04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

07/23

Wed.

09:25:55

お金と仕事の宇宙構造-長者さま養成講座 

Category【自己啓発

久々に、小林正観さんの本を読みました。



この本、amazonでは販売されておりません。販売元は株式会社宝来社さんです。
書籍は宝来社さんのHPでお求めになれます。

◆株式会社宝来社
http://www.358.co.jp/

正観さんの本は、一般書籍でも購入できるものと、宝来社・弘園社さんのサイトのみで購入できるシリーズとがあります。私は斎藤一人さんの影響で正観さんの本を読み始めたのですが、一人さんがご紹介されていた本が宝来社さんのものだったので、レア物?から読み始めました。

さて、この本の書き出しをご紹介しましょう。

 冗談半分で言いますが、半分は本気で言います。
 皆さんは、おいしい店、有名な店で20分も30分も並んで食べようとすることを、今日からやめてください。
 おいしい店、有名な店に並んでおいしいものを待って食べるというのは、自我、エゴの塊でしかありません。
 その有名な店の2、3軒隣に必ずお客さんが入っていない店があります。この店はまずくて有名で、愛想も悪いかもしれません。でも、このようなお客さんが入っていない店に入ってあげてください。
「だって、まずいものを食べてもおいしくないんだもん」と言うのは、エゴ、自我です。おいしいから食べるのではなく、お金は使うために存在するのですから、使うためにはまずいことにも少しガマンをしましょう。



変な話ですよね(笑)

私は宝来社さんの正観さん本を3冊持っています。一般書店やamazonで取り扱われている本も、数冊読みましたが、個人的には宝来社さん本の方が好きです。
なぜなら、なんとなーく、中身が“濃い”気がするからです。

この本では、お金の流れについて書かれています。それは経済的なお金の流動の話ではなく、宇宙的な心とお金の話です。お金が自分に流れるようにするには、どうすればよいのか。お金の流れにそっと手を入れると、自分の方にお金の流れる道が出てきます。では、どうすればその流れを自分に引く事ができるのでしょうか。

それは、お金の気持ちを知る事です。
お金も喜んで使われるのを好みます。ですから、支払う側は喜んで支払う。受け取る側が喜んでくれるような使い方をするべきなのです。上の引用文ですが、人気店でラーメンを食べる時、あなたのラーメン一杯分の代金は、その日の売り上げの1/2000に相当するかもしれません。でも、一日にお客さんが5人しか来ないお店なら、あなたのラーメン代は売り上げの1/5に相当します。喜ばれ方が違います!

正観さんはよく「掃除」の重要性についてお話しています。「キレイにしていると、よいことがありますよ」は、いろいろな方が仰っていることですね。この本では、より「掃除」がもたらす効果について書かれています。なんでもお家の守り神は、各部屋にいらっしゃるそうです。トイレの神様が一番たくさんの財産を持っています。ですから、キレイにするとトイレの神様が富を与えてくださるそうです。

『ザ・シークレット』の登場以来、宇宙とお金(?)に関する本が受け入れられ易くなったように思います。毎月のように関連本が登場しているので、みなさんも1冊は手に取られたことと思います。

ところで、正観さんの本の魅力とはなんでしょう。
正観さんの本は読みやすく、すっと心に入ってきます。会話調の文体もユーモラスで、1冊読むと心が動くのを感じます。私たちが仏教のお話を受け入れ易いのは、長い間、日本に暮らした人たちが仏教を心の糧として暮らしていたからです。DNAに仏教モードが取り込まれている!?

『ザ・シークレット』や、チョプラの『富と宇宙と心の法則』などを読むと、時にピンと来ない箇所がいくつかあります。迷宮の入り口は、?翻訳の問題?文化解釈の問題の2点ではないでしょうか。?翻訳の問題は、外国語を無理矢理日本語にするのですから、伝わり難くなるのは仕方がありません。が、?の文化解釈の問題は、これまたどうしようも無いのですが、翻訳の問題以上に理解力をガクンと落とします。

例えば、「糸杉」の木をご存知ですか?ゴッホの絵にもありますね。この「糸杉」、欧米では墓場に植えられる木で、時に「死」の象徴となります。アジアに住む私たちには、この「糸杉=死」がわからない。文化背景がわからないからです。逆に、欧米の人に、「お箸とお箸で直接食べ物の受け渡しをしてはいけません。」と言ってもその理由がわからない。それも文化背景の知識がないからです。最も難しいのは宗教で、何千年もの歴史が、文化形成に大きく貢献している。欧米の本を読んでいると、そういうキーワードを読み飛ばしてしまい、「?」となるようなのです。

だから私は正観さんの本が好きです。この本は、正観さん本の中でも一番好きな本です。心が豊かになりますよ。

banner_03.gif



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/159-9bb15aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。