01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2012

02/07

Tue.

05:38:49

理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き 

Category【ファッション


理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き
(2009/11/25)
大草 直子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 ファッション誌のスタイリングや編集を手がけるようになって、今年で15年。初めて「本」の執筆のお誘いをいただきました。ページ数に限りがあり、テーマも決めこみ、そして何より広告を出稿してくれる、「クライアント」という存在がいる雑誌とは違う、本だからこそ書けることを……と本書を書き始めました。
 どんなことを書いたらいいだろう、読んでくださる方はどんなことを知りたがっているのだろう。担当編集者と何度も話し合いました。

 そして、ファッションはイメージやセンスで語るものではなく、ましてや、お金をかけないとできないことでもない。成功するための、はっきりとした理論(セオリー)があって、それを伝えられたら、きっと、もっと日本の女性たちは美しくなれる―。ずっと思い続けてきたことを、書くことにしたのです。



唐突に会社勤めを始めることになった時、着ていく服に困ってファッションの本を買いあさっては読みふけりました。とうに書いたと思っていたのですが、忘れてたんですねー。

この本、とにかくちょくちょく出してきては読んでます。「手抜き」というだけあって、扱われているアイテムの数もシンプルで、かなり応用が利くように思います。私のような初心者からプロまで、「見せ方」をもっと改善したいという人にはかなりおススメの一冊です。

私はこの本で大草さんの存在を知りましたが、ファッション界ではかなり人気の方であります。ぜひぜひ、どうぞ。

 この本を読んで 

・おしゃれをするのもそうですが、モノを大切にしなくちゃ、と思える1冊でした。

・大切に愛しむことでモノに命が宿るといいますが、服もそんな傾向があるのかもしれません。体に馴染んでくる上に、自分でも着こなす方法を学んでいける。

・ファッション本をもっと読みたいと思わせるキッカケとなった1冊です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

スポンサーサイト

[edit]

page top

 

2012

02/06

Mon.

22:51:50

ころころろ 

Category【日本文学


ころころろ (新潮文庫)ころころろ (新潮文庫)
(2011/11/28)
畠中 恵

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

「朝起きたらわれは、布団になっているに違いないや」
 昨日も一昨日もその十日前も、一月前も、ずうっと変わらず、長崎屋の離れの寝間で寝込んでいた長崎屋の跡取り一太郎は、とうとう病人でいることに草臥れてしまった。
 一太郎と言えば、気合の入った病人あり、齢十二にして手練の病持ちであった。よって、日ごと違った病に罹ることには確かに慣れてはいる。
しかし、だ。もう大きいのだから限度というものがあっても良い気がすると、一太郎は布団に埋もれつつぼやいているのだ。
「人には二本、足があるんだもの」
だから寝てばかりいるより歩く方が、人らしい。それに、この世で一番親しいのが布団で、二番目が薬湯だというのは、どう考えても情けのない話ではないか。



この頃めっきり読書から遠ざかっておりましたが、少しずつ読書のペースを戻していきたいと思っています。1日1冊(ページにして250ページくらいかな?)を目標にリハビリ開始です。

さて、このシリーズのおかげで、ますます毎年年末が楽しみになりました。というのも、毎年12月に文庫本が発売になるからです。

しゃばけシリーズ、今回は若だんなが12歳のお子様時代に逆戻り。怪たちは相変わらず若だんなのまわりに集合しており、若だんなを守るために体を張っています。

今回は二人の兄やが本当するシリーズ。若だんなは相変わらず弱りきっており、今回は目が見えなくなってしまうという大事件です。


 この本を読んで  

・今までなら楽しさのあまりにさーっと数時間でワクワク読み込んでたのに、夜にちまちま読んでいたので完読までに1週間もかかってしまった。

・というよりも、若だんなの冒険っぷりが少ない印象が。だから読み進まなかったのかな?なんとなくキャラクターの個性も薄い印象が残りました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。