09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

04/24

Thu.

17:48:53

夢をかなえるお金持ちの法則 

Category【自己啓発

今週も再読の1週間。

夢をかなえるお金持ちの法則―起業家が教えてくれた成功の秘訣夢をかなえるお金持ちの法則―起業家が教えてくれた成功の秘訣
(2007/01)
リチャード・パークス・コードック

商品詳細を見る


なぜかキョウボ文庫で山積みされていました。
ストーリー型の成功本です。とても読み易い1冊で、ページ数もそれほど多くはありません(P173)。

では、書き出しのご紹介。
 

 どれだけ重要かわかっていて、そうしなければいけないこともわかっているのに、なぜそうできないのだろう?空港に出発するのが遅れたことをトムはわかっていた。電話を一本余分にかけて、出かける一分前に資料のメモがないことに気づいてあわててメモを探し、メモがみつかったのでほっとして、最後にコーヒーを一杯飲んだのが大間違いだった。




ええと、展開、おおかた想像つくと思います(笑)
主人公のトムは、予約した飛行機に乗り遅れそう。ダッシュの甲斐あり、トムはどうにか飛行機に載る事ができました。ところがフライトは“あいにく”満席。ビジネスクラスへアップグレードされます。隣に座ったマイケルはどう見ても大富豪。トムは彼から『8つの原則』を学ぶ事になります。

この本、一気に読めました。
『思考は現実化する』の流れを上手にまとめた本です。
実は読みはじめすぐ、「ちょっとパンチが弱いなぁ」と思っていたのですが、なるほど著者はイギリスの方だったんですね。アメリカのアグレッシブさに満ち溢れた自己啓発本とは違い、トムとマイケルの会話は穏やかです。その穏やかさが、じんわりと心に染みてくる。久々だったので殆ど初見状態で読みましたが、「読んでよかった~」という充実感がありました。メモも結構とりました。

それにしても、自分でも知らないうちにアメリカ型の「行け!行け!」スタイルが身についていたようです。自分の環境を省みず、より激しさのある本を求めていたのかもしれません。自己啓発本に関しては、私は鞭を打たれたいタイプなのかも・・・汗

「8つの原則」はマイケルの口癖によく現れています。それは、「私は信じている(I believe)」。これは成功を持続させるために必要なことを思い出すための工夫です。つまり、「8つの原則」を要約したもので、意図的に使う事で自分の能力を信じる力を与えます。「やればできる!」と何度も口に出す事に似てますね。

著者は今、イギリスのバースに住んでいるようです。バース、私も大好き。
老後を過ごしたい街ランキングで、いつも10位以内に入ってますよね。バース人気、今も続いているのでしょうか。また行きたいな。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/108-388656a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。