07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

08/31

Tue.

09:38:51

ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ 

Category【ライフスタイル


ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ (知恵の森文庫)ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ (知恵の森文庫)
(2005/08)
沖 幸子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

ドイツの暮らしで得たもの

 私の家事、掃除の原点はドイツでの二年間にあるかもしれません。
 掃除が好きではない私が「きれいに暮らすこと」に目覚めたのですから。
 たまたまチャンスがあり、当時努めていた洗剤メーカーを休職し、「家事の国」ドイツでの暮らしが始まりました。
 ドイツ暮らしがスタートして、まず最初に驚いたのは、どこのお宅もいつも整理整頓され、部屋中美しく磨き込まれていたことでした。
 当時、三階建てのアパートの一階が私の住まいでしたが、二階の住人のオーズラ夫人とはお茶に招いたり、招かれたり、引っ越しした翌日から親しいお付き合いが始まりました。
 彼女は、家事上手な典型的なドイツ婦人でした。
 彼女の掃除タイムは毎朝十時から30分間。
 わが家の天井から、いつも「コツ、コツ」と彼女の元気な靴音が聞こえてくるのです。ドイツの床はほとんどが木張りです。そのため、階下までよく響いてくるので、彼女の動きが手に取るようにわかりました。今、床を拭いているわ、今度はバスルームだわ……、今度はキッチン……というように。



今、私が住んでいる韓国の住宅事情は、日本とは大きく異なります。まず、今や東京以上となりつつある住宅購入価の高騰。ソウル市内ですと、いまや1億円あってもアパートを購入することはほぼ不可能に近くなっています。構造も異なり、例えば韓国の方は玄関からすぐに居間が見渡せるようなスタイルを好むようです。これは冷暖房が日本以上に行き届いているからかもしれませんが、こちらのアパートは大抵玄関に続く廊下がありません。そして入浴よりシャワーを好むので、シャワーしかない家も多いですし、浴槽があっても取ってつけのような簡素なもので、バスルームと御手洗が一緒になったユニットバス式が主流です。

私にしては、使いやすい点もあれば、どうにか改善したいと思う面も多々。特に地価高騰のせいで、なかなか広い家に移れないというストレスは爆発寸前です。我が家は毎年秋に賃貸契約の更新があります。今年は家賃が倍に上がったけれど、現状維持で引っ越しはナシということになりました。ああ、またこの狭い家で1年か…。

ということで、出来る限りの気分転換を!とあれこれ模索しています。新しい家具を置くにしても、配置換えするにしても、まずは部屋の掃除から始めなくてはなりません。いらない物は全部捨てて、新しい空気を取り入れなければと思い、この本を購入しました。

ドイツに「家事の国」という印象はありませんでしたが、キッチンにある食材などを上手に利用して、家をピカピカに磨いていくというのはまさに生活の知恵ですね。おばあちゃんの知恵袋的なアイデアが次々に紹介されています。私の場合、韓国のお料理にはニオイの強い食材を使うことが多いので、それらをどうにか改善したいと思ってきました。この本のアイデア、さっそくいくつか試してみています。効果が出るといいのですが。

ヨーロッパの国々は、家にそれぞれ愛着を持って接しているような気がします。冬の日照時間が短い時期を、屋内でどう快適に過ごすかが徹底されているんでしょうね。インテリアのアイデアだけではなく、より快適に環境を作りあげる一つの手段としての「掃除」が心に安らぎを与えてくれることがわかりました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・この本はドイツで暮らした方が見たドイツの掃除法ですが、以前に読んだイギリスやフランスや北欧のアイデアとも共通する部分が多くありました。だいたいは家にある食材を上手に利用するというのがポイントにあるからだと思うのですが、野菜の皮、出がらしのお茶やコーヒー、ゆで汁の再利用はエコにも繋がる上にすぐに試せる工夫だと思います。

・ですが、ヨーロッパと日本では室内の構造が違いますよね。「和室はどーするんだ」というご意見もあるはずですし、室内で靴を履くか脱ぐかでも随分勝手が違ってきます。やってみて思ったことは、まずはキッチンなどの絶対にどの国でも存在する場所から初めてみると、自分の生活と紹介されているアイデアとの相性が分かる気がするということ。

・浴室はその住む地域の湿度が大きく関連してきますよね。私はいつもドイツ製のスポンジみたいなやつ(激オチくん)でカビ掃除しています。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2010

08/30

Mon.

