06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

07/08

Tue.

08:54:58

英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】  

Category【語学 

G8ということで、今日は英語のお話を。
私は今、森沢洋介さんの『英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法』に沿って、ゆったりと英語学習を進めています。この本については、森沢さんのブログ『英語上達完全マップ』でも詳しく紹介されておりますのでご参考下さい。

・英語上達完全マップ
http://homepage3.nifty.com/mutuno/

森沢式には「音読パッケージ」という学習方法があります。これは、中学英語程度のテキストを音読していくというもので、1つの単元を私は100回ずつ読むようにしています。今回、その2冊目が終わりました。

英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】 (CDブック)英会話・ぜったい・音読 【続・標準編】 (CDブック)
(2004/03/12)
不明

商品詳細を見る


正直、1冊目の『英会話・ぜったい・音読 【続・入門編】』は、簡単すぎて疲れました。(過去記事はこちら→5月20日の記事)やっぱり中学生のテキストですから、「ハイ、太郎。」「ハイ、ナンシー。元気?」「ありがとう。あたしは元気よ。あなたは?」的な会話が永遠に続きます。そしてその内容の無さに、「自分、今なにやってるんだ・・・」と思う瞬間が出てきます。しかも英語朗読CDなのに、アニメ声・・・。がーっ!と本を放り出したくなるのを抑える事に努力を費やすかもしれません。

一方標準編は少し大人色が加わりました。内容に環境問題や、人種問題なんかも出てきます。これ、日本語から英語を起こせと言われても、できないかも・・・。

最初の単元から引用しましょう。こんな感じです。

Mike: My family uses the Internet in various ways. My father uses it for work, and my mother for shopping and reading news.
Aya: Do you use the Internet, too?
Mike: Of course! In fact, I enjoyed talking on a movie homepage last night.
Aya: Who did you talk with?
Mike: I talked with a girl from Canada.
Aya: That's amazing! What did you talk about?
Mike: We talked about Japanese animation. She loves anime and has some Japanese e-mail friends



これ、普通に考えると、ちょっと、ちょっとな会話ですよね・・・。きっとMikeは私好みの男の子ではないような気がします。きっとTシャツにアニメプリントか、漢字プリントがあるような気もします。Ayaもきっと都会の子ではないでしょう。と、偏見たっぷりに会話を見るのではなく、本を見ながらCDについて音読→一人で音読→本を見ないでCDについて音読→シャドーイング、のステップで音読をサクサク続けていきます。

このテキストは中学3年生レベルだそうです。シリーズは3冊あり、今日から私は挑戦編に入ります。高1レベルになるそうですので、少しは私のリスニング力もアップしてくれるとよいのですが・・・。

banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/148-480243aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。