02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

03/31

Wed.

09:30:25

狼と香辛料 

Category【日本文学

狼と香辛料 (電撃文庫)狼と香辛料 (電撃文庫)
(2006/02)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 

この村では、見事に実った麦穂が風に揺られることを狼が走るという。
 風邪に揺られる様子が、麦畑の中を狼が走っているように見えるからだ。
 また、風が強すぎて麦穂が倒れることを狼に踏まれたといい、不作の時には狼に食われたという。
 上手い表現だが、迷惑なものもあるのが玉に瑕だな、と思った。
 しかし、今となってはちょっとした洒落た言い方になっているだけで、昔のように親しみと恐れをこめてその言葉を使うものはほとんどいない。
 ゆらゆらと揺れる麦穂の間から見える秋の空は何百年も変わらないのに、その下の様子は実に様変わりをしていた。
 来る年も来る年も麦を育ててきたこの村の者達も、せいぜい長生きして七十年なのだ。
 むしろ何百年も変わらないほうが悪いのかもしれない。
 ただ、だからもう昔の約束を律儀に守る必要は無いのかもしれないとも思った。
 何よりも、自分はもうここでは必要とされていないと思った。
 東にそびえる山のせいで、村の空を流れる雲はたいてい北へと向かっていく。
 その雲の流れる先、北の故郷のことを思い出してため息をつく。
 視線を空から麦畑に戻せば、鼻先で揺れる自慢の尻尾が目に入った。
 することもないので尻尾の毛づくろいに取り掛かる。



かわいい表紙ですね。ライトノベルは表紙のデザインで敬遠してしまうことが多いのですが、この本は土井さんのBBMでおススメだったことから購入してみました。思えばライトノベルを読んだのって、小学生の時以来かも。

とにかく人気の作品のようで、韓国の検索サイトにも引っ掛かってきました。それはどうやらアニメ化されているからのようですが、内容もハラハラ・ドキドキおもしろいです。

表紙に出ている女の子、実は狼の耳と尻尾を持った神の化身。豊穣を司る神で名はホロといいます。ホロは麦に宿る神であるため、ホロが宿っていた村の住民達は毎年最後の麦の束を刈る時には、ホロが逃げてしまわないように細心の注意を払います。

ところがある年のこと、行商人のロレンスがたまたまその最後の麦穂刈りの時期に村を通りました。ロレンスは、今までの経験から、村人が最後の麦穂刈りの後に部外者を入れるのを嫌うことを知っていました。そこで明るいうちに村を出て、村の外で野宿をすることに決めます。いざ一眠りしようと馬車に乗り込むと、なんと麦の束のもとに女の子が眠っていました。

その女の子は恐ろしく美しく、自ら「賢狼ホロ」と名乗り、ロレンスと旅を共にすることとなります。ロレンスも賢い行商人ではありますが、ホロの鋭利な判断はロレンスに儲け話を導きます。

これは続きが気になりますね。まずはDVDでも見てみようかと思っています。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ライトノベルの気軽さ、久々に堪能しました。ライトノベルと言えば、私の場合は真っ先にコバルト文庫を思い出すのですが、今ではいろいろな種類のものがあるようですね。ちなみに私のお気に入りは『なんてステキにジャパネスク』シリーズでした。

・第十二回電撃小説大賞銀賞受賞作です。ファンタジーがお好きな方なら楽しく読めるはずです。BBMに紹介されていたことから、何かビジネス的な要素を求める方がおられると思いますが、それとはちょっと方向が違うかなーと思います。





☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2010

03/30

Tue.

10:16:34

できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法 

Category【勉強法

できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法 (洋泉社BIZ)できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法 (洋泉社BIZ)
(2009/09/19)
キャリアアップ研究会

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


はじめに

 格差社会と呼ばれて久しく、格差を抜け出す手段の一つが勉強とされています。しかし、学生ならいざしらず、社会人にとって勉強といっても、何をどうやっていいのかわからない。わからないし、面倒だから、能率の上がるやり方を研究するべく、勉強法の本を読む。読んで何となくその気にはなったが、また実際の勉強となると行き詰る。そしてまた新たな勉強本を読んでみる。こんな循環にはまったいる方も多いのではないでしょうか?
 本書の目的は、無数にある勉強本の中から、ベストなものと思われる方法を抽出し、勉強法について、一つの結論を出すことです。


 
手元にあった勉強本、これを最後によくやく読破しました。

上の書き出し部分にもありますが、今は勉強がブームのようになっていますね。外から見ていると、日本の雑誌も書籍もブログも、とにかくみんながなにかを勉強して、少しでも自分の力を底上げしようとしているように見えます。韓国のビジネスパーソンはどちらかというと語学に片寄っているようですが、それは日本のように資格試験が豊富に存在しないからでは?と踏んでいます。

さて、この本は2009年秋に出た書籍で、それ以前に出ている売れ筋勉強本についての厳しい批評が網羅されている一冊です。下手な勉強本を何冊も買うより、この1冊でも十分なはず。これから勉強本を購入しようと思っている人へのガイドブックともなるでしょう。

社会人の勉強本というと、私は真っ先に勝間さんの『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』を思い出します。この1冊が勉強ブームに火をつけたといっても過言ではないはず。しかし、純粋に勉強法という意味での評価はあまり芳しくないようです。他にもベストセラー本の長所・短所が並べられており、大学名を冠にした勉強本、脳をテーマにした勉強本、業界のカリスマが書いた勉強本、予備校講師の勉強本など、さっと内容を確認するのにも便利です。また、多くの本を読み、それぞれを比較してみたいという時や自分にとっての軸となる1冊を確認するにもおススメ。

他にも読書術、集中力、記憶力についての書籍紹介があります。それぞれの章の終わりに、勉強法のポイントを記したまとめがあるのですが、これを読むだけで随分効果が上がりそうな印象です。勉強本の本をあれこれ直接読んでみることも刺激になりますが、ただ膨大な時間が必要とされます。リアル書店にもあまりにたくさんの類似本があり、ハズレを手にしてしまうこともしばしば。それよりは、まずはダイジェスト版である本書のまとめを読む方が時間の節約にもなると思いました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・勉強法は子供向けでも大人向けでも大筋は同じです。違う部分はインプットされた知識の活かし方にあると思います。知識として詰め込むのが受験用ならば、行動に繋がる指標を持つのが社会人の勉強法。資格試験にしても、その資格を取得するだけではなくその後も知識を使えなければ意味がありません。

・それにしても、勉強法って沢山あるんですね。それぞれの立場の人がそれぞれの方法を披露しておられますが、大体は似たような内容です。最近の本はグッズを駆使する方法を紹介しているものが多いようです。便利なものは使って行きたいですが、宣伝に踊らされないようにしなくちゃ。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/29

Mon.

09:59:19

新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する!  

Category【勉強法

新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書)新超高速勉強法―「結果」は「速さ」に比例する! (リュウ・ブックス アステ新書)
(2009/02)
椋木 修三

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


はじめに

 日本人のノーベル賞受賞者が、二〇〇八年は四人(三人)も出ました。本当にすばらしいことで、喜びとあこがれの気持ちで真剣にニュースを見たものです。でも「受賞対象は対称性の自発的破れ」なんて言われても、素人の私にはよくわかりません。受賞された先生方は、どれほど高度な頭の使い方をしているんだろうと思いました。
 一方で、日本人初のノーベル賞受賞者(一九四九年)である湯川秀樹氏の脳を調べたら、全体の九パーセントしか使っていなかったという新聞記事を昔、読んだことがあります。どんな科学的根拠があったかは忘れましたが、この数字にはショックを受けました。「湯川氏でさえ九パーセントしか使っていない。自分なんか一生でどのくらい脳の力を使えるんだろう」と感じたのです。
 人間の脳細胞は、約一四〇億個と言われています。では、ノーベル賞受賞者と、一般の私たちで、脳細胞の数に差があるのでしょうか?



先週は5冊の勉強本を読みました。手元に残っている「勉強」がタイトルとなっている書籍は残り2冊。早速読書に入りたいと思います。

新書で携帯しやすいですから、これは是非読んで欲しい!前作の『超高速勉強法』もためになりましたが、更にパワーアップしてます。6冊中、一番おススメしたい1冊です。

この本は受験生も、大人も確実に使えます。ただ、「試験に合格する」というテーマがありますので、ただ漠然と新しい勉強をしたいですとか、目標値のはっきりしない勉強などには向かないでしょう。全体は、効率力、集中力、記憶力、継続力、計画力、得点力、本番力の7つに分類し、それぞれの強化法を具体的に説明するスタイルです。

まず、読書を始めるにあたり、自分自身の弱点をチェックするための勉強力指数チェックシートがあります。とりあえず、上の7つのどれが強く、弱いのかを知るための参考にどうぞ。

やはりこの本も、薄い本から入り、それを何度も繰り返すことをアピールしています。3冊程度の本を購入し、それをとにかく繰り返す。問題集は、解答が詳しく出ており、できればそのページにあるものを購入しましょう。わからなければ、答えを見てもOK。そのかわり、もう一度自分で解く必要があります。

また、合格するには満点取らなくては!という考えは捨てるべきというのがポイントとして心に残りました。これも捨てる技術に関連するわけですが、合格点が80点だとしたら、80点取れるような勉強をすればよい。なにも完全を目指す必要はありません。分厚いテキストを購入したからと言って、購入するだけで満足してしまったり、厚すぎて結局最後まで終われなかったり… こんな事では全く勉強の意味がないですもんね。

各章ごとに使える情報が満載です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・結局「東大生のノートは美しい」は嘘だったのでしょうか。この頃読んだ本には、この本が必ずといって良いほど出てきます。東大の冠がある勉強本は概ね肯定派。講師経験者や他大学の方はそれほどサポートしている感はありません。

・音読の大切さを思い出しました。確かに声に出している方が覚え易いですよね。早速実践しよう。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/26

Fri.

