12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

01/29

Fri.

22:48:10

西風のくれた鍵 

Category【児童文学

西風のくれた鍵 (岩波少年文庫)西風のくれた鍵 (岩波少年文庫)
(2001/02)
アリソン アトリー

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

ピクシーのスカーフ

 むかし、ひとりのおばあさんがいて、ダーティムアの荒野へ、コケモモの実を摘みに出かけました。おばあさんは片手にブリキのバケツを持ち、もうひとつの手にはかごをさげて、家にもどるまえに両ほうをいっぱいにするつもりでした。
 おばあさんのうしろからは、小さい男の子がついていきました。おばあさんの孫のディッキーです。ディッキーは、風の吹きわたるひろい荒野へ、いっしょにつれていってくれと、おばあさんにたのんだのでした。
 荒野につくと、おばあさんの目は、すいつけられたように地面の上にそそがれました。そこには何マイルにもわたって、しきつめたように低いみどりのコケモモのしげみが、ひろがっていたのでした。でも、ディッキーはといえば、あたりをキョロキョロ見まわしたり、飛びまわっている鳥や、空に浮かぶ白い雲や、ヒースや草のあいだからそびえ立つ、お城のように大きくて、とんがった黒い岩山などに見とれたりしていました。



イギリスの児童文学作家、アリソン・アトリーの作品です。アトリーについては、以前『時の旅人』をご紹介したときに、生家の写真を添付していますのでご覧下さい。

さて、なんとなーく元気がなくなってくると、私はなぜか無性に児童文学が読みたくなります。大体はイギリスの児童文学を手に取りますが、その理由がこの本を読んでわかった気がします。イギリスの19世紀の児童文学には、自然の美しさと不思議さがふんだんに盛り込まれています。その上、魔法使いだの妖精だのも登場し、なんとも魅力的なのです。読んでいるうちに、嫌で嫌でたまらなかった自分の身の回りのことがらが「なんてちっぽけな!」と思えるようになるから不思議です。

本題は『The spice woman's basket and other tales』で、そこから6つのお話が翻訳されています。イギリスのアマゾンを調べてみると、1944年以降に発行されたものはなく、残念ながら英書を入手するのは難しいかもしれません。

それにしても、アトリーのお話を読むたびに思う事がありました。「コケモモって、何?」アトリーの児童文学には植物、動物が数多く登場します。そして食べ物の表現が非常に豊かで、とてもおいしそうなのです。書き出しでご紹介している作品の中でも、おばあさんはコケモモを取りに荒野へ出かけます。

調べてみると、ありました。どうやらコケモモって酸っぱいみたいです。そしてモモといいながらも桃ほど大きくはないらしい。野生の低木なんだそうです。おばあさんはあとでジャムをつくりますが、やっぱりその酸味のせいか、ジャムやコンポートにするみたい。

ちなみにピクシーとは、イングランドのコーンウォールなど南西部諸州の民間伝承に登場する妖精のことで、体は小さく時にイタズラをするとして紹介されていることが多いです。とても魅力的な妖精です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ピクシーの話が2つ納められています。なんとも神秘的で楽しいお話です。

・翻訳書は、最後に掲載されている「西風のくれた鍵」がタイトルになっていますが、英国本書のタイトルはこの本にも納められている「幻のスパイス売り」になっています。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2010

01/28

Thu.

23:25:59

断る力 

Category【自己啓発

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスをするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、見につけること」と言うでしょう。実際、私が「断る力」、英語にすると「Say No」、すなわち相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。そして、その時から、私の世界はドラマティックに変わり始めました。
 人から何かを頼まれる、頼られる、うれしいことです。そして、頼まれたことに対して相手の気に入るように振る舞うと、それなりのごほうびが来ます。そうやって私たちは親からも、先生からも、上司からも、育てられてきました。しかし、単に頼まれたことを断らずに唯々諾々と行うということは、自分の人生の進路を行き当たりばったり、他人に委ねてしまっていると言い換えることもできるのです。




ちょうど1年前に出た本。当時、密林の評があまりに悪かったので、様子見をしていた一冊です。タイトルや帯から「何でも断るなんて、とんでもない!」のような批評を多く見かけましたが、勝間さんの仰りたいことはそんな単純な事じゃない。きっとそういう書評を残した人は、『ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話』に出ているようなイタいことになっちゃうんだろうと思います。

本書は、まず総論として「断る力」とはなに?ということを説明し、それからホップ・ステップ・ジャンプの順に「断る力」を活用していく方法を説明しています。

総論では、「断る力」は自分の軸がしっかりある人は、自分がスペシャリティになる環境を選ぶべき。それには「嫌われる」とか「怒られる」とかいうよりも、アサーティブの精神で賢く自分の意見を主張する。ホップでは、自分の軸となる基準がなんであるかを知る事を、ステップでは断るためは、建設的に相手に影響を与える方法を、最後のジャンプでは断ることにより生じる好環境を語っておられるのですが、一言でいうと「理不尽なことを遠ざけ、自分を磨く方法」だと感じました。

会社で働いているわけでもないですし、家でも特に無理強いされることもないので、「断る」ことが滅多にない生活をしています。ですから、読んでいてピンと来ない部分がありました。でも、自分の中の理不尽さと闘うとなると、「あー、なるほど!」と大きくうなずいた次第。

ただ、なんとなくわかるんですよね。「断れない」っていう人の気持ちも…。まずは自分の軸作りです。これができれば、何を受け入れ、何を断るべきかが見えるのではないでしょうか。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・さーっと読んでしまったのですが、何度か読み直したい本です。とにかく自分が無い人が読んでも、「できるわけないだろー!」と逆の方向に進むのが目に見えています。早く自分テスト、しなくちゃ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/27

Wed.

11:47:27

自分をグローバル化する仕事術 

Category【ビジネス・経済

自分をグローバル化する仕事術自分をグローバル化する仕事術
(2008/08/29)
天野 雅晴

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

自分をグローバル化する仕事術とは

日本だけが違うルールで仕事をしている?

 ビジネスのグローバル化が進むなか、今、世界共通の仕事のルールが確立しています。

 三年以内には、日本でもこの新しいルールが完全適用されるようになるでしょう。
 今のうちに新ルールに沿った仕事のやり方を身につけておかないと、ビジネスパーソンは十分な活躍ができないどころか、大きなマイナスを負うことになるでしょう。

 私は一九七九年に渡英し、八二年からずっとシリコンバレーを拠点に仕事をしてきました。一九九〇年にはGlobal Vision Technologyという会社を設立し、現在に至っています。



この本はシリコンバレーで会社を経営しておられる著者が、日本だけに通用するビジネスルールに追随するスタイルから世界に通用するルールを身につけられる様、ご自身の経験を読者にシェアして下さった1冊です。30年の経験がこの1冊に詰まっているのですから、非常にお買い得。

日本とアメリカでは文化背景が違いますし、習慣もずいぶん異なります。前半部は日米の差を理解すべく、コミュニケーションとビジネスルールについて、後半部は自己啓発的な内容が書かれています。日本の自己啓発書と重なる部分もありますが、アメリカならではの視点で自分のスペックを上げる方法が記されています。

韓国は国土面積が北海道よりちょっと広いくらい。人口も日本の1/3ほどです。自国内で需要を生むには限界があるため、外に外に出ようとする傾向があるように思います。実際、留学する人の数も半端ないですし、英語なんて人気の会社を受けるならばTOEIC900点以上が当たり前という世界です。その国外志向が、今、サムスンやLGの成長を物語っているのではないでしょうか。私は仕事柄、大手企業に出入りすることが多いのですが(大手企業ほど日本語教育に熱心です)、仕事のお話を聞いていると、今までの日本を模倣するようなスタイルから、どんどん欧米化しているような印象を受けます。こちらの方は気が短いので、待つことを非常に嫌います。そのせいか、仕事にもスピード感がある。横から見ているだけでも、その会社が成長し続けているという勢いが感じられるのです。お客様は世界各地にいらっしゃるわけですから、グローバルな仕事術でなくてはどうしたって伸びない。グローバル化という意味では、日本より韓国の方が進んでいるかもしれません。

それにしても、日本とアメリカ。ずいぶん違うものですね。特に人脈については学びが多かったです。私なんか、一度嫌だと思ったら、絶対に人脈を切ってやる!と思うのに、アメリカの方は完全に切ることはしないんだそうです。転職が多いことから、いつどこで縁が繋がるかわからないというのが理由だとか。またいくつかのことを同時進行するのと、一つずつ順に片付けながら進行するスタイルも驚きでした。「シングルタスクルール」、一つの問題を着実に決着させてから前に進むスタイルは、確かに集中力も高まりますし、散漫にならないという意味では日常に是非取り入れてみたいスタイルです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・日本の問題は、リーダーが育ち難い環境にあると思います。本書の中にMBAのお話が出てきますが、アメリカは学ぶ環境が豊富にある。日本はそうじゃないですね。ビジネスマンに質の高い教育を施せる施設も少ないですし、チャンスも少ない。更に若い人に託そうという土壌もない。これは早々に改善しなくてはならない問題だと思います。いつまでも御歳70を超える賢人に頼ってばかりではいられません。

・韓国の大手は確かにこの本のように、アメリカ式ルールに則った仕事ルールを持っています。また韓国のみならず、世界の大半は自国の独自スタイルではなくグローバル化されたルールで取引をしているはず。海外に取引先があるとか、海外出張があるとか、海外駐在の予定がある方、必読と思います。これからは世界を目指すビジネスパーソンにならなくては!





☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/26

Tue.

18:06:43

科学的な外国語学習法―日本人のための最も効率のよい学び方 

Category【語学 

科学的な外国語学習法―日本人のための最も効率のよい学び方科学的な外国語学習法―日本人のための最も効率のよい学び方
(1992/01)
佐伯 智義

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

初めに

なぜこの本が書かれたか

「この人、英語の授業に2年も出席していないんです。授業に出るように言って下さい」スキー場のペンションで知り合った若いカップルの女性から、そう頼まれた。私は、いつも学生に「風邪を引いた位で、学校を休むな!少なくとも、おれの授業には、はってでも出てこい!」とはっぱをかけているので、びっくりして「英語の単位を取らねば、卒業できないんじゃないか。なぜ出席しない?」と尋ねた。すると、彼にもちゃんとした言い分のあることが分かった。東京の有名大学に入った彼は、1年生の時「僕は、大学の4年間で、英語を話せるようになりたいのです。ですから、そのような授業をお願いします」と、英語の先生方に頼んだそうだ。ところが、どの先生も、彼の要望に応えてくれない。2年目も同じお願いをしたが、またもや、彼の要望は無視されてしまった。そこで、頭にきた彼は、その年も英語の授業をボイコット。



上の書き出し部分ですが、ちょっと横着しました。スミマセン。
原書では、「、(テン)」は「,(カンマ)」で、「。(マル)」は「.(ピリオド)」で表記されています。

この本は、mistletoeさんのブログ「イギリスで暮らそうっと!」の在英のお友達へのインタビュー記事の中で紹介されておりました。「今までにこれは役立った!という英語教材ある?」との質問の答えの一つとして挙げられていたものです。

今年はもっと真剣に語学に取り組もうと思っている私。できれば新しい言語にも挑戦して、自分の日本語指導力の参考にしたいとも思っています。語学と言えば千野栄一先生の『外国語上達法』がありますが、千野先生の学ばれた時代に比べ、私たちは便利な機器に囲まれて語学学習に勤しむ事ができます。そこで新しい勉強法を模索するために、いくつか外国語学習法の書籍を読むことに。

科学的という言葉にもうなずける上、効率という意味では読んで大正解の本でした。そしてどうして自分の語学力が伸びないのかもわかり、進むべき道筋が見えてきました。語学学習本の中では、この本は間違いなく大プッシュ。おススメの良書です。

著者が最もアピールしている点は、「外国語の学習とは神経の再組織化である」ということ。暗記イコール外国語学習と考えられがちですが、本当は頭脳の中に文法や単語の神経回路が幾つも出来上がって、そこに電流が自然に流れ、無意識のうちに、記憶している文法の規則や単語が思い出されるような状態まで持って行くことこそ、外国語の学習なのです。

日本語を母国語とする人の犯しがちな、誤った学習法を読んでいると、「あー、あるある!」とつい膝を打ちたくなるようなエピソードが満載です。第2章に「外国語学習 15の間違い」として取り上げられています。とにかく、別言語の神経回路を作ること!これが何より大事なんです。なのに日本の英語教育では、暗記、和訳、発音無視の授業が続いています。私も韓国に来てわかったことですが、発音はとっても大切なポイントです。韓国人の英語話者の発音は、とても聞きやすいです。時にめちゃめちゃなコングリッシュの人もいますが、英語圏への留学経験のある方は、それは美しい発音で話しかけて下さいます。また日本語は母音や子音の数が少ないので、どうしても発音に関心が行かないのかもしれませんが、発音が悪いと通じないこと多々。特にnとngの発音を区別する韓国語は本当に難しいです。nとngを間違えるだけで、「お金」と発音したつもりが「うんこ」になっちゃいます。これでは伝わりません。発音、ほんとーに大切なんですよ。私は今、切実にその苦労を感じつつ生活しておりますので、これから韓国にいらっしゃる方には「発音教材、持ってきた方がいいですよ」と声を大にしてアドバイスしたいと思います。

ちょっと面白かったのは、留学のお話。著者は語学の習得には留学して、実際に異郷の風土の中に身を置く事を推奨しています。でも、留学しても効果がない人がいる。そんな人の特徴を6つあげておられます。

・心を閉ざしている
・パーティーや修学旅行が嫌い
・趣味を持たない
・日本食しか食べられない
・郷に入っても、郷に従わない
・あくまでも日本語にこだわる

マズい!全部当てはまってるんですけど…(笑)
海外で生活しながら語学を学ぶには、やはり現地の人と話す機会をどれだけ多く持つかにかかっています。ですから、心を閉ざして家にばかりこもってないで、たまには外に行きましょう。カフェに行くだけでも、注文しなくちゃならんわけですから、自ずと口を開く事になります。また食は異文化への窓口です。それを味わってこそ、その風土になじめるというもの。日本食にこだわると、外への窓も狭まります。また言語もそうですね。折角養っている神経回路を日本語を使うことで断絶しちゃうわけですから、留学の意味が薄まります。

この他にも、音を使った勉強法や文章を使った単語の覚え方の効率についてなど、非常にためになるお話が沢山ありました。今、早速CNNを聞きながら文章を打っているところです。

ところで残念ながら、この本はすでに廃版。密林ではマーケットプレイスで販売されています。こんなによい本を廃盤にしちゃうなんて・・・。だから日本の外国語力は伸びないんでしょうね。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ヨーロッパ言語の話者は、互いに表記法(アルファベット)が似通っている上に、語の派生が共通言語だったりすることから、割と楽に言葉を学べるんだそうです。そのくだりを読んでいて、「じゃあ、日本、中国、韓国語もそれぞれ楽に覚えられるのでは?」と思いました。韓国語を知ってわかったことですが、日中韓、それぞれ結構似てるんです。これは同じ漢字文化によるものだと思いますが、今では日本も韓国も独自の表記法を採用しています。また文法的には日韓は似通っていますが、中国はちょっと離れますね。となると、アジアの環境はヨーロッパ人が他のヨーロッパ言語を学ぶよりは苦労が強いられるのかな。そういえばハングル覚えるの、苦労したもんなぁ。

・何か新しい言語を学びたいです。英語も韓国語もままならないというのに…。でも、この本を読んで、ちょっとヤル気が出てきました。フランス語、チャレンジしたいです。

・この本、英語のテキストと同じで、横書き・左から右へ読んでいくスタイルを通しています。韓国も横書き、左から右へ読むスタイルなのですが、それに慣れたせいか、このスタイルの方が本が早く読めた気がします。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・音声教材を確保する。





☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/25

Mon.

21:34:38

戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている 

Category【日本文学

戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫)戯曲 毛皮のマリー・血は立ったまま眠っている (角川文庫)
(2009/02/25)
寺山 修司

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

さらば、映画よ
Farewell to movie

人物
中年の男1(ボナールの「友情論」を愛読している孤独な中年男)
中年の男2(その実践的友人、1よりもやや若く、肉体美である)

ノート
この戯曲「さらば、映画よ」(Farewell to movie)は「ファン」と「スタア」という独立した二篇の一幕劇(ここにはその「ファン」だけを収録する)によって構成されているが上演にあたっては必ずしも併演しなくても構わない。
この戯曲を通して私は日本人の性の問題を扱ってみたいと思った。
それは「爛熟したアメリカ文明の生んだ腐敗と頽廃の性的堕落」とは全く反対の、いかにも貞潔で孤独で未成熟な分野だからである。
私はこの戯曲を書きながら、フランク・シナトラの

もしも心がすべてなら
いとしいお金は何になる?

という唄を思い出していた。



角川文庫版。収録作品は以下。

 さらば、映画よ

 アダムとイヴ、私の犯罪学

 毛皮のマリー

 血は立ったまま眠っている

 星の王子さま

作戯曲です。あまりにも有名な一冊ですが、個人的に「毛皮のマリー」の舞台を見たい!という思いをこめて記しておくことしました。

戯曲を読むと想像力がもうもうと広がっていく気がするのですが、「毛皮のマリー」に関しては、マリー役に美輪明宏さんが、欣也は及川光博さんが上演を続けておられることから、想像がしやすかった。でもその他については、まったく未知の世界というのが正直な印象です。一体これを舞台化する監督は、どんな風に仕上げてくるのだろう。舞台はどのくらいの広さが必要なんだろう。それぞれの役は誰がぴったりだろう。考えるだけで楽しくなります。

韓国はこのごろミュージカル文化といいますか、ブロードウェイの流行モノが必ず韓国化されて演じられているのですが、私はもっと真剣な舞台が見たいなーと常々思っています。そしてできればですが、外国語ではなくて日本語の演劇が見たい。この本を読んで、その思いが強まりました。理由は「音」です。

七五調で繰り返される台詞のリズム感や、男女の台詞が交じり合う感じは、きっと音で捉えるからこそ美しいと思うんです。私は朗読が得意ではありませんので上手に読むことはできませんでしたが、それでも声に出して読んでみるとやっぱりスゴ味が違うんですよね。これ、プロが演じたらどんだけスゴイんだろうと思うと、一度は見てみなくちゃと思うのであります。

それにしても、この表紙のお嬢さんのイメージとはまったく異なる五作品。
私は「毛皮のマリー」と「星の王子さま」が好きです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・今チェックしてみたら、欣也の役、吉村卓也さんという方に代わったんですね。紋白、やっぱり男優さんだよね!

