06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

07/27

Wed.

20:34:12

情事 

Category【日本文学


情事 (集英社文庫 143-A)情事 (集英社文庫 143-A)
(1982/04/20)
森 瑤子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 夏が、終わろうとしていた。
 見捨てられたような一ヶ月の休暇を終えて、秋への旅立ちを急いでいる軽井沢を立ち去ろうとしながら、レイ・ブラッドベリや、ダールの短編の中に逃げ込んで過ごした、悪夢のような夏の後半の日々を、考えている。そして、エルビス・プレスリーの突然の死をFM放送で聞いた八月の半ば、私の中で、青春の最後の輝きがまたひとつ、確かに消えていったのを、識った。
 木漏れ日が、白く光ながら庭の芝の上へと降り注ぐのを、ほとんど上の空で見惚れていると、一瞬、心の波立ちは静まり、その微かな波間に隠された、たくさんの悲しい傷は、痛みの記憶を忘れたかのようにみえた。が、次の瞬間には、木立の中に吹く風のたてる、わずかな変化にさえも、心臓は激しく揺す振られ、すぐにまた、あの辛かった言い争いや、あるいは、思い遣り深かった官能の数々の仕草や、恐ろしかった夕食の情景などの中に、再び、引き戻されてしまうのであった。
 情事の終わりが、あんなにも残酷だったのは、蒼ざめてついた、愚かな嘘のせい。人生に様々な思いを味わってきた。大人の女であったにも拘わらず、私は、レインの前に、完璧で、びくともしない、虚偽の積木の城を作り上げてみせることが、できなかった。



文庫本の諸般が1982年に出ていますから、今から約20年前。ちょうどバブル期の頃のお話です。帯には「バブル前夜、当時彼女は憧れだった。誰もが大人の女・森瑤子の世界に夢をみていた。1982 ベストセラー」とあります。

私が最初にこの本を読んだのは、確か山田詠美さんの作品を読むようになってからだったと思います。久々に森瑤子さんの作品が読みたくなり、先日帰国した際に購入しました。

主人公は作者と同じ「ようこ」という名の女性。漢字は「洋子」ですが、ところどころに著者に重なる部分があります。イギリス人の夫との間には一人娘がいます。昔は音楽を志していたのですが、今は翻訳業に携わっている。まるでこんな部分も作者に似ていますね。

洋子の夫は海が好きで、休みとなると海へ出る。自然、二人の関係はどんどんと冷めたものになりつつあり、洋子は外の世界に愛情や性を求め始める。洋子と夫が行きつけのバーは外国人が多くあつまり、洋子もその中に溶け込みつつ、どうにか心の隙間を埋めようとします。

そこで出会うのがレインです。タイトルが「情事」ですし、洋子とレインは不倫の関係に入っていくのですが、その描写が当時は本当に本当にせきららと言いますか、大胆でした。

でも、内容はそんな大胆さと異なり洋子の心の動きが「あー、なんか分かるわー!」と女性の恋愛の肝みたいなものを見せてくれます。

 この本を読んで 

・この本で一番印象に残っているのは洋子が「ぼくのために泣け」という作品を読んでいるところです。この本、私も好きでよく読み返すのですが、そのシーンと読んでいる作品の合わなさが強く心に残りました。

・しかし、いつ読んでもこの作品は「うーん」と唸ってしまいますね。もう少し、森作品を読み返したいと思います。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2011

07/26

Tue.

05:48:32

今夜、すベてのバーで 

Category【日本文学


今夜、すベてのバーで (講談社文庫)今夜、すベてのバーで (講談社文庫)
(1994/03/04)
中島 らも

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「普段からこんな色なんですか、あんたの目」
 医者がおれの上下のまぶたを裏返してのぞき込む。
「はあ。ま、どっちかっていうと濁ってるほうですが。でも、すこし黄色っぽいかな」
「“すこし”じゃないでしょう。顔の色だったほら、まっ黄色だ」
「黄色人種だからね」
 おれは口をきくのもだるかったのだが、癖で軽口を叩いてしまった。
「冗談言ってる場合じゃない。黄疸だよ、これは」
 年配の看護婦が、さっき取ったばかりのおれの血液検査の結果を持ってきて医者に渡した。医者は鼻眼鏡の置くの、糸のような目で検査用紙を見ている。おれもその紙をのぞこうとしたら、ついっと紙を立てて隠した。
 そして、その用紙越しに医者はおれの顔を二、三秒、黙ってながめた。
「あなた。この病院まで独りで来たの?」



