07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

06/06

Fri.

16:58:38

英語の冒険 

Category【語学 

これ、何語かわかりますか?

Dnt u sumX rekn eng lang v lngwindd?

今日読んだこの本に出ていました。

英語の冒険 (講談社学術文庫 1869)英語の冒険 (講談社学術文庫 1869)
(2008/04/10)
メルヴィン・ブラッグ

商品詳細を見る


この本、audibleでも持っています。
audibleだと12時間ぐらいの録音。聴くのにずいぶん時間がかかっちゃいました汗とか
ナレーションはイギリス英語です。



まずは書き出しからご紹介。

 はじめは十五万人ほどの話し手しかいなかった言葉が、十五億人が話し、理解する英語という言葉に発展していった過程は、壮大な冒険物語の要素を残らず備えている。この本はその冒険物語だ。英語は、生き物のように、千五百年あまり前にイングランドにまかれた種から育った。最初から英語はライバルと競わねばならず、危険と脅威にさらされていた。絶滅の危機に瀕したこともあった。言葉をめぐってしばしば激しい戦いがくり広げられた―どの言葉が支配するのか?―だが言葉は宝物ももたらした。今ももたらしている。文学、統一された統治、そして今日では世界中の人が同じ言葉で話しができるようになるかもしれないという希望が生まれている―英語を使って。



英語は外国とのコミュニケーションの手段のうちの一つです。沢山ある言語のうちの一つ。ところで、韓国では「本当の」英語として、アメリカ英語が尊重されています。それは発音に始まり、単語の選び方から書き方にまで及びます。でも、「本当の」英語って、何でしょう?この本を読んで、その疑問がもっと深まりました。そして、「本当の」英語なんて、ない!という事もわかりました。なぜなら、言語は生きているからです。そして同じ単語が広い世界で同じ物を表しているとは言い切れません。

この本、英語を勉強する人、そして言語学や英文学を学ぶ人が読めば、その冒険具合にワクワクすることと思います。イギリスで生まれた英語が、いかにして世界中に広がっていったのか。そして英語だと思っていた語が、実は生まれはラテン、ギリシャ、フランス語で、どんな風にして英語になっていったのか。英語って、実は結構冒険してるんですね。

ドイツ語やフランス語には性がありますよね。でも英語には無い。だから英語はいろんな外国語をじゃんじゃん取り入れて、自分のものに出来たのかもしれません。そして好奇心旺盛のイギリス人の気質が、いろんな言葉を取り入れて来たのかもしれません。その冒険は今でもまだ、続いているのです。

この本を読んで(そして聴いて)から、英詩の読み方に深みを感じられるようになった気がします。英詩の楽しさは何と言っても音読の素晴らしさにありますが、ルネッサンスの英語の響きを知る事で、韻のスゴさに改めて驚きました。

また、英語以外のヨーロッパ言語を学ぶ方には、この1冊が英語とその言語の近さを感じられることでしょう。

英語、難しい!と言う前に、歴史や冒険を知れば、楽しくなりますよ~

あ。Dnt u sumX rekn eng lang v lngwindd? の答え、忘れてました。

Don't you sometimes reckon English language very longwineded?
(英語ってくどくどしてるって思う事ない?)

2003年のガーディアン紙に掲載された「外国語としての英語」という記事です。
恐らくネットなどで使われてる言葉でしょう。若い人は完璧に理解できても、大人には全く理解不能なんだろうなーと思います。私も日本を離れてからというもの、理解できない日本語が増えてきました。言語、どんどん進化中!ということですね。

banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/138-173cb494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。