22:35:41

最短で結果が出る超勉強法 

Category【勉強法

最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)最短で結果が出る超勉強法 (講談社BIZ)
(2007/06/26)
荘司 雅彦

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

東大も司法試験も最短合格できる方法論がある

 本書を手に取られた方は、何らかの意味で「向上心」をお持ちだと思います。
 私自身、このような「勉強法」の書籍を見ると、必ず手に取ってみます。そして、少しでも役立ちそうであれば、買ってしまう。人によっては、私を一種の「勉強本オタク」だと考えるかもしれません。
 しかし、30年以上にわたって多くの方法をチェックし、自ら実践し、試行錯誤を重ね、独自の勉強法を確立したことは、私の人生を非常に豊かにしてくれました。それによって、確実に効果の上がる「最強の勉強のルール」を頭と身体に叩き込むことができたからです。

 私は、訳30年前に大学受験に取り組み、卒業後はいったん就職したものの、脱サラして司法試験に挑み、その流れの中で、勉強の方法論の「大枠」を完成させました。その後、弁護士になってからも、仕事の効率を上げるためにさまざまな工夫をし、能力アップに役立ちそうな各種のツールを積極的に導入して、ノウハウとテクニックを磨き上げてきました。



東大、京大の本を続けて読んできました。この本にはタイトルに大学名の冠がついてはいませんが、著者は東大卒の弁護士さんです。ですので、この本も東大本といえるかな?

とにかく真摯な勉強本です。実直に自分のやり方を開発し、それを伝えようとしている様子が読み応えのある文章となっています。この本のスゴい部分は、ご自身が学ばれた経験だけではなく、自分のメソッドを直接娘さんにも試しているところです。自分だけの経験によって書かれた勉強本と、メソッドを伝授した経験のある勉強本とでは、伝わってくるメッセージの迫力が違います。この本に書かれている事は、実直にやってみたいと思えるものばかりでした。

いろいろなメソッドが公開されておりますが、私がぜひ真似したい方法は、専門書を3冊程度購入しそれを何度も何度も繰り返すというものです。繰り返しには適当なタイミングを置き、3度繰り返すのが良いようです。繰り返すことで脳に記憶が焼きつき長期記憶となります。

これは記憶術に繋がるお話ですが、暗記は多くを繰り返していくうちに暗記力がつくのだそうです。年齢のせいにして「暗記は苦手だ」とか「すぐ忘れちゃう」という話がありますが、あれは嘘なんだそうです。脳は学習するにつれて年齢に関らず成長するものだそうですから、地道に続けるに限りますね。

やはり大人向けの本ですから、資格試験に向けての勉強だけではなく、広い意味での学習についてのアドバイスが各所に記されています。論理力をつける方法、成果を上げる方法、楽しく仕事をする方法など社会人で学びを得たい人なら必ずやヒントを得られる情報が詰まっています。

本格的に勉強したい大人の必読本です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・今週一杯、続けて5冊の勉強本を読んできてわかったことですが、私は「勉強なんてやり方次第ですよ」的なノリの本はあまり好きではないとわかりました。やはり何事にも努力が必要ですし、勉強によって得たことが「試験に合格」だけというのも納得できません。気を入れて勉強したのであれば、合格のほかにも新たな気づきや成長も感じているはずでしょう。そういう意味で、この本はとても参考になりました。一つ一つの項が非常に丁寧に説明されています。

・韓国語では、studyに当たる言葉は「工夫(コンブと読みます)」です。中国語も同じでしょうか?一方日本語は勉めて(努力して)強くなる、という意味になります。一方「工夫」は有る知識の中からいろいろと考えて、良い手段を見出すことです。今や知力が強さとなる時代となりました。私は「勉強」という言葉が好きなので、これからも目的をしっかりと持って、勉めていきたいと思います。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/25

Thu.

23:05:32

勉強にハマる脳の作り方 

Category【勉強法

勉強にハマる脳の作り方勉強にハマる脳の作り方
(2009/04/09)
篠原菊紀

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

まえがき

期限はスグにやってくる!

本書を手にとっていただき、ありがとうございます。
あなたがこの本に、興味を持ったということは、
「資格試験、昇進試験、入学試験などに合格したい!」
「語学試験で高得点をとりたい!」
「仕事のスキルをアップさせたい!」
「語学を習得して、多くの人たちと話したい!留学したい!」
…などの目標があるからではないでしょうか?
そして、その目標には期限があるはずです。
しかし、そういう目標を、たいていの人が断念しています。
なぜなら、勉強することは辛いからです。



行間、太字、無視して書き起こしました。
フォーレスト出版さんの本は、比較的行間が広く、太字で強調されてる部分や図柄が多く、本当に一気に読むことができます。この本も地下鉄で移動している間でさっと読めてしまいました。

これも勉強本ですが、タイトルや表紙のデザインからもわかるように、脳の機能を上手く利用して勉強の効率をあげましょう!という内容です。この頃、脳のシステムに関する本が山のように出版されています。その中には専門的なものもあれば、初心者向きのものもあるといった感じて、玉石混淆であることも否めません。私のようにあまり脳についての知識がない人には、初心者向きのものも「なるほど!」と楽しく読むことができますが、今やテレビでも雑誌でも脳についての話題が尽きません。よって、本書も専門知識がある人には少し物足りないようにも思えます。

まず、「ハマる」とはどういうことでしょう。それは一言でいうと、その対象への依存度に関連します。それがなくては困る!というくらい、精神に大きな影響を及ぼす状態を俗に「ハマる」と表現する。何かにハマってしまった人は、その行動をすることで、なにか安心や癒しを得ているという実験結果があるそうです。その安心や癒しの部分を脳で分析し、その類似状態を作ることで勉強などへの集中力を身につけようというお話からはじまります。

また集中するには、なにか儀式を作ることが推奨されていました。イチロー選手がバッターボックスで見せるフォームのように、何か事を始めるにあたっての儀式を行うことで、集中力がぐっと増すそうです。この儀式は人によってそれぞれのはず。音楽で気分を高める人もいれば、何かの動きを用いる人もいます。おもしろいと思ったのは、場所の固定化です。ある特定の場所に行くと非常に集中力が増すような状況を作れば、もうあとは机の前に座るだけですね。

暗記については、他の本にも書かれているように小さい単位に絞って覚えて行くことがおススメとありました。例えば9728744698のような番号も、ただ羅列されているだけでは覚え難い。でも、972-874-4698のように分けてしまうと、割と楽に覚えることができます。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・オリンピック水泳で金メダルを獲った北島選手のエピソードがありました。やはり何か前向きになるような心のトレーニングをなさっていたようです。特に北島選手はマイナスの言葉を使わないようにしたとか。私も見習わないと…。

・脳のどの部分に影響があるんだろうと、位置を気にしながら読んでみました。脳の構造なんて複雑すぎて素人にはわかりませんが、「あ、だいたいこの辺か」と思うだけでも、想像力が増した気がします。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/24

Wed.

23:26:50

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ 

Category【勉強法

一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ一生モノの勉強法―京大理系人気教授の戦略とノウハウ
(2009/04/03)
鎌田 浩毅

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに― 大人の勉強は「成功」を目的にするもの―

 私は京都大学で教鞭を執る火山学者ですが、バラエティ番組などに出演することもあります。
 私の「真っ赤な革ジャンに赤いパンツ」という全身赤ずくめのファッションは、大学教授というお堅い肩書きと大きなギャップがあり、共演するタレントさんには、ちょくちょくいじられて笑われてます。
 しかし、これは私の「戦略」によるものです。その戦略は、「勉強」というキーワードと大きく関っています。

 この本を手に取られた大人のあなたは、大なり小なり「勉強」について気になっているのではないでしょうか。
 すでに勉強をしているが成果が出ない、勉強したいけれど始めの一歩が踏み出せないなど、状況はそれぞれでも、何となく「勉強の必要性」について感じているはずです。
 では、なぜ大人になってまで「勉強したい」「勉強しなければ」と思っているのでしょう?



東大関連の勉強本を2冊読み、今度は京大関連へ。

京都大学と言えば、梅棹忠夫氏の『知的生産の技術』を思い出します。この本は、個人的には「勉強法」よりは「新」知的生産の技術でも言いたくなるような一冊でした。やはり理系のフィールドワークをこなす先生方は独特の情報処理技術を持っていらっしゃるんでしょうね。

本書では、まずいきなりどうやって勉強するかのような方法論ではなく、なぜ勉強をすべきなのかという理由論から入って行きます。それが上から圧力をかけるようなものではなく、勉強が急に魅力を放つような書きっぷりです。これにはモチベーションがUPしまくり。

仕事のための勉強に必要な能力は3つ。①コンテンツ能力②ノウハウ能力③ロジカルシンキング能力。カタカナばかりで分かり難いかもしれませんが、説明を読むとスンナリ理解できました。まず、①は知識の中身を見につける力です。これがなければ、アウトプットができないですね。②は具体的なテクニックややり方に関する力のこと。これにより各種のアレンジが可能になります。③は集めた材料を論理立てて支える能力です。せっかくデータをあつめても、まとめる力がなくてはならない。

付箋を見てみると、「読む力」についての章が一番厚くなっていました。多読がどうして必要なのかを考えた時、漠然と「知識を得られるから」だと考えていました。ところが、どんどんと読破した書籍数が増えるにつれ、自分のアンテナの数を増やす作業のように感じられるようになりました。自分に何が適しているのがわからなかったり、自分の進むべき道が見えなかったりしたのですが、こうしてアンテナ数(つまり興味や関心の矛先)を増やし育てることで、どんどんとアイデアや選択肢が見えてくるようになる。私なんてまだまだ初心者リーダーですが、それでもすでにものの見え方が変わってきました。「読む力」の章には、そんな共感出来る部分から、「なるほど!」と思わず膝を打つようなフレーズが山盛りです。

また、試験突破の技術の中で、「人の集中時間は1時間が限界」と断言されているのにも非常に興味を持ちました。言われて見れば、私の生活もそんなもんかも…。これからは、その1時間をどうクリエイトするかに焦点を注ぎたいと思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・2009年4月に刊行された本ですが、私の手元にある第6刷は同年6月に刊行されています。その理由、すごくよーくわかります。この本には大人へも学生さんへも通用する勉強の極意があるからです。

・鎌田先生の本、本書が初でした。巻末のプロフィールを見ていると、読みたい本リストに挙げていたものが数冊!これは早速注文せねば!とオーダーを。

・暗記法ですが、鎌田先生は東大の吉永先生同様、音読を推奨されています。私も音読が一番覚えられるかも。






☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/23

Tue.