10:50:00

マイケル・ジャクソン 

Category【MJ


マイケル・ジャクソン (講談社現代新書)マイケル・ジャクソン (講談社現代新書)
(2010/03/18)
西寺 郷太

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

皇太子妃ダイアナの突然の死は、今世紀最大の悲劇のひとつです。彼女はまさに、世界の友人でした。私は人生の大半を衆人環視の中で過ごしてきたひとりとして、タブロイド紙にサポートされたパパラッチの野獣のような恐ろしさを英国当局に話しました。大衆が望むからでしょうが、彼らの行為は文明社会ではまったく不当なものです。世界がダイアナ妃の惨事から学ばなければ、この衝撃に匹敵する悲劇がさらに繰り返されるでしょう。
― マイケル・ジャクソン(1997年9月1日、親友であったダイアナ元妃の事故死の後、発表した声明)

 マイケル・ジャクソンにとって13年ぶり、そして彼自身によって「ファイナル・カーテンコール」、つまり最後の大規模なライヴになると宣言された「THIS IS IT」。2009年3月5日、ライヴ会場に決定したロンドンのO2アリーナで行われた記者会見は世界中の視線と話題を集め、追加公演も含む全50公演すべてのチケット80万枚は瞬く間にソール度アウトしていた。
 しかしマイケルは、そのステージ・リハーサルの最終段階であった6月25日、ロサンゼルスの自宅において呼吸停止に陥ってしまう。こん睡状態の彼は救急隊員による緊急蘇生措置を受けたがままならず、現地時間同日午後2時26分、搬送先のUCLA付属病院において、ロサンゼルス郡検視局によりその死を確認された。その訃報はジャクソン兄弟三男ジャーメイン・ジャクソンの会見によって伝えられ、世界中に衝撃を与えた。



昨日の8月29日は、マイケルが旅立ってから2度目となる彼の誕生日でした。生前、母親がエホバの証人の信者であったことから、クリスマスや誕生日を祝ってこなかったマイケル。上の書き出し部をタイプしながら、またあの日のことを思い出してしまいました。

在外ですと、なかなか著者である西寺さんの活動が伝わってこないのですが、前作の『新しい「マイケル・ジャクソン」の教科書』にもちらりと書きましたが、ご自身も演奏をなさる方で幼い頃からのマイケルファンなんだそうです。

映画『TII』が公開され、日本ではマイケル人気が再来しているようですが、90年代に起きたマイケルへの誹謗中傷は今の人気からは想像できないほどに酷いものでした。本書を読んでいると、その頃「絶対にそんなことはないよ!」とからかいの声に立ち向かった頃を思い出さずにはいられない。きっと西寺氏も同じように「違うで!」とか言いながら熱く語っておられたに違いない。

前作よりも、こちらの方が一歩奥へ入ったマイケル本という感じがします。前作は周知の事柄をアラカルトにまとめた感があり、著者がバンドマンであるという突飛さ以外には他の追悼本とそう大差ない気がしています。ただしファン目線という意味では、西寺氏の書籍には共感出来る部分が多々ありました。

本作は、前作であっさりしすぎていた「マイケル裁判」についての説明が多く語られています。マイケルは90年以降に2度、少年への性的犯罪疑惑で訴えられているのは周知の事とは思いますが、1度目の裁判は和解策をとったことからまとまった情報が掲載されている書籍はそう多くはありません。(2度目の裁判については、『マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか?』に詳しく記載されています。)

個人的に面白かったのは、プリンスのお話。私はそれほどプリンスに興味がなかったのでよく知らなかったのですが、マイケル、プリンス、マドンナは同じ1958年生まれということで何かと比較されることが多い存在でした。とくにマイケルとプリンスはライバルだと評されていましたが、同じ舞台に立つことは殆どありませんでした。マイケルがライオネル・リッチーと書き上げた『We are the World』に参加予定だったプリンスがドタキャンしたお話は有名ですが、西寺氏の推測ではそれはプリンスの身長に関係があったのでは?とのこと。この部分、本当に面白いですので是非読んで頂きたいと思います。

また、ジャクソンファミリーのそれぞれのメンバーに関する記事も面白かったです。マイケルにばかり注目が行きますが、実は彼らもかなりスゴい人たちなんですよ。妹のJanetは有名中の有名ですが、男の子たちもなかなかやります。私はマイケルのすぐ上のおにーちゃんのMaronと直ぐ下の弟Randyが大好きです。

今の人気が一過性のものかどうかはわかりませんが、西寺氏はYoutubeがマイケルへの再人気を高めていると評価しています。今はパソコンが最大のツールとなっており、マイケルの作品を気軽に目に耳に出来るようになった。だからこそ『TII』があれほどまでの人気となり、今も新たにマイケルファンを増やしていると分析しています。

