07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

12/03

Wed.

18:48:13

お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな 

Category【マネー

つい最近ですが、この本に出会いました。

お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)お金を知る技術 殖やす技術 「貯蓄から投資」にだまされるな (朝日新書)
(2008/08/08)
小宮 一慶

商品詳細を見る


小宮さんの本は本当に読みやすく、重読したくなる魅力があります。
この本、30歳以上なら必読です。

では、書き出しをご紹介しましょう。

基礎的知識を持たないと大けがのもと

 「経済・金融の知識」、「金融商品の知識」、「自身の価値観」、この三つをきちんと持つことが金融をうまく使って皆さんが豊かになるために必要なものだと私は思っています。
 投資と預金のどちらを選べばよいのか、住宅ローンを借りるべきかどうかというような判断をする際に、この三つは必要不可欠なものです。
 この本の全体を読むことで、この三つは自然と身についていきますが、まず第一部では「経済・金融の基礎知識」をざっと説明し、皆さんの価値観を確認しながら、お金にはその性格上、「守るお金」と「攻めるお金」の2種類があることを認識し、その区別の判断ができるようになっていただこうと思います。



この「守るお金」と「攻めるお金」という概念は、これから老後を迎える人すべてにとって必要な知識だと思います。この本を読めば、自分がどんなスタイルで、どんな投資をするべきかがわかります。やって良いこと、やってはいけないことを知らずに投資の世界に入るのは、非常に危険な行為です。

私にとって新鮮だったのは、預金についての考え方でした。
銀行にお金を預けると、今ならわずかな金利がつきますね?確かに小さな投資です。ところで、投信を買うには手数料を払いますが、銀行にお金を預けるのに手数料がかからない!このくだりを読んで、私はお金&投資に対する知識不足や偏見があることに気付けました。

ところで私の両親は自営業です。自営業者の年金支給額は、厚生年金に比べ多くはありません。ですから、若いうちから老後、老後と、「老後に備える」が口癖で、いつも切り詰めた生活をしていました。幼い頃は欲しい物も買ってもらえずケチな両親だと思ってましたが、大人になった今、改めて両親の計画を思い起こすと「何としっかり準備していたんだろう」と感心するばかりです。おかげで私も知らないうちに老後に向けての知識がついたように思います。

この本を読んで、「守るお金」を増やす必要、「攻めるお金」で増やす方法がわかりました。
早いうちに、若いうちに老後の準備を始めるべきだった!と気付いてからでは遅いんです。だいたい30代に入ってから、ようやく「老後」の存在をひしひしと感じられるようになるはず。

長いスパンで自分の人生を設計する重要さを強く感じられる1冊でした。
投資の基礎、金融の基礎への入口として、何からはじめれば良いのかわからない人、老後が不安になってきた人、一緒に重読しましょう!するめ並に読めば読むほど、味が出ます。

おススメ度:★★★★★
経済不安のある今、おススメの1冊です。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/212-bba68317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。