07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

08/08

Mon.

23:18:07

不毛地帯 

Category【日本文学


不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))不毛地帯 (第1巻) (新潮文庫 (や-5-40))
(2009/03)
山崎 豊子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

一章 出会い

 社長室の窓の外に大阪城が見え、眼下に帯のような堂島川が見える。
 近畿商事の社長である大門一三は、朝、出社すると、窓寄りの机に坐り、大阪城を視野におさめる。冴えた冬陽の中で、天守閣の甍と塗籠の白壁がくっきりと空に聳えている。大門一三にとって、城は覇者の館であり、戦を連想させ、商社の日々の烈しい闘争心が鼓舞される。次に社長室の壁面一杯に拡がった近畿商事の海外支店網に視線を移す。
 銅板で造った世界地図の上に、各地に所在する海外支店が赤ランプで、出張所が青ランプで標示され、経度の左右に現地時間が記されている。東半球は眠りに入っているが、西半球の各地では、今百五十人の駐在員がテレックスと闘い、或いは飛行機で空を飛んでいる。それを思うと、大門の眼に強い活気が漲って来る。



山崎豊子さんの作品を読んでみたいと、こちらを手に取りました。文庫本で全5巻からなります。


『白い巨塔』は韓国でもドラマ化され、大変な人気となりました。本書も昭和50年代に書かれたものですが、今ドラマ化しても何ら違和感ないのでは?と思います。

主人公は対戦中に大本営の参謀だった男。彼は終戦後にシベリア拘留となり、戦後も11年の間、ソ連の極寒の土地で強制労働に耐え抜き、昭和30年が過ぎてようやく日本に戻ることができました。男の名は壹岐と言い、妻と二人の子供のいる日本へ戻っても、シベリアでの日々が頭から消えない。

そんな彼を大阪にある商事会社がヘッドハンティングします。決して壹岐の軍人としての力に頼らないと言う約束で彼をつれてくる。商事会社で勤務するようになった壹岐は、まず11年の歳月を埋めるべく、午前中は図書館に通って新聞を読む傍ら、商事会社の仕事を覚えていきます。

そのうち、壹岐が頭角を現す事件が出てくる。ライバル会社の東京商事の鮫島という男が、近畿商事の前をちらつき、都度あるごとに壹岐の行く手を阻みます。

商売と参謀が以外なところで結びつく点に面白さがあります。5冊、あっという間に読めることでしょう。


 この本を読んで 

・ビジネス小説、久しぶりに読みました。今、とにかく興奮冷めやらずな感じです。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2011

08/04

Thu.

22:03:13

永遠の0  

Category【日本文学


永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

プロローグ

 あれはたしか終戦直前だった。正確な日付は覚えていない。しかしあのゼロだけは忘れない。悪魔のようなゼロだった。
 俺は空母「タイコンデロガ」の五インチ高角砲の砲手だった。俺の役目はカミカゼから空母を守ることだった。狂気のように突っ込んでくるカミカゼを打ち墜とすのだ。
 我々の五インチ砲弾は近接信管といって、砲弾を中心に半径五〇フィート(約十五メートル)に電波が放射されていて、その電波が飛行機を察知した瞬間に爆発する仕組みになっていた。最高の兵器だ。それを何百発と撃つんだ。ほとんどのカミカゼは空母に近づく前に吹き飛んだ。
 初めてカミカゼを見た時にやってきた感情は恐怖だった。俺が「タイコンデロガ」に乗り込んだのは一九四五年初めのこと。噂に聞いていたカミカゼを目の当たりにし、こいつらに地獄の底まで道連れにされると思った。スーサイドボンバーなんて狂気の沙汰だ。そんなものは例外中の例外だと思いたい。しかし日本人は次から次へとカミカゼ攻撃で突っ込んでくる。俺たちの戦っている相手は人間ではないと主他。死ぬことを恐れないどころか死に向かって突っ込んでくるんだ。こいつらには家族がいないのか、友人や恋人はいないのか、死んで悲しむ人間がいないのか。俺は違う、アリゾナの田舎には優しい両親がいたし、許嫁もいた。



おススメ小説の記事を読むと、よくこの書籍が出てきます。8月ということで、私も早速読んでみました。

書き出しにもあるように、テーマは大戦にあります。母方の祖母が他界し、母の実の父が戦死していたことを知った姉弟。祖父と祖母はとても仲がよく、まさか祖母が別の人のところへ嫁いでいたとは考えられなかった二人は、血の繋がった祖父の記憶を辿るべく亡き祖父を知る人を訪ね歩いて、祖父の死へ迫ります。

