05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

07/22

Tue.

07:53:03

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術 

Category【マネー

海外で生活していて何が不安って、やっぱりお金のこと。
現地価格で給料を貰っているので、為替に大きく影響をうけます。日本の財テク情報はどうしても遅れて手に入りますし、いざ試したいと思う情報があっても、「日本国内に滞在する人のみ」なんていう制限があって指をくわえるばかり。そこで読んだのが、この本です。海外投資なんてハードル高すぎ!でも、世界へ投資する方法、いろいろあるみたいですよ。

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
(2008/03/07)
橘 玲

商品詳細を見る


せっかく海外に暮らすチャンスがあるんですから、それを最大限に利用して黄金の扉を開けたい!海外でお金を増やす事はできるのでしょうか。

まずは書き出しからご紹介。

 その書斎は、地下20メートルの洞窟のなかにあった。私はそこで、初老のプライベートバンカーとワインを飲んでいた。“金融帝国の首都”ニューヨークのタワービルに大型旅客機が激突し、世界の姿が変わるすこし前のことだ。
 香港島のヴィクトリアピーク山麓には、アジアでもっとも裕福な人が住んでいる。中環の夜景が眼前に広がる鬱蒼とした森のなかに豪邸が点在し、プールとジムが併設されたコンドミニアムの駐車場にはメルセデスやBMWが並ぶ。そんな高級住宅地の一角に、一九三〇年代にイギリス軍によって掘られた地下弾薬庫がある。それを改造して会員制のワインセラーがつくられたのは、高温多湿の香港でワインの保管に適した数少ない場所のひとつだからだ。



勝間さんの『お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践』を読んで以来、投資についての見方が変わりました。投資はギャンブルとは違います。宝くじのように運にまかせるものでもありません。正しい知識があれば、資産を増やす事ができる。そして、財産を増やしたいなら、まずは支出を抑えなくてはならない。後者は誰にでもできますが、前者は少し努力をしなくてはなりません。正しく投資を行うには、金融に対する知識が必要です。勝間さんも金融リテラシーを育てるように仰っています。

さて、橘さんの仰る海外投資術も、やはり高度の金融リテラシーとコミュニケーション力が必要です。そして忘れてならないのが、行動力。橘さんも、ジム・ロジャース並に世界各地を旅し、ご自身の目で海外市場の成長率を把握されています。

どうすれば、将来の不安を和らげるべく、資産を増やせるのでしょうか。私がどうにか理解できた方法は2つです。一つは日本の政策金利に注目するもの、そしてエマージング市場に投資するもの。

日本の政策金利は0.50%です。一方、アメリカは2%、ユーロは4.25%、そしてイギリスは5%。南アなんて12%です。FXでは、スワップポイントとして、毎日この金利差を受け取れます。海外に投資、もしくは現地に口座を開いて資金を投入しておけば、日本の数倍の金利差が受け取れるのです。なるほど。私も一応韓国の銀行口座は持ってるぞ。銀行へお金を置くという事に関しては、日本より海外が有利だということがわかりました。

次はエマージング市場への投資です。中国の前進もすさまじいものですが、インドや東南アジアの勢いも忘れてはいけません。エマージング投資の醍醐味は、やはりだれよりも早く見つけ、お買い得なうちに投資をはじめることでしょう。これはちょっと難しいかも・・・。でも、エマージング市場へ投資する方法はいくつかあるようです。海外の証券会社では、中東のオイル株、東南アジアの成長株なんかも購入できるみたい。これもできそう。

この本1冊で、誰もが橘さんのようなプロ的投資ができるようになるわけではありません。ただ、少ない資金をどうやって投資すればよいのか。投資方法に「海外」が加わる事で、もっとその選択肢が増える。とにかく「ほー。こんな方法もあるのか!」と私のような初心者は驚くばかりです。世界の見方が変わるはず。

自分のポートフォリオをもう一度確認してみましょう。実は利益率が少ないものがあるかもしれない。今やだれもが海外旅行をする時代です。海外に投資することだって、これからは当たり前の時代がくるかもしれません。利益率の高い海外へ投資することは、むしろ安全な老後への第一歩につながる可能性だってあるのです。リスクは学べば防げます。海外に投資するのですから、金融リテラシーのほかに語学力も必要になるでしょう。そして常に世界に感心を持ち、敏感にその動きを捉えなくてはなりません。海外に投資することは、決して簡単な事ではないのではありませんが、確かに魅力がある。

やっぱり楽にお金は稼げません。学びと行動が富を与えてくれる。
ところで韓国の経済って、どうなんだろう・・・。エマージング市場の一つとしてカウントされてるのって、未開の「北」の存在があるからなのでは?株式市場も殆どが財閥企業で、その半分くらいはサムソン系列・・・。うーむ。

「さて、どこに投資しようかな?」と海外ニュースを眺めるのが楽しくなりました。
これで安心!というわけではありませんが、行動する価値はありそうです。

banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/158-be149665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。