マイケルの音楽がある限り、マイケルへの思い出が過去へ薄れることはありません。残念ながら、マイケルがいた時にリアルタイムで音楽が聴けなかった方にはこの本が彼のlifetimeを知る上でのヒントになると思います。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・帯には「なぜマイケルは誤解されたか」という見出しがついていますが、この本だけでは絶対に不十分。合わせて『マイケルジャクソン裁判』も読むべき。

・なんとなくタブーに感じていたランディとジャーメインの女性関係のお話もさらっと書いていらっしゃていて、逆に気持ちよかったです。しかしジャーメインは一体どこに向かっているんだ!と思わずにはいられませんでした。

・マイケルについて書かれるものをみると、とにかく少年期の寂しさのお話、性犯罪疑惑、そして変人説が付きまといます。今は後者2つを否定する(というか、昔から違う!って言ってるだろ!と強調する)のが主流になっているようです。個人的にはマイケルの音楽の楽しみ方を示唆するような本を出して欲しいなー。というか、自分がまとめたものを提供したいくらいだ!!!


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/27

Fri.

08:32:42

痕跡 

Category【海外文学


痕跡 (上) (講談社文庫)痕跡 (上) (講談社文庫)
(2004/12/15)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る



痕跡 (下) (講談社文庫)痕跡 (下) (講談社文庫)
(2004/12/15)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 近代のどの戦争の犠牲者よりも多くの死者を見てきたこの市街の古い一角で、黄色いブルドーザーや掘削機が土と石を掘り砕いている。ケイ・スカーペッタは、レンタカーのSUV車の速度をとまる寸前までゆるめた。前方でおこなわれている解体工事に胸をつかれ、自分の過去を情け容赦なくつぶしていく、からし色の機械を見つめた。
「だれか、いってくれればよかったのに」
 十二月のこのどんよりした朝、ここへきたのはほんの思いつきからだった。昔勤めていた建物のそばをとおって、しばしノスタルジアにひたろうと思ったのだ。ビルがとりこわされているとは知らなかった。なぜだれも教えてくれなかったのだろう。さりげなくそのことを話にだすのが思いやりというものではないか。せめてこういってほしかった。ああ、そういえばあのビルね。昔、あなたが若さと希望と夢にあふれて、愛というものを信じていたころに働いていたところ。いまでもなつかしんで心にかけているあの古いビルが、いまとりこわされているんだ、と。



シリーズ第13弾目です。本国では2004年に『Trace』というタイトルで出ています。

検屍官シリーズが上下巻になって、これで3作目。内容とは全然関係ありませんが、この作品から文字が大きくなり、1ページ当たりの行数が減ってます。前作を読んですぐ、引き続きこの本を手に取ったので「あ、字がデカい。」と真っ先に思いました。それから、漢字が少ない。上の書き出し部はいつも自分でタイプしているのですが、どんどんと漢字が少なくなってくる気がします。どのくらい漢字が減っているかというと、明らかにシリーズがスタートした頃よりも、ページ内の白いスペースが目立っています。漢字が減ると、こうも読みにくく文体が軽く感じられるものなんですね。これ、2巻に分ける必要はなかったんじゃないかな。字も大きくし、ひらがなを増やしてまでページ数をかせぎたかったように思えてしまうなぁ。

さて、リッチモンドの検屍局を辞めたケイは、今ではフロリダにオフィスを構えています。姪のルーシーもNYからフロリダにオフィスを移しました。(そういえば一緒にオフィスを開いたATFの先輩はどうなったんだろう。この頃登場しませんね)マリーノもフロリダに住んで、今ではたばこもやめてダイエットに励んでいます。

前前作で、実はFBIの作戦の一貫として、死人を装っていたベントンの存在があきらかになりました。今回はコロラドの雪山の中でルーシーをサポートする役として登場です。彼は今、どういう立場なんだろう。死んだはずの人が生きているわけだけど、FBIにまだ所属しているのかしら。その辺、はっきり書かれていなかったので、次作に期待です。

アマゾン評を見ても、どんどんとネタ切れに関する指摘が増えてますね。確かにこの作品は、一番緊張感の続かない作品だったかと思います。犯人像がはっきりしないというか、弱すぎる。ケイやマリーノやルーシーが悪に立ち向かう勇敢な姿に魅せられていた読者には、はっきり言って「なんじゃこりゃ」な終わり方。

うーん、次回に期待かな。

【シリーズ記事】

・第一弾 検屍官
・第二弾 証拠死体
・第三弾 遺留品
・第四弾 真犯人
・第五弾 死体農場
・第六弾 私刑
・第七弾 死因
・第八弾 接触
・第九弾 業火
・第十弾 警告
・第11弾 審問
・第12弾 黒蠅


jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・1年に1作ずつ生み出すのは、とんでもなく大変なことだと思います。それも主人公を成長させながらも、展開させていくわけですから。今回はシリーズの中で一番読了後がスッキリしない作品でした。

・やっぱりケイの言動を語る際、「スカーペッタは」のようにわざわざ書き出しているのは何か意味があるのでしょうか。sheと3文字にするより、Scarpettaと9文字に増やして登場頻度も増やせば、文字数が増えるよね・・・と思ってしまうのは私だけ?