・2010年の予定、いつ発表になるのかしら。






☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/22

Fri.

23:07:49

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力 

Category【自己啓発

やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力やればできる―まわりの人と夢をかなえあう4つの力
(2009/12/04)
勝間 和代

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 何かやることを決めたときに、決めたことを「できる人」と「できない人」の違いは何だろう?と疑問に思ったことはありませんか。
 なぜ、あの人はできて、自分はできないんだろう?いくらやってみても成果が出ないんだろう?
 そういう悩みをもったことがない人は、きっといないはずです。

 私も、10代の頃から、なぜ決心したことがなかなかうまくいかないのだろうと悩み続けてきました。
 たくさんの自己啓発書を読んでみて、そこに書いてあることを愚直にやったら、たまにはうまくいくこともありましたが、結局、成果が出なくてやめてしまうことが大半でした。
 でも、それを繰り返していき、30歳をすぎた頃、少しずつですが、やろうと思ったことができるように、自分を変えられるなったのです。



タイトルにある4つの力とは、「しなやか力」「したたか力」「へんか力」「とんがり力」のこと。それぞれ勝間さんが実践されてきたことをもとに、どうすればやればできるようになるのかが記されています。

①しなやか力…まわりに貢献できるような自分の“長所の種”を見つける力

②したたか力…周囲との関りの中で、長所だけに集中する力

③へんか力…長所を周囲の環境変化や成長に応じて、変え続けていく力

④とんがり力…「あの人だったら何かをしてあげよう」と商品として認められる力

これが、4つの力の流れです。今まで読んできた自己啓発関連の書籍では、自分の長所を見つけるテーマで1冊、長所を育てるテーマで1冊、自分を変えるテーマで1冊とバラバラにそれぞれが存在していました。でも、どれも求める部分はとんがった自分であるはず。今までは全く別のものとして考えていたそれぞれの自己啓発書ですが、この本のおかげで流れをつかめたような気がします。

たしかに、いきなり変わるのは無理ですし、変わる方向性を持たないまま、目標が見えないままで前進することはできません。でも、何から初めてどの順序で手をつけるべきかがわからなかった。上の簡単な説明だけではちょっぴりわかりにくいのですが、読んでいくうちに、どうしてこの4つの力が「やればできる」を生み出すかが見えてきます。即効性という意味では個人差があると思いますが、たしかにこの順序で何かを始めてみて「できませんでした」っていうことは無い気がします。

この本の特徴は、たった一人で行う自己啓発ではなく、まわりの人と共に成長していくというところ。「なるほどなぁ」と思ったコメントがあったのですが、

コミュニケーションの基本は、何か困ったことがあったらなるべくコミュニケーションの絶対数を増やしていくことです。

の一言に、目が覚めた思いがしました。まわりの力とともに成長するには、仲間を増やさなくてはなりません。苦手でも仲間にするようにする。でも、単なるコミュニケーション不足で「嫌っ」と思っているかもしれないし、思われているだけかもしれない。試しに話しをしてみて、それでも「無理。生理的に、無理」と思うなら引けば良いこと。私は今まで思い込みで人と接しすぎていたかも、と反省しました。

またへんか力をつけるには、二番煎じを意識しなくてはならない、という点にも非常に納得です。二番煎じじゃなく、とんがらなくては。今の世の中、物も増え、情報も増えています。本物や一番に価値のある時代。とんがり力を持って、自分だけが提供できる何かが必要です。それには自分に向いた方向性を延ばすのが一番。私も適正を知るために、本書でも紹介されている『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』を購入しました。早速読んでみなくては。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・やっぱり勝間さんは、スゴい。こんなにも冷静に自分自身を分析している人はいないと思います。そしてそれを自分の書籍に盛り込んじゃう勇気もスゴい。

・今回もおまけとして、勝間さんの使っているグッズの紹介がでています。なんだか定番化してきましたね。で、これも何となく思うことですが、勝間さんだから使いこなせているのでは?というものもあるかもしれない。ITリテラシー、必要です。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・自分の適性を探す。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/21

Thu.

10:32:19

動物のお医者さん 

Category【マンガ

動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)
(1995/12)
佐々木 倫子

商品詳細を見る


里心と懐かしさで、つい購入してしまいました。

このマンガが『花とゆめ』に連載されていた頃、私はちょうど高校生で受験を目の前にしながらもマイケル三昧の日々を送っておりました。でも、このマンガを読むと、なんだかお勉強したくなったんですね。マンガを読み、「よしっ。今日も勉強するか!」と机に向かったものです。私はあまりマンガに詳しくはありませんが、専門分野をテーマとしたマンガがこの頃たくさん出ていますが、この頃出ていた学術用語が出てくるようなマンガは、この『動物のお医者さん』と『マスターキートン』くらいだったのではないでしょうか。大学で勉強するって楽しそう!と思えたのは、このマンガのおかげかもしれません。

タイトルからもわかるように、このマンガは獣医さんのお話です。正確に言うと、獣医さんを目指す大学生のお話。舞台は札幌のH大と一応伏字になってますが、札幌市内で獣医学部のある大学といえばやっぱり北大(北海道大学)。のちのち出てくる学部の地図や様子を見ていると、札幌市民なら「ああ、これは北大だわー」とすぐに分かる。私は2002年に札幌を出て生活しています。この本を読んでいると、懐かしい札幌の様子がどんどんと蘇ります。札幌ガイドとまでは行きませんが、札幌の良い部分が込められている。チャリで北12条あたりを走っていた頃を懐かしく思い出しました。

この本の北海道らしさと言えば、やっぱり動物です。北海道の人は、割と動物を愛している人が多いと思います。都会に比べ、自然の中の風景にふつーに動物がいるという環境で生活していますから、馬や牛がとても身近な存在です。きっと道産子(北海道人のこと)なら、絵や写真ではない、まさに「生きている」馬や牛に接していると思います。その「生きている」動物の息づかいが驚くことにスッポリとマンガの中に納められている。ある意味、とてもダイナミックなマンガですね。

余談ですが、ソウルは日本と違って、アパートでも動物を飼うことができます。ペット禁止のアパートはめったにありません。そしてペットを飼う人の殆どが小型犬を選びます。ネコを飼う人は本当に少ないようです。ところが、小型犬はキャンキャンと鳴くものです。そのうちに騒音のためや、世話ができないために捨ててしまう人が続出しています。動物を愛するということを知るためにも、このマンガを読んで欲しいです、切実に…。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・『動物のお医者さん』が大流行した頃、至るところでシベリアン・ハスキーを見かけたものです。豊平川沿いを歩いていると、本当に大きくてカッコいい犬が前から歩いてくる。飼い主さんが犬に散歩されているかのように、グイグイと力強く歩いているハスキーの姿。マンガではいとも簡単に散歩したりしてますが、実際に飼ってみるのは大変だったんじゃないかなぁ。チョビはグレーのハスキーですが、ライトブラウンのハスキーも美しいです。

・本当に不思議なのですが、この本を読んでいると札幌に帰ったような気分になります。札幌のにおい、空気、人のつながり、そんなものがうわ~っと蘇る。コミックでは10巻以上ありますが、文庫版は全8巻。読んでいるうちに、ホームシックもなんとなく治まります。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/20

Wed.

22:07:36

ちんぷんかん 

Category【日本文学

ちんぷんかん (新潮文庫)ちんぷんかん (新潮文庫)
(2009/11/28)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「火事だっ」
その叫びと半鐘の音が、突然、寝ていた若だんなの夢を蹴飛ばした。
「えっ……何?」
 夜中のこととて、部屋には有明行灯の明かりがあるばかりで薄暗い。じゃらじゃらと内側からうち鳴らされている半鐘の音は、夜と眠気を打ち払っていた。
「若だんなっ、起きて下さい」
 仁吉と佐助の声が、離れの廊下から近づいて来る。といかくどんな状況なのか、見極めなくてはならない。若だんなは布団から抜け出すと、縁側に出た。
 明け六つにはまだ間があるというのに、長崎屋の店表から声が聞こえてくる。大火となりそうな予感がして、若だんなは戸にかけた手を、微かにふるわせた。後ろで襖が開く。手代である兄や達が来たのだ。顔つきが強ばっていた。 



『しゃばけ』シリーズの第6弾目。

<参考>
第一弾 しゃばけ
第二弾 ぬしさまへ
第三弾 ねこのばば
第四弾 おまけのこ
第五弾 うそうそ

年に1度だされているこの『しゃばけ』シリーズ。ついに追いついてしまいました…。ああ、もっと読みたい!第五弾が長編シリーズとなっていたこともあり、今回の短編5つが納められている本書は軽快に読み進められます。今回も若だんなは病弱のまま。ところが第六弾に入り一層弱さに拍車がかかるという始末です。ついに賽の河原の見えるところまで行ってしまい、「若だんな、ついに!?」とハラハラしながら読み進められること間違いありません。

そしていつもの妖である手代の二人に加え、今回は家族が大活躍です。妖とのハーフである若だんなの母親おたえの恋物語や、腹違いの兄松之助の縁談話など、弱った若だんなが離れで休んでいる間を埋めるかのように、家族のエピソードが華を添えます。独特な家族の絆が見え隠れしているところに、江戸の人情を感じられる楽しさも見逃せません。

上の書き出しにもありますが、土蔵建ての長崎屋の家屋も、江戸の大火には勝てませんでした。焼け落ちてしまったお店は、また新たに立て直されることとなります。今回は若だんなの病気に加え、長崎屋の建て直しなど「ちょっとお休みです」といった雰囲気がありますが、面白さは相変わらず。早く続編が読みたいです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・今、ものすごく時代小説が読みたいです。何か面白いのないかな。探してみたいと思います。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/19

Tue.