弟は弁護士を目指して司法試験の勉強をしていましたが、幾度も失敗を繰り返して今はフリーターのような生活をしていました。祖父が30を過ぎて弁護士を目指し、市井の人々を助ける姿に「俺も弁護士になる」と志したのですが、なかなか進展してはいかない。

ジャーナリストを目指す姉は、ある日母から実の父への秘める思いを聞きます。一体どんな人であったのか。丁度ぶらぶらしていた弟にその調査を依頼します。弟の調査が進むにつれ、祖父の人柄や戦争の矛盾が見えてくる。

とにかく涙せずにはいられない小説とのことでしたが、その触れ込みは本当だったと言わざるを得ません。8月、読むべき1冊。

 この本を読んで 

・600ページ近い本ですが、一気に読めます。戦争ものが苦手な人でも絶対感動するはずです。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

08/03

Wed.

22:22:28

文庫 「伝説の社員」になれ! 

Category【自己啓発


文庫 「伝説の社員」になれ! (草思社文庫)文庫 「伝説の社員」になれ! (草思社文庫)
(2011/02/04)
土井英司

商品詳細を見る


プロローグ

 年収の高い会社と低い会社。
 好きなほうに入れるとしたら、あなたはどちらを選びますか?
 この質問は、単なるお金の話ではありません。
「あなたはどう生きたいか?」という問いでもあるのです。

「いつか起業したい」
「転職して自分を高く売りたい」
 最近、こういった志のある人が、ずいぶん多くなりました。
 不安定な世の中で自分の価値を高めようとする姿勢は、すばらしいと思います。
 しかし、そんな人が、がんばればがんばるほど、カラまわりしてしまうことがあります。



ずっとずっと読みたいと思いながらも購入できずにいた1冊。文庫本になっていたことを知り、早速購入しました。

土井さんのメルマガ「ビジネスブックマラソン」を毎日楽しみにしている人、たくさんいらっしゃることと思います。在外生活者にとっては大変貴重なメルマガでして、リアル書店にいかずともビジネス書の情報が入ってくるありがたい情報源であります。

この書籍も非常に感動ものでした。なんらかの組織にてお仕事をしている人ならば、どうして著者がずば抜けた成績を生み、起業までにいたったかが納得できることと思います。「私もお金持ちになりたいなー」程度で淡い夢を抱くのではなく、どうすれば実践に繋がるかを知り、自分磨きの第一歩が踏めるようになる一冊です。

個人的にはこの頃新しく会社で仕事をさせていただくことになり、学ぶべき点が多くありました。目の前にある仕事への取り組みかがた自ずと変わってきたように思います。

この書籍から学べることは、小手先の業ではなく、自分に行った投資をいかに投資として活かすことができるか、にあると思います。「気合」や「やる気」で乗り越えられる世の中ではなくなった今、確かに伝説の社員であることがこれからの道を開いていくというお話に納得です。

 この本を読んで 

・初心に帰る意味で何度も読みたいと思います。

・限られた時間の使い方、参考になりました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

08/02

Tue.

21:48:00

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす" 

Category【自己啓発


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすさあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
(2001/12/01)
マーカス バッキンガム、ドナルド・O. クリフトン 他

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに 企業における「強み革命」

 われわれ人間は、「善は悪の対極にあるもの」という考えに固執し、何世紀にもわたって欠点や弱点にとらわれてきた。医師は健康を知るために病気を研究し、心理学者は喜びを知るために悲しみを探求し、セラピストは幸せな結婚生活を知るために離婚の原因を探ってきた。また、世界じゅうの学校や職場で生徒や職員は、優秀な人間になるには、まず弱点を自覚すること、分析すること、そして、それを克服することだと教えられている。
 こうしたことは悪意があってなされているわけではもちろんない。しかし、指導法としてはまちがっている。欠点や弱点を研究することに価値はあっても、研究したからといって強みについてわかるわけではない。強みには強み独自のパターンがあるからだ。
 自ら選んだ分野で並はずれた才能を発揮し、常に満足を得るには、その強みのパターンを知らなければならない。自らの強みを発見し、顕在化させ、活用する術を身につけなければならない。本書を読むことで、まずこれまでのものの見方を変えてほしい。どれほど弱点が気になっていようと、それをまず脇に置き、強みを徹底的に探ってほしい。<ストレングス・ファインダー(強み探索システム)>を大いに活用し、強みのなんたるかを知り、自らの強みの厳選を見つけてほしい。
 あなた自身、それにあなたのまわりの人々に関するあなたの正しい判断力をさらに確実なものにすること。それが本書の目的である。