中島らもさんの作品を読みたくなり、ずっとずっと読まずにいた作品を引っ張り出してきました。

書き出し部、病院のシーン始まっていますが、この作品の舞台は病院です。主人公はアルコールで体を壊した35の男が、独り病院へやってくる。なにか黄色い顔に黄色い目。明らかに肝臓を患っている姿です。

男は小島と言い、5人部屋で治療を始めます。同室には体が弱く高校生の年齢に達しながらも中学を卒業していないという男の子、老人二人、そして小島と同じアルコール中毒の男。それぞれ、病気とともにそれぞれの背景があります。

このお話、らもさんご自身のお話に重なる部分が多いですね。残念ながら私は小島のように、そしてらもさんのようにお酒を欲し、飲まずには居られないといった経験がありません。ですので、これをお菓子や珈琲なんかに置き換えて考えてみたのですが、結局人の意志なんですよね。嗜好品は摂取しなくてはならないものではありません。まったく関心のない人には体を滅ぼし、お金の無駄になると思えるんだと思います。でもやめようと思っても、なかなかすっぱりやめるのは難しい。

人間模様の見える小説です。

 この本を読んで 

・すごくすごく前に一度読んだきり、長い間手にしておりませんでした。そうそう、この医師もまた印象的なんですよね。

・読むにつれて、読者もお酒を飲んで酩酊しているかのような気分になるのですが、その霧のようなイメージもだんだんと晴れていくような流れが圧巻です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/25

Mon.

22:34:46

ザ・万歩計 

Category【随筆・エッセイ


ザ・万歩計 (文春文庫)ザ・万歩計 (文春文庫)
(2010/07/09)
万城目 学

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「はじめに」にかえて 風が吹けばエッセイを書く

 エッセイを書くことになった。
 さて何を書こうかなとつらつら考えていると、内容に関することより、自分が連載エッセイを書くということについて、しみじみ思い始めてしまう。いやあ、えらいもんですなあとか、毎回たんと書けるのかなあとか余計なことばかり浮かんで、なかなか肝心の中身がまとまらない。そのうち、いつかエッセイを書けるようになったら素敵だな、などと考えていた昔のことなどを順ぐり思い返し始める。そのときふと、自分がこうして文章を書くことにあんったきっかけって何だった?という疑問が沸き上ったのである。
 記憶をたどってみると、なるほど小説を書き始めたきっかけはあるにはある。それは自転車で道を走っていたら、とてもいい風が舞えから吹いてきて、ああ、気持ちよかと思いながら、「あ、この気持ちを文字に書き残さなくちゃいかん」と唐突に思ったことだった。二十一歳の秋のことである。



この頃、Sony Readerでも万城目氏の作品が並ぶようになり、嬉しい限り。こちらは先回の帰国時に書店で文庫版を購入しました。

こちらの作品は『鴨川ホルモー』が世で人気を博し、『鹿男あをによし』が出た頃に書かれたエッセイです。

万城目氏のエッセイを読み、小説を読んだ時以上の確信を感じました。やっぱり著者自身が面白い人なんですね。面白い人だからこそ、面白い小説になるんだろうな、と。作家になる前、2年ほど企業に勤められるのですが、転勤の打診を機に退社。作家になる宣言とともに、東京へ進出します。社会人時代に貯めたお金を元手に作家活動生活をスタートさせ、バイトなど一切行わずに書き続けたそうです。ご両親には2年の期限を頂くのですが、なかなか花が咲きません。そろそろその2年の期限が近づこうというころ、あの『鴨川ホルモー』が生まれ、今に至るんだそうです。

今まで万城目氏の作品は小説しか読んだことがなく、雑誌のコラムやインタビューなども読んだことがありませんでした。関西が舞台になっているので関西の方だということは知っていましたが、今は東京にお住まいなんですね。私にとっては結構これは驚きでして、関西を舞台になさっているからこそ、てっきり関西在住なんだと勝手に想像していたようです。

面白かったのは後半にある旅のエッセイ。かなり笑えました。アメリカや韓国などメジャーな海外旅行地ではありません。バックパッカーならではの秘境というのでしょうか。なかなか足を踏み入れられない地でのエピソードが最高です。特にモンゴルのお話は長いたびだっただけにエピソードもたくさん。これだけで1冊書いて欲しいわ~と思うほどの面白さでした。

 この本を読んで 

・続エッセイの『ザ・万遊記』は旅行記のようです。これ、今すぐ読みたい!




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/22

Fri.