21:02:27

東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術 

Category【勉強法

東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術東大の先生が実践する「ロジカル」暗記術
(2009/08/21)
西内 啓

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

まえがき

 私は長年勉強の嫌いな子供でした。
 子供の頃から「なんで勉強なんてしなければいけないの?」「こんなこと勉強する意味あるの?」と大人に質問しては困らせていたのですが、親も学校の先生も満足な答えを返してくれた覚えはありません。
 そんな私ですが、なぜか東大に入り、あるいは東大を卒業して、時には東大生に勉強を教えることだってあります。子供の頃は自分がこんな人生を送るなんて思いもよりませんでした。
 では当時とうってかわって私は無事、勉強が好きな大人になれたのでしょうか?
 その答えはノーです。
 正直に言いましょう。私は勉強も暗記も嫌いだし、どちらかと言えば苦手です。ついでに言えば注意力散漫だし、性格的にいい加減だし、努力の苦手な根性なしです。
 ではなぜそんな私がなぜ今のような立場にいるのか。答えは逆説的になりますが、勉強や暗記が苦手な根性なしだから、と言うこともできるかもしれません。



昨日に引き続き、今日も東大が冠の書籍です。

この本によりますと、暗記にはそれぞれ個人にあった方法があるそうです。本書で上げられているのは5つ。

①文字型
②音声型
③映像型
④概念型
⑤動作型

自分がどの型に適しているのかは、例えば一番好きな映画の一番好きな部分を思い出してみて、それを説明してみることでわかります。台詞をほぼ間違えずに言えるなら①の文字型、台詞だけではなく、抑揚やタイミングまでまねられる人は②の音声型、映像を鮮明に絵に描けるほどに覚えているなら③の映像型、台詞や映像はあいまいでも、大筋を捉えているなら④の概念型、そしてあんまり思い出せるものがないなら⑤の動作型の可能性があるそうです。

文字型の人が、音読で暗記しようとしてもなかなか身につきにくい。それぞれ自分の長所を活かして暗記に取り組むことで効率があがるとのことでした。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・昨日の書籍に比べ、なんとなく残る部分が少なかったというか、感動が薄かったというか…。型のお話も、今まで何かの勉強に取り組んだことのある人ならば、自分の覚え易い暗記方法について何らかの気付きを持っていると思います。「ロジカル」っていうのは、どの部分のことだったのかな?

・恐らく帯にもある「何とかズルできないか?」の部分が私には合わなかったように思われ。でも、やはり繰り返しが大切ということがわかりました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/22

Mon.

12:56:59

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法 

Category【勉強法

東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法東大家庭教師が教える頭が良くなる勉強法
(2008/08)
吉永 賢一

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

プロローグ

母の言葉に「東大」を目指すことを決意

 私が「東大」をはじめて意識したのは小学1年生ごろだったと思います。
 そのきっかけは母の言葉でした。
 ある日、母は私にこう言ったのです。
「けんいち、京大っていうのは、ノーベル賞を出していて、すごいんだよ」
 この言葉に、小学生だった私は「京大へ行ってノーベル賞を目指そう」と決意しました。
 ところが翌日、前言撤回で、母はこうい言ました。
「けんいち、じつは東大が1番で、京大は2番なんだよ」
 大学に1番も2番もないとは思いますが、その当時の私はまだ子どもです。母の「1番」という言葉に前日の決意をひるがえし、この日、東大に行くことが私の目標となりました。



今週は勉強についての本を一気に読んでいこうと思っています。勉強本というと、やはり東大、京大、ハーバードなどの有名大学名が冠となっている本が多いようです。まずは東大から読んでみました。

著者の経歴ですが、一浪の後、東大理科Ⅲ類(医学部)に入学されましたが「教える仕事が好き」ということで医師への道は断念されたそうです。もともととても優秀な方なんだろうとは思いますが、それでも本書内で紹介されているエピソードを読むと、苦労して勉強した姿がにじみ出ています。

この本は入試の技術を語る本ではなく、大人になっても継続して学習できるような取り組み方を紹介しています。読書中、私は語学習得をイメージして読み進めましたが、語学に限らず社会でも数学でも使える方法ばかりです。東大という敷居の高さに想像されるような難しい話ではなく、だれもが自分の理想へと近づけるような勉強方法が紹介されています。私もずいぶんたくさんの付箋を貼りました。

この本の基本は3つ。「①覚える、②わかる、③慣れる」です。順に別の言葉で書き換えるならば、暗記・理解・練習になるでしょう。この3つのどれが欠けても、成果はあがりません。そしてバランスが崩れてもいけない。簡単にポイントをまとめますと、覚える量を小分けにしながら、何度も繰り返すことが大切です。また、アウトプットの方法も大切で、本書では「白紙復元」として紹介されています。これは③の「慣れる」に組まれるステップですが、何も見ず、とにかく得た知識を声に出したり、紙に書き出したりする作業を何度も行います。この作業でどんどんと知識を復元していくことで、自分の分かっていない部分が見えてきます。

先週紹介した齋藤先生の書籍にも拡大コピーの話がありました。この本でも拡大コピーを利用することで、覚える単語なり数式を大きくしてインパクトを与えた上で暗記するという技術が紹介されています。

ご自身の経験だけではなく、それを多くの生徒さんにもシェアした結果ゆえでしょうか。非常に説得力を感じながら読み終えました。勉強にはやっぱり適した方法があるんだなぁと納得した次第。要領だけではなく、重点をどこに置くかが大切なのかがわかりました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・東大という文字が目立つ本書ですが「私は東大に入れる頭なんて持ってない!」と妬み半分で毛嫌いしてはいけません。どちらかというと、東大ブランドというより、人に物を教える人のアドバイスのような一冊です。実際に教えておられる上での方法がリストアップされています。地頭の良し悪しというより、勉強法の良し悪しが大切。

・メンタルな部分も触れていますが、その部分はどちらかというと大人向けな感じがします。ビジネスにも共通する話題が多いです。

・勉強だけではなく、知らず知らずのうちに習慣となってしまっている事柄がプラスにもなり、マイナスにもなっているそうです。特に言葉の使い方には要注意。これは齋藤一人さんのお話にも共通しています。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/19

Fri.

23:01:01

地アタマを鍛える知的勉強法 

Category【勉強法

地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)地アタマを鍛える知的勉強法 (講談社現代新書)
(2009/12/17)
齋藤 孝

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 はじめに

「地アタマが強い」と言うとき、単なる勉強秀才ではない、タフなアタマのよさを私たちは想像する。現実の状況を認識し、自分がどう行動できるかがわかる、といった力、工夫できるしなやかな思考力が、地アタマのイメージだ。
 この地アタマは鍛えられるものだ。運動神経が適切なトレーニングメニューで鍛えられるように、地アタマを強くする方法がある。勉強はやり方次第で、地アタマを育てる最善の道となる。それが知的勉強だ。
「知的」という言葉には、「悲観的」というイメージがつきまとっている。
 知的な人は、楽観的というよりは悲観的、明るいというよりは暗い、単純というよりは複雑、そんな漠然としたイメージを持っている人が少なくないのではないだろうか。
 山崎正和氏の名著『不機嫌の時代』(講談社学術文庫)は、夏目漱石ら明治以降の知識人がおしなべて不機嫌であったことを指摘し、その理由を解析している。



まさに「地アタマ」という言葉に引かれて購入。

齋藤先生の本は、3色ボールペンに関するものを読んで以来何冊か読んでいます。どれも勉強法に関する本でしたが、私には「書籍に直接、3色ボールペンで線を引く」が一番インパクトのある技でした。技と言ってよいのかわかりませんが、このたった3色を使いこなすことで、いろいろな発見がありました。今は読書の際には付箋を使っていますが、手帳などは3色ないと自分の予定が把握できなくなるほどです。

さて、本書は帯にもありますが『抜群の「学ぶ力」を身につける!』本です。今回は勉強する際にすぐに導入できるグッズや技というよりも、心構えに重点が置かれていたように思います。そして受験を目の前にする若者よりも、「勉強したい」「勉強しなくちゃ」という大人に向けたもののように感じました。地アタマですから、やはり考える力や、学びが人生にどんな影響を与えるのかという流れが根底にあるようです。

一つ、技としてやってみたいと思ったのは、目次にその課のまとめを書いていく「目次勉強法」です。これは他の書籍にも出ていたような気がしますが、目次ページを拡大コピーして、そこに大切なことをどんどん書いていきます。すると、その本の内容が一望できますし、理解力も深まるというものです。

やはりこの本もインプットだけではなく、アウトプットの大切さを重要視しています。特に人に教えたり、学んだことを日常に生かしたり言葉として使ってみるなど、日頃の心がけが理解力を深めると力説しておられます。そのせいか、この本にも著者が学んでいたであろうニーチェや論語の話が何度も出てきます。

さらっと読んでしまいましたが、モチベーションが低くなり「なんで勉強してるんだろう?」と疑問が浮上した時に読み直したい一冊です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・やはり「頭がいい」というのは、学校のお勉強が出来ることとはわけが違うようです。更に地アタマですからもっとスゴい。頭の回転が早く、直観力でバサバサと裁いていくイメージでしょうか。

・読んですぐは「ふーん」という感じで、これと言って何かが心に残ったというわけではなかったのですが、付箋を貼ったところを見てみると、これが結構染みました。

・知性って、一体なんだろうなーと思う今日この頃です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/18

Thu.

22:41:40

海底二万海里 

Category【児童文学

海底二万海里〈上〉 (福音館文庫)海底二万海里〈上〉 (福音館文庫)
(2005/05/01)
ジュール ベルヌ

商品詳細を見る


海底二万海里〈下〉 (福音館文庫)海底二万海里〈下〉 (福音館文庫)
(2005/05/01)
ジュール ベルヌ

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

消え去る暗礁

 一八六六年は、ある奇怪な事件のおこった年だった。なんとも説明しようがなく、ついに解き明かされなかった出来事だったので、だれでもおぼえているにちがいない。さまざまのうわさがとんでは、港々に住む人たちをさわがせ、大陸内部の人たちまでもひどく興奮したのであったが、とくにおどろきの大きかったのは、海に関係している人だちであった。ヨーロッパやアメリカの貿易業者たち、船主、大小さまざまの船の船長、あらゆる国の海軍士官、それに、これら両大陸の各国政府は、この事件をひじょうに重大視したのであった。
 じつは、しばらく前から、いくつかの船が海上で《なにかばかでかい物》に出会っていたのだ。それは、長い紡錘形の物質で、ときおり燐光を発し、クジラよりもはるかに大きく、またずっと速かったのである。
 この怪物があらわれたことについては、多くの船の航海日誌に書きとめられているが、それらによると、問題の物、あるいは生き物かもしれないが、その構造や、きいたこともないような速力、おどろくべき移動力、生まれつきもっているらしい特殊な生命力などの点で、かなり正確にいっちしているのであった。