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/26

Thu.

06:58:56

黒蠅 

Category【海外文学


黒蠅 (上) (講談社文庫)黒蠅 (上) (講談社文庫)
(2003/12/26)
パトリシア コーンウェル

商品詳細を見る



黒蠅 (下) (講談社文庫)黒蠅 (下) (講談社文庫)
(2003/12/26)
パトリシア コーンウェル

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 ドクター・スカーペッタはガラスの小びんをろうそくの明かりにかざし、エタノールの溶液に浮かんでいるうじ虫を照らした。
 一目見ただけで、黒いねじぶたつきの標本びんに保存されているこのクリーム色の死骸が、変態のどの段階にあるかがわかった。生きていれば、この幼虫は胴が青く光る学名Calliphora vicina、つまりクロバエになったはずだ。死体の口や目のなか、あるいは生きている人間の膿んだ傷口などに卵をうみつける。
「どうもありがとう」スカーペッタはテーブルを囲んでいる十四名の警官や鑑識課員をながめた。国立法医学アカデミーの二〇〇三年卒業クラスの生徒たちだ。彼女はニック・ロビヤードの無邪気そうな顔に視線をとめた。「食卓で口にするのがはばかられるような場所でこれをとって、私のために保存しておいてくれたのがだれかは知らないけれど……」
 みなぽかんとした顔をして、肩をすくめる。
「ともかくプレゼントとしてうじ虫をもらうのははじめてよ」


さて、シリーズ第12弾目でございます。本国では2003年に『Blow Fly』というタイトルで出版されている模様。

場面が2000年代に入ってから、随分今風になってきました。携帯電話も当たり前のように登場するし、ドラマのCSIで見かけるようなお話がちょこちょこ出てきます。

今回は『黒蝿』となんともおどろおどろしいタイトル。蝿がなに!?という感じになりますが、そんなことより今作品ではありえない展開がどーん!と登場です。

このシリーズは90年代に始まっていますので、今頃読んでいる私には別の意味で新鮮だったりするのですが、90年代から次々と作品が出るたびに読んでおられる方にはこの作品あたりから「ネタ切れか?」という感想が上がっているようです。確かにオチの部分は、シリーズの始まりの頃よりも奇想天外というわけではないかもしれない。でも、ハラハラする気分はそれほど変わらないです。

今回の作品から、ケイはもうリッチモンドの検屍局長ではなく、個人的に検屍官の仕事を請けている独立した立場になっています。相棒のマリーノも、リッチモンド警察から出、ケイの姪ルーシーの設立した会社で働いています。ルーシーはといいますと、コンピューターのプログラムを開発して稼いだお金で、個人の捜査会社を作り一財産どころか莫大なお金を稼いでいる。

場所が検屍局から変わったせいか、ちょっと気が抜けた感じがしないでもない。今回の事件の舞台はルイジアナです。この作品から、ケイの第二の人生が始まるという感じでしょうか。

内容とは関係ありませんが、文章の形態が変わってきてるのがちょっと気になる。今まではケイの言動には、特別な主語がないか「私」が使われていました。ルーシー、マリーノ、ベントンの場合は「○○が」「○○は」のように言動の主をあえてハッキリさせるような書き方がありましたが、今回からはなぜか書き出し部の冒頭のように「スカーペッタは」とか「スカーペッタが」のような文章が多発。今までは、ケイに感情移入しながら読むことが出来ましたが、今回はなんだかケイの行動を眺めているような印象です。これも検屍局を辞めてしまって、頻繁に検屍をしなくなることに関係あるのかな?

【シリーズ記事】

・第一弾 検屍官
・第二弾 証拠死体
・第三弾 遺留品
・第四弾 真犯人
・第五弾 死体農場
・第六弾 私刑
・第七弾 死因
・第八弾 接触
・第九弾 業火
・第十弾 警告
・第11弾 審問


jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・アメリカが州ごとに異なる法律を持っていることは知っていますが、歴史の上でもまったく異なる背景を持っているんですね。勉強になりました。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/25

Wed.