勝間さんがおススメしておられた時に購入してはいたのですが、なぜかずーっと頭の中からこの本の存在が消えてました。きっと購入して3年以上経っているんじゃないかな。本棚の掃除をしていたら出てきたので、早速やってみることに。

ストレングス・ファインダーを試すには、以下の方法でどうぞ。

①サイトにアクセス
  http://sf1.strengthsfinder.com/ja-jp/homepage.aspx

②指示に従って、個人情報を入力

③書籍のカバーをはがします。すると裏にアルファベットと数字でなされたナンバーが出てきますので入力。

④テスト開始!30分くらいかかりますので、時間的余裕のある時にどうぞ。

このテストで何がわかるかといいますと、自分の強みが見えてくる。30分近くの設問に答えることで、34ある強みの中からベスト5を選定してくれるというシステムです。

私もやってみましたが、設問の時にちょっぴり意識してしまった部分があったせいでしょうか。想像していた部分がそのまままるっと現れてきてまして、5つのうち2つは「なるほどなー」という意外性がありました。

もうこの本についてはいろいろな方が書いておられることかと思いますので、内容は「とにかく、テストやってみて」の一言に尽きます。問題はこの結果をどう自分に活かすべく分析するかということです。

一歩引いた目で客観的に自分を見るにはよい材料だと思います。

 この本を読んで 

・結果を見て、自分の短所だと思っていた部分が長所となって出てきたことにビックリ。ま、捉え方ひとつで長所と短所なんて紙一重ですものね。

・とりあえず、どう仕事に活かせるかを考えないと。うむ。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

2011

08/01

Mon.

05:33:44

夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法 

Category【マネー


夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法
(2011/02/26)
花輪 陽子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

夫のこづかい3万円では出世できない

お金の管理は夫婦2人で

「夫のこづかいは千円でも減らしたい」
「こづかい3万円ではつきあいもできない」

夫婦の間でこづかいに関する議論は尽きません。

私、花輪陽子はファイナンシャルプランナー(FP)として、夫婦のお金に関する様々な相談を受けてきました。その経験を通して感じたのは、お金の管理をどちらか一方の任せきりのカップルがとても多いということです。

「ぼくは貯金をしていません。妻がこっそり貯めてくれているはずだから。(でも実際はいくら貯まっているのか全く知らないんです。貯まっていなかったら困るな……)」
「夫のこづかいの額は、お給料から生活費を差し引いて、余った分です。これって当たり前じゃないんですか?」
「夫が私に内緒でキャッシングをしていたんです。おこづかいはちゃんと毎月3万円渡していたのに……」

 こんなカップルが実に多いのです。



アマゾンをちらちら見ていた時に気になった一冊。

ファイナンシャルプランナーが書くお金の本はいくつかありますが、この本は本当に本当に初歩に向いている1冊だと思います。とにかく「お金貯めたいんだけど、どうしたらいいんだろう」とか、「お金貯めなくちゃーとは思うんだけど、うまくいかん」などなど、私のように「算数弱いからお金の計算できないのー。夫、頼む!」という人にもぴったりです。

この本のポイントは、「やりくり」とか「節約」というような小さなお金の変動ではなく、「仕分け」がテーマになっています。もちろん使ってはいないお部屋の電気を消すだとかいうような、小さな節約も大切です。でもそれは時にストレスになることも。

それなら、どーんと大きく出ていく部分を見直そう!というわけです。例えば住宅費。買うべきかしら?借りるべきかしら?の問題がありますよね。あと車を持つか、持たないか。お子さんがいるお宅であれば、教育費の問題もありますね。そして誰もが老いていくにあたり、保険などの準備をしているはずです。

そんな家計に大きなパーセンテージを占めている部分を見直しましょう!その方法や目安が記されています。

今、すでに投資でがんがん攻めに入っている方には完全に物足りない一冊でしょう。どちらかというと、主婦の目を覚まさせる本かと思います。

 この本を読んで 

・文章が読みやすく、非常にわかりやすかったことから「これ、しばらくバイブルにしよう」と決めました。お金の管理、これで見直して生きたいと思います。

・とは言え、「年長者がおごる」というシステムのある韓国では3万円ではやりくりできん!です。あとこちらのカード社会な面もどうにか対策を練らなくちゃ、と思うところ。

・貯金についての項は「なるほど」が満載です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。