福音館文庫の版で、上下2巻にわかれています。上の書き出しからもわかると思いますが、小学校上級以上レベルですので漢字も多く、大人でも読みやすいです。

たしか森見登美彦さんの『四畳半神話大系』にもこの作品が出て来たと記憶しています。主人公がこの本を先輩に貸すのですが、なかなか返って来ない。その先輩は地図を見比べながら感動に涙してこの本を読んでいたというような筋だったと思います。

さて、これはフランスのSF小説で、19世紀の作品です。まだ海でヨーロッパとアメリカ大陸を行き来していた時代の話です。海に巨大なクジラのようなものが出て、次々と船が海難事故で海の藻屑となっていきます。フランス人でパリ博物館教授のアロナックス氏は、従者でフランドル人のコンセーユを連れてアメリカに滞在しています。海洋学に関する書籍を出していたアナロックす教授は、新聞からこのところ表れている海の事件について意見を求められ、怪物の存在について触れた記事を掲載しました。すると、それを読んだアメリカのエイブラハム・リンカーン号の艦長より遠征参加の誘いを受けました。

さっそく乗船した二人は、カナダ人でくじら取りの名人であるネッド・ランドに出会います。ケベック人のネッドはフランス語ができたので、3人はすぐに親しくなります。ある日ネッドが海に怪物の姿を発見。発見した場所は日本に程近い太平洋上でした。早速捕獲に取り掛かりますが、なかなか上手く捕まりません。それどころか船が打撃を受け、教授とコンセーユは海へ投げ出されてしまいます。小船に拾ってもらえるようにと泳ぎ進めた二人は、どうにかネッドに助けられます。ところがネッドがいた場所は小船の上ではなく、何か硬い物の上でした。ここから3人の2万海里の旅が始まります。

今から150年も前の話ですが、すでに海洋汚染や絶滅の危機にある動物を保護する話が出てきます。結局私たちの持つ技術は150年前よりも格段に進みましたが、その技術で汚染を食い止めるまでには至っていません。どうにかしなくてはと思いつつも、氷河は溶け続け、海の水は増えています。150年も前にすでに忠告をされていたにもかかわらず、しかも児童文学という形で子供の心にも海を守る意識を植え付けているにもかかわらず、です。海の美しさや多種の自然の話を読むたびに、これ以上環境汚染を進めてはならないという気持ちが高まります。

またアジアの地域では日本が最も多く登場するのが印象深いです。そういえば魚クンという人がいましたね?彼のように魚に詳しい人が読めば、もう楽しくてしょうがない小説だと思います。(そして翻訳者泣かせの一冊でもあるなーと思います。)とにかく海の生物に関する専門用語が多い上に、地理学に関する用語や地名も沢山出てきます。語り手がアロナックス教授ですので、どうしても難しい話が多く登場するのですが、それでも読んでいるうちにどんどん知識がついて、一緒に旅を続けているような気持ちになるのが不思議です。

夏休みに海辺でゆっくり読みたい1冊。海を冒険するお話の中ではピカイチのおもしろさです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・専門家でもない著者が、どのようにこれほどまでの海洋知識を得たのか、とても不思議に思いました。従者のコンセーユは生物の分類を得意としています。「OO科XX目」まで細かく細かくチェックしている。この正確さが、現実とSFの世界を繋いで、リアルさを出しているんですね。

・私は全く泳げないのですが、この本を読んでいるうちにスキューバ・ダイビングにチャレンジしたくなりました。海の世界は宇宙に通じる神秘が隠れているような気がします。究極の自然を見てみたいです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/17

Wed.

23:59:50

見仏記 ゴールデンガイド篇 

Category【旅行

見仏記 ゴールデンガイド篇見仏記 ゴールデンガイド篇
(2009/04/25)
いとう せいこうみうら じゅん

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


ゴールデンガイド篇、始まる!

 2003年6月27日。京都から大和八木へ向かう近鉄特急の中で、みうらさんと私はまるでそれがリハビリであるかのようにゆっくりと言葉をかけあっていた。
「いとうん、俺、里帰りよりも来てるよ」
「ああ、奈良?」
「うん。もうあっちが両親かな、とすら思うもん」
「あっちって誰だよ?」
「あっちはこんがりいってるからね!」
「焼けてるわけじゃないよ、あれは。そもそもあんた、ご両親の話からそれてるし」
 二人で寺を巡り、仏像をじっくり見るというたびも十年を超え、おかげで互いの行動パターンもすっかり知り尽くしているというのに、半年も間が空くと必ずこうなる。
 相手の調子を確かめるというか、集中力の次元をすり合わせていくというか、とにもかくにも探るようにしゃべる。日常を離れ、完全な見仏人に変身してゆく時間さえも、我々は旅の楽しみのひとつにしているのかもしれない。



今まで出ている見仏記、仏友篇、海外篇、親孝行篇はすべて文庫で持っているのですが、待ちきれなくなり単行本のゴールデンガイド篇を購入。今回も楽しい旅です。

いつもと同様、みうらさんが挿絵をいとうさんが文章を担当されています。今や見仏はちょっとしたブームになっています。この本を参考書がわりに奈良や京都を歩く人は多いのではないでしょうか。写真や説明文が載っている仏像に関する図鑑みたいなものも見ていて楽しいのですが、個人的には写真集的な仏像本は実際に見たことのある仏を見るために利用したい。まだ出会っていない仏については、この本のようにわくわく感を引き出してくれるものを読み、十分に想像力を膨らましてから会いに行きたいと思うのです。

いとうさんとみうらさんの見仏記は、道中の二人の様子も笑えて楽しいのですが、やはり仏像を「ありがたいもの」ではなくアートやキャラクターのような目で観ているところになんとも言えないスゴさがあります。いとうさんの文章を読みながら「うわ、見てみたい!」と思っているところへ、みうらさんの挿絵が出てきます。その絵が心の中で描いたものとピッタリだったりすると、もう「これは行かなくちゃ!」となる。

目の前の物を文章で表現する、これってとても難しいことですよね。いとうさんの文章には、仏の長所も短所もしっかり伝わってきます。しょぼい、スゴい、かわいい、エロい、そんなこと普通の人は考えないだろ!というような思いまでがどっさりと込められているいるのが見仏記です。だからといって、専門性がないわけではないようです。お二人の知識にすごいなーと感心する場面も多々。

見仏したい~。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・今回の旅先は奈良、京都、福島、和歌山、兵庫です。33のお寺が登場します。

・私は奈良に憧れを感じるので、やはり奈良のお寺の話が出てくると、いろいろな思い出とともに奈良へ行く気持ちが高まります。毎回思うのですが、奈良に行くと大きさの感覚がわからなくなります。巨大だと思っていたものが、以外と小さかったり、すごく小さいと思っていたものが普通のサイズだったり。そんなミラクルな経験も、今思えば東大寺の仏像を見てから始まったんだなーと懐かしく思い出しました。

・福島にも見仏ポイントがあったんですね!いきあたりばったりに進んでいきますが、それでも平安や鎌倉期の仏があるとあり、正直意外でした。

・今度日本に帰る時は、遠回りしてでも関空経由で帰ろうかな。奈良に行きたい!見仏したい!






☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/16

Tue.

22:25:36

にっぽん蔵々紀行 

Category【旅行

にっぽん蔵々紀行 (光文社文庫)にっぽん蔵々紀行 (光文社文庫)
(2004/06)
勝谷 誠彦

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

能登半島 杜氏の里で呑む酒は

 そこは異界への入り口のように口を明け、私たちを呑み込んだ。強い風のせいであろうか。右に左にかしいだ木々が、あたかもアーチのように、道路に覆いかぶさる。左側に茫々と広がる海は、鉛色である。重苦しく圧する空も鉛色である。その中へ、私たちは呑み込まれていく。
 走っているのは、能登有料道路である。すでに道は、能登半島の付け根に達している。これから行く能登の、地理的奥深さ、そこからくる不便さが、私の中に異界という言葉を浮上させたのかもしれない。しかも、そこへの入り口は限られ、半島は袋のように見える。いかにも中欧からの文化は根本で扼され、その中へは入り難く見える。
 だが、その袋の中から、外界へと流れ出る文化には、華麗なものが二つあった。一つは漆器であり、もう一つは、能登杜氏である。輪島塗といわれる漆器は広く人口に膾炙しているところだが、能登杜氏といっても、ピンとこない向きもあろう。日本で四大杜氏と呼ばれるのは、越後、南部、丹波、そして能登なのである。なかでも能登杜氏は、北陸はもちろん近畿、中部、東海などで、その技術を高く買われている。最近特に名を上げてきた静岡の酒なども、能登杜氏の力によるところが大きいのだ。



ジャンルを決めるのに迷ってしまいました。タイトルに「紀行」とありますので、一応「旅行」に分類しています。

日本の22の蔵と地域を紹介している、日本酒好き+旅行好きにはたまらないワクワク本です。私は日本酒が大好きなのですが、量をそれほど飲むことができません。ですので、利き酒がそれ程得意ではありません。でも、おいしいと評判の日本酒があると、どうしても買わずにはいられない。あの香りといい、ほんのりとした甘さといい、体に染みる感覚といい、もうどこをとっても日本酒は「最高!」と言わずには入られない魅力の飲み物です。冷でも燗でもおいしいお酒なんて日本酒以外にありますか?もう年から年中、いつでもおいしい日本酒が恋しくてたまりません。

さて、この本のスゴいところは、旅行ガイドも兼ねているところ。しかも日本各地の蔵元が紹介されておりますので、車でドライブできる距離にある観光地も探せちゃうというおまけつきです。そろそろ日本国内の観光地に飽きた方、日本酒をテーマに回ってみては如何でしょうか?日本酒をテーマに旅をすると、こんな素晴らしいポイントがあります。

①お酒に合う、おいしいお食事・デザートに出会える
②伝統文化に触れられる
③食べものの大切さがわかる
④季節感をより強く感じられる
⑤好奇心を育てられる

これは私がこの本を読みながら感じたことです。著者はまずは石川で能登杜氏に出会い、その後も越前や灘などの銘酒どころへも出かけます。時には汽車で、時には車で、のんびりの旅なのがまた魅力的。必ずおいしいモノやステキな人々との出会いがあり、読んでいるうちに「私も食べたい~」から「行って見たい!」という気持ちを抑えられなくなります。

この本はシリーズものになっており、続編もあります。本書では個人的には地元・北海道のお酒を応援したい気になりました。その他登場する都道府県は以下です。

石川県、鳥取県、高知県、香川県、福井県、兵庫県、秋田県、長野県、北海道、徳島県、新潟県、岡山県、島根県、青森県、大阪府、兵庫県、石川県、富山県、滋賀県、山口県、和歌山県、福島県、静岡県、山形県、大分県 (登場順。重複は2度登場します)

早く続編もオーダーしなくちゃ!

