04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

12/04

Thu.

20:15:40

青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記 

Category【旅行

数ヶ月前に購入した雑誌で紹介されていたこの本。

青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記
(2007/03/16)
高橋 絵里香

商品詳細を見る


地元の 뻢둇벞 を思わせる空と雪。美しいですね。
著者の高橋絵里香さんは、旭川のご出身だそうです。地元の中学校を卒業され、高校、大学時代を単身フィンランドで過ごされました。

まずは書き出しのご紹介です。

プロローグ

 二〇〇八年八月一日、ついに五年以上も準備をしてきた出発の日を迎えた。私はこれから高校生活をただひとり、フィンランドで過ごすために旅立つのだ。長年のフィンランド留学の夢を叶えるために旅たつ私を、旭川空港まで家族が見送りにきてくれた。
 「それじゃ・・・・・・行ってきます!」
 一年後の一時帰国まで、会えなくなる家族の表情を胸に焼つけ、姿が見えなくなるまで何度も振りかえり手を振った。どこまでも広がる畑や山並みを背に、東京に向かう飛行機の中では、ただ一心に父の言葉をくりかえし思い出していた。フィンランドの滞在許可が下りたとき、父は言った。
 「この先は、すべて絵里香のがんばり次第だよ」
 フィンランド語もほとんどしゃべれない私が、なぜフィンランドに行こうとしているのか。それは、自分を見失いかけていた中学校生活を経ても、消えずに私を導いてくれた一筋の光が、フィンランドから射すものだったからだ。



この本は、日本図書館協会選定図書、全国学校図書館協議会選定図書、夏休みの本(緑陰図書)に選出されています。子供の本かと思われるかもしれませんが、大人でもたっぷり楽しめます。いや、大人の方が楽しめちゃうかも。留学準備中の方、留学を夢見てる方、そして、これから家族を留学生として送り出そうとしているお父さん&お母さんに是非読んでいただきたいと思いました。

映画『かもめ食堂』への注目や、北欧の美しいインテリアや雑貨の人気も影響してか、ここ数年北欧の人気が高まっているように感じます。ところが北欧の文化や生活に関する本は思ったより少ない。特に世界でトップを誇るフィンランドの教育事情について書かれた本は非常に少ないと思います。貴重な1冊ですね。

絵里香さんは、小学生の頃にトーベ・ヤンソンの『たのしいムーミン一家』シリーズを読み、フィンランドに興味を持ちました。中学に入学し、厳しい校則やそれを取り締まる体罰などから心を閉ざしてしまいます。しかし、フィンランド留学を実現させ、4年間のふれあいの中で心の元気を取り戻します。

1年目、2年目、3年目、4年目と高校生活の思い出がつづられています。各章のはじめにクラスの団体写真が掲載されているのですが、それを見るだけでも絵里香さんの成長は一目瞭然です。1年生の時の堅く、緊張しきった表情は、4年生になると柔らかで穏やかでいながら、若者らしい元気さも感じられるものへと変わりました。

とてもとても年下の絵里香さんの、しかも高校生の日常に、同じ異文化の中で生活しているワタクシ、大いに反省させられました。やはり「他所の国」で生活するわけですから、不便も不満もそれなりにあったりするわけです。正直云って偏見バリバリ?귡な時もあります。機嫌の悪い時にこちらの人に間違われたりすると、むきになって否定しちゃったりするんですよ。大人なのに、情けないですね。高校生から偏見や国際人としての接し方を学んだ次第でございます。

この本は2007年の出版で、2004年にご卒業なさっていますから、回想記ですね。時間が経っているせいか大人の目線で記されている部分も多々です。著者がフィンランドから多大な影響を受けた様子がひしひしと伝わってきます。そしてその変化は読者へも新たな目線、広い視野を与えてくれるでしょう。

この本を読み、俄然フィンランドに興味が出てきた私。
オーロラ、見てみたいなー。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

はじめまして~

今、この本を読んでます。
まだ50ページほどしか読んでいませんが、どんどんとのめり込んで読んでます。
貴重な体験が綴られていますよね。

読み終わったら、僕もブログで記事を書こうかと思っています。
そして、息子に読ませたいです。

2008/12/14 17:28 | URL | eaglei #-  edit

Re: はじめまして~

ブログ、拝見させて頂きました。
はじめまして。本当に楽しい本ですよね。
私も繰り返して読みたい1冊だと思います。年始、もう一度読もうかな。

> 今、この本を読んでます。
> まだ50ページほどしか読んでいませんが、どんどんとのめり込んで読んでます。
> 貴重な体験が綴られていますよね。
>
> 読み終わったら、僕もブログで記事を書こうかと思っています。
> そして、息子に読ませたいです。

2008/12/26 17:38 | URL | toh #-  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/213-87d50864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。