22:04:31

星を継ぐもの 

Category【海外文学


星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

プロローグ

 どこか深いところからゆっくりと浮かび上がるように、彼は意識を取り戻しかけていた。
 本能的には彼は意識の回復を嫌った。彼はあたかも何らかの意思の力によって、無意識と意識の隔りを埋める容赦のない時の流れを押し留め、極限の消耗は苦痛とはいっさい縁のない無窮の非存在に立ち帰ろうとするかのようであった。
 ハンマーさながら、胸郭を内側から突き破るばかりに踊り狂っていた心臓の鼓動は鎮まっていた。体中の毛穴から彼の精力と共に滝のように流れ出た汗はすっかり冷えきっていた。手足は鉛のように強張っていた。空気を求めて喘いでいた肺は再び穏やかな、規則的なリズムを取り戻していた。呼吸音は密閉されたヘルメットの中でやけに大きく耳を打った。
 果たしてどれだけ多くが死んで行ったのか、彼は記憶を辿って考えた。死者は永遠に解放されたのだ。彼には解放はなかった。いつまで持ちこたえられるだろう?それも、いったい何のために?そもそもゴーダに生存者が残っているのだろうか?



おススメされていたSFを読んでみました。

時代は21世紀半ば。人類はすでに宇宙に飛び出し、宇宙で長期滞在すらできるようなシステムが整っている時のことです。

イギリス人で物理学博士のハンター氏が主人公です。ある日上司に呼び出され、アメリカ本社の訪問を指示されます。信頼する技術担当のグレイ氏とともに本社へ出向くのですが、二人に待っていたのは現在手がけていた仕事ではなく、国連宇宙本部への出向でした。

国連宇宙部は今、月で発見された死体の調査に携わり、どうしても解決できない部分をハント博士らが手がけていた顕微鏡の力を必用としていました。発見された死体の側にはデイパックが共にあり、その中にもいくつかの備品が納められていたのですが、到底今の地球上の技術では作れないようなレベルの機器類や地球に存在していたと思われない言葉で書かれた日記が出てきます。しかしその死体の姿は人類となんら変わらない。

ハント博士は最初は顕微鏡を使った備品の分析に従事していますが、国連宇宙軍の部長に見初められ、この月で発見された人物の深層を探るため、宇宙へ飛び出すというお話。

 この本を読んで 

・宇宙に関心のある方なら絶対に楽しめるはず。宇宙研究について随分リアルに書かれていた印象を受けました。

・なんかもうワクワクが続きます。「で、どうなったの?」みたいな気持ちが最後まで続く一冊です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/21

Thu.

22:47:43

宇宙兄弟(1~13) 

Category【電子書籍for Sony Reader


宇宙兄弟(1) (モーニングKC)宇宙兄弟(1) (モーニングKC)
(2008/03/21)
小山 宙哉

商品詳細を見る


Sony Readerでコミックが読めるようになりました!

ということで、最初に購入してみたのがこちらです。2011年現在、ストアにて13巻まで購入できます。

主人公はこの表紙の二人。似てないけど、兄弟です。左がお兄ちゃんの南波六太。ぱっと見、ワンピースのウソップを思い出すようなくるくる天然パーマです。愛称はむっちゃん。勤め先の大嫌いな上司に頭突きして退職。

右は弟の南波日々人。職業はNASAの宇宙飛行士です。日本で始めて月に行く男。

この二人、小さい頃から宇宙に行くのが夢でした。日々人はその道まっしぐらだったけど、むっちゃんは無難な道を歩み、工学を勉強して自動車会社で優秀な成績を残しています。

なのにむっちゃん、弟のこと言われてカチンと来て、上司に頭突き。速、クビです。それを機にというか、なんというか、むっちゃんも子供の頃の日々人との夢を思い出す。本当はおにーちゃんの自分が日々人の前に立たなくちゃと思っていたのですが、今度は弟の後ろを追って、宇宙飛行士を目指すお話です。


 この本を読んで 

・初電子コミック!

・がんばる人の姿っていいですよね。モチベーションあげてくれるコミックでした。早く続き、読みたい!



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/20

Wed.