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・「ああ、日本酒飲みたい!!!」と思えてくる一冊です。日本酒は苦手だという方もいらっしゃいますが、ウィスキーのように水で薄めて飲んでみるのもおいしいですから、是非試してみて下さい。日本酒は米どころ日本のためにあるお酒です。私たち日本人は、お米の味の違いを敏感に感じ取ることができます。お米に「おいしい」「おいしくない」があることも知っています。実はこれって、特殊なことなんですよ。こちらの方はあまりお米にこだわりを持っていないように思います。そしてお米で作るお酒もありますが、今やお酒と言えば焼酎です。

・ソウルでも日本のお酒が手に入る素晴らしい時代になりました。新世界百貨店などには日本酒コーナーがあります。今週末はイベントもあるそうですので、ソウルにいらっしゃる方は是非新世界百貨店へどうぞ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/15

Mon.

21:06:59

知的生活の方法 

Category【自己啓発

知的生活の方法 (講談社現代新書)知的生活の方法 (講談社現代新書)
(1976/04/23)
渡部 昇一

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

「知的生活」という言葉はあまり用いられないし、またキザに聞こえるかも知れない。しかし高校進学者が百パーセントに近く、大学進学率すらも、近い将来において五十パーセントまでいくのではないかといわれる現代の日本では、知的生活者の数は驚くほど多くなってきている。にもかかわらず、知的生活という言葉があまり用いられないのは、それが「労働」の反対であり、「有閑階級」に結びついているようなニュアンスがあるからではないだろうか。
 しかしこれは、まったくの誤解である。マルクスが『資本論』を書けたのは、大英博物館における彼の知的生活のおかげである。英国労働党首で首相であったウイルソンは、オクスフォードの先生であった。知的生活の価値はイデオロギーと関係なく、人間としての価値である。それに今では、昔は単純肉体労働に属するとされた分野でも、相当の知的生活の要因が加わってきているのである。



たしか「知的」というキーワードで書籍検索をしてきた時に出てきた一冊だったと思います。新書でお値段も手ごろだったことから購入。アマゾンの評価もなかなか良いようです。

本書は「知的生活」とあるように、もっとライフスタイルを充実したものにしよう!それも知的に!の具体的な方法を教えてくれる一冊です。著者は1930年生まれで、この本も1976年に発行と幾分時が経っていますですが、知的生活を送るための心構えなどは全く色褪せておりません。戦争時代であった少年期から、大学入学、海外留学など著者が送ってきた実際の知的生活を読んでいくと、清々しい気持ちにすらなってきます。

まず、知的生活と言えば「読書」ではないでしょうか。最近は速読や多読などの書籍も多く出回っていますが、ライフスタイルとしての読書について書かれている書籍を読んだのは初めてでした。著者の幼少時代は戦時中で、そもそも書籍の購入が難しい時代でした。でも、きっとご実家は裕福だったんでしょうね。自宅に雑誌があったそうです。それを何度も何度も繰り返して読んだそうです。繰り返し同じ本を読むことは、新しい本を何度も読むよりも価値が有るという話を聞いたことがあります。確かに著者も幼少時に何度も読んだ本より得た知識が大人になっても忘れずに生きていると仰っています。これでまた、再読がいかに大切かを実証なさった方の書籍を読めました。

著者は英語学の教授なんだそうですが、語学の勉強法も少し紹介されています。外国語の本を、日本語の本で「楽しい!」と感じると同じ様に読みこなしたい。そう思った著者は、留学時代に一気に多読を開始します。最初のうちはやはり楽しみの読書ではなかったそうです。読んでいてワクワクせずにはいられない書籍がなかなか登場しないまま多読を繰り返すのですが、ある日ターニングポイントが訪れます。1冊のベストセラー小説を読んでいた時、なんとなくつきぬけた感じがあったそうです。もうおもしろくてしょうがない!それ以来、どの洋書を読んでも理解力が高まったとありました。これもなんとなくわかる気がします。私も韓国語で同じような経験をしています。本当にある日突然、なんだか「わかる!」になりました。

面白かったのは知的生活を送るための家の図面です。蔵書が何万冊にもなると、本を買うよりも書籍を保存する空間のためによりお金がかかります。そのアイデアが紹介されているのですが、見ていると「ああ、こんな生活したいな」と思えてきました。

最も印象に残ったのは、「わからないと公言することを怖れない」「わかった気になることを怖れる」という言葉です。とにかく「わかったふり」をしないこと。この一言に私はとても反省しました。普段の読書でも分かっていると思って流し読みすることもありますし、人と話をしていても真剣に聞かなくなることもあります。これは非常に傲慢な行為です。この傲慢さが自分の成長を妨げて、時間を無駄にしてしまいます。著者は書籍を読んでいても、おもしろさがわからなければ読まなかったんだそうです。自分の好きな分野や知識の広がりを支えるには、こういう選択も大切だと思いました。

語調が非常に丁寧で、読んでいてモチベーションのあがる一冊でした。古い本ではありますが、今でも十分に通用し、読む価値のある本です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・「わかったふりをしない」の延長になりますが、読書についてもこれが当てはまると知り、自分の読書に自信が持てるようになりました。人気があるからといって、その本を読むことで、誰もが知的理解を得られるわけではありません。こちらの大学院に通っていた時、孟子が人気となったことがありました。それも一時的に。私もみんなに遅れを取らないようにと人気本を手に取ったのですが、そもそも韓国語での読書は時間がかかる上に、孟子になーんの興味もなかった私には正直「楽しい」とはこれっぽっちも思えませんでした。そんな時、「ああ、孟子ね。あたし、読んだよ」なんて知ったかぶりしてはいけない。正直に「読み始めたけどおもしろくなかったから、読まなかった」とか、「読んでない。だっておもしろくないんだもーん」とむしろ開き直ってしまったほうがよいんですよね。そのかわり、自分が楽しいと心底思える本はじゃんじゃん読んでいけばいい。そうしているうちに、どんどんと興味の矛先が広がっていくんだと確信しました。

・千野栄一先生の本を読んだ時のような温かい落ち着きを感じました。wikipediaで著者を人物検索してみると、なんだかいろいろな情報が出てくるようですが、この本に関して言えば、何度も読み返したくなるであろう貴重な本だと思います。しかも1000円でお釣りがくる価格です。これはなんとありがたい本でしょう!この本は成長を助けてくれる一冊となりそうです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/12

Fri.

21:24:25

63歳・東京外語大3年 老学生の日記 

Category【語学 

63歳・東京外語大3年 老学生の日記63歳・東京外語大3年 老学生の日記
(2006/12/04)
坂本 武信

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 気がついた時は病院のベッドだった。私はどうしてここにいるのだろう。少しずつ記憶が戻ってきた。そうだ六本木の道路を歩いていたんだ。地下鉄の駅に近づいた時、突然、気分が悪くなり倒れたような気がする。そして記憶が途切れた。あとから考えると、これが私の「第二の人生」の始まりだったと思う。
 58歳の時、私は路上で突然に急性心筋梗塞に見舞われ、意識を失い救急車でこの病院に担ぎ込まれた。そこで、私は生死の境をさまよった。医師によると、まさに危機一髪であったらしい。
 この病気を機に私は36年勤めたサラリーマン生活に別れを告げた。その時から私は第二の人生をいかに生きるかの模索が始まった。その模索の中で、偶然ある大学の門をたたいた。それが東京外国語大学であった。そこで選んだのがやはり偶然ではあったが、それまで全くなじみのなかった言語、ポーランド語であった。



巻末の著者経歴を引用しながら説明しますと、大手生命保険会社にお勤めだった58歳の頃、著者は突然路上で倒れ病院へ搬送されます。病名は急性心筋梗塞。6週間の入院を経て、残り少なかったサラリーマン人生を少しだけ早めに切り上げることを決心なさいました。奥様に相談したところ「毎日毎日、家の中でゴロゴロされるのは迷惑!」とのお答えが。かねてから語学に感心のあった著者は、偶然に東京外国語大学の社会人入学過程に出会います。早速資料を取り寄せたところ、社会人入学に認められている言語はチェコ語、ポーランド語、モンゴル語、ベトナム語、タイ語、トルコ語など難しいうえに学習者人口の少ない言語でした。

そこで著者はとりあえず大学に行ってみようと行動を起こします。この行動力が素晴らしいと思いませんか?だってご自宅から学校までは往復で3時間ですよ!大病から復活した還暦の方とは思えないパワーです。学校に到着し、最初に訪れた研究室で著者の運命は第二の人生に突入します。そこはポーランド語専攻 石井教授の研究室でした。石井教授は巻末に「坂本さんのこと」として文章を載せておられます。これを読むと、それまで読んでいた面白おかしいおじーさんのポーランド語の学習の日々が、決してご本人が仰る「ひまつぶし」と「ボケ防止」のようなものではなかったことがわかります。

無事に社会人入学を果たす著者ですが、その間若者と共に学生生活を満喫します。なかでも弁論大会で3位というお話には驚きました。スラヴ語系の言語は日本人にはその発音の難しさで諦める人も多いと聞いた事があります。弁論大会で入賞するほどですから、並の努力ではなかったのではないでしょうか。

そんなこんなで1年半が過ぎた頃、著者は学部への編入試験があることを知ります。今までは聴講生的な社会人学生でしたが編入すれば正規学生としてもっと本腰を入れてポーランド語に打ち込むことができます。東京外語大のシステムでは2年次への編入が許可されるということで、この試験にも合格した著者は晴れて東京外語大の正規2年生となったわけです。

驚くのはこればかりではありません。もし私が心筋梗塞という病に倒れたのならば、恐らくひっそりと暮らそう、刺激のあることは避けようとするに違いないでしょう。しかし著者は、なんとポーランドへ留学するのです!夏休みを利用したサマースクールなのですが、それでも毎年のように単身ヨーロッパへ向かいます。60歳を超えて海外を旅する方はそう珍しくはありません。しかし心筋梗塞という有る意味「危険」を抱えつつ海外で約1ヶ月過ごすという道を選択する人はそう多くないはずです。しかし留学の成果でしょうか、巻末の石井先生の言葉によりますと、文法・発音ともにどんどんとレベルをあげておられる。

年齢を理由に、体を理由にやりたいことから遠ざかることがあります。私はまだまだ30代なのに「もうアラフォーだしー」などと言って、チャレンジすることすらためらってきました。この本を読んでいると、やはり人生に年齢や適齢期というのはそれほど関係しないのかも、と思えてきます。やりたいと思った時がベストタイミング。それを逃せば、後悔が待っているだけなんだろうと実感した次第です。

この本には続編があります。本書が余りにおもしろかったので、続編も読んでみたいと思っています。ご自身を老人と称し、「先は長くない」的なブラックジョークが満載なのですが、それが妙にほんわかと温かい笑いを誘います。語学を勉強している方で「もう、無理!」と諦めたくなった方、是非読んで見て下さい。諦めるのはまだ早いですよ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・もともと著者は語学がお好きだったそうです。お勤め時代にはロンドンへ駐在したこともあり英語はOK。その外フランス語やロシア語、中国語も勉強経験がおありだとか。やはり何か一つの言語を極めた人は、次の言語へ入る時もふわっと軽く打ち込めるものなのかもしれません。

・周りの学生さんも、著者ような仲間がいたらきっと楽しく勉強できたでしょうね。きっとこうして私がこの書籍を読んでいる間も、坂本さんは学校でポーランド語の辞書を開いているのかもしれません。



 

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/11

Thu.

