04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

12/11

Thu.

11:23:40

28歳からのぶっつけ留学成功法 

Category【勉強法

28歳の頃、私はOLしてました。
みなさんは何をしていらっしゃいましたか?まだ28歳を迎えていない方、28歳の頃のあなたは何をしていたらいいなーと思いますか?

28歳からのぶっつけ留学成功法 (生活人新書)28歳からのぶっつけ留学成功法 (生活人新書)
(2007/07)
平川 理恵

商品詳細を見る


遠い昔の28歳の頃を思い出すと、確かに「自分探し」みたいな気持ちに陥っていたと思います。
この本のタイトルが『28歳からのぶっつけ留学成功法』と年齢限定であるのがわかる気がしました。私は遅くに社会に入ったので28歳の頃はまだまだ新人でしたが、それでも「これでいいのか?」と漠然と自分の未来や人生に疑問を感じる瞬間が生まれだしたのもこの頃。でも、毎日会社もプライベートも楽しい日々でしたので、真剣に考えるようになったのは30歳で結婚して以降のことです。

『28歳』と具体的な数字があるので、30代の私などは「28歳かー。30過ぎて今更留学なんて・・・」と遠い目になってしまいました。でも『28歳』の部分だけに注目して、速攻諦め態勢に入ってはいけません。よーく見てください。『28歳からの』ですから!これは大人の留学本です。28歳以下の方は、まずは社会を見てからどうぞ。

ということで、まずは書き出しをご紹介致します。

はじめに

 「留学・・・・・・、できればしたかったなぁ。でも今さら・・・・・・」

 そうやって夢をあきらめますか?人生、そんなにやりたいことって自分の中から出てこないものです。周りに決められてしまったり、なんとなく気づくと今のポジションにいたりして。

 それが、「やりたいこと」が見つかったんです。子どものころ、「パイロットになりたい」とか「お花屋さんになりたい」というのと同じ、純粋な気持ちで、やりたいことがあるんです。それを、みすみす、あきらめてしまってもいいのでしょうか?こんな年齢でいけないとか、今さら語学留学なんてとか、自分は英語ができないからちゃんとした留学は無理だ!なんて、決め付けてしまってもいいのでしょうか?せっかく、「やりたいこと」が見つかったのに!自分自身で蓋をしてしまうなんて、もったいなくありませんか?



この本は、MBAを初めとするキャリアに役立つ留学を紹介する本です。まずは留学を迷っている方が読む本。「行くぞ!」と決めた方にとっては、モチベーションの維持や「初心を忘れず」な気分を保つ本として役立つでしょう。詳しい留学の手順や準備については、別の資料を参考にどうぞ。

例えば、なんとなく新しい環境で暮らしたいと留学を選ぶ人もいると思います。でも、留学ってお金がかかりますよね?例えば語学学校に1年通うとしましょう。ソウルの場合、語学堂の1年の学費は高くても100万円で収まります。でも、寮や下宿でガマンするなら別ですが、ある程度の大人であれば一人になれる環境を求めますよね?すると東京並み、もしくは敷金・礼金システムが異なるため、東京以上の住居費が必要です。さらに生活費だって結構かかります。割と学費が安いソウルでも結構お金が必要なんです。これがパリやロンドン、ニューヨークとなると、交通費も含めて500万円でも足りないかもしれない。それで1日3時間程度、他の外国人と「外国語」を勉強するだけですよ。なんだかもったいないですよね?それこそ価値観の問題ですが、私だったら同じ留学でも、語学留学ではなく、何か専門知識を身につけるコースを選びます。そこなら嫌でも外国語力が必要ですし、レポート書いたり本を読んだりしているうちに、語学学校以上の知識が得られるように思います。

今の不満や苦痛から逃げたいがために海外旅行、海外留学を選ぶ人もいるでしょう。私自身がそうでした。「逃げ」だなんて認めたくない。だけど今考えれば、それはまさしく「逃げ」以外の何物でもなかったんですよね。とにかく現状から脱出して、可能ならリセットしたい、と。ま、今だからこそ「立ち向かえばよかったのに!」と思えますが、弱かった当時の私は「気分転換」のための海外旅行・海外留学を選択してしまったのでした。細切れの海外旅行。あの時のお金を合算すれば、MBA留学くらいの費用になっていたはずです。私のようにリセットのための短期語学留学でも、それで心がサッパリするなら良いでしょう。でも、私は今、それを後悔していることをここに記しておきたいと思います。目の前の欲求より、もっと自分を高める留学を選べば良かった。

ところで、昨今リストラや経済悪化のニュースが多く見られるようになりました。また2008年はスキルアップや勉強本も売れていたように思います。キャリア・アップ、または雇用維持のために自己を高めなくてはならないという圧迫感もあるでしょう。留学したからといって、必ずしも即キャリア・アップに繋がるわけではないと平川さんは仰っています。ただ、MBAのように世界各地から集まる志の高い仲間と共に学び、目標を忘れず勉強に没頭する数年はムダにはならないと思います。種を撒けば、収穫はできる。その実がいつ実るのかは、植えてみないとわからない。

ああ!私も留学したい絵文字名を入力してください
       ダウン
ああ、留学しておけばよかった・・・jumee☆disappoint

と後悔する前に、この本を読んで可能性に挑戦するのも良いと思いますよ。
留学は一生を左右するものですから。

今日の一句
留学は 「したい」時こそ 適齢期

おそまつ様でした 福助

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/216-dd691b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

留学と語学力

海外に長期滞在することのメリットの一つとして当地の語学力が身につくことがありますが、高校生という年齢なら十分な語学力を身につけることができます。16歳から一年間留学した知人の話ですが、始めはコミュニケーションをとるのもやっとの状態から、半年後には会話はま...

2008/12/29 02:46 | 高校生からの海外留学

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。