22:52:35

公認会計士が教える年収の4割を貯蓄する方法 

Category【マネー


公認会計士が教える年収の4割を貯蓄する方法公認会計士が教える年収の4割を貯蓄する方法
(2010/07/02)
森安理恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

28歳、無職・フリーター。
平日は自給1400円で派遣社員として働き、休日は日払いアルバイト。
しかし、それでも年収は200万円程度。
そのくせ、お金もないのに、つい高額の買い物をしてしまい、
貯金どころか借金300万円を抱える始末。

さらに、小さい頃からミーハーで、
学生時代は好きなアイドルの追っかけにあけくれ、
ろくに勉強もしなかったために低学歴。
……これ、すべて私のことです。

20代という、若くて元気な時期をいつもお金の心配をして過ごし、
また、学歴社会のこの世の中で、低学歴ゆえの差別や偏見を受け、
私は、たくさんの悔しい思いをしてきました。

そんな私が、一発逆転でまわりの人たちを見返せることがしたい!
と、試行錯誤して生まれたのが、この「年収4割を貯蓄する方法」です。



上の「はじめに」にある書き出し部、私もまさにこんな人生です。いえ、著者の追っかけの徹底ぶりにはビックリしました。これは確実に負けました。ジャニーズを追いかけ、ツアーとなれば全国各地を追いかける。きっとグッズやCDなんかも大量買いなさってたんだろうなーと思われます。300万円の借金は歯科矯正などなどで追っかけとは異なるものなのですが、それでも立派にちゃんと返済なさってるもの素晴らしいです。

著者が提唱する4割貯金の方法というのは3つ。

①過去ノート
②今ノート
③未来ノート

を記入すること。それぞれ自分のお金の使いっぷり、手元にある残金、今後必要になるであろうお金や将来計画などが人目で分かるという長所があります。

単なる家計簿と違うのは、この3つを同時に進行させることで、進捗状況が即座に分かるという点。それから、見直しすることで、無駄が省ける点です。

私はエクセルで家計簿をつけていますが、つけるだけであんまり見返してませんでした。その理由は、③の未来ノートが欠けていたからだと思います。将来、自分のお金がどうなっていくのかが分かってなかった。

簡単な文章でわかりやすく、「これならできる!」と思わせてくれる一冊。家計簿をつけたことのない方、家計簿をつけるのが続かない方にもおススメ。お金の記録方法の本です。

 この本を読んで 

・やってみようと思ったことがいくつかありますが、中でも将来的な長いスパンでの貯蓄の見取り図は必要だと思いました。人生、どこでどうなるかわからない。今のようなどんぶり勘定、そろそろ卒業しなくちゃなー。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/19

Tue.

06:21:07

プリンセス・トヨトミ 

Category【電子書籍for Sony Reader

会計検査院 Ⅰ

 忙しない朝の東京駅を、キャリーバッグを引いて進む三人の姿がある。
 先頭を歩く男は、アイスクリームを食べている。
 真ん中の男は、やけに慌ただしく歩いている。
 最後尾の女は、すれ違う男たちを片っ端から振り返らせている。
 十九番ホームへ向かう、上がりエスカレーターに乗り込んだところで、三人は足を止めた。キャリーバッグを一団下に置き、鳥居は顔を下げた。目の前で、眉間にしわを寄せ、松平がアイスクリームを舐めていた。
「おいしいですか」
 ちらりと鳥居を見下ろし、松平は前歯でアイスクリームのコーンを噛み砕いた。巻き紙の部分を回し、コーンの外周を齧っていく。コーンの内側には、みっしりアイスが埋まっている。松平はアイスを食べる際、こんもり盛り上がったアイスを、コーンに押し込むように舐める。すると、コーンの先までアイスが詰まり、最後まで両方を楽しむことができるらしい。鳥居だけが知っている、松平の癖である。



『鴨川ホルモー』で有名な万城目先生の作品。
今回も笑いながら読みました。

今回の舞台は大阪。それも大阪城です。
そこになぜ、会計検査院か。書き出しに登場する3人は会計検査院のメンバーでアイス大好き松平と、ハーフの絶世美女ゲンズブール旭と、検査においてつねにミラクルを呼ぶ男、鳥居。松平と旭はなんと全国一番でありながら検査院にいるという凄腕です。会計検査院とは、税金の無駄遣いがないかどうか、徹底的に検査をしていく機関です。公務員さん。そんな彼らが大阪へ出張するところから、話ははじまります。

実は大阪には秘め事がありました。長い間、大阪の男達が密かに守り続け、女達は男達の秘め事に首を突っ込まずに「しらんぷり」することで影ながら参加していたという、ある「秘密」。

事はセーラー服を着たいという一人の中学生、真田くん一家に深く繋がっていきます。単なるおいしいお好み焼き屋の真田くんと会計検査院に何のかかわりが?