21:52:25

アイルランドを知れば日本がわかる 

Category【社会

アイルランドを知れば日本がわかる (角川oneテーマ21 A 101)アイルランドを知れば日本がわかる (角川oneテーマ21 A 101)
(2009/06/10)
林 景一

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 昔、『大脱走』という映画を観た。詰め襟学生服に制帽の中学生のときだ。
 第二次大戦中の連合軍捕虜たちが、ドイツ軍捕虜収容所から何度も脱走を試みる。諦めることなくさまざまな方法で集団脱走を図り、追跡の手を逃れていくスリリングな筋立ての映画だった。テレビでも何度か放映されたので、ご存知の方も多いだろう。
 が、ここで取り上げたいのは、そのストーリーではなく挿入歌のほうだ。『荒野の七人』など数々の映画音楽を手がけたエルマー・バーンスタイン作曲のテーマ音楽が、明るく軽妙な節回しで、脱走という形での抵抗を試みる連合軍兵士の心意気に寄り添うようにして流れる。この曲には歌詞がつけられ、当時人気のミッチ・ミラー合唱団が歌っていた。
 収容所暮らしの憂さを吹き飛ばすために、リンダとかメープルとか間チルダなどどいった女性の名前を次々と挙げて、「彼女こそ最高だ。いや、やはりあの娘がいちばんだぜ」と歌うたわいない内容である。



タイトルに惹かれて購入しました。

まず、私はアイルランドが好きです。いつから好きなのかと言いますと、学生時代に始めてダブリンに行った時、(イギリスのホーリーヘッドからフェリーでダブリン入りし、あまりの揺れにゲロ酔いしてたからかもしれませんけど)アイルランドの空気がとっても澄んでいてすーっと染み入るような感動を感じて以来です。その後も2度一人でダブリンに行っていますが、ロンドンのような混雑はなく、ロンドンよりワントーン暗いイメージがある。でも、その落ち着いた様子がとても美しかった。今でもアイルランドに関する書籍はどうしても手に取りたくなります。

そしてこの本のタイトルによれば、アイルランドを知ることで日本がわかると言っています。帯には「資源小国としての大いなる生き方 最貧国から世界有数の豊かな国に 日本の“姿見”としてのアイルランドという国家」とあり、日本とアイルランドになんらかの類似性があることを示唆しているように見えます。でも、ここ韓国では、日韓関係を英愛関係に喩える人が少なくありません。つまりアイルランドと韓国は似た環境にあるというわけです。韓国に来て、「なるほどアイルランドに似ているな」と思った私は、日本とアイルランドの類似点ってなんだろう?と興味を持つに至りました。

著者は元駐アイルランド大使で、アイルランドに駐在される前はイギリスでも勤務に当たっておられた方です。帰国後、あまりにもアイルランドを知らない日本人が多いこと、そして約3年の任期中に得た知識のメモやお話が面白いこともあり執筆を薦められたのだそうです。

本書はまず、アイルランドの説明から入ります。イギリス支配の話とともに欠かせないのが宗教信条の問題です。その外、EU最貧国だったアイルランドが富国へと転進した経済事情なども数字を挙げて詳しく説明されています。

アイルランドの知識を掴んだ後は、アメリカ、イギリスの歴史へと遡り、アイルランドとのつながりを確認していく。アメリカの場合、移民の足跡を辿ることで両国の深いつながりを読むことができます。1845年のじゃがいも大飢饉により多くの人々が食料を求めてアメリカへ移り住みました。その移民の様子は映画『タイタニック』などにも登場します。(レオナルド・ディカプリオがアイリッシュの役)またアメリカでの活躍ですと『風邪と共に去りぬ』などにも登場します。主人公スカーレット・オハラ(O'Hara)はアイリッシュの名前です。おもしろいエピソードとして、オバマ大統領のシカゴでの票集めのお話がありました。シカゴのアイリッシュ人口は多く、地域を強く管理しています。アイリッシュの信頼を得たかった大統領は、アイルランド最大の祭りStパトリック祭のパレードに参加することを決意します。ところが指定された位置は列の最後尾で、オバマ大統領の直ぐ後をゴミ収集の車が続いていたそうです。

イギリスとの歴史的関係を整理するなかで、やはり日韓の話題に触れている部分がありました。読めば読むほど、私は韓国とアイルランドが似ていると思わずにはいられませんでした。挙げようと思えば、いくつも類似点をあげられます。現在英愛関係は良好な方向に進んでいるようです。しかし日韓関係はどうでしょうか。英愛史を通じ、日韓両国の問題を和解達成するに必要なこととして、著者は3つのポイントを挙げています。

①両国の相互依存関係が切っても切れないほど大幅に進展し、人的往来もまた今以上に盛んになること。
②そのことによって、相対的な経済格差がなくなるか、あるいはむしろ逆転するような事態が生じること。
③また、広い地域的枠組みの中で対等な共同体パートナーとなり、ともに汗そして血すらも流すようなプロセスが進むこと。
(P155より)



韓国に住んでいながらも、実は日韓の歴史に明るくない私には、非常に勉強になる項目でした。英愛は言語問題がありませんが、日韓はそうはいきません。よって人的往来も英愛よりは難しいかもしれない。そして日本には在日問題があります。この問題は英愛とは大きく異なりますね。また宗教が大きなポイントとなっている英愛とは違い、日韓には信条による問題はほとんどありません。

最後にアイルランドを日本の姿見とし、両国の関係や歴史を説明しています。私たちがイギリス人として理解していた人が、実はアイルランド人だったようです。小泉八雲がアイルランド人であることは有名ですね。資源の少ないアイルランドでは、人が最大の資源であるとして非常に思い切った政策を打っています。それが結果としてアイルランドを富国へと導いたのではないでしょうか。


アイルランドを知るキッカケとしても良書ですが、日本のあり方を考える上でも非常に参考になります。これは文句なしにおススメ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・あまりにも沢山思いついてしまうので記しませんでしたが、アイルランドと韓国は本当に似ています。面積、人口分布、経済などなど本当にそっくり。アイルランドから学びを得られる要素があるということは、韓国からも学びは得られるということではないでしょうか。アイルランドも韓国も、面積・人口が日本より少ないことから、小回りが利くという長所があります。現に韓国は日本よりも早くにインターネット政策が進んでいますし、何か新しいことを行おうと思った時も、あっと言う間に各所に手が届く。そこにはシステムの違いなどがあるかもしれませんが、それでも日本が韓国に遅れをとっている部分は日本の皆さんが思っている以上に多いのです。そんなことを改めて感じました。

・私はアイルランド文学が好きなのですが、もう少しそんな紹介があれば嬉しかったなーと思いました。そうそう、ノーベル文学賞受賞者のシェーマス・ヒーニーが俳句に魅せられていたという行を読み、じんわりと心が温かくなりました。アイルランド文学と日本文学、こういうところで文学世界のつながりがあったのか!このエピソードにものすごく感動!




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/10

Wed.

23:31:59

イギリス式 小さな部屋からはじまる「夢」と「節約」 

Category【ライフスタイル

イギリス式 小さな部屋からはじまる「夢」と「節約」 (講談社+α文庫)イギリス式 小さな部屋からはじまる「夢」と「節約」 (講談社+α文庫)
(2009/06/18)
井形 慶子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

大学休学でイギリスに行って切り開いた人生

 大学在学中、私は、少ない仕送りで何とかやりくりしながら自分の将来を模索していました。
 このまま四年間、漫然と学生生活を送っていいのだろうか。本が好きで、高校時代は少女漫画家を目指して、せっせと自分の作品を出版社に登校していた私は、大学には入ったものの、卒業した後にいったい何ができるのか、就職先をどうするのか、夢と現実の間であせっていたのです。あいかわらず出版社に投稿を繰り返していましたが、なかなかデビューもできず、明らかにゆきづまっていました。
 当時の私は理想の住まいをお金をかけずに自分の手でつくり出したいと思って、老朽化した賃貸納屋の改装に励むなど、ほかの学生とは少し違う価値観に目覚めていました。このまま漫画家を夢見て進むより、むしろ出版社で本をつくるような仕事をしたほうが性に合っているのかもしれない。自分が感じたことを漫画で表現するのではなく、文章や写真で伝え、本や雑誌の誌面を考えることで表現したほうがいいのではないかと思い始めていました。



続けて井形氏の書籍です。

書き出し部にあるように、第一章は著者の学生時代とアルバイト時代からスタートします。今までいくつかの井形本を読んできましたが、著者がどうしてイギリスに興味を抱くようになったのか、この本でやっとわかりました。多くはインテリアの話へと発展していくのですが、そこにイギリススタイルの手作りの味を加えた話はとても楽しめました。

イギリスの本と言えば林望さんか井形さんかというくらいの人気ですが、イギリスに限らず海外生活をテーマとしている本の書評を見てみると、星5つで大絶賛している読者が多い一方、星1つで辛らつなコメントを残している読者も少なくありません。その大半は「海外を買いかぶりすぎ」「日本の生活には合わないことばかり」「隣の芝は青くみえる」など、著者の視点が「日本<海外」と日本を過小評価しているような点が気に入らないんだと思います。でもよく読めば感じられると思いますが、決して日本が悪いといっているのではなく、他国の良い所をピックアップしているだけなんですよね。日本の良い所を見繕って書籍にすることは簡単です。よその国ではこんな良い考え方、ライフスタイルがあるんですよと紹介してくれる本は、実際に海外に行く必要なしに他人の経験から知識を得られるチャンスです。