19:34:45

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消! 

Category【美容・健康

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!
(2007/10/20)
松田 麻美子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 女性のみなさん、薬やホルモン剤に頼らずに、生理痛や月経前症候群(PMS)、更年期障害の不快さや苦痛から解放されてみたい、と思いませんか。
 子宮筋腫や卵巣嚢腫、乳ガンなどの不安や恐れなどのない安らかな人生を送りたいと思いませんか。
 あるいは、ニキビや肌荒れ、花粉症、便秘、痔、肩こり、頭痛、腰痛、関節の痛み、骨粗鬆症、低血圧、慢性疲労症候群などのトラブルに悩まされることがなかったらステキだと思いませんか。
 程度の差こそあれ、女性の八〇~九〇%はこれらのトラブルに悩まされています。そしてたいていの女性は、こうした不快な症状から逃れることができない、とあきらめてしまっています。




今、女性のガンを予防するキャンペーンを良く見かけます。私の周りにも定期的に婦人科での検診を受けている人も多く、女性特有の病気がいかに深刻であるかがわかります。この本では、一般的な薬による治療ではなく、食事に工夫を加えて体自体を健康にしていこうというナチュラル・ハイジーンを教えるものです。

まず、ナチュラル・ハイジーンとは、1830年代、薬や手術を主流とする西洋医学に対し疑問を抱くアメリカの医師らによって、学問的にしっかり体系づけられた健康理論であり科学の一分野で、「健康のために必要な条件を体に与え、体を傷つけるようなものを体に与えないことによって、体の内外環境を清潔に保つ」という原則のもとに健康な体作りを行います。もっと簡単に説明すると、体に悪い食べ物を取り入れないことで、健康体を作る。

食べてはいけないものは、肉類・魚類・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)、卵、カフェイン、砂糖、精製された白いもので、それ以外のものはいくら食べても大丈夫。

やり方です。

①果物を、朝、好きなだけ食べる。(ただし、果物は胃がからっぽの時!)

②昼食と夕食は「低脂肪・植物性食品のホールフード(未精製・未加工)」の食事にする。

③動物性食品(肉・魚・卵・乳製品)は原則として食べないか、極力減らす。

④できるだけローフード・ライフ(生のままの食生活)をめざす

⑤間食や過食はしない


以前にご紹介した『スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット』に「肉は腐りかかった動物の死骸」という表現があり、読んだ途端に「もういらない!」と思いました。また、食肉動物が決してよい環境で育てられておらず、人体に影響のある農薬が使用されていることを知り、ますます食べたいとは思えなくなりました。ナチュラル・ハイジーンの考えでは、オーガニックという観点からではなく、人体は本来、肉を消化できるようなつくりになっておらず、消化にも非常な負担が掛かっていることを説明しています。『スキニー・ビッチ』の恐ろしさとは違い、こちらは医学的背景から非常に納得できる説明がなされています。

また乳製品についても、牛のお乳がどれだけホルモンを含み、どれだけ人体に影響を与えるかは一読の価値があると思います。たしかにどんな動物でも、お乳は赤ちゃんを育てるために必要なものです。大きな体を作るためのミルクを、人間が、しかも別の動物のミルクを飲むのは変なことなんですよね。

私も出来る範囲で試してみようと思い、まずは朝はフルーツ食を取るようにしました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・病気の怖さだけに目が行っていましたが、治療が可能であるということに驚きました。サラサラの血液が病気を呼ばないということは知っていますが、どうしてもとはサラサラだった血がドロドロになってしまうのかは知られていません。おいしいものを諦めるのは辛いですが、頻繁に取るべきものではないことを知れただけでもラッキーです。

・アルコールもタバコも嗜まない私ですが、カフェインと牛乳はすでに中毒の域に入っています。毎日のコーヒー・紅茶、減らさなくてはなりません。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・チーズ、砂糖をやめる。
・カフェインは1日2杯まで。後にやめる方向で。
・肉・魚は基本的に食べない。
・果物をたくさん食べる。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/18

Mon.

09:16:22

負け犬の遠吠え 

Category【社会

『ぼくらの頭脳の鍛え方』で紹介されていた本。

負け犬の遠吠え (講談社文庫)負け犬の遠吠え (講談社文庫)
(2006/10/14)
酒井 順子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

本書を読まれる前に

 ・負け犬とは……
 狭義には、未婚、子ナシ、三十代以上の女性のことを示します。この中で最も重要視されるのは「現在、結婚していない」という条件ですので、離婚して今は独身という人も、もちろん負け犬。二十代だけどバリバリ負け犬体質とか、結婚経験の無いシングルマザーといった立場の女性も、広義では負け犬に入ります。つまりまぁ、いわゆる普通の家庭というものを築いていない人を、負け犬と呼ぶわけです。
 結婚していない=負け犬、とすると、
「でも○○さんみたいに、美人で仕事もバリバリやってる人は、結婚していなくても負け犬ではないのでは?」
 と、南アフリカにおける名誉白人のような例外を作り出そうとする人がいるものです。が、どれほど仕事が有能であろうと美人であろうとモテていようと、負け犬条件にあてはまる女は全て負け犬である、というのが本書のスタンス。



もう7年前の作品になるんですね。講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞した酒井順子さんの大ベストセラー。「負け犬」という言葉が流行になった2003年頃、すでにソウルで生活していた私には、「負け犬」の定義がよくわからずに居ました。何をもって「負け」なのか。しかも勝つ側ではなく、あえて負け側の意見(それも遠吠えですよ)を語るのか。でも、その後雑誌やテレビでも「負け犬」という言葉が使われるようになり、「未婚の女性である」という大体の定義がわかるようになりました。

私が読んだ文庫本版には、メスの負け犬2名(酒井さんと編集者)+オスの負け犬4名の対談が載せられている他、林真理子さんのあとがきもついています。林さんのエッセイを読み、当時人気となった背景がよくわかった気がします。そもそも随分時間が経ってから読んでみようと思ったのは、『ぼくらの頭脳の鍛え方』で佐藤優氏が推薦していたから。なんとなく知っているよりも、一度は読むべきエッセイだと思います。

上の書き出し部にある「負け犬」の条件によりますと「未婚」が絶対条件のようですが、読んでいるうちに「ああ、私も負け犬だわ」という自覚が芽生えました。今の私はこの本を書かれた頃の酒井さんの年齢に近く、既婚ではありますが子供がありません。少子化の問題が挙げられるにつれて、どんどんと負け犬であるという自覚が芽生えてくる。結局女性が担う社会的割合の中で、どうしたって男性にとって変われないのは子供を生む、次世代を生むということ。なのに条件的には勝ち犬である私は子どもを産んでいません。しかも、病院に行って治療を受けるなどの処置もとっていないですし、「何としてでも産まねばならぬ!」という強い意志もないのです。エッセイを読んでいるうちに、いいんだろうか、これで…としばし考えてしまいました。

ところで、韓国では未婚で仕事を持つ女性を「ゴールド・ミス」と呼びます。オールド・ミスから派生した語ですが、お金があるから安易にゴールド(金)というお気軽さ。これは「負け犬」に比べて随分やさしい言葉のような気がします。この本では30代後半あたりから「負け犬」としても意識が強くなるようですが、韓国の場合は20代後半、30になったからゴールド・ミスと呼ばれるようになるようです。韓国のメス負け犬の場合、やはり経済的に安定していな社会の様子が結婚を推し進めない理由になっているのもありますが、2000年を過ぎたあたりから女性の社会進出が目立つようになり、企業で働く女性たちが今、ようやく役職を持つようになりました。2000年に就職した女性が、今ちょうど30代前半です。仕事も面白いでしょうし、責任も重くなる。そして韓国の場合、男子には兵役義務がありますので、大卒で社会に出る年齢が早くても26歳過ぎです。同世代の男性は社歴も短く、どうしたって仕事が出来る男には見えないはず。これも社内恋愛のネックになっているとか。

