05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

07/29

Tue.

17:55:33

地球の歩き方 イギリス 2007~2008 

Category【旅行

魂、抜けそうです・・・
暑すぎて・・・。

やっぱり寒冷地仕様の体には、32度は暑過ぎる。
今日は午前中に1時間半、午後に1時間、扇風機の前で昼寝をする始末。私が小さかった頃、札幌の気温が30度を超える事は、1年に数回あるかないかでした。今、確実に週の半分は30度超えてます。でも、シンガポールとかドバイはもっと暑いんですよね。こんなダラダラしてばかりではいけません。8月からはがんばって仕事をしなくてはいけないのにー!

と思っていたら、今日、パクさん(生徒さん)から連絡がありました。「先生、8月も忙しいのでしばらくお休みにさせて下さい。また連絡します。」

と言う事で、夏休みが1ヶ月延長でございますjumee
って、よろこんでばかりもいられません。私のお小遣いがぁーっ!本が買えなくなる。

とりあえず、夏休みが延長になった喜びと、暑さからの逃避行ということで、今日はずーっとこれを眺めてました。

A02 地球の歩き方 イギリス 2007~2008 (地球の歩き方 A 2)A02 地球の歩き方 イギリス 2007~2008 (地球の歩き方 A 2)
(2007/07/14)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


これは去年に出たやつです。今年のものはこちら。

A02 地球の歩き方 イギリス 2008~2009 (地球の歩き方 A 2)A02 地球の歩き方 イギリス 2008~2009 (地球の歩き方 A 2)
(2008/07/19)
地球の歩き方編集室

商品詳細を見る


ああ。イギリスに行きたいなぁ。私が最後にイギリスに行ったのは独身の頃だったはず。とすると、かれこれ6年も前のことなのねー。

この本を見ながら、旅行予定を立てました。こうやって予定を組めば、実現するかもしれないし(笑)
あ、でもこれはまんざら嘘でもありませんよ。実際に私、このパターンでいろんなことを実現して来ました。なぜかうまく行くんですよね。

まず、旅行期間は2週間くらいがいいな。(ということは、一人旅か!?)
恩師と旅したイギリス各地を再訪したいと思っていました。コーチを貸りて、1ヶ月ほどイギリス+ダブリン+パリを回ったのです。再現は難しいですが、バース、ストラットフォード・アポン・エイボン、エジンバラ、ヨークなら汽車でもコーチでも移動できそう。ロンドンを中心にして、3泊ずつで動けばちょうど2週間程度です。

欲を言うと、イギリスではありませんが、ダブリンにも行きたいのです。ダブリンは数回しか訪れた事がないのですが、ここは感動の土地です。毎回心が震える感動がありました。

更に欲を言うと、パリにも行きたい。街全体が芸術の英気を放ってますよね。美術館めぐりとお菓子めぐりするだけでも2週間は欲しいところ。となると、2週間では時間が足りませんね(笑)

なーんて事をBBC聴きながら、考えていたわけです。もちろん、扇風機の前で。

ふとアイスが食べたくなり、コンビニに行きました。アパートの玄関を出ると、そこは思いっきり韓国の下町・・・。開店前の焼肉屋さんから、ニンニクとごま油の匂いが立ち込めていました。紙コップに入れたトッポッキを爪楊枝でつついている女子高生。ランニングに短パン姿で昼からお酒をあおるおじさん達。お母さん達は大きな声で笑っています。

大聖堂が、美術館が、博物館が。テムズ川が、セーヌ川が、リフィー川が、一瞬にして頭の中から走り去っていきました。

banner_03.gif

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/163-ed406640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。