この本ではインテリアをはじめ、家の見つけ方や選び方、お金の使い方、安全に暮らす方法など、イギリスの人々が実践している知恵を紹介してくれています。そもそも日本とイギリスでは、家自体の寿命の長さが異なります。イギリスには築何百年にもなる住宅がある一方、木造の日本は特別に国が保護している建物やお城・お寺以外にそんな長持ちする住宅は存在しません。ですので、家へ要求するポイントが違います。例えば地価。イギリスの人は、家に価値を見ているので、附帯する土地にはあまり感心がないそうです。一方日本は地価いくらで住居の価値を決める傾向にあります。

生活それ自体もずいぶん違ってきます。イギリス人は古いものを大切にするといいますが、それは単にアンティーク好きというのではなく、家のような人生を左右する大きな物の価値が、金額や広さではなく、古さや環境などを重視していることに繋がっている。物の真の価値はブランド名や市場価格にあるのではなく、丈夫であったり、職人の技が感じられるような工夫であったり、代々大切にされてきた歴史などにある。それがイギリス式のようです。

全てを実行することは難しいですが、せめて無駄のないシンプルな生活というのは実践したいものです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・イギリスに関する本を読んでいると、なんとなく「やってみよう」という気になります。それはきっと、イギリス人の「自分の手で自分の生活を作り上げるという意識」に刺激を感じるからだと思います。この頃なんでも便利になりすぎて、過食過物気味。吟味するということすら、なかなかしなくなってしまいました。自分が本当に欲しているものを知るにはやはりシンプル・ライフが一番だと思えてなりません。

・私もこの頃は節約を意識するようになりました。結局お金を使おうとすると、ムダが増えてしまう。今は冷蔵庫に「残すな、危険!」と貼紙をしています。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/09

Tue.

12:21:59

ねじまき鳥クロニクル 

Category【日本文学

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
(1997/09)
村上 春樹

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

火曜日のねじまき鳥、六本の指と四つの乳房について

 台所でスパゲティーをゆでているときに、電話がかかってきた。僕はFM放送にあわせてロッシーニの『泥棒かささぎ』の序曲を口笛で吹いていた。スパゲティーをゆでるにはまずうってつけの音楽だった。
 電話のベルが聞こえたとき、無視しようかとも思った。スパゲティーはゆであがる寸前だったし、クラウディオ・アバドは今まさにロンドン交響楽団をその音楽的ピークに持ちあげようとしていたのだ。しかしやはり僕はガスの火を弱め、居間に行って受話器をとった。新しい仕事の口のことで知人から電話がかかってきたのかもしれないと思ったからだ。
 「十分間、時間を欲しいの」、唐突に女が言った。
 僕は人の声色の記憶にはかなり自信を持っている。それは知らない声だった。「失礼ですが、どちらにおかけですか?」と僕は礼儀正しく尋ねてみた。



本書は3部構成になっています。上の書籍は第一部です。続く2部はこちら。

ねじまき鳥クロニクル〈第2部〉予言する鳥編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第3部〉鳥刺し男編 (新潮文庫)

1部、2部は300ページ程度なのですが、3部は500ページを超える厚さ。でも、あまりにも話しが入り組んでいて、途中でやめられなくなってしまう不思議さがあります。ファンタジー要素がありながらも戦争に繋がる過去や、登場人物の持つ一風変わっているけれど生々しい人柄が刺激となりました。

語り手である「僕」は現在失業中。法律事務所をやめたばかりの30歳。妻のクミコが出版社で仕事をしているので、今は主夫として家のきりもりをしています。ある日、結婚したときから飼っていたネコがいなくなります。クミコはどうしてもネコを探して欲しいと「僕」に言い、「僕」はネコ探しに出かけるのですが、そこで今は空家となった不思議な家と、その近所に住むメイという女の子に出会います。メイの協力を得ますが、ネコはやっぱりみつからない。

そこへクミコから「加納という人からネコの件で電話がある」と連絡があり、そこからどんどんと「僕」の周囲は複雑な世界へと突入していきます。

舞台は1980年代です。正確に言うと、84年の6月から7月までが第一部の舞台です。84年と言えば、マイケル・ジャクソンが『スリラー』で大ヒットを出した年。村上春樹さんの小説には、大抵マイケルの名前が登場します。彼にとって、80年代の象徴はマイケルなのかもしれませんね。

非常にハラハラしながら読み進めました。やっと『1Q84』に手が出せそうです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・長い小説ですが、1部、2部はあっと言う間に読み終えられます。3部に入る直前あたりから登場人物の入れ代わりガあり、またまた不思議度が増すという作品です。

・ねじまき鳥という響きがおもしろいですよね。そして、それぞれの部の副題も音楽に関連しつつ意味深です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/08

Mon.

23:34:02

少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家 

Category【ライフスタイル

少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家 (新潮文庫)少ないお金で夢がかなうイギリスの小さな家 (新潮文庫)
(2008/09/30)
井形 慶子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに 
広くなければ快適な家ではないのか

 バブル期に戸建てを買わなかった理由

 一九八〇年代半ば、当時私が暮らしていた築二五年経つ借地権付きの2DKの中古マンションは、新宿に近いという理由だけで、五〇〇〇蔓延近い値がついていました。日本中にお金があふれていたバブル現象は、家もマンションも土地も、不動産と名のつくものすべての価格をスカイロケットのように押し上げていたのです。
 二〇代の頃から、いつかは一軒家を購入して、庭のある暮らしをしたいと思っていた私は、その頃思いもかけず手ごろな価格の家が近くに売りに出されたことに胸を躍らせました。



イギリスについての書籍を多く書いておられる井形氏。住宅に関連する書籍を読んだことがなかったので、この機会に購入してみました。

韓国に住むようになり、私の住居に関する感覚は随分変わってしまったように思います。私は北海道で育ったせいか、結婚したら自分たちの城として一戸建てを築くものだと思っていました。自分たちのマイホームを持つことが夢というか目標でした。ところがソウルでは、人気地域にある財閥企業が作った大きな団地に住むのがステータス。一戸建てにしか住んだことのなかった私には、一戸建てより当然のごとく大型マンションを求めるソウル人が理解できませんでした。でも今は、年数万円の管理費で面倒みてくれるマンションが楽だなーと思うように…

イギリスの場合、どんなに機能的で広々としていても、外見として美しくなければ住居としての価値は認められないそうです。また、プライバシーという言葉がキーワードとなってちらちらと表れます。例えば、隣家から家の中身が見られないようにプライバシーを尊重した窓の配置や庭の木々。家の中でも、他の家族から自分だけの時間を持てるプライベートな空間作り。それには広々とした場所である必要はありません。タイトルにもありますように、小さな家でもいかにアイデアを出してくつろぎの我が家を作るかに価値を見出しています。

イギリスにはB&B(Bed & Breakfast)という宿のシステムがあります。これらは一般の家を改造して客室を作ったり、マナーハウスのような大きなお屋敷を宿にしたものもあります。それぞれ部屋ごとにインテリアや間取りも異なり、まさに二つと同じ部屋はないのです。思えばイギリスのB&Bに泊まった時、ベッドもそんなに大きくなく、部屋もこじんまりした中にも落ち着きがありました。今までそれはちょっぴり暗めの照明のせいだと思っていたのですが、この本を読み、いかにイギリス人が空間を演出することに長けているかがわかった次第です。

光の加減を鏡で工夫、デッドスペースに生まれたプライベート空間、収納や家具の利用法などなど、使える情報が沢山ありました。ただ、イギリスと日本(そして韓国)では風土や文化が異なることから、全てを絶賛できるとはかぎりません。でも読めば何かのアイデアは必ず見つけられるはずです。住居への不満や、住居の購入を考えている方にはヒントの多い書籍となるでしょう。写真は少ないですが、この本を読んでからヨーロッパのインテリア雑誌を見ていると、今まで見逃していた小さな部分にも目が行くようになりました。文章で書かれている方が、返ってイメージが膨らむようです。おススメ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・「どんな家に住みたい」と具体的に考えた事がなかった私には、イギリス人の住宅へかける思いに驚きを感じずにはいられませんでした。不動産で案内が出るたびに中を見せてもらったり、旅に出るたびにインテリアや家具の配置に感心を持つようにしたり、住宅用のノートを作ってアイデアを書き溜めたりなど、家が単なる住居以上のものになっているのです。イギリスの人は、住居と人生を重ねているのかもしれません。

・それにしても韓国のアパート(マンションのこと)は本当に味気ない。そして日本のコンクリート住宅より若干作りが弱いような気がします。音洩れも多いですし、故障もたびたび。やっぱり私は一戸建てが好きだなぁ。

・イギリスというと庭のイメージが強くありますが、住宅と一体化してこそ庭の価値が際立つものなんですね。裏庭を「使う庭」として愛用する生活、羨ましいです。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/05

Fri.

23:47:21

総合英語Forest 

Category【語学 

総合英語Forest 6th edition総合英語Forest 6th edition
(2009/12/04)
石黒 昭博

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はしがき

 みなさんは英文法が好きですか。学習者の中には、英文法よりも英単語の学習のほうを好む人が多いようです。短い単語を覚えるのはそう負担ではありませんし、「勉強しているぞ」とい実感を得やすいからでしょう。
 しかし、ちょっと考えてみてください。単語をただ並べるだけではコミュニケーションをとることができません。語と語の正しい並べ方を知って初めて、相手にも自分の言いたいことを理解してもらえ、また相手が言っていることも理解できるのです。英文法で扱うのは、この語と語の並べ方の「ルール」なのです。



画像と書き出しですが、これは今私の手元にある5th editionから抜粋しました。

今週から新しい日本語のレッスンが始まり、今生徒さんはヤル気いっぱいです。実は日本語と韓国語は非常に似通った文法を共有しているのですが、なぜか私の生徒さんたちは英語と日本語を比較して理解しようとするんですね。授業はすべて日本語なのですが、時制の説明の時など英語を持ち出す生徒さんが増えてきました。問題は答える側の英語力です。そこで私も急遽英語対策を取る必要が出てきました。今週は地下鉄の移動中にこの本を読み続けて、どうにか乗り越えられた感じです。

この本の素晴らしい所は、お堅い文法書というスタイルを覆し、読み物としての楽しさがある点です。説明が非常に読みやすくわかりやすい。英文法で定評のある書籍と言えば『英文法解説』『ロイヤル英文法―徹底例解』がありますが、この2冊のしっかりした装丁、とっつきにくそうなイメージ、そしてどのページを捲っても難しそうな印象を取り除き、英文法はわかりやすく、楽しく、やって損は無い!と教えてくれるのがForest。

レベルは大学入試程度ではないでしょうか。例文も多く、練習問題もついています。大人が2度目の英語のお勉強を試みるなら、敷居のまたぎ易いこの本から入ることをおススメします。読んでいるだけで、なんとなく思い出せるので不思議です。また、日本語文法との違いが理解できたので、レッスンでも非常に役立っています。図が多いのもいいですね。

さらっと復習したい人にも、がっちり英文法に取り組みたい人にも向いている1冊ではないでしょうか。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・千野栄一先生の本に、語学で大切なのは「良い教師、良い辞書、良い教科書」という言葉がありました。この本はまさに良い教科書です。おなじく語学を教える立場として読んでみると、いかにわかりやすくおしえることが大切で難しいかがわかりました。とにかく「英文法は難しい」というイメージから脱却したいなら、これがおススメ。

・多言語の文法書を見ていると、日本の文法書はまだまだ弱いですよね。弱すぎです。とは言え、言語は生きていますし、とても1冊の本にまとめられるものではないと思いますが、生き生きした楽しさが伝わる文法書があって欲しいものです。






☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/04

Thu.