あとどうしてもはずせないのが、カップルは年上男子&年下女子べきであるという風潮です。韓国には女性が歳上というカップルは多くありません。これは儒教文化にも関連するのですが、韓国語は年齢に従って、相手への呼称が変わります。なぜなら年長者に力があるから。男性は女性から「お兄ちゃん」と呼ばれるのを好み、女性は男性から「お姉ちゃん」と呼ばれるのを好みません。カップル間では、名前で呼ぶより、この「お兄ちゃん(オッパ)」で呼ぶのが通常で、そこに女性の愛嬌があります。ですので、男性に「お姉ちゃん(ヌナ)」と呼ばせるのはちょっと…。男性の権威が示し難くなるんでしょうね。あと、長男世襲が強いので、人口の男女比がすこーし狂ってきているとか。男性が多いのですが、女子は農村や地方へ嫁ぐのを嫌がります。よって初婚ではない男性でも、良い職業・良い家系に育った方は再婚、最再婚なんかも多いとか。でも、韓国は世界ワースト2の少子化国家です。でもって、離婚率もアメリカに継ぐ世界2位。日本とは随分環境が異なりますね。

7年経った今、日本の状況は変わっているのでしょうか。この本、続編があるようです。

儒教と負け犬儒教と負け犬
(2009/07/01)
酒井 順子

商品詳細を見る


おお、儒教だよ。これ、読みたいなぁ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・外から日本の様子を見ていると、男性の元気がないように見えるんですね。ちょっと前まで「草食男子」なんていう言葉も出てきてました。最近では「婚活」なんて言葉も普通に使われるようになっているようで、「おいおい。日本の若者よ!どうなってるの?」と尋ねたく。ソウルに旅行にいらっしゃる方を見ていても、男女のカップルより女子同士・男子同士っていうのが多いみたい。(ま、ここはカップルで来るようなロマンチックな土地じゃないですけど)

・今まで目を瞑るようにしていた「子供を産んでいない女性は婦人科の病気にかかりやすい」という言葉。この本を読み、またドスンと重みを感じています。やっぱり考えなくちゃ。

・もし「結婚なんてよいとこないよ!」という理由で負け犬を続けている人がいたら…ですが、個人的には結婚は良いものだと思いますよ、私は。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/15

Fri.

10:59:39

家出のすすめ 

Category【日本文学

家出のすすめ (角川文庫)家出のすすめ (角川文庫)
(2005/01)
寺山 修司

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

Beat,Beat,Beat!

 他人の母親を盗みなさい。
 これがわたしの最初の提言です。巷間にむかしから「一盗二婢三妾四妻」という俗説があって、これは普通は情事のためにのみ用いられてきました。つまり、情事をしていていちばん愉しいのは「盗」の愛。すなわち他人の女を盗んでする情事だ、というわけです。姦通などがこれにあてはまるわけですが、他人の女がいちばんよく見えるということには所有しないで享楽するという恋の本質的な一面がうかがわれるようにもおもえるのです。
 同じように、二番目に愉しいのは「婢」、すなわち自分の女中、自分の使用人との情事です。



こんな書き出し文を引用しておいて何ですが、もっと若い時に何度も読み返しておけばよかったなぁと心底思いました。昔読んではいるのですが、その時はその時で他に読みたい本もあって、再読には至らなかったと記憶しています。ああ、惜しいことをした。そうしたら、もっと楽な10代を送れたのに…。

この本は4章からなっています。

第一章 家出のすすめ
第二章 悪徳のすすめ
第三章 反俗のすすめ
第四章 自立のすすめ

10代や20代前半を振り返る年齢になった今ですら、当時の自分の気持ちが解せなかったり、自分がとった行動なのに未だ納得できないことがあります。その頃の自分に戻った気持ちで読んでみると、少しだけそんな理不尽な自分の若い頃が理解できたような気がします。鬱憤って、自分でもその出所がわからなかったりするものです。若いからこそ、衝動的なものもある。

この本についてはもう語りつくされた感がありますが、私の感じたことを少し残しておきます。

誰もが夢を描いて大きくなります。その夢を実現するには、初めの一歩が大切です。でもそれが大層難しい。なんでも最初は難しいですが、とにかくスタートすること自体がとんでもなく勇気が入ります。「どうしてそれができないんだろう」と考える時、私はいつも親との関係を思い出してしまいます。

親との関係は、その人の将来へ大きな影響を与えています。親はわが子への愛ゆえに、子へ夢を託します。でも親の敷いたレールにいつまでも乗り続けていると、子供は必ず窮屈になってくる。強い子ならそこから自ら脱せるかもしれません。でもどうしても親に逆らえない環境にあり、親から離れることすら出来ない子は鬱憤をつのらせるだけ。新しいことにチャレンジしたくても、「それはまだ早い」「危ないから、やめなさい」「そんなことは将来なんの訳にもたたない」などど一層される。気がつくと、自分はいつも安全で目立たない道ばかりを歩いていました。

この本の4つの章を読み進めていくと、そんな親と子の関係における矛盾が見えてきます。獅子はわが子を谷底へ落とすそうですね。かわいい子には旅をさせるそうですね。私は谷底へも落とされず、旅もさせてもらえず、厳しい監視のもとで育ちましたが、その結果、新しい事を始める時にはつねに失敗を恐れるようになりました。例え親に反発して始めても、「お前は必ず後悔する」と言った親の声がつねに頭の中でこだまし、結局自ら失敗を引き寄せてしまいました。そんな呪縛から逃げ出せたのは、大人になってからのことです。やっと自分の足で世間を歩けるようになってからのこと。

「家出のすすめ」では、そんな親の呪縛から逃れて、自分の道を歩いてみなさいというメッセージが込められています。また、最後の「自立のすすめ」では、感性を育てつつ自分の足で歩いて行く力を与えてくれます。つい善悪や損得の判断で進路を決めてしまうときがありますが、その判断が本当に正しいかどうか迷ってしまう時、「悪徳のすすめ」と「反俗のすすめ」が参考になるでしょう。そして最後には親への感謝の気持ちも湧いてくるはず。

ああ、やっぱりもっと若い時に何度も読めばよかった…。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・書き出し部分に関連して。どうでも良いお話ですが、韓国には今でも姦通罪が存在しています。去年は姦通罪で離婚した芸能人夫婦もありまして、「ああ。姦通罪って怖いのね」と思った次第です。ついでに韓国の法廷に持ち込まれる事件の半分くらいが性関連だそうですよ。韓国の方と不倫関係にある方、バレたら姦通罪で訴えられてとんでもない事になりますからご注意を!!!

・今でも時々冒険したくなります。そして冒険しておけばよかった、と後悔します。うーん。やっぱり若い頃に読むべきだわ、この本は!



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/14

Thu.

09:14:47

うそうそ 

Category【日本文学

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
(2008/11/27)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 ある日、若だんなは見舞いを受けた。
 日頃、寝付いてばかりの若だんなだ。だから慰めようと、寝間に来て下さるお人は多い。だがその御仁は、今までお会いしたことのない、少々変わったお方であった。
 曰く、土地神であられるという。
 山神と言われるのだという。
 日ノ本には、八百万ほどの神々がおられるそうだから、もしかしたら、そう珍かなお立場では無いのやもしれない。しかし、若だんなはこれまで、『神』と名のられる方と、向き合って話をしたことは無かった。
 皮衣殿より、また孫君が寝込まれたとお聞きしてな。
 山神はそうおっしゃり、小さな金平糖のような菓子を、慰めにと下さった。ではと茶を出し、温かい縁側に二人で座った。



『しゃばけ』シリーズの第5弾目。

<参考>
第一弾 しゃばけ
第二弾 ぬしさまへ
第三弾 ねこのばば
第四弾 おまけのこ

今回は長編です!「待ってました」と読み始めたのですが、最後までハラハラしながら一息に完読。もちろん今回も若だんなは病気の人。二人の手代は健在です。

ところで、タイトルの『うそうそ』ですが、裏表紙にこんな説明がついています。

うそうそ  たずねまわるさま。きょろきょろ。うろうろ。
            「江戸語辞典」(東京堂出版)より



最初、「嘘(うそ)」のことを言っていると思ったのですが、きょろきょろたずねまわる様子のことなんですね。ねまわるとあるだけ、今回若だんなは江戸を脱出します。何と箱根へ向かうのです。同行メンバーは二人の手代と兄の松之助の4名。でもやっぱりそこは若だんなの旅です。トラブルはつき物なんですねぇ。

シリーズ待望の長編とあって、力もひねりも入った大作です。いつもは華やかな江戸の町人文化を楽しめますが、今回は箱根の大自然が感じられることの他、天狗などのいつもとは違った妖も登場します。やっぱりこのシリーズ、楽しいわ!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・いままでの短編が数本収められているスタイルも面白かったですが、こちらはまるで一本の映画を観たような爽快感のある作品でした。スペクタクルSFファンタジーです。

・江戸時代、旅をするってお金が掛かった事と思うのですが、やっぱり長崎屋はどんなことがあっても身代倒れないだけの余裕があるようです。それにしても、日本人って昔から旅好きなんですね。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/13

Wed.