大人が繰り広げる大阪城を巻き込む秘め事のお話です。

で、これも映画化されたそうですね。



あれ、映画はゲンズブールが男性になってる!で、鳥居が女性になってる!

 この本を読んで 

・電子書籍デビュー♪


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/18

Mon.

21:29:54

わたしを離さないで  

Category【海外文学


わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
(2008/08/22)
カズオ・イシグロ

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 

わたしの名前はキャシー・H。いま三十一歳で、介護人をもう十一年以上やっています。ずいぶん長く、と思われるでしょう。確かに。でも、あと八ヶ月、今年の終わりまではつづけてほしいと言われていて、そうすると、ほぼ十二年きっかり働くことになります。ほんとうに長く勤めさせてもらったものです。わたしの仕事ぶりが優秀だったから?さあ、それはどうでしょうか。仕事がとてもよくてきるのに二、三年でやめさせられる人がいますし、まるで役立たずなのに十四年まるまる働きとおした人も、少なくとも一人知っています。ですから、長いからといって自慢にはなりません。ただ、わたしの仕事ぶりが気に入られていたのは確かで、わたし自身、自負めいたものがないわけではありません。わたしが介護した提供者の回復ぶりは、みな期待以上でした。回復にかかる時間は驚くほど短く、「動揺」に分類される提供者など、四度目の提供以前でさえほとんどいませんでした。あら、これはやはり自慢でしょうか。でも、仕事をちゃんとやって、提供者を「平静」に保てたというのは、わたしにはとても大きな意味のあることです。ある種の勘が備わったのだと思います。いつ付ききりで落ち着かせるか。いつ見守っているだけにするか。いつ言いたいことをとことん聞いてやるか。いつ突き放し、いいかげんになさいと言うか。



カズオ・イシグロ氏の小説。すでに映画でご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。


わたしを離さないで [DVD]わたしを離さないで [DVD]
()
不明

商品詳細を見る


なんとも奇妙なお話。読み始めてすぐによくわからない単語がぱらぱらと出てくる。単語単体での意味はわかるのですが、作品中で明らかにキーワードであろうというのはわかるけれど、その意味時代が全く見えて来ない。上の書き出し部を読んだだけでも「これはどういう意味?」と思える語があるかと思います。

それがどんどんと読み進めるに当たって見えてくる。一つ一つ意味が見えてくるたびに、背筋にすーっと冷たいものが走るような気持ちになりました。

語り手はヘールシャムという学校で育ったキャシー・H。今は31歳となった彼女が非常に特殊な環境で過ごした学生時代を振り返っています。特殊という言葉では片付けられないほどの疑問と不思議が交互に出てくる。

学生の苗字はすべてアルファベット一文字で表されています。没個性の中に強烈な個性の主張がありました。

イシグロ氏のお話はどれも心がぎゅっとつぶされるような気分になります。
この小説もおススメ。

 この本を読んで 

・これを映像で表現するって、どんな風になるんだろう。色が見えて来ないなぁ。映画、見てみたいです。

・読了後はとにかく「うおーっ」と一人唸ってました。頭に浮かんだのは「異」という文字かな。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/15

Fri.

23:34:43

マダムと奥様 

Category【随筆・エッセイ


マダムと奥様 (光文社文庫)マダムと奥様 (光文社文庫)
(2009/04/09)
辻 仁成

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

夜なべと童謡が日本を救う

 ウイークデイは子供を学校に送ることからはじまります。毎日ではありませんが、締め切りなどがなければ、私も一緒に学校まで出かけることにしているのです。普段は若ぶって破れたジーンズなど穿いておりますが、息子を学校に送るときだけは、びしっと決めて出掛けます。日本の物書きはだらしがない、と思われてはなりませぬ。ここはお国柄、蝶ネクタイを締めて送り迎えするお父さんだっているくらいです。私どもはこの国ではマイノリティです。マイノリティだからこそ目立たないと。せめて息子の友人らに、君のパパ、かっこいいね、と言わせなければなりません。相手が蝶ネクタイなら、私は山高帽子です。しかも冬の間はオーストリアで購入したマントを肩に掛けて、風を切って歩いています。かなり目立ちますが、おかげで息子は人気者です。ジュウトのパパだ、と子供たちの受けもなかなかのものです。蝶ネクタイの紳士ともすっかり仲良くなってしまいました。最初は恥ずかしがっていた妻も、私の極端な正装を最近では喜んでくれています。そのうち下駄履いて、着物を羽織って送り迎えをするかもしれません。金子光晴のように。私はたとえ息子がフランス国籍を取得しても、日本人の心だけは忘れさせたくないと密かに思っております。だから家では、日本の同様とエコーズの歌は必修です。