09:12:40

審問 

Category【海外文学


審問(上) (講談社文庫)審問(上) (講談社文庫)
(2000/12/26)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る



審問(下) (講談社文庫)審問(下) (講談社文庫)
(2000/12/26)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 痣の色をした冷たい黄昏が徐々にうすれて、完全な暗闇がおとずれた。寝室のカーテンが厚く、荷造りしながら動きまわる私のシルエットがすっかり吸収されてしまうのがありがたい。これほど異常な事態にみまわれたことはかつてなかった。
「何か飲みたいわ」ドレッサーのひきだしをあけながら言った。「暖炉に火をおこして、一杯やって、パスタをつくりたい。黄色と緑の幅広いヌードルとピーマンとソーセージで。レ・パッパレデルレ・デル・カントゥンツェインを。休みをとってイタリアへいって、イタリア語を習いたいと前から思ってるの。本格的に習うのよ。話せるように。食べ物の名前がわかるだけじゃなくて。フランスでもいいわ。そうだフランスへいこう。いますぐいこうかしら」無力感と怒りをこめて言いだす。「パリに住めるわ。いつだって」それはバージニアとそこに住むすべての人を拒絶する私なりのやりかただ。



検屍官シリーズも第11弾目となりました。本国では2000年に”The Last Precinct”というタイトルで出ています。

ケイの恋人だったベントンが殺され、前作ではケイの家に狼男と言われるフランスの有名一家の息子がやって気てケイを殺そうとする。今回はその事件のすぐ直後からスタートです。事件直後、警察がケイの自宅で事情徴収する場面で、ケイは勝手に家の中を荒らされることに苛立ちながら、バージニアから出たいと思っている。

前作でケイはマリーノを連れ立って、捜査のためにパリへ向かいました。で、そこで出会ったインターポールのイケメンと寝てしまうわけですが、その男が狼男の捜査のためにアメリカへやってくる。ケイは寝てしまったことを軽率なことだったと考えているわけですが、男は執拗にケイに迫ってきます。

そんな中、ケイを襲った男は、バージニアではなくニューヨークで裁かれるということがケイの耳に入ります。理由はニューヨークで起きた事件とこの狼男の起こした事件が類似するから。ニューヨークからケイのもとへ女性検事が贈られてきます。やり手でケイと似たタイプの検事ジェイミーはケイとともに謎を解いていきますが、フランス・マフィアのような犯罪組織の謎はどんどんと深まるばかり。このお話も長く続きそうですよ。

【シリーズ記事】

・第一弾 検屍官
・第二弾 証拠死体
・第三弾 遺留品
・第四弾 真犯人
・第五弾 死体農場
・第六弾 私刑
・第七弾 死因
・第八弾 接触
・第九弾 業火
・第十弾 警告


jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・やっぱりベントンは死んじゃったの!?ああ、生き返らないかしら。どこかFBIの施設で生きているんじゃないかしら!と思いながら必死で読みました。

・続きが気になる!


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/24

Tue.

09:12:58

菜の花の沖 

Category【日本文学


菜の花の沖〈1〉 (文春文庫)菜の花の沖〈1〉 (文春文庫)
(2000/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



菜の花の沖〈2〉 (文春文庫)菜の花の沖〈2〉 (文春文庫)
(2000/09)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

都志の浦

 淡路の島山は、ちぬの海(大阪湾)をゆったりと塞ぐようにして横たわっている。
 北にむかうほど長く細く、逆に南へむかえば地がひろく、野がひろがり、水田が空の色を映している。
 北端の岩山は感覚として触覚のように鋭い。わずか一里のむこうに本土の車馬の往来するのが見え、そのあいだを明石海峡の急流がながれており、本土に変化があればすぐさま響いてしまう。
 たとえばこの話の主人公がうまれるすこし前、対岸の斜め東に起伏する六甲山系から海にそそぐあたり(いまの芦屋から神戸灘地方)の小さな河川群ぞいに劃期的な工業があらわれた。
 水車式の搾油業であった。
 それまでの(あるいは遠い地方の)油搾りは菜種の種子をあつめ、搾木を人力でうごかしてしぼるという原始的なもので、生産量もたかが知れていた。
 これを水車仕掛にして大いに生産力をあげるという方法を考えついたのはたれだったのであろう。



司馬遼太郎先生の本を読みたいと思っていたのですが、文庫本でもシリーズものだと短くても4冊と比較的長いものばかり。しかもソウルのリアル書店では、600円程度の文庫本は2万ウォン(約1700円)と高額です。この間帰省した際、まず最初に購入したのがこの本でした。北海道のお話があるものをと一先ずこの2冊を購入。