08:13:30

オリガ・モリソヴナの反語法 

Category【日本文学

オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)
(2005/10/20)
米原 万里

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「ああ神さま!これぞ神さまが与えて下さった天分でなくてなんだろう。長生きはしてみるもんだ。こんな才能はじめてお目にかかるよ!あたしゃ嬉しくて嬉しくて嬉しくて狂い死にしそうだね!」
 オリガ・モリソヴナはチャルダシュを弾いていた指先の動きを止めると、両手を頭上に掲げて天を仰いだ。次にその手で頭を抱え、もうこれ以上こらえ切れないといったふうにこれ見よがし身をよじって立ち上がるのだった。
「そこの驚くべき天才少年のことだよ!まだその信じ難い才能にお気づきでないご様子だね。何をボーッと突っ立ってるんだい!えっ!?」
 吠えるように濁声を張り上げながらグランドピアノを離れ、ツカツカと講堂の舞台を横切って踊りの輪の中に割り込んでくる。文法の授業で反語法のことを習うよりはるか前から、子供たちはみな、先生が「天才」と言うのは「うすのろ」の意味なのだと知っていた。



『ぼくらの頭脳の鍛え方』の中で、佐藤優さんがご紹介していたことから手にとって見ました。以前に米原さんの書籍を購入しようと検索していた時、実は密林にあった『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』に似ている言う書評を読んだんですね。丁度その本を読んだばかりだった私は「だったら今度日本に帰った時に購入しよう」と購入を伸ばし伸ばしにしていました。それが間違いのもと。革命期のロシアとプラハを舞台にした長編小説は、居てもたってもいられないほど小説の世界に読者を駆り立てていきます。

著者が過去の友人を尋ねていくという過程だけをクローズアップすれば、『アーニャ~』と『オリガ・モリソヴナ』は似ているのかもしれません。しかし、前者はエッセイで、現在を生きている人を対象にしているのに対し、後者は小説という架空の世界の中で、過去の記憶を確認すべく彼の地を尋ねるという過程は全く別のものです。また、プラハ・ソビエト学校という実際に著者が通った学校が出てくるところも、エッセイとオーバーラップするのでしょう。オリガ・モリソヴナという人物は実在したそうですが、なかなか資料が見つからなかったそうで、物語はフィクションだという断りがあります。

ロシアは北海道のお隣の国で、実はとってもとっても近くにあるのですが、その広大な台地がヨーロッパにも隣接していることから、なんとなく遠い国というイメージがあります。また冷戦時代の閉ざされた国という印象もまだまだ強固に私たちの頭にこびりついていて、なんだか遠くにあるとてつもなく寒い国以上の情報がなかなか知識に届かない。ところ、実際にソビエト文化の中で暮らしていた米原さんの文章を読むと、実は日本以上に自由があったという事に気づかされます。この小説の中でも、プラハ・ソビエト学校で数年を過ごした弘世志摩(愛称シーマチカ)の目を通して、ロシア文化の豊かさが描かれています。

志摩が学んだ学校の有名教師、オリガ・モリソヴナ。年齢からまで、何もかもが謎の存在でした。でも、志摩がダンスを志す原因となったのは、確実にオリガ・モリソヴナの存在があってのこと。今はダンスを諦めてしまった志摩ですが、ふとオリガ・モリソヴナの存在を思い出し、彼女はいったいどういう人物だったのかを調べようとモスクワへ飛ぶのです。ペレストロイカ以降どんどんと情報が公開されるようになり、志摩はゆっくりとその昔へ繋がる糸へと導かれて行きます。話は志摩の想像以上の展開を示し、それと同時にロシアの歴史の厳しさに触れることになるのです。

500ページにも及ぶ大作ですが、もう先が気になって気になって、つい読書に戻ってきてしまうような作品でした。プラハで過ごした子供時代の思い出と、モスクワを旅する志摩のいる現在と、オリガ・モリソヴナの生きた革命期。3世代を行き来することで、歴史の重さや暗さが必要以上にクローズアップされず、返って新鮮な気分転換になりました。歴史小説というよりは、推理小説のような謎解きがいつも用意されているので、どうしても先が気になってしまいます。

米原さんの作品の中で唯一の長編小説である本書を読むと、閉ざされていたロシアの別の一面が見えてきます。これは佐藤優さんの仰るとおり、まさに教養を深める一冊です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・NHKの歴史ドキュメンタリーを見たような気分になりました。どうしてもロシアがテーマの本って「重そう」という印象を拭いきれませんでしたが、この本を読んで「重い」ではなくて「濃厚」という印象に変わった気がします。

・それにしてもロシアって不思議な魅力に溢れた国ですね。芸術を愛でる目や力には圧倒されます。中でも芸術のあり方の例として挙げられているのがバレエ。藻刈富代の名で風刺されていますが、かなり辛らつです。さすが米原さん!


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/12

Tue.

09:50:05

スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット 

Category【美容・健康

スキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエットスキニービッチ 世界最新最強!オーガニックダイエット
(2008/07/15)
ロリー・フリードマンキム・バーノウィン

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 もしかしてヤセたいのにヤセられなくて、イライラしてる?よかった!自己嫌悪にあと一日も耐えられないなら、あなたはヤセる準備ができてるってこと。ヤセるのに生理学の学位なんていらないわ。ひもじい思いをする必要もないし、ジムで一日中、汗を流す必要もない。
 ただお利口になって、頭を使えばいいだけ。ほんとよ。簡単なこと。
 私たち、流行のダイエット法や、雑誌の記事や広告に洗脳されすぎて、自分で考えることを忘れちゃってただけよ。だから買い物するとき賢く選べるように、この本で食べ物についての真実を教えてあげる。この知識さえあれば、あなたも「スリムないい女」の仲間入り。



海外での生活が始まり、どうも体調が思わしくない。そこで『病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める』や、『フィット・フォー・ライフ』を読み、目からウロコがボロボロと落ちました。体がおかしくなったのは食生活のせいだと思ってはおりましたが、パワーの源のようなお肉料理や、カルシウムの素と言われてきた牛乳が実は体をなまらせているというのです。この本を読んだ後、私は毎日必ず果物を取るようにしています。

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
(2005/07/08)
新谷 弘実

商品詳細を見る


フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!
(2006/04/08)
ハーヴィー・ダイアモンドマリリン・ダイアモンド

商品詳細を見る


ところが年末に風邪を引き、体力をつけるためにと毎日暴食していたところ、一気に体重が急増!そうじゃなくてもソウルに来てから10kg太ってしまった私、この増量で人生最大体重になってしまったのです。こりゃ、マズい。そこで上の本のほかにも、勝間さんがおススメされていたこの本を読んでみようと購入しました。

事前の情報では、おねえさん口調で叱咤されているうちに、どんどんとオーガニックダイエットの道に傾倒していくとのことだったんですが、『聖☆おにいさん』風な口調を想像していた私。「あれ?」と表紙抜けしました。どちらかというと、ドラマの吹き替えのような口調とでもいいますか、絶対に普通は使わない日本語だけど、でも女言葉だとわかる程度の喋りっぷりでずーっと続きます。どちらかというとその叱咤にあおられる感はありませんでしたが、内容は充分にインパクトがありました。むしろ、普通の口調で語ってくれたほうが良いのでは?と思ったり。

実は、この本を購入した一番の理由は、レシピでした。日本でも続けられそうなメニューが豊富との前触れでしたが、これ、レシピじゃないんですね。メニュー一覧なんですね。ガッカリ。

韓国ではアメリカの牛肉を輸入するにあたり大きなデモがあったのですが、今では普通に星条旗のシールが貼られた牛肉が出回っています。この本を読、狂牛病だけではなく、肉の怖さがひしひしと伝わってきます。思えば私、北海道ののほほ~んとした大地で育ったので、放し飼いではない動物の悲惨な環境など想像すらしたことがありません。まったく知らずに肉を口にしてました。アメリカの牛・鶏・豚たちの環境についてはぜひ本書を読んで頂きたいのですが、同じことが人間で行われているとしたら、それは牢獄以外に有り得ない。動物達に与えられている餌は、人間の体にプラスとなるものではありませんし、恐らくそれらの毒を私たちは食肉を通して体に取り入れています。それって、本当に怖いことです。野菜に付着した農薬同様、食肉にも汚染の可能性があることを改めて思い知らされた、そんな印象が残りました。

今、連続して『女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!』を読もうと思っています。

女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!女性のためのナチュラル・ハイジーン―生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消!
(2007/10/20)
松田 麻美子

商品詳細を見る


前々から購入していたのですが、どうもダイエットから遠ざかろうとしていた自分が…。

ダイエットのみならず、真剣に健康について考える2010年にしたいと思っています。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・国が豊かになるにつれ、私たちは体に悪いものを体に取り込んでいたのかもしれません。思えば昭和の頃、どう見ても体に悪そうな色のジュースとか飲んでいたもの。化学調味料もガンガンつかっていたもの。インスタント食品だって好んで食べたてたもんなぁ。もう毒に浸った体です。リセットする時が来たのでしょうね。

・この本のスゴいところは、どうして肉食が体に悪いのか、どうして牛乳を飲むべきではないのかがわかります。それは上でご紹介している本にも書かれていることではあるのですが、ビッチな語りっぷりには迫力があるのかもしれませんね。途中でどんどん肉を食べたい気持ちが頭から剥がれ落ちること間違いなしです。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・一気にビーガンになるのは辛いので、以下徹底する。

   砂糖を取らない(お菓子、やめます)
   チーズ、ヨーグルトを食べない
   お付き合い以外で、肉・魚は食べない



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/11

Mon.