書店の小説のコーナーに行くと(あ、ソウルでです)、『冷静と情熱の間』の2冊がいつも山積みにされています。そして実際に買っていく方も本当に多い。共著の江國香織さんの人気も絶大ですが、この書籍を元に作られた映画が本当に美しかった!そんな韓国でも大人気の辻仁成さんなんですが、私、今回始めて辻さんの書籍を読みました。『冷静と~』は映画で見たのみです。

上の書き出し部にもありますが、辻さんと言えば、もと音楽をなさっていた方。そうか。エコーズだったか~!と懐かしく思い出した次第です。そして驚いたのが1959年生まれということ!もう50代っていうより、マイケルと1歳しか違わないの!?奥様の中山美穂さんとそれほど変わらない年齢だと思っていたのですが、中山さんは70年生まれだそうですから10歳以上の年の差カップルだったんですね。いやー、ビックリした。

このエッセイは女性誌に掲載されていたもので、日頃のあれこれがつづられています。パリについてのエッセイが好きな私は、この本もそんな日常のパリを感じたく購入しました。

意外だったのは、奥様のお話です。こんなにオープンになさっているというのにもビックリでしたが、あの線の細そうな奥様が実はとってもしっかりもので、むしろ堅実なイメージがより強固になった感じです。例えパリの生活とは言え、中山美穂さんならばだれもが知っている女優さんでしょうから、きっと一般的な生活というのも難しいと思います。でも、意外と普通にカフェでお茶している中山さんに会えたりするのかしらーなどなど想像して、楽しい気分に。

ああ、パリ行きたい!

 この本を読んで 

・中山さんのファンなら「おお、ミポリン!」と悶絶するほどに、愛らしい奥様としての中山さんの姿が随所に見られます。

・パリ在住の日本の方と聞くと、アートやファッションなどハイレベルな文化の世界に浸っている方というイメージがありました。でも、この本を読んでいると、ソウルに住む私にも共感できる、単なる「日本の外」での生活だというのを強く感じられたかも。外から日本を俯瞰しているエッセイです。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/14

Thu.

06:06:58

使う・戻す・しまうがうまくいく!1分からはじめるかたづけ術 

Category【ライフスタイル


使う・戻す・しまうがうまくいく!1分からはじめるかたづけ術 (だいわ文庫)使う・戻す・しまうがうまくいく!1分からはじめるかたづけ術 (だいわ文庫)
(2010/11/12)
すはらひろこ

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。


はじめに

 かたづいたところで過ごせたら快適だと、誰もが思っています。ところが「かたづけなきゃ」と思ったとたんに、重たい気分になるのです。そして、ついつい後まわしに。自分をなんとか奮い立たせても、イヤイヤやっていると一向にはかどりません。なぜかたづけが上手くいかないのでしょう。その理由は、かたづける範囲が広すぎる、持っているモノが多すぎる、しまいこみすぎるの3つです。
 一気にかたづけようとすると、途中で挫折します。出し入れがしにくいと散らかってしまいます。すると、成果が出ないばかりか逆効果になるため、ますますかたづけが嫌いになってしまうのです。ダイエットするときのように、やせるまでは我慢できても、その直後にリバウンド。頑張ったのに、失敗感だけが残ってしまったという経験と似ています。
 かたづけはいったんキレイにしたら、それで終わりではありませんね。かたづける方法そのものが、続けられる内容であることが肝心。意志が強いかどうかではありません。大事なことはストレスを溜めないこと。緩やかでもいいから、自分の望むような状態に近づいていけばいいのです。「かたづけは気負わず気楽に」をモットーに、小さなことから始めてみませんか?



この頃、どんどんと部屋の中が荒れてまして「こりゃ、どうにかしなくちゃ」と購入した一冊。

上の書き出し部にもありますが、部屋が片付かない理由は3つ。

1.かたづける範囲が広すぎる
2.持っているモノが多すぎる
3.しまいこみすぎる

私の場合は、狭いスペースにぎっしりモノが詰まっているという2番が問題です。特に捨てられないのが書籍の部類で、余分な本を購入しないようにと敢えて小さな本棚を使っています。そのせいもあり、本棚はぎっしり満タンな圧迫感。捨てられない気持ちがとてもとても分かるので、この本で少し勉強を致しました。

大掃除をするには、まず心の準備が必要です。がーっと嵐のごとく一息に片付けができればよいのですが、大抵は躓いてしまうものではないでしょうか。その大半が捨てられない、に尽きると思います。