書き出し部にもありますが、主人公は淡路出身の青年で時代設定は江戸の後期から始まっています。

主人公の高田嘉兵衛は、淡路の農家の息子として生まれます。もともと高田家は、地域ではそれなりの身分のある家でしたが、嘉兵衛の祖父が本家から分家をして医者を開業するも子供に恵まれず、本家から婿養子として嘉兵衛の父を貰います。ところが父は身体が弱く、寝付くことが多かった。そしてわずかな土地を耕して百姓として暮らしますが、その日を越すのがやっとという状態でした。

長男の嘉兵衛は、本家の当主律蔵を尊敬しており、何かと本家との行き来はある。ある日、律蔵に頼みこみ、仕事の口をもらった嘉兵衛は、母方の親戚のいる隣町の和田屋へ奉公にでます。ここからがこの小説のおもしろいところで、江戸時代の農村にあった習慣などが一つ一つ詳細にわたって説明されていて、ちょっとした歴史書のようです。嘉兵衛の時代には、若者の集団である若衆組という制度がありました。地域地域を若者たちが集団となって管理するようなシステムです。ところが嘉兵衛は自分が奉公に出ている地域ではなく、両親の家がある本町の若衆組に所属します。

奉公先では、もともとの頭のよさから徐々に頭角を現し、次第に船にのって大阪までの品物の買い付けなどをまかされたりもするのですが、若衆組とのいざこざのせいで嘉兵衛はなかなか溶け込むことができません。しかも美貌で知られる網本の娘との間にあらぬ疑惑がかけられ、嘉兵衛は村八分となり村を抜けることになります。

2巻では、淡路を出て神戸へ行った嘉兵衛が、奉公先の和田屋の親戚のもとへ行き、船の仕事を始めるところからスタートします。すでに嘉兵衛の弟が神戸に出ており、嘉兵衛もそこを頼って身を寄せます。

そこで嘉兵衛が見たもの。それは蝦夷地へ向かう北前船でした。神戸の港は北風家の匠な商業法により大きく栄えており、全国各地から船があつまってきます。当時北へ上る船は非常に少なく、日本海側を行くのが通例でした。太平洋側は暗礁が多く、なかなか船を着けることができないと言われていた。ところが嘉兵衛は東京まで、秋田までとどんどんとその航海距離を伸ばしていく。いつか北前船を持ち、高田屋の名で弟たちと海へ乗り出す夢を持つ嘉兵衛の物語です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・松前には何度か訪れたことがあります。今でも当時の城が残されており、4月には桜が咲き乱れる土地です。2巻ではまた北海道へはたどり着いておりませんが、北へ向かうという嘉兵衛の夢に共にわくわくしてしまいます。

・男がまだ褌で暮らしていた時代の話。芯の太さが感じられます。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/23

Mon.

09:30:05

警告 

Category【海外文学

夏休みとは言っても、いつもどおりに仕事をして暮らしておりましたが、今週からダラダラ生活から脱皮です。がんばる。


警告 (講談社文庫)警告 (講談社文庫)
(1999/12/10)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

BW

一九九六年十二月六日
エプワース・ハイツ
ミシガン州ラディントン

愛するケイへ
 私はポーチにすわって、ミシガン湖をながめている。冷たい風が、髪が伸びすぎていることを教えてくれる。最後にきみとここへ来たときのことを思い出す。いっしょにすごす貴重なひとときのために、互いにあらゆるしがらみをふり捨てた。あのときのことを。ケイ、私の言うことをきいてほしい。
 きみがこれを読んでいるのは、私がもうこの世にいないからだ。この手紙を書こうと決めたとき、私の死から一年後の12月のはじめに、これを直接きみに届けてくれるよう、ロード上院議員にたのんだ。クリスマスの時期に、いつもきみがつらい思いをするのを知っている。今年はとくに耐えがたい気持ちでいることだろう。きみを愛したときから、私の人生ははじまった。それが終ったいま、きみから私への最大のプレゼントは、生き続けてくれることだ。




検屍官シリーズ第10段目。本国では1999年に"Black Notice"というタイトルで出ています。

シリーズ9作目で、ケイの恋人で元FBI捜査官のベントンがキャリーに殺されてしまいます。しかも遺体は焼死体となって見つかり、ほぼ原型を留めておりませんでした。ベントンの検屍はフィラデルフィアの検屍官が行い、ケイは手をつけてはいません。

私、ベントンは絶対に生きていると思いながら読んでいたので、この作品を読んでいる間ずーっと「ああ、ベントンに会いたい!」とまるでケイのような気持ちで事件を見ていました。

よくよく表紙を見ていただくとわかると思うのですが、表紙上部にある写真はケイの住むリッチモンドではなく、パリです。今回はリッチモンドで起きた事件の調査のためにパリにあるインターポールへ向かいます。

