08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

07/25

Fri.

19:06:43

韓国人のしくみ 

Category【旅行

2度目のソウル生活も、そろそろ2年になります。
日本から最も近い外国ですし、同じアジア文化を抱える国ではありますが、実際中に入ってみると、やっぱり外国!まさに「近くて遠い国」なのです。「どうして?」、それを解決したいと、この本を読みました。

韓国人のしくみ―“理”と“気”で読み解く文化と社会 (講談社現代新書)韓国人のしくみ―“理”と“気”で読み解く文化と社会 (講談社現代新書)
(2001/01)
小倉 紀蔵

商品詳細を見る


とにかく、わからないんです。いろんなことが。滞在年が長くなるにつれ、わからない部分はより深く謎に突入するのに、新たな謎も増えていく。とにかくこれだけは自信をもって言えます。韓国は日本の道理が通用しない国です。

小倉先生によりますと、韓国を理解するには、「理」と「気」を抑えなくてはならないそうです。「理」は道徳性を、「気」は物質性、身体性(肉体、欲望、本能、感情、感覚、感性、情など)を現しています。韓国人の思考には、この「理」と「気」の二面性がある。

物事の本質が理に属するのか、気に属するのかで、彼らの行動は変わります。例えば、単に感情的な人たちだ、と一元論では判断できない。なぜなら、その根底にある問題が理なのか気なのかで、彼らは大きく変化するからです。

日々謎に思っていたことを分析してみました。

?韓国のテレビを見ていて。人の名前を笑いものにすることがよくあります。例えば、欧米風な芸名を持つアイドル歌手の本名だとかで笑うのです。日本的感覚だと、それはとっても失礼な事のように感じるのですが、これってなんで?

?老若男女、差別意識がとっても強い。特に人種差別(黒人、途上国出身者)、労働者差別は露骨です。日本の比ではありません。皮膚の色、違う人種への差別感。これってなんで?

この2つ、これらは「理」として解釈できます。「理」は、道徳性です。儒教では、人間関係が垂直の上下関係が重んじられます。その上下関係が差別意識を生む。とにかく日常に悪い言葉が溶け込んでいます。みんないとも簡単に使うのです。この悪口を言うというのが、差別意識を象徴しています。

?反日感情があんなに強いのに、日本語を学んだり、日本へ住む人が多かったり、日本と比較したり、日本製品をパクるのはなぜ?

これは逆に「気」です。歴史問題や文化問題など、「理」の部分での日本との関わりにおいては、決してあいまいな態度を取りません。しかし、「気」は欲望の部分です。つまり、利益になる部分においては、「理」ほどの拒否感は現れない。非常に現実的です。

韓国で生活経験のある人は絶対「なるほど」と思うポイントがあると思います。私も少しスッキリしました。

残念なのは、韓国語の表現がカタカナ表記のみであらわされていること。初期学習者や、これから韓国に来る人のためにハングル表記が欲しかった!韓国生活にストレスがたまっている方、この本オススメしますよ。8月が来る前に是非読んでみてください!

 <<7月26日 追記>>

逆に、なんで「冬ソナ」ブームが起きたのかなーと考えてみました。

小倉先生の分析では、韓国人は自然に「理」と「気」を使い分ける事ができるそうです。例えば、「どうして日本語の勉強をしているの?」と韓国人に質問します。ここで「私は日韓の歴史を研究しています。日本語を通して日本の立場や思考を分析しつつ、歴史や文化背景について研究することは、将来プラスになると考えます。」と答えたとしましょう。これは「理」の答えですね。なぜなら、学習を通した自己成長の道徳性が答えの底にあるからです。続けて彼は言います。「でも、本当のこと言うと、やっぱり人間、食べていかなくちゃいけないですから(笑)外国語ができると、韓国では就職も有利ですし、大手財閥企業も狙えますから~。」これは「気」の答えです。なぜなら、食って生きるため、という欲望や本能の部分が入った答えだからです。

これを考えると、「気」の部分はちょっとしたユーモアにも通じます。思えば韓国の男性は、この「理」と「気」の駆け引きが上手いかも。まじめな人が、ふと面白いことを言ったりすると、「おお、こんな一面があったのか!」と見る目が1段ランクUP。

で、冬ソナです。実は私、見ていないんです でも内容はなんとなーく想像が付きます。韓国の恋愛ドラマの特徴をご紹介しましょう。まずすっごく身近で出会いがあります。そして思いがけない出来事(実は兄弟だった!とか、実は主人公の母親を殺したのは恋人の父親だった!とか)が発覚します。そこで、愛を育てていく過程に突入。最後はすっごく悲しい結果(一方が死ぬか、姿を消す)か、ハッピーエンド。大抵は貧乏vsお金持ちという対立があり、どんでん返しが起こります。

この愛を育てていく過程に、「理」と「気」が交互に出てくると、主人公の人柄に+「ロマンティック」+「男らしい」+「純粋だ」+「努力家」etc.みたいな効果が現われるのです。

良くあるのは、男性の場合、「オレは、きみの両親に必ず認めてもらうから!」そして、キメ台詞の「オレについてこい!」これが出ると日本女性は、弱いんじゃないかな?と思います。男らしさを象徴するセリフですよね。(ちなみに私は映画アラジンのDo you trust me?のセリフにです) そして韓国ドラマは何と言っても男性の涙!これは「気」以外の何ものでもありません。

女性の場合、不幸な境遇でなくてはなりません。そして一途に一人の男性を愛する。その男の人を愛する余り、女性は時に頑固で強いのですが、それは弱さの裏返しなのです。一昔前(って10年もたっていないのですが)、処女じゃないと結婚しないという男性がわんさかいたそうです。ですので、2000年以前のドラマは、確実に処女を守る的なイメージがあります。韓国では「理」の部分での男尊女卑が根強くありますから、日本の昭和初期の映画のような純粋性に、日本男性は吉永小百合さんの純潔を見るのでしょう。

日本のドラマは韓国ドラマよりも圧倒的に短いですから、この不幸を乗り越えるシーンが少ない。韓国ではここが一番の見せ場ですので、見るたびにヨン様の「理」と「気」に晒されて、メロメロになるのではないか、と。「理」と「気」は、ドラマへのスパイスでもあるんですね。今の日本社会では見られなくなった「理」の道徳性が、返って懐かしさ呼び起こすのかもしれません。ヨン様と冬ソナは、「理」による実直さ、「気」による情熱が絶妙のバランスで混ざり合っているため、日本の視聴者の心を掴んだのではないでしょうか。


banner_03.gif



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/161-935bbd8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。