09:12:34

おまけのこ 

Category【日本文学

おまけのこ (新潮文庫)おまけのこ (新潮文庫)
(2007/11)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 狐者異は妖としてこの世に現れ、その名を頂いたときから、他の者とは違っていた。
 人と違い、様々な形を取るのが妖であったから、それは見目形の多少の差という問題ではなかった。
 妖であるから、狐者異は平素、人とはまじわらない。だが己と同じ妖にも受け入れられない。狐者異は狐者異として生まれた初めから、その存在そのものが、他の者からはじき出されていたのだ。
 江戸は八丁堀の、小さな寺に行き着いたときも、ただしばらく、その場所で過ごしたいと思っただけだ。しかし寺には先客がいた。この時も礼によって、狐者異は歓迎されなかった。



『しゃばけ』シリーズの第4弾。今回は5つの短編が収められています。

<参考>
第一弾 しゃばけ
第二弾 ぬしさまへ
第三弾 ねこのばば

若だんなは今回も病弱で、二人の手代に助けられながら、長崎屋の奥で寝たり起きたりの日々を送っています。今回書き出してご紹介した作品に出てくる狐者異(こわい)のお話は人間世界への風刺のようでもあり、ちぃっぴり同情してしまいたくなるお話です。(でもその同情がダメなんですよ)

第四弾では、なんと鳴家(やなり)が大活躍!それも江戸を旅するほどの活躍っぷりです。また手代が長崎屋に来る前、若だんなが小さい頃のお話もあります。小さい頃から妖が見えて怖くなかったなんて、なんて大人っぽい落ち着いた子どもでしょう!5作全て、楽しさの余りあっと言う間に読めてしまいます。おススメ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・昔の人のお化粧の話が出てきます。すごく興味深かったです。白粉って紙に包まれていたんですね。包み紙には綺麗な絵が描かれていて、それを大切にしていたそうです。

・いつ読んでも江戸文化の華やかさには圧倒されます。今回の作品がそういった意味では一番華やかだったかも。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/08

Fri.

14:34:49

パリの迷い方 

Category【マンガ

パリの迷い方パリの迷い方
(2008/03/19)
じゃん・ぽ~る西

商品詳細を見る


フランスでは、1月にガレット・デ・ロワというパイのお菓子を食べるんだそうです。大きなまあるいパイ菓子で、それを家族で切り分けて頂くのですが、中にちいさなおもちゃが入っていてそれを食べた人は1年を幸福に過ごせるんだとか。

今日ご紹介する本とは全く関係のないお話からスタートしましたが、フランスつながりということで許して下さい。昨日はじめてガレット・デ・ロワの存在を知り、今、ものすごく食べてみたい気分になっていたので書いてみました。さて、タイトルからも分かるように、パリのお話がテーマとなっているマンガです。著者のじゃん・ぽ~る西さんご自身のパリ留学記が題材となっています。

漫画家の西さん、フランスのマンガに憧れて一路パリを目指します。フランス語もフランス文化も専門ではない方ですので、一つ一つ取り上げられているテーマが生活に即していてとても面白い。きっと専門家だったらとりあげないだろうなーと思うような内容が盛りだくさんです。

思えば男性の描いた旅行記・旅行マンガを読むのは始めてかも。そうかー、男の人はこういう視点で見てるんだーととても笑えました。例えばBISOU(ビズ)。欧米の人は挨拶がわりに頬にキスをしますよね?日本だと礼や握手ですが、フランスではもちろんキス。日本だとキスまでの道のりは結構難関、棘の道ですが、フランスだと会って即効キスができるわけです。なんてすばらしい習慣だろう!と喜

カフェでも店のねーちゃんとビズってる地元のオヤジを見かけます

日本だったらどんなに安くても5千円はかかるとか思っちゃいます
(いい老後だね・・・!)


とつぶやく姿が最高です。

あとは宿探しのお話、フランス学校のお話、バイト(日本食材屋さん)先でのお話、パリ観光のお話が森込められているのですが、絵もかわいいのにフランスのオシャレが伝わる感じで何度読んでも楽しめます。

続編、出して欲しいなぁ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・この本を読むと、なんの予定も組まずに2週間くらいパリに行きたくなります。私は2度しか行ったことがない上に、2度とも短期滞在でした。今度行く時は、スーパーめぐりもしたい、フランス語学校にも行って見たい、観光地を一人でゆっくりめぐりたい、など一人パリ旅を妄想してにんまりしてます。

・しかし、ベストシーズンはいつなんでしょうね。著者の話では冬は結構寒そうですけど、それでもソウルよりは温かいんだろうなー。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/07

Thu.

23:07:35

結局、女はキレイが勝ち 

Category【美容・健康

結局、女はキレイが勝ち結局、女はキレイが勝ち
(2009/12/17)
勝間 和代

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 まず最初に、本書のタイトルにある「キレイ」の定義からお話しておきましょう。
 ここで言う「キレイ」の定義は、外見だけでなく、内面もキレイであることを指します。
 さらに言うと、外見の「キレイ」な人というのは、顔立ちとかではなく、お化粧やヘアスタイルやファッションにちょっと気を使い、笑顔を忘れない人のことです。
 だから生まれつきの顔立ちが美人かどうかなんてことはまったく関係ありません。それよりも日頃からキレイであることを大切にしているかのほうが重要なのです。



カテゴリー、すごく迷って「美容・健康」に入れました。
でも内容は「美容」とはちょっと違うかな?

私が勝間さんのブログを読み始めた頃、そこにはとても知的なご自身の顔写真がありました。残念ながら勝間さんの出ておられるテレビ番組は韓国では受信が難しく、ずっと書籍の帯のお写真やブログにupされる写真ぐらいしか拝見することがでずにいたんですね。

去年あたりでしょうか勝間さんがビジネス系のみならず、ファッション誌に登場するようになってから「うわー。勝間さん、明るくなったなぁ。」と思うようになりました。人の視線は最大の美容液とも言いますから、テレビに出られるようになり、どんどんと変わってきたのかと思っていたのです。そのうちヘアスタイルやメークも代わり、「勝間さん、綺麗になったわー」と本当にビックリしていました。

どうやらダイエットをなさった上に専属のスタイリストさんをお付けになったことも変わられた理由のようです。とにかく私はここ1年の間ですっかり変わられた勝間さんが、どんな風に変身を遂げたのかを知りたかった。それがこの本を購入した理由です。でも、内容を読んでいくと、そういった外面に変化を与えるようなポイントよりも、内面を磨くお話に比重がある。今までの書籍からポイントをぐっと圧縮して、分かり易い文章に置き換えたような内容とでもいいますか、女性の自立が真のテーマにあったように思います。

欲張りに生きるためのスキルとして63の項目が挙げられていますが、ファッションやメークなどの外見に関するポイントは数点。美がテーマだと思っていた私は、ちょっと拍子抜けしてしまいました。でも、最近の日本の「カワイイ」を追求するよりも、エレガントで素敵な女性に憧れる私としては、内面を鍛えるという意味では共感できる部分も多かったです。それだけに書き出し部分で綺麗をキレイとカタカナ書きなさったのが残念だったりもするのですが。

女性の美という意味では、私はスーパーモデルの川原亜矢子さんの『シンプル・ビューティ』や、山咲千里さんの『美肌』や、ミス・ユニバース日本代表を育てるイネスさんの『世界一の美女の創りかた』の書籍をおススメしたいと思います。勝間さんの本とは違い、経済や仕事力の話は出てきませんが、肌作り、ファッションの他、意志の強さや、智恵や、女性らしさという意味では上の3冊の方に軍配があがるのではないでしょうか。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・もっと具体的にご自身の努力の様子を語られた方が女性読者に訴える部分が多かったのでは?表紙の写真もそうですが、どちらかというとご自身の努力よりも、プロの手を借りた印象が余計に強まった気がします。

・女性は綺麗な方が得というのは、あらゆる女性が体感して知っている事。だったらば、勝間さんがどのように綺麗になったのか(例えばメークはこんな小技を使ってるとか、洋服は何色の方が見栄えがするとか)を語って欲しかったかも。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/06

Wed.

15:21:43

つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか? 