連続殺人犯は、パリのコミュニティーの中で守られて身を潜めている様子。インターポールのこれまた美青年とともに捜査に乗り出しますが、相棒のマリーノはリッチモンド警察内部の人事異動やゴタゴタで、警部なのにまたもや制服を着て町の保安官となってしまう。みんな、大変なことになってます。


【シリーズ記事】

・第一弾 検屍官
・第二弾 証拠死体
・第三弾 遺留品
・第四弾 真犯人
・第五弾 死体農場
・第六弾 私刑
・第七弾 死因
・第八弾 接触
・第九弾 業火

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・どーでもよいことなんですが、今回はケイがいかにセクシーで、いかに男受けするタイプか、みたいなことがあまりに表に出すぎているような気がしました。ベントンが50代半ばでケイが40代後半のはず。なんだかドラマのような恋愛話にちょっと気分がダウン。

・とにかくベントンに戻ってきて欲しい!生きていて欲しい!と思いながら読んでました。リッチモンドの警察でもゴタゴタがあったりして、いったいどうなってるんだと思う感もありましたが、やっぱり続きが読みたくなるように終るんですよね。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/04

Wed.

14:15:28

業火  

Category【海外文学


業火 (講談社文庫)業火 (講談社文庫)
(1998/12/11)
パトリシア・コーンウェル

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 私はキッチンでランニングシューズをぬいでいるベントン・ウェズリーのところに、走っていった。恐怖と憎しみとがよみがえった恐ろしい思い出に、心臓がはげしく鳴っている。キャリー・グレセンの手紙は、郵便物や書類のなかにまじっていた。ついさっき、バージニア州リッチモンドの自宅で、ひとりでシナモンティーを飲みながら、たまっていたそれらの郵便物に目をとおしはじめたところだった。六月八日日曜日の、午後五時三十二分のことだ。
「これはオフィスに届いた手紙だね」ベントンが言う。
 彼はさほど動揺した様子もなく、かがんでナイキの白いソックスをぬいだ。
「ローズは、親展と書いてある郵便物は開封しないの」ベントンがすでに知っていることを言いたした。動悸がまだおさまらない。
「開けてもらったほうがいいかもしれないね。きみにはファンがおおぜいいるようだから」ベントンの皮肉っぽい言葉が、針のように胸をさす。



検屍官シリーズ第9段目。本国では1997年に"Point Of Origin"というタイトルで出版されています。

今回はタイトルからも想像がつくように、焼け跡から焼死体が見つかったというところからスタートします。焼けた家はバージニアでメディア会社などを経営している大富豪。彼は大の馬好きで知られていたのですが、自宅の火事で1頭の仔馬を残し、自宅から馬小屋までを失います。その自宅のバスルームからは身元不明の遺体が。

この間までFBIにいたケイの姪ルーシーは、FBIを辞めてATFというまた別の法組織に勤務をしています。ATFは火事などを担当する部門だとか。ルーシーは同性愛者なのですが、ここでまた新しい恋人ができました。そして、ルーシーの新しい上司が、これまた仕事のよくできる女性でして、ケイはルーシーを取られたような気分になります。

とにかく今回は「えーーーっ!」と叫びたくなるような終わりっぷりです。私は既に出版されたものを片っ端から読めるからいいですが、当時リアルタイムで読んでた人は次作が待ちきれなかっただろうなーと思います。

凶悪事件の片棒、キャリーが戻ってきたというだけでも怖いのに、今回はなんとも言えないスリルがありました。


【シリーズ記事】

・第一弾 検屍官
・第二弾 証拠死体
・第三弾 遺留品
・第四弾 真犯人
・第五弾 死体農場
・第六弾 私刑
・第七弾 死因
・第八弾 接触

jumee☆point1d
・いやー、もうなんとも悲劇なお話です。もう、それ以外言葉が出ない。ケイ、がんばれ!


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/03

Tue.

23:37:13

語学で身を立てる 

Category【語学 


語学で身を立てる (集英社新書)語学で身を立てる (集英社新書)
(2003/02/14)
猪浦 道夫

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

語学で身を立てるとはどういうことか

 私は二十年ほど語学教師をしていますが、最近は特に、第二外国語(英語以外の言語のこと)の翻訳、通訳、ガイド希望者の人々を多く指導してきました。私は、どのような生徒にも、学習に入る前に、なぜその外国語を勉強したいと思うようになったのかを尋ねるようにしています。普通の語学学校では、なんとなくその外国語を話せるようになりたい、という人も多いのですが、私のところを訪れる生徒たちは、内心、語学で生計を立てたいと思っている人が多く、「通訳になりたい」、「翻訳をやりたい」、「外国で働きたい」という理由を挙げる人が八十パーセント程度を占めます。