この本は気持ちの上での「捨てることの合理性」を語りつつ、具体的な収納方法についても説明してくれています。また掃除というより、要領よく片付けるコツも多く紹介されていました。寝室、キッチン、居間など、場所別にもアドバイスがありますので便利です。

印象としては、片付けというより「上手にしまう方法」について語られた本、かな?まず掃除しようという気持ちが起こり、一度片づけをやってみてから読んだ方が実用的です。

 この本を読んで 

・とにかく片付けたいと思うんだけど、なんだか気持ちが乗らない時、モチベーションを上げるには片付け系の書籍を読むのが一番だと思います。読んでる途中から片付けたくなりますし、ゴミ一つ捨てただけでも大きな進歩です。とにかく片付けは流れに乗るまで、動き出すまでが長いんですよねー。

・この本読んでると、「キッチン回りとかどうにかせねば」な気分になります。どちらかというと、一人暮らし向けの内容ですが、それでも活用できる情報が満載です。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/13

Wed.

11:45:59

天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 

Category【日本文学


天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第3部〉新ヨゴ皇国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 

バルサ、あなたは、いま、どのあたりにいるのだろう。
あなたのことだ、大軍を率いているわたしたちより、ずっと身軽に山を越えて、もうタンダに会っているのかもしれないね。―懐かしいなぁ、あのタンダの家。わたしはもう、二度と見ることはあるまいが……。

こちらは、昨日、無事に国境の峠を越えたよ。
カンバルの騎馬兵たちは、無骨だが、心やさしい者たちばかりだ。みな、どこかあなたに似ている。
もうすぐ、イーハン王子のおられるジタンに着く。時短に着いたら、綿密に作戦を立て、それから、出発だ。―いよいよ、新ヨゴへ向けて。

長かった。でも、あっという間だったような気もする。

新ヨゴは、どうなっているだろう。シュガたちは、息災だろうか。母上は、ミシュナは、―父上は……。




守り人シリーズの最終章。ああ、本当に終わってしまったー!!!

バルサと分かれたチャグム王は、カンバルにての連盟の手立てを整え、いざロタとカンバル軍を率いて新ヨゴへ戻ります。チャグム王が諸国にて苦戦を強いられている間、新ヨゴはタルシュの軍によりどんどんと痛みを負っていました。軍の規模にも雲泥の差がある上に、長年戦とは縁のなかったヨゴの民は急場しのぎに草兵を徴収。各村から働き手である男たちが連れて行かれ、何の訓練も受けていない庶民がどんどんとタルシュの餌食となっていきます。その草兵にバルサの想い人、タンダも連れて行かれる。

チャグム王に新ヨゴを救うことができるのでしょうか。タンダは無事なのか。バルサとの人生はどうなるのか!

最後の最後までハラハラが続きます。最終章の3部作は途中で投げ出せないほどのおもしろさでした。

【守り人シリーズ 関連記事】
・精霊の守り人
・闇の守り人
・夢の守り人
・虚空の旅人
・神の守り人
・蒼路の旅人
・天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編
・天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国

 この本を読んで 

・このシリーズ、とにかく最初から通読すべきです。途中で読んでは内容が分からない上に、もったいない。

・最終シーンもジーンと感動が残り、「これこそ最終回」な気持ちになりました。満足度の大きいファンタジーです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/12

Tue.

05:53:18

天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国 

Category【日本文学


天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第2部〉カンバル王国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 バルサは、まだ眠っている。バルサは、ほんとうによく眠る。みじかいあいだでも深く眠り、起きるときには、まるで眠りを断ちきるように、さっと目ざめる。
 わたしは、眠れない。このところ、深く眠れたことがない。眠っても、夢ばかりみる。急がねば、一刻も早く、急がねばと、心が急いているからだろう。
 カンバル王を、説得することができるだろうか。その一事に、すべてが懸かっているが、あの王は、どうも苦手だ。サンガルで出会ったとき、理の通った申し入れをしても、即答しなかったような男だから……。
 それに、すでにタルシュ帝国の息が掛かっているとなると、説得するのはむずかしいだろう。あの内通者―タルシュの密偵にとりこまれていた男は、カンバル王の側近のひとりだったはずだ。となれば、なおさら……。
 それにしても、タルシュは、なんと巧妙な手を使うのだろう。
 よく、心しておかねば。ロタの南部領主たちをとりこんでいるのは、ラウル王子ではあく、八ザール王子の手の者だった。その意味を、しっかり考えておかねば。