21:09:10

ハリー・ポッター 

Category【児童文学

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
(2008/07/23)
J. K. ローリング

商品詳細を見る


今更感もありますが、今年に入りハリー・ポッター全7巻を一気読みし始めました。現在は5巻までは携帯版というのがでておりまして、ハードカバーより若干お買い得です。

ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)
ハリー・ポッターと秘密の部屋 携帯版
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 携帯版
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 携帯版
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下巻set(携帯版)

今見てみると、3月11日に6巻目の携帯版が出るようですね。

ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻set(携帯版)ハリー・ポッターと謎のプリンス 上下巻set(携帯版)
(2010/03/11)
J・K・ローリング

商品詳細を見る


携帯版はただサイズが小さくて軽いだけです。押し絵や文章は全て同じと思います。特に上下巻に分かれる6巻目以降は携帯版の方がお得と思います。ただ、最後がどうなるか待ちきれないと思いますので、結局ハードカバーを買ってしまうんですけどね。

私は2002年にソウルに来る前、ちょうど3巻目までを読んでいました。その後、一度4巻目をハングルで読んだのですが、どうも雰囲気が出ない。それからずっと今まで読む機会に恵まれずにいたのですが、返ってそれが良かったかと思います。最初から最後まで一気に読み通したので、わくわく感を増大させながら7冊目まで到達した感じです。

ハリー・ポッターのお話を知らない人は居ないと思いますが、念のため簡単に説明しますと、ハリー・ポッターシリーズは魔法の世界のお話です。代々続く魔法使いの家に生まれたジェームスと、魔法を使える普通の人間リリーが結婚し、その間に生まれたのがハリー。ところがハリーの両親はハリーが1歳の時に魔法使いの悪者に殺されてしまいます。その時生き残ったのはハリー一人。敵はハリーを殺せなかった上に、自分も打撃を負ってしまいます。孤児となったハリーは母方の伯母のところに預けられるのですが、決して良い待遇は受けません。なぜなら、伯母も叔父も魔法なんてものは一切信じていないから。「魔法」と口に出すのも禁止でした。両親の死は事故によるものと知らされていたハリーですが、11歳になる年、ホグワーツ魔法学校から入学案内があり、自分が魔法使いだということを知らされます。

物語はいつも7月の夏休みのシーンから始まり、学期終わりで1巻が終わります。ハリーは夏休みはどうしても大嫌いな伯母の家に帰らなくてはなりません。いつも冷遇されていたハリーですので、誕生日もマル無視されます。そんな寂しい夏休みではありますが、9月のホグワーツの開校で楽しい魔法の世界が登場します。ふくろうが手紙を運んだり、空飛ぶ箒のスポーツがあったり、魔法学校の授業の内容もファンタジーそのもの。よくこんな内容を思いつくなぁ!と感心するばかりです。

5巻目以降は涙涙で読みました。ファンタジーのドキドキのほかに、人の心をぎゅっと掴んで話さない喜びや悲しみまでもが盛り込まれたファンタジーなんて、やはりハリー・ポッター作品以外に思いつきません。イギリス人が言う「The best fantasy in my life time」は、まさに!ですよね。

ほんとに今更ではありますが、倒れても倒れても必ず立ち上がるハリーの姿にモチベーションがあがったのは私だけではないはず。この作品が世界中で大ブレイクした理由、納得です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・イギリスの児童文学を読むたびに思うのですが、「死」が上手に取り上げられているなと感心してしまいます。ただ恐ろしいものではなく、なにか超越した世界にありつつも温かい印象が残ります。

・登場人物は11歳~18歳の少年・少女達です。先生方には100歳くらいのお爺さんもおりますが、子供の冒険が軸となっています。

・映画がまた素晴らしいですよね。そろそろ6巻目が上映されるのでしょうか。楽しみです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/03

Wed.

22:16:12

あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編 

Category【ビジネス・経済

<
あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編
(2003/11)
渋井 真帆

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

決算書の読みこなし力があるかないかで人生は大きく変わります。

 決算書の勉強というと、
「自分は財務や経理の部署で働いているわけではないから関係ない」、
「難しそうだし、そもそも決算書が読めないからといってそんなに困るわけではない」、……と敬遠してしまう人が多いようです。
 けれど、これからの時代、一見自分に関係なく思える「決算書読みこなし力」は、企業に頼らず、環境に翻弄されず、どこに行っても自分らしく、自分の満足のいく生き方を実現するために欠かせないものです。



日本語のレッスンで投資に関連する質問を受ける時があります。そんな時、必ず本棚から引っ張り出すのがこの本。ずっと文系で算数どころか数字自体が苦手な私でも決算書の内容を読めるようになったのは、この本のおかげです。03年に出た本ですし、今では他にも多くのマネー本が出ていますが、私はこの本が一番見やすく、他の本を読んでも必ずこの本に戻ってくるほど大切にしている1冊です。

06年に新版が出ているそうですが、私はまだ購入していません。

新版 あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編新版 あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編
(2006/05/26)
渋井 真帆

商品詳細を見る


この本は各項目が表す大まかな意味の説明と、実際の決算書に照らし合わせての解説が載っています。特に単語の説明が非常に便利で、一度読むと頭にすっと入ってきます。専門知識のある方には恐らく物足りない内容かもしれませんが、私のような初心者には「なるほど!」と膝を打つ瞬間を与えてくれます。読んでいくうちに、スルメのように味がでて、読み終わると早速決算書を見てみたくなります。

この写真にはありませんが、帯に『時給650円の専業主婦が年収8ケタになった理由は、「決算書読みこなし力」という武器を手に入れたからです。』『ついでに投資力もアップ』との著者のメッセージが出ています。投資のために決算書を読みたいという人にも使えますが、学校の授業や仕事の内容にも絶対にプラスになるはずです。

決算書の本なら、私は「まず、これを読め!」と薦めています。わからなかったことをスッキリさせたかったら、これを読みましょう。数字が少し身近になるはず。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・私のレッスンでは、一切英語や韓国語を使いません。生徒さんに分からない単語がある時には生徒さんのわかる範囲の単語を使って説明します。ですので、経済用語を聞かれると、本当に困る。自分が理解していないと、説明すらできないのです。そんな時は絶対にこの本を開きます。経理部や経営者の方へのレッスンの時には、こっそりこの本でカンニングしながら説明することさえあります。初歩用ですので、とても読みやすいです。ありがたい一冊。

・でも、投資、してないんですよね。もっと落ち着いたら、いろんな決算書を見比べてみたいです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

03/02

Tue.

22:17:36

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある! 

Category【語学 

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!
(2009/10)
清岡 智比古

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

今、本屋さんで立ち読みしているあなたへ

 今あなたは、どこかの街の本屋さんで、このページを読んでいてくれるのでしょう。それはきっとあなたが、大学や短大、語学学校などで、フラ語を勉強しているからですね?そしてもしかしたら、こんな風に感じているのではないでしょうか?
・フラ語もね、最初の頃は楽しかったんだけど、この頃はちょっとムズカシくなってきて……。コマかすぎると頭痛いし。
・勉強する気はあるんだけど、何冊も読んでいる暇はないの。これ1冊でOK、って感じの本があればいいけど……。
・フラ語の発音、ルールがメンドー。でも読めないと気分でないし……

 もしあなたが、少しでもこんなふうに感じているなら、この本はあなたのための本です。



上の書き出しは嘘ではありません。本当にこれは最後まで読み通せてしまいます。

私は日本語教師をしていることもあり、他言語の文法書を見たり、自分が生徒となって語学学習者の立場になるべく時々外国語の勉強をしたりしています。フランス語は前から憧れの言語ではあったのですが、実はしっかり勉強したことはありません。でも、この本を読んで、文法体系はうーっすらわかるようになりました。

イギリス関連の本を読んでいると、時々フランスの話題が出てきます。イギリスとフランスは歴史的にも関連の深い国ですから、フランスのお話が出てきても当然です。でも、フランス語がわからない私には、お手上げでした。でも、この1冊で本当に解決した気分になれました。

まず、文法書ですが、最初の発音の問題などが非常におもしろい。私はフランス語は聞いているだけでもウットリしてしまうのですが、CDを聞きながら本を読んでいると、「あ、そうか!」とアルファベットの読み方などがわかってくる。

そして、文法。男性・女性名詞があるフランス語ですが、その違いもスッキリわかります。その他面倒な文法事項も、すーっと最後まで読み進めることができました。その秘密は、文章と構成の面白さにあります。清岡先生はNHKのフランス語講座でもおなじみですが、そのテレビ講座のまんま、楽しいフランス語がこの1冊にこめられているとう感じです。

実は、この本にCDが付く前の本を持っていました。ところがCDが付いたと知り、すぐに追加で購入。内容はまったく同じですが、練習問題が少し増えています。また、白水社さんのHPでダウンロードもできます。購入するなら、数百円の差ですがCDの付いた改訂版をお勧めします。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・だんぜんフランス語を勉強したくなります。きれいなフランス語の発音が身につけばなぁ・・・

・今度フランスに行くチャンスが来るまでに、簡単なあいさつくらいはできるようにならないと。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。