06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

07/24

Thu.

20:21:59

谷崎潤一郎 [ちくま日本文学]  

Category【日本文学

唐突ですが、いつの頃からか、私は明治・大正時代に憧れを感じるようになりました。のめり込んで、その時代の文化や歴史を求めたわけではなく、気に入ったものの多くが明治や大正時代の作品だったのです。私の心には、toh的「明治」「大正」のイメージが育ち続けています。(昭和初期もちょっとある)

久々にそんなキラキラした物が欲しくなりました。そこで発見したのが、コレ。



これはなんと魅力的!よし、30巻揃えるぞ!
という事で、栄えある一冊目はこの方に。

谷崎潤一郎 [ちくま日本文学] (ちくま日本文学 14)谷崎潤一郎 [ちくま日本文学] (ちくま日本文学 14)
(2008/04/09)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る


思えば谷崎作品は「大人の本」というイメージがあって(多分、『痴人の愛』のせい)、初めて手に取ったのは大学を卒業してからのように思います。何を読んだのかは思い出せませんが、その時はピンと来なかった。それから、長く谷崎作品を読まずに数年が経ちました。

この本には、7作が収められています。
今日はそれぞれの書き出しをご紹介しましょう。

・刺青
それはまだ人々が「愚」と云う貴い徳を持っていて、世の中が今のように激しく軋み合わない時分であった。殿様や若旦那の長閑な顔が曇らぬように、御殿女中や華魁の笑いの種が尽きぬようにと、饒舌を売るお茶坊主だの幇間だのと云う職業が、立派に存在して行けたほど、世間がのんびりしていた時分であった。

・秘密
その頃私はある気紛れな考えから、今まで自分の身のまわりを裏んでいた賑やかな雰囲気を遠ざかって、いろいろの関係で交際を続いていた男や女の圏内から、ひそかに逃れ出ようと思い、方々と適当な隠れ家を探し求めたあげく、浅草の松葉町辺に真言宗の寺のあるのを見附けて、ようようそこの庫裡の一と間を借り受けることになった。

・母を恋うる記
・・・・・・・・・空はどんよりと曇っているけれど、月は深い雲の奥に呑まれているけれど、それでもどこからか光が洩れて来るのであろう、外の面は白々と明るくなっているのである。その明るさは、明るいと思えばかなり明るいようで、道端の小石までがはっきりと見えるほどでありながら、なんだか眼の前がもやもやと霞んでいて、遠くをじっと見詰めると、瞳が擽ったいように感ぜられる、一種不思議な、幻のような明るさである。

・友田と松永の話
私は、大和の国の「しげ女」という未知の婦人から、一通の手紙を受け取ったのは、今から五六年前、委しく云えば大正九年の八月二十五日である。

・吉野葛
私が大和の吉野の奥に遊んだのは、既に二十年ほどまえ、明治の末か大正の初めのことであるが、今とは違って交通の不便なあの時代に、あんな山奥、― 近頃の言葉で云えば「大和アルプス」の地方なぞへ、何しに出かけていく気になったか。― この話はまずその因縁から説く必要がある。

・春琴抄
春琴、ほんとうの名は鵙屋琴、大阪道修町の薬種商の生れで歿年は明治十九年十月十四日、墓は市内下寺町の浄土宗の某寺にある。せんだって通りかかりにお墓参りをする気になり立ち寄って案内を乞うと「鵙屋さんの墓所はこちらでございます」といって寺男が本堂のうしろの方へ連れて行った。

・文章読本
人間が心に思うことを他人に伝え、知らしめるのには、いろいろな方法があります。たとえば悲しみを訴えるのには、悲しい顔つきをしても伝えられる。物が食いたい時は手真似で食う様子をして見せても分る。その外、泣くとか、呻るとか、叫ぶとか、睨むとか、嘆息するとか、殴るとか云う手段もありまして、急な、激しい感情をひと息に伝えるのには、そう云う原始的な方法の方が適する場合もありますが、しかしやや細かい思想を明瞭に伝えようとすれば、言語によるより外はありません。




これだから速読をためす気持ちが遠ざかるんですよねぇ。この文章をサッと読み飛ばすなんて、私にはできません!!!この本に紹介されている作品は、どれも音が最高です。もし私に美声があったら、絶対音読してICレコーダーに録音することでしょう(笑)。ついでに「春琴抄」に至っては、なめらかな大阪弁があったら完璧です。

最近、音を感じさせる小説を読む機会が少なかったせいか、妙に音読欲が湧いてきて困りましたjumee 私の声では酔いも冷め過ぎ。凍ってしまいますので、憧れの声(仲代達也さんとか、美声の友とか)を思い出しながら、心の中で朗読を妄想しておりました。

「秘密」の書き出し、これはもうメモですよ。ああ。こんな文章、いつになったら書けるんだろう!「友田と松永の話」「吉野葛」「春琴抄」は緩い関連性の糸があり、一息に読みたくなります。特に「春琴抄」の句読点の微妙さが、読書のスピードをあおります。「文章読本」は最初の1章のみの掲載です。これは新たに購入しなくてはなりませんね。

「ちくま日本文学」、残り29巻。次はどれを読もうかしら。

banner_03.gif


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/160-ee458d98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。