守り人シリーズ最終章3部作の真ん中。

無事バルサと合流したチャグム王子は、なんとかロタ王国の王に連盟を申し出ます。しかし今や死した身分となっているチャグム王子の申し出では、ロタもなんとも動くことができない。結局嘆願は断られてしまいますが、チャグム王子の前に新しい希望の道が開きます。

バルサは新ヨゴを救うべく、チャグム王子を連れて生まれ故郷のカンバル王国へ出向きます。このカンバル行きには、ロタ王の直属にあるカシャルという猟犬の名を持つ一団の力がありました。カシャルはロタ王家を守る人々で、動物の目に心を載せたり、鷹を使って文の行き来をさせるなどの特殊な能力を保持しています。チャグムとバルサはカンバルでも彼らに何度も助けけられる。

3部作の中で、一番情を感じるお話でした。

【守り人シリーズ 関連記事】
・精霊の守り人
・闇の守り人
・夢の守り人
・虚空の旅人
・神の守り人
・蒼路の旅人
・天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編

 この本を読んで 

・バルサとチャグムの絆が泣ける!


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

07/11

Mon.

20:09:42

天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 

Category【日本文学


天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)天と地の守り人〈第1部〉ロタ王国編 (新潮文庫)
(2011/05/28)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。
 

 そなたは、わたしが、この道を選んだことを嘆くだろうか。―子どものような心で、叶うはずのない夢を追ってしまったと、嘆くだろうか。だが、シュガ、わたしは、大人であれば、選ばぬであろう、この道を行くことに決めたのだ。
 南の大陸で、わたしは多くのものを見た。タルシュはまこと、大国であった。いくら言葉を尽くしても、その目で見なければ信じられぬほど繁栄をきわめた大国だ。新ヨゴなど、あの国に比べれば虫ケラに過ぎぬ。われらが、総力をあげて刃向かっても、彼らの目には、カマキリが、かぼそき斧を振り上げているようにしか見えぬだろう。
 シュガ、わたしは、たしかに愚かかもしれぬ。わたしが、もっとも恐れているのは、この道を選ぶことで、多くの民を無駄死にさせてしまうのではないか、ということだ。
ラウル王子―あの、傲慢なタルシュ帝国の第二王子が、持ちかけてきたとおりに、わたしは国に帰って、タルシュに降伏し、枝国になる道を、選ぶべきだったのかもしれぬ。そのほうが、死ぬ者は少ないのかもしれぬ。だれが国を治めようが、民が幸せでありさえすれば、それでよい。枝国になることで、民が幸せになると信じられたなら、わたしは自分の矜持など捨てて、ラウル王子に従っただろう。



帰省時に偶然みつけて購入。帰りの飛行機で没頭して読みました。

守り人シリーズの最終章です。天と地の守り人は3部に分かれており、こちらはその第一部でチャグム王子の新ヨゴ皇国の西となりにあるロタ王国での冒険がつづられています。

先回、海へと逃げ出したチャグム王子はロタ王国の王の下へ新ヨゴとの連盟を嘆願しに行きます。南のタルシュ王国がどんどんとその力を北上させる中、北のカンバル、ロタ、新ヨゴの3国はタルシュの力におびえるばかり。新ヨゴにいたっては、外部への情報を遮断させるために鎖国に踏み切ります。

一方新ヨゴではチャグム王はすでに海賊の手に掛けられ世を去ったものとし、すでに葬儀までもが済んだ状態にありました。王子が小さい頃に偶然面倒を見る機会をもったバルサは、王子の行く末を心配します。死んだとは信じられない。

バルサはある者から王子が生存しているとの情報を得、王子を助けるべくロタへ向かいます。しかし王子に出会うまでの道は遠かった。ひと握りの情報を元に王子を追うバルサ。しかしタルシュの一味が恐ろしく手ごわく、常に追ってが迫ってきます。

新ヨゴが救われるのか。ロタは新ヨゴの提案をどう受け入れるのか。北に平和は訪れるのか!
3部作、お楽しみ下さい。


【守り人シリーズ 関連記事】
・精霊の守り人
・闇の守り人
・夢の守り人
・虚空の旅人
・神の守り人
・蒼路の旅人

 この本を読んで 

・上橋先生の本はいつもいつも読んだ瞬間に魅せられ、引き寄せられてしまいます。今回も回りの音が聞こえなくなるほどに集中読書してました。

・チャグムの成長がなんとも頼もしいです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。