Category【IT

つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?つながる力 ツイッターは「つながり」の何を変えるのか?
(2009/12/20)
勝間 和代広瀬 香美

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

ツイッターは「つながる力」を加速する最新のテクノロジー

 いまインターネットの世界では、ツイッター(英語表記ではtwitterですが、以下カタカナの表記で統一します)という新しいサービスが大きな注目を集めています。

 ツイッターはブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のように、自分を表現し、世界中の人と「つながる」ことを目的としたソーシャルメディアのひとつであり、140文字以内のつぶやき(ツイート)をユーザー同士が送受信し合うサービスです。2006年にアメリカでスタートし、日本語版は2008年4月に始まったばかりのサービスですが、驚くほどのスピードでユーザー数が増加しています。繰り返しになりますが、このツイッターの最も大きな特徴は、140文字以内のつぶやきだけで、みんながつながっているということです。



私がツイッターを始めた理由は、勝間さんがツイッターを推奨しておられたこともありますが、フェイスブックで「MJの家族がツイッターでつぶやいている!」と聞いたからです。マイケルの3番目のお兄さん(ジャーメインね)以外はあまりマスコミで語りたがらないのですが、そんな寡黙な彼らがつぶやいてる!これはとても貴重で新鮮なことでした。それ以来、毎日ツイッターをチェックしています。

登録してすぐ、ヘルプを開かずも使い方は想像できたのですが、RTとか#(ハッシュタグ)とかがよくわからない。そこでヘルプデスクの使い方の案内を読み始めたのですが、なんだか途中で面倒になってしまいました。それでも「まあ、いいか」と理解せぬまま使い続けていましたが、最近ジャクソン・ファミリーが大量につぶやいてくれるようになったので、もう少し勉強しようとこの本を購入です。

私が始めて読んだツイッターの本はジョエル・コム著の『「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power』で、この本は具体的な使い方やルールではなく、ツイッターが出来るまでやどんなことが出来るかといった中級以上向けの本でした。#の謎も解けずで、もう一冊読んでみたいと思っていた時に丁度発売になったのが『つながる力』で、内容も初心者向けのわかりやすいものでした。

著者は勝間さんと広瀬香美さんの共著で、最後にはお二人へのインタビューも掲載されています。またツイッターの公式画面だけではなく、便利なサービスの紹介もあります。また勝間さんらしいなぁと思うようなツール一覧も見所です。広瀬さんがまったくの初心者で、パソコンにも詳しくなかったという経緯から、登録の仕方や画面の見方まで丁寧に写真入りで紹介されていますので、「ツイッター、敷居が高い」と言う方でも簡単に作業ができると思います。

今まで謎だったことが一気に解決し、今は気分爽快!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・私はHootSuiteを使ってまして、自動的にRTでつぶやくことができるようになっています。ところで、RTとQTって同じ機能なんでしょうか?

・ほかにもいろいろなサービスがあるんですね。日本語のツイッター、どんどん進展していて驚きます。韓国ではどうなんでしょう。あまり使っている人、見かけないなぁ。

・それにしても、このお気軽さは楽しいです。携帯でも出来たら、もっと楽しいだろうなぁ。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/05

Tue.

23:06:51

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話 

Category【ビジネス・経済

ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
(2009/11/25)
マネー・ヘッタ・チャン

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 むかしあって、これからもおこるおはなし。
 バブルが弾けて、どん底に落ちた経済がようやっと回復してきたところに、フエーテルという若者がおりました。

 フエーテルはお金が大好きで、いつもお金をふやすにはどうしたらよいかを考えて悩んでいる、でも引きこもりの若者でした。
 ふだんは、家にこもりながら「どうしたらお金がふやせるのか」と、誇大妄想してハイになったかと思えば、「やっぱりできない」とウツになったりと、いそがしく悩んでいるフエーテルでしたが、今日はいつもと違ってあまり悩んでいません。
 それどころか、すっきりした顔をしています。



日本ではグリム童話は明るい子どものお話のような印象がありますが、『本当は恐ろしいグリム童話』などによりますと、日本のハッピーエンド型のグリム童話は、どうやらドイツで伝承されているものとは若干異なるらしく、実はもう少しドロドロした人間関係があったりするんだそうです。

この『ヘッテルとフエーテル』のお話にも「本当に残酷な」という枕詞の通りに、厳しい現実と裏の世界のお話が綴られています。多くの書評ブログで紹介されていますが、私も思ったとことを少し。

マネー版グリム童話は全8話。お金を増やす貯めるというよりも、簡単に人の言葉を信じてしまって、まんまと騙されてしまっている人の実情をグリム童話のスタイルで風刺しています。例えば株、FX、保険、投資信託、融資など直接お金に繋がっているお話もありますが、2話の「カネヘルンの笛吹き」はあきらかにカツマーへの苦言とも思える社会風刺も収録されています。

「おわりに」で著者は言っています。


この『ヘッテルとフエーテル』は、無駄な情報が多すぎる現代に、最低限知るべき金融知識を物語で伝えるというコンセプトで書き始めた、まったく新しい寓話のプロトタイプです。




私も勝間さんの本が好きで読んでいますので、2話のお話は「イタタタタ」という感じでした。本書の中では、勝間さんの言葉を自分に都合よく解釈した人が数年後には没落していきます。私もヘッテルのように、都合よく解釈している部分が多々あります。おススメしているものも手を出す余裕や入手方法がないから買わないだけで、もし日本に住んでたら私もチャリ通勤して投資信託なんかをしていたかもしれません。自己判断の無いまま、情報に踊らされているはずです。

8話通して読んでみると、人の心の弱さが見えてきます。そして自分の弱さも見えてきます。世の中には楽して設ける方法なんてないのかもしれません。注いだ時間、注いだ労力が反映するのがお金なんでしょうね。せっかく労力を注ぐにも、方向が間違っていては意味がない。だからこそ、情報を判断する自分なりの基準を持つことがどんなに大切かがわかりました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・物語は全て実際にあったお話を風刺していますので、よっぽどじゃなければすぐにピンとくるでしょう。即効納得できます。

・自分が「登場人物に似てる」と思う方、結構いるんじゃないですか?私はカツマーのところなんてかなり当てはまる部分がありましたけれど、結局は「自己責任」の問題。自分が大成しない理由を「あなたの本を読んでその通りやってみたのに、どうしてあなたのようにならないんですか!!」と責任転嫁するわけにはいきませんよ。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・芯を持つ



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/04

Mon.

20:51:53

ビールと古本のプラハ 

Category【随筆・エッセイ

ビールと古本のプラハ (白水Uブックス―エッセイの小径)ビールと古本のプラハ (白水Uブックス―エッセイの小径)
(1997/08)
千野 栄一

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

プラハの江戸っ子屋

 日本でも公開されたチェコ映画『スウィート・スウィート・ヴィレッジ』の中に、トラックの運転手と医者がビールを飲む場面がでてくる。その台詞。

医者「これはうまい。階段の七段目が一番いい温度だって、カレル、どうして気がついたのか、教えてくれないかね」
運転手「長年の経験ですよ。六段目では温かいし、八段目ではもう冷えすぎ」
医者「なるほど」

 ここはよほどのビール好きでないと見逃すところである。地下の食料置き場への階段のどこへビールを貯蔵しておいたら味がいいかという話なのである。



カテゴリーを旅行にすべきか、エッセイにするか迷いましたが、エッセイに入れてみました。

千野栄一先生の本が大好きです。初めて読んだ本は『外国語上達法』でした。

外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
(1986/01)
千野 栄一

商品詳細を見る


千野先生の専門はスラブ語学で、中でもチェコ語については多くの翻訳書もありチェコ文化を日本に紹介した大家としても知られています。チェコ語と聞いただけで難解な言語だというイメージが湧きます。それをマスターした千野先生だからこそ、説得力のある語学の学び方を伝えることができるのでしょう。初めてこの本を読んだ学生時代、非常に感動して何回も読み返しました。私のほかにも『外国語上達法』により、語学の道へ進もうと決心した人も多いのではないでしょうか。

私ももちろん語学に興味があったからこそ『外国語~』を読んだのですが、それを読んでからというもの言語学へ興味が広がり、更にはチェコやロシアにも関心を持つようになりました。その頃同時に米原万里さんの作品に出会ったこと、高校の美術の先生がチェコに留学なさったことなども重なったからかもしれません。とにかく千野先生の作品を探しては読むようになりました。

タイトルからわかるように、ビールのお話です。ビールと言うより、パブかな?チェコのビールはおいしいのだそうです。ホップを栽培しているので、その新鮮なホップをふんだんに利用できるのもうまさの秘密かもしれません。そしてビールを作る人、ビールを入れる人、ビールを飲む人それぞれにこだわりがある。なんとしてでも、おいしいビールを飲まねばならないという気合を感じられました。

美味しいお酒があるなら、おいしい食もあるはず。チェコの人々がこれほどにもビールが好きだとは知らなかった私は、チェコの食にも興味を持てるようになりました。やっぱりお酒に合うつまみも必要。なんとチェコには生ハムがあるそうです。あと日本のハムは、チェコではサラミと言うんだとか。カフェやパブはその国の文化を知るには最適の場所だと思います。

それから古本屋です。千野先生がプラハにいらした頃、質の高い古本が安い値段で買えたそうです。ただ、当局の管理下で発禁となった書籍はやはり入手が難しい。しかしビロード革命後に訪れたプラハの古本屋さんは、時代と共に観光化されてしまって、以前のような質を求められない。しかし、発禁本の縛りがなくなったせいか、以前は貴重だった本が売られていたりというオドロキもあったそうです。

千野先生の本を読むと、「がんばろう」という気になる。
この本を年初に読み、また気合を入れなおしました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・チェコの食って、思えばよく知られていないですよね。一時期、お酒メーカーでお仕事をしていたことがあるのですが、その時もビールと言えばドイツ、イギリス、デンマークだったなぁ。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・語学の勉強計画を立てる



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

01/01

Fri.

17:43:02

2010年も海外で猛烈に読書します! 

Category【その他

謹賀新年

昨年は多くの方の愛に支えられた一年となりました。
心より感謝申し上げます。

ますます努力し、みなさんに愛されるブログ作りを目指します。
2010年がみなさまにとって幸多き素晴らしい一年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年元旦 toh


海外で猛烈に読書中、ことしもヨロシク

書を愛し、読を楽しむ2010年となりますように!



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。