09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

06/08

Sun.

19:30:31

すべてはうまくいっている 

Category【自己啓発

この週末は、タイトル買いしたこの本を読んでおりました。

すべてはうまくいっている―超・瞑・想すべてはうまくいっている―超・瞑・想
(1996/10)
佐田 弘幸

商品詳細を見る


まずは書き出しのご紹介を。

 いまから四年前(一九九二年)、コマーシャル政策の業界で、アートディレクターという仕事に携わっていたときでした。
 アートディレクターというのは、コピーライターやデザイナーたちとチームを組んで、作品を仕上げていく仕事です。やりがいはありましたが、コマーシャルの仕事は大変きつく、作品も自分自身も消耗され、常に新鮮なものを開拓していく必要があります。仕事も早くこなしたいし、イメージ力ももっと必要だと思っていたので、インスピレーション開発の必要性を感じていました。
 そんなとき、企業研修をしている友人に「インスピレーション開発には瞑想がいい」と薦められたのです。当時の私は、瞑想というと、世捨て人とか高い意識を求める人の特別な修行というイメージがありました。しかし、その友人は最近では企業で瞑想を取り入れているところが多いと言い、TMという瞑想方を薦めてくれました。



この本を読んだ人は、たぶん瞑想を日常に取り入れたくなると思います。

瞑想というと、私は真っ先に「禅」を想像するのですが、世の中には実に沢山の瞑想があるようです。思えばヨガにも瞑想の過程がありますし、とある宗教では瞑想を通して宙に浮いちゃったりと眉唾なものもあります。著者の佐田さんが瞑想を知ったキッカケはTMという超越瞑想法ですが、これはマントラを唱えながら、音の振動で意識を内側に向ける瞑想法だそうです。

ところで瞑想って、どんな効果があるのでしょうか?
この本によりますと、まず佐田さんは、瞑想中に予知夢のような映像を見たり、声を聞いたり、偶然とは思えないくらい思いが引き寄せられるようになったそうです。思えば実現化するわけですから、楽しくてどんどん瞑想を続けていくうちに、瞑想と潜在意識の関係に気がつきます。さらに、自己実現とは何か、人間の成長の7段階として、佐田さんはこのように表しています。

7段階 創造の喜び(自立、全てと調和し創造する)
6段階 直感により自分を超える喜び(内なる声に導きを得る)
5段階 英知で人を導く喜び(冷静な判断力)
4段階 調和する喜び(本質的コミュニケーション)
3段階 知識を身につける喜び(成長のスタート)
2段階 性格の喜び(明るく、楽しく人生を生きる)
1段階 物質的な喜び(建国、社会的成功)

本当の自己実現とは、1段階のように、モノを手に入れ「成功」という事ではなく、素直な心を持った人間となり、世に貢献する人、ということでしょうか。瞑想は、その自己実現の達成を手助けします。

この本にはアファメーションの作り方と使い方がわかり易く記されています。これがとっても素晴らしいです。潜在意識の思いが現実化することは、石井裕之さんをはじめ、多くの方が語っておられます。そして、潜在意識へのインプット法が間違っていると、それが現実化してしまう!という事も、今では多くの成功本に記されている事です。単に「ポジティブシンキング」とアファメーションは異なります。勘違いしてると大変なことに!私もこの本を読み直すたびに、自分の勘違いっぷりに気がつきます。ああ。早く気付いてよかった!ツイてるw!

瞑想は、潜在意識へのインプットをスムーズに導く方法の一つだそうです。その際、正しいアファメーションをインプットできれば、効果はもちろん上がるはず。なかなか上手に瞑想状態に入れない場合は、誘導瞑想テープを自作するという手もあります。

実践では、いくつかの注意点があげられています。
アファメーションについての注意事項をあげておきます。

1.願いが実現した後どうしたいのかを言葉にする
2.簡潔な文章にする
3.繰り返す
4.「~して楽しい」という言葉をつけ加える
5.最終的な結果を、できるだけ明瞭に。はっきり表す
6.結果までの条件をつけない

アファメーションは願望を表した言葉です。ですから、心の中に何か否定的なものがある場合、アファメーションはしっかり働く事ができません。それをクリアするアファメーションが、この本のタイトルでもある「すべてはうまくいっている」。まずはこのアファメーションからスタートです。

他にもシンクロニシティについてのお話もタメになりました。未来の自分と繋がること、と言ってもよくわからないと思いますので、気になる方は本書をご覧下さい!

私も、もっと瞑想を取り入れたくなりました。心の安定や調和や安らぎのために、日々瞑想の時間を持とうと思いました。

ところで、他に瞑想本を読んでみたくなったのですが、今気になってるのはこれ。

Yogaではじめる瞑想入門Yogaではじめる瞑想入門
(2006/03)
綿本 彰

商品詳細を見る


アマゾンでもなかなか評判が良いようです。で、この本から2年後、新しい本も出ています。画像が無いので、タイトルだけ。

『シンプルメディテーション―瞑想をこれから始める人の本』

うーん。ソウルのリアル書店には両方とも扱いがないだろうなー。
本情報、お待ちしておりますheart02

banner_03.gif



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/139-38ef840c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。