09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

01/27

Tue.

18:19:27

家守綺譚  

Category【日本文学

ああ、スゴい本に出会ってしまいました。
まだ1月だというのに、今年読んだ中での1等賞となりそうな予感です。

家守綺譚 (新潮文庫)家守綺譚 (新潮文庫)
(2006/09)
梨木 香歩

商品詳細を見る



書き出しをご紹介します。

サルスベリ

 鳥の落し物から、時折見慣れぬ洋風の草も芽吹くが、元々は和風の庭だ。手入をしないので、シュロ、クスノキ、キンモクセイ、サツキにサザンカ、タイサンボク、槇も榊も柴、杉も、みんな伸び放題で栄耀栄華を極めている。前の家主の時代には、定期的に植木屋が入ったので皆それなりに分をわきまえてこぢんまりとおとなしい風情であった。なぜそれが分かるかというと、ここは私の学生時代に亡くなった親友の実家であるのだ。名を高堂といった。もっとも高堂が存命の頃はまっすぐに二階の彼の部屋へ行っていたので、座敷に座りつくづくと庭を見入るということもなかったのだが。



ページを開くとすぐに、

「左は、学士綿貫征四郎の著述せしもの。」

とあります。そこからすでに私のワクワクは始まっていました。なんとなく明治の香りがしたからです。上にご紹介した書き出し部分を見ていただければわかると思いますが、夏目漱石を思わせるような登場人物と時代設定。そして、梨木さんの作品らしく自然と人との奇妙な関係が最後まで続きます。

あまり内容をご紹介しては、この作品を読む感動が薄れると思いますので、多くは語らないでおこうと思います。ただ、私はこの作品がとてもとても好きです。写本をし始めたくらい惹かれました。

明治あたりの本を読んでいると、自然界の力に人がどんなに影響を受けていたかがわかります。それが旧こよみの行事になったり、習慣や文化となっていって人々の日常になっている。古事記に記されている神々を、人が信じていた時代の話です。その頃、きっと古代の神々は自然界の中で人と共存していたのでしょうね。この作品には、そんな自然界の神秘というのでしょうか。人の側から云えば、不思議がたくさん書かれています。常に霧のベールに覆われているような、別次元とつながっているような作品でした。いや、本当にスゴいです。そういえば、『蟲師』の世界に似てるかも。

蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)蟲師 (1) アフタヌーンKC (255)
(2000/11)
漆原 友紀

商品詳細を見る


前に何かの本で読んだのですが、日本人は外国人に比べて物を擬人化して神聖化する傾向があるそうです。例えばイチロー選手。私はイチロー選手が大好きです。華麗なプレーだけではなく、彼の生き方にも圧倒されます。イチロー選手は、他の大リーグの選手とは違い、自分で自分の道具を磨きます。去年、審判が塁に進んだイチロー選手のバットを足で転がして遊んだということがありました。イチロー選手はその行為に激しく抗議しました。日本人なら「神聖な道具であるバットを足蹴にするとは!」と理解できるでしょう。でも他国の人にはそれがわからない。日本人なら道具に魂が宿っていることを想像できるはずです。私たちは物にも、植物にも、命があると思える民族文化を持っています。それが最近忘れられてますよね。

以前どこかでも書いたと思いますが、私は「すぴりちゅある」というのが好きではありません。まず他力本願な感じがするし、そのお願い系オンリーで努力ゼロ姿勢を持つ人々の姿にもげんなりします。私は自然や宇宙の力を信じていますし、見えない力も信じます。ただ最近の「すぴりちゅある」には、ちょっと疑問を感じているのです。うまく行くようにお願いしたって、自分でなにかをやってみなくては始まらないでしょう?見えない力に頼りすぎではいけないと思います。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/236-829592e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。