ」という作品でクリスマスの話が書かれています。そういえば、アトリーの書くクリスマス、読んだ事がないかもしれません。探してみなくちゃ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2009

12/01

Tue.

08:42:37

硝子戸の中 

Category【日本文学

硝子戸の中(うち) (岩波文庫)硝子戸の中(うち) (岩波文庫)
(1990/04/16)
夏目 漱石

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。



 硝子戸の中から外を見渡すと、霜除けした芭蕉だの、赤い実の結った梅もどきの枝だの、無遠慮に直立した電信柱だのがすぐ眼に着くが、その他にこれといって数え立てるほどのものは殆ど視線に入って来ない。書斎にいる私の眼界は極めて単調でそうしてまた極めて狭いのである。
 その上私は去年の暮れから風邪を引いて殆ど表へ出ずに、毎日この硝子戸の中にばかり坐っているので、世間の様子はちっとも分らない。心持が悪いから読書もあまりしない。私はただ坐ったり寐たりしてその日その日を送っているだけである。



夏目漱石のエッセイ集です。

各章にタイトルがついているわけではなく、まさに徒然と思いつくままに綴ったような形になっていますが、実際には構想を練ってこうなったもののようです。上のように、話が変わるたびに数字で「一」とか「二」とか番号が振られていて、「ああ、流れが変わったのか」とわかるシステムにはなっていますが、それでも話の大筋は大きな流れのまま変わらない。

私は昭和のエッセイや随筆が好きでよく読むのですが、この作品もとても気に入りました。なんとも言えない言葉の美しさや上品さが漂っている。今、どんどんと言葉がテキトウなものというか、思い入れの薄い単なる伝達手段化してしまっていると感じることが多々あります。外国で暮らしていて、流行語の経緯なんかが見えないせいかもしれません。時々すごく上っ面だけを舐めたような表現に出会うことがあります。

逆に言うと、私が話す日本語はもうすでにカビの生えた古いものになりかかっているのでしょう。言葉は生き物だと思ってますから、そんな変化はあって当然。それに良し悪しつけるわけではありませんが、私好みの日本語は、漱石の時代ように語彙に豊富で丁寧に選んだ言葉で綴られた作品です。

私自身、できるだけ「かわいい」や「すごい」という言葉を使わないように気をつけています。これを使ってしまうと、どんどんと言葉が貧弱になってしまって、全てをこの2語で片付けてしまおうとするからです。今は最低2つの言い回しで表現しようと思っています。

エッセイとしての楽しみ方もありますが、当時の東京の様子を伺える作品として読んでみるのも良いのではないでしょうか。過去の様子を見る事は叶いませんが、それでも想像するにはとてもよい材料となるでしょう。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・日本文学って、いいですね。ふるさとを感じさせてくれる要素に溢れていました。いつの時代でも感じることは同じです。

・今まで、夏目漱石と言う人はものすごく賢くて、大人しくて、ちょっぴり頑固な人だと思っていました。エッセイを読み、お茶目な人、を加えることにします。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。