10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

04/26

Sat.

09:21:17

冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 

Category【旅行

今日は国内でゆったり過ごされる方にも世界一周が楽しめる一冊をご紹介。

冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)冒険投資家ジム・ロジャーズ世界大発見 (日経ビジネス人文庫)
(2006/01)
ジム ロジャーズ

商品詳細を見る



大投資家ジム・ロジャーズの旅行記第2弾です。
今回は黄色い特注ベンツで世界を走ります。

 一九八六年に六〇〇ドルを手に投資の世界に足を踏み入れ、一九八〇年に三七歳で現役を退いたときには、私は一生冒険して過ごすという夢を果たせるだけのお金を手にしていた。オフショア・ヘッジファンドの共同責任者として、世界の資本は原材料、商品、情報の流れを分析し、他人が投資しないところは投資をし、まだ注目されていない市場を発掘して利益をあげた。私が成功したのは主にこのやり方のおかげだった。私がウォール街で働き、また最終的には長期投資をすることで目指していたものは、業界の他の人々とちょっと違っていた。私は人生を楽しむ自由を手に入れたかった。世界中を見て回りたかったのである。他の旅行者がめったに目にすることなく、そこへ行って初めて見える、その場に立たなければわからない世界を見たかったのだ。



そしてジム・ロジャーズは本当に旅に出ます。恋人のペイジを連れて。
とにかくとてつもない冒険物語です。1999年1月1日、旅はアイスランドからスタートします。いくら改造車とは言え、黄色いベンツでアフリカというのは無理があるのでは・・・。でも彼らは進み続けます。その車で、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、南米大陸を制覇。途中、幾多のトラブルが起こりますが、その辺はやっぱり冒険投資家です。一つ一つ解決していく姿も豪快でおもしろい。

この本を読むと、恐らく多くの人は旅に出たくなると思います。旅のロマン満載で、どんどん引き込まれていきます。更にスゴいのは海外投資の世界に引き込まれてしまう点でしょう。大金を稼ぐ投資家が、実は書類の数字ではなく、自分の目と感を頼りにしていることがわかります。そのやり方は決して難しいそうではなさそうなのです。日本は豊かな人が多いですから、年に1度は海外旅行を楽しむ人も多いと思います。この本を読めば、その行き先でのモノを見る目が変わることでしょう。そして刺激を感じたり、楽しめたりする分野も変わってくるのではないかと思います。なぜなら、投資先としてその国を見るようになるからです。私は現在ソウルに住んでいますが、この本を読んで韓国の見方が変わりました。いろいろなトラブルの理由がちょっとわかりました。なるほど、世界ってこうやって見ればいいんですね。

500ページを超える大作ですが、余りの面白さにそのボリュームを全く感じずに読み終わることができました。この本を読む時、ぜひ世界地図帳をご準備下さい。楽しさ、倍増です。私も地図で確認しながら読書したのですが、自分が旅をしているような気分になりました。

この旅の途中、ジムはページと結婚し、実父を亡くします。わくわく有り、トラブル有り、事件有り、涙有りの大発見の旅をお楽しみ下さい。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/109-9617a8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。