04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

08/22

Fri.

22:19:07

アメリカ経済がわかる「経済指標」の読み方 

Category【ビジネス・経済

投資のお勉強をしようと、経済ニュースを一所懸命読んでいますが、正直あんまり頭に入っていかないんですよね。だって、難しいんですもの jumee☆whyR

そんなあなたに朗報です。この本、つかえますよ。

アメリカ経済がわかる「経済指標」の読み方 (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ)アメリカ経済がわかる「経済指標」の読み方 (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ) (マグロウヒル・ビジネス・プロフェッショナル・シリーズ)
(2008/02/01)
マーティン・ゲルハルト・ギーゼブレヒトゲーリー E.クレイトン

商品詳細を見る


帯の一言がスゴイです。

ハーバード大学 の経済学サブテキスト
経済動向の今と将来を読み解く!
厳選された40の経済指標とそおテクニック


ハーバードの学生も読んでるテキストを、第一生命経済研究所の経済調査部主任エコノミストが説明を加えています。

正直、経済ニュース読んでても、何かの数値が経済においてどんな意味をもたらすか、これから何が起きるかってことがわかりませんでした。ぼんやり不透明なままニュースを読んできましたが、この本のおかげでニュースが楽しくなりそうです。

日経新聞の読み方をサポートする本がいくつか出ています。この本はアメリカ経済におけるキーワードを解説するような本です。ここで、書き出しをご紹介。主任エコノミストによる「本書の使い方」からどうぞ。

 本書は、アメリカ経済を見るうえで重要な経済指標の見方を解説したものである。アメリカ経済を見ることは、世界経済はおろか日本経済の現状や先行きを知る上でも不可欠である。特に、アメリカの指標は世界金融市場にも多大な影響を及ぼし、日本の金融市場も大きく動かす。ただ、本書はアメリカ経済指標の解説書を翻訳したものであるため、それを読もうとするとき、どうしても「日本ではどうなの?」という疑問が付きまとう。 



その疑問、ちゃんと永濱利廣主任エコノミストが答えてくれてますので、心配ありません。

私なりの使えるポイントをご紹介。

?重要な経済統計指標がなにかわかる
  →リストアップしてある40から必要なものをチェックすればOK

?経済統計指標が何を表しているかがわかる
  →計算方法やデータの基準がわかるので、先読み能力がつく

?日本ではどうなの?の答えがわかる
  →シンプルではありますが、日本の場合、それが何にあたるかがわかる

?統計の元ネタの提供先のご紹介がある
  →webアドレスが記載されている

例えば「ABC」という経済統計指標があったとしましょう。
今月の数値は「385」でした。これって、よいの?悪いの?
この本が教えてくれる事は、「ABC」とは何を知るためのもので、どうやってデータを集め計算し、それがいつのデータで、どのくらいブレがなく、数値がどのくらい重いのか、などです。

BEA?CPI?NIPA?
経済先行指数?雇用統計?小売売上高?

jumee☆whyRがいっぱいな方、この本はとても便利な虎の巻になると思いますよ。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/174-ba07a3de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。