確かに、語学を身につけようと思う時、かなり強い目的がなければなかなか使える程度にはなりません。私はアルバイトで日本語教師をしていますが、「日本出張が多いので」や「日本の取引先を増やしたいので」など、目的のある人の方が根気よく長く続いている気がします。また、語学をあくまでも手段として考えた上で、どの程度までできれば良いという理想像がハッキリしている方は、成長がとても早いです。

私はまだまだ語学で口に糊するまでには至りませんが、言葉を使うお仕事をしているのは大変楽しく、毎日が学びの連続です。そして、日本語を専門的に学んで通訳や翻訳をやりたいという生徒さんもいらっしゃいますので、この本では学ぶ側、教える側の両方の面で役に立ちました。

さて、この本には言語別に現状分析として、需要や可能性について説明しています。韓国語の場合は、在日外国人の方がいらっしゃることや、日本語を上手に使う韓国人留学生が多いことなどから、なかなか新規でお仕事するのは難しいということがわかりました。

勉強法についてですが、これもとてもためになりました。やはり語学が好き!というレベルではなく、専門家としてのプロフェッショナル性を見につける学習です。通訳、翻訳者を目指している方なら目を通してみるとよいでしょう。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・ちょっと留学してたとか、ちょっと海外で生活していた程度では、通訳も翻訳もできません。日本語の力だって重要になります。語学が得意だからって簡単にできるお仕事ではないということが身にしみました。

・日本語を極めたいという学生さんのための授業法、ちょっとアイデアが湧きました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2010

08/02

Mon.

10:18:17

糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん 

Category【料理


糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん糖尿病のための「糖質オフ」ごちそうごはん
(2009/06/25)
江部 康二大柳 珠美

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

増え続ける糖尿病

 最近の40年間で、糖尿病患者数は焼く50倍以上に増加しています。2007年の厚生労働省の国民健康・栄養調査では国内で890万人にのぼり、予備群も加えると約2210万人と推測されています。予備群は2002年の調査からわずか5年間で約450万人以上も激増しています。
 糖尿病の治療といえば、カロリー制限の糖尿病食が思いうかぶことと思います。量の少ない寂しい食事は、食品交換表を見ながらの煩わしい計算がつきもので、あれも食べてはいけない、これもダメ……と我慢ばかり。作ったり一緒に食卓を囲んだりする家族にも負担がかかり、長続きさせることはたいへん難しいものでした。



実は私の父も糖尿病の予備群で、食事制限や運動を続けて発病をしないような生活を送っています。夫の母も糖尿病患者で、病院に通っています。私たちアラフォー世代は、急激に日本の経済が発達し、食生活もどんどん変化が起きた頃に子供時代を過ごしました。化学調味料など今となっては「体に悪いよ」と言われているものが、贅沢な食生活の中でふんだんに使われていました。だからこそ、今から食生活を変えていかなくちゃ。健康な老後を過ごしたいからこそ、今から食生活に注力する。

とくに私はニンニク、唐辛子、肉が体に合わないので、韓国料理を食べ続けていると、スタミナどころか返って体が悪くなるという在韓生活に適さない胃であります。なので、どうしても自分で食生活には気を使わなくてはならない。

そして、韓国はとにかく外食が多い!お酒の席が多いからかもしれませんし、料理の宅配・出前サービスが日本より手軽だからかもしれません。ある時期、外の食事に頼って生活していたら、途端に体にも精神にもガタが出てきました。

糖尿病の食事レシピを購入した理由は、今から糖尿病に気をつけようという思いもありますが、低カロリーで野菜をおいしく食べられるレシピが欲しかったから。この本には、野菜だけではなく、お肉や魚を美味しく健康的に食べる工夫が盛り込まれています。そもそも表紙のレシピだって、糖尿病のお食事には見えませんよね!

私が気に入った部分は、和だけではなく洋のメニューも充実していること。それから、日本に住んでいなくても購入できる材料が多いことです。我が家はオーブンがないのでチーズを溶かすようなイタリアンメニューはできませんが、それでも見ているだけで楽しくなります。

栄養面を考慮した料理レシピ本って、盛り付けや食器がカワイクないですよね?でもこの本はおしゃれです。盛り付けなど、大変参考になりました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・野菜の組み合わせや調理法などがわかれば、各国の料理にアレンジできると思います。韓国の場合は、唐辛子やコチュジャンで味を調えればOKかと思います。

・とにかく糖分と塩分ですね。それをいかにコントロールするかが問題です。

・この本のメニューに従っていたら、知らず知らずのうちに少し痩せました。ありがたい~。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。