03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

08/16

Sat.

22:21:42

ミュータント・メッセージ 

Category【自己啓発

今日は友達にオススメされた本を読みました。

ミュータント・メッセージ (角川文庫)ミュータント・メッセージ (角川文庫)
(1999/04)
マルロ モーガン

商品詳細を見る


まずは書き出しからご紹介です。

1 招待されて
  なにかおかしいと警戒心がはたらいてもいいはずだったが、なにも感じなかった。すでに動きが始まっていた。捕食者の群れは遠いところで餌食を待ち受けていた。私が一時間前にほどいた荷物は明日には「持ち主不明」と記され、倉庫にずっと保管されることになるのかもしれない。私が外国で幾重不明になる無数のアメリカ人のひとりになっても不思議はなかった。
 うだるような十月のその朝、私はオーストラリアの五つ星ホテルの前で見知らぬ案内者を待っていた。警戒するどころか、うきうきしていた。いい気分で、なにもかもうまくいっていると感じた。「生涯で最高の日」と私は心でつぶやいた。
 



この本を買う前にネットで書籍情報を検索すると、「虚偽」という言葉がいたるところに記されていました。何が「虚偽」なのか。それは、この本に出てくるオーストラリアの原住民であるアボリジニに関する記述が真実とは異なるそうなのです。そんな抗議を知ってからの読書でしたが、とりあえず私は著者のこの言葉に従って、「フィクション」として読んでみました。

この本はわたしのオーストラリアでの体験をもとに書かれたフィクションです。その地はアフリカでも南米でも、あるいは本当の意味での文明が残っているところであればどこでもよかったのかもしれません。読者の方々がこの物語から、あなた自身のメッセージを受けとって下さいますように。
-マルロ・モーガン-


ヘルスケアワーカーであった一人の白人アメリカ女性が、知人の誘いでオーストラリアで生活を始める。アボリジニーの混血児のためのボランティアをしていたところ、ある部族より「あなたのために集会を開く。ぜひ出席していただきたい。」との電話を受ける。その地には<真実の人>と呼ばれる部族がいた。彼女は彼らからのテストを受け、突然砂漠の旅に出ることになる。120日間のアボリジニとの生活で、物質世界とは異なる叡智を学んだ彼女は、彼らのメッセージをここに記している。

このお話のように「先住民から学ぶスタイル」は、いくつかあるように思います。ここではアボリジニですが、時にはアメリカ・インディアンだったり、マヤ文明の子孫であったり、中国の仙人だったり、アフリカの部族だったり。どのお話も、真実か否かは別として、何か私たちの心に訴えるパワーがあるように思います。実際、そのお話に真実性を求めるより、「その本を読むことで何を学べるか」に重点を置く人にとっては、フィクションもノン・フィクションも問題ではないでしょう。私も本によって感じる経験は個人の自由だと思っていますので、それほど気にも留めていませんでした。

ただ、あまりにも多い「虚偽」の文字にちょっと驚いてしまいました。
それはアボリジニが自身によって指摘されました。現在著者は、主に講演活動を行っており、アボリジニは抗議を続けているそうです。確かに、オーストラリアの歴史や民族学の本としてみるには情報が足りなさ過ぎます。「原住民生活の中で生活したら、こんな感じ?」というような想像の及ぶ範囲の出来事だった気もします。私はこの抗議の内容について詳しくは知りませんが、本の内容で人を悲しませたり苦しませたりするという事実を知り、軽いショックを受けているところです。

でも、こんな一文に出会えただけで、この本を読んでよかったと思っています。

人生はセルフ・サービスだということも教えられた。自分の人生を豊かにするのは自分であり、そうしようと思えばいくらでも創造的で幸せな人生が送れるのだ。(P133より)

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/171-e13e6f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。