07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

06/27

Fri.

09:40:19

3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術 

Category【ビジネス・経済

昨日届いた本、まずはコレから読みました。

3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術
(2008/06/17)
マーク富岡

商品詳細を見る


本田健さんの『ユダヤ人大富豪の教え』以来、タイトルにユダヤ人と入る本が増えた気がします。なんだかスゴイ秘密があるような気になるのは、私だけでしょうか。

帯には『76カ国を訪問し、世界中のエクゼクティブから学んだ「交渉相手を手玉にとる技術」「負けない技術」をほんの少しだけ公開します。』とのこと。著者のマーク富岡さんは、海外営業担当として世界各地を駆け回り、交渉力を磨いてこられたお方のようです。76カ国って、国連大使もビックリですね。営業で出会ったユダヤ人のマイヤー氏から学んだ交渉のテクニックを紹介した本です。

一応海外に生息しているtoh、日本の交流・交際・交渉スタイルがどうやって世界に受け入れられているのかがとっても気になりました。同じアジア圏にいるのに、私、全く交渉できてないんですよね・・・へこみ 
というより、交渉にも至らずにオール負けです・・・(涙)

という事で、今日は書き出しではなく、国別のマークさん武勇伝、韓国篇よりご紹介です。

韓国人から学ぶ「マネをオリジナルにしてしまう」技術

 二〇〇二年の春、アラブ首長国連邦(UAE)の販売代理店から連絡が入った。
「当社が扱っている製品Cのコピーが大量に出回っている。およそ半値のため、販売が落ち込んでいるので、早急になんとかしてほしい」というもの。
 コピー製品を作っているのは韓国のメーカーで、モデル名もCと似ているという。私はさっそく、調査も兼ねてドバイへ出向いた。
 訪ねていったのは、韓国ハンジンのドバイ支社。まったく関係ないふりを装って、私は中近東マーケティングである安氏を訪ねた。


 
いやーこの話、「わかるわー」とうなずきながら読みました。これから韓国に留学する人には是非読んで頂きたいです。もうマークさんの観察眼に脱帽ですよ。これがきっかけで、韓国を去り、嫌韓の道まっしぐらになる方、多いと思いと思うなぁ。

今や韓国土産の定番の一つに「コピーもの」というのがありますよね。お菓子、ジュース、化粧品、ファッション、本、車などなど、そっくりさんに溢れています。そして、意外と韓国人はそのオリジナルが外国にあることを知らなかったりするのです。

企業としては、開発・マーケティング・宣伝費が賄えないことから、日本で売れている製品をコピーして偽オリジナルを作るようです。さらに、「日本で売れている」というのは大きな説得力になるそうで、私たちが欧米の新しいものをウォッチするように、彼らは日本をウォッチしています。

ところで、この本を読んで、「これからは負けないぞ」と気持ちを新たにいたしました。
もう負けない気がしますw

韓国人の知人曰く、「大げさ、大声、大暴れ」が韓国でのケンカ 交渉に勝つステップだそうですが(!)、さすがに私はそこまでの交渉をする事はありませんし、できれば穏やかに暮らしたいので、マークさん伝授のユダヤ人式交渉術で3000人の韓国人に「YES」と言わせて見たいと思います。ポイントは、以下。

?相手のお話をよく聞いて、win-winになることを心がけましょう。
?打ち負かすのもよくありません。あくまでもwin-winです。
?交渉の最終地を事前にチェックしておきましょう。譲歩できる部分などもメモっておきます。
?意志を明確に示しましょう。
?自信を持ちましょう。

さらに欧米ですと、?あたりが重要になるかもしれません。

私が日本人である以上、この国ではやっぱり風当たりは強いのかもしれません。マークさんも仰っておられますが、韓国人にはどうしても日本には負けたくない、負けられない気持ちがあるんだと思います。だからこそ、win-winが大切なのかも。そしてそれは韓国だけではなく、世界の国々に共通する平和な交渉術なんだと思います。

世界を手の平の上で転がすマークさん。旅行記的なおもしろさもありました。正直、かっこいいです。私もこんな営業、してみたいわー。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/144-b4f697ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。