07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

08/26

Tue.

19:15:40

着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実 

Category【マネー

この本を購入しました。

着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実着物トレーダーを卒業せよ陳満咲杜の為替の真実
(2008/06/16)
陳 満咲杜

商品詳細を見る


アマゾンの投資・為替のランキングでも、長くベスト10入りしています。著者のブログをもとに編集されたFX投資本です。

投資には、先を読む力が必要です。情報を元に予測を立てる「ファンダメンタルズ」と、チャート分析により予測を立てる「テクニカル」があります。投資家はそれぞれの方法で、自分のポジションをどう運用するかを考えます。この本は、テクニカル重視です。

まずは、書き出しのご紹介。

 ここ数年のFXブームでは、日本の個人投資家の大半が主に円キャリートレードを行ってきた。その理由として、2007年七月までの円安傾向が鮮明であったことに加え、FX取引に対する認識の偏りに起因するものと思われる。
 米サブプライム問題を発端とした金融危機が株安、円高をもたらし、円キャリートレード筋のポジションの解消(反対決済)におる狼狽売りが各主要通貨対円のレートを大きく押し下げ、多くの投資家が損失をこうむったことは記憶に新しい。
 いわゆる「プロ」の評論家でも、個人投資家の間でも、あたかも円安が宿命的と言わんばかりの論調がやっとトーンを弱めてきたが、依然、片寄った認識をもって相場に臨んでいる投資家が多く存在しているのも事実だ。具体的に言うと、円キャリートレードを確実な投資手法と見なすことや円安を絶対視する風潮である。 



着物トレーダーとは、海外での日本の個人投資家を揶揄した言葉です。橘さんの『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』では、「ミセス・ワタナベ」と紹介されています。投資を知らずに参加する日本の主婦が闇雲に投資して市場を動かし(というより乱し)、莫大な利益を得ている・・・というお話が、着物トレーダーやミセス・ワタナベのイメージのようです。

「相場は、相場に聞け」をモットーとする陳さんは、簡単なテクニカル・データを中心に、相場の行方を見ています。必ず相場に兆候が現われる。鶏が先か、卵が先か。これをFXに当てはめると、相場データの兆候が先で、それから出来事が起きる。サブプライム問題も、データに現れていたそうです。

とは言っても、投資は簡単に儲かるような甘いものではありません。大切なことは、盛りだくさん。特に引き際です。損切りが本当に難しい。どうしても欲が出てくるので、「もうちょっと経てば、良くなるかも。」とずるずるとマイナスを拡大してしまいます。損切りのほかにも、投資の難しさはこの本を読めばわかります。ちょろっとFXで稼いでみるか!とギャンブル気分でこの本を読み始めると、逆にハードルの高さに躊躇するかもしれません。

陳さんは、チャートのほかにMACD、MA、RSIで補助情報を利用しています。そして、チャートに線を引き、シグナルを読む方式で先々を見てきました。スワップ派とは逆のスタイルで、為替利益で稼ぐ事が本物のトレーダーになれる道だと仰っています。

まずは、陳さんのブログをご覧下さい。

陳満咲杜の為替の真実
http://blog.goo.ne.jp/forest168

この本は、ブログの記事に説明を添付した構成です。
まずはどんな本なのか、どんな主張なのかが、どんなスタイルなのかが気になる方はブログから入って見てはいかがでしょうか。

私には目から鱗がたくさん落ちる1冊でした。
これからFXを始める方には、ちょっと難しいかもしれません。数冊基礎本を読んでから手に取ることをおススメいたします。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/177-9cba2c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。