04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

02/04

Wed.

14:33:14

イギリスはおいしい 

Category【随筆・エッセイ

何か イギリス 的なものが読みたいなーと思い、久々にこの本を読みました。

イギリスはおいしい (文春文庫)イギリスはおいしい (文春文庫)
(1995/09)
林 望

商品詳細を見る


私の初めての海外旅行はイギリスでした。ちょうどその頃この本が刊行されて、俄かに英国ブームが広がり、Brit Popも人気を博しました。とても有名な本ですから、多くの方が手にしたことのある1冊かと思います。私も何度も何度も読みました。今では「イギリス」と「おいしい」という言葉のコンビネーションに疑問を抱くどころか、「お菓子、おいしいじゃん」と思う私ですが、この本が出た当時はとてもユニークで奇抜なタイトルに感じたものです。なぜなら、「イギリス」の枕詞は「まずい」だったから。

では、書き出しをご紹介しましょう。

 イギリスに行く、というと誰でも、少なくとも一度でも行ったことのある人は、決まって「そりゃあいいなあ、しかしイギリスは飯がまずいからなあ」と半分羨望の、そうして残りの半分は同情の表情で言うのである。
 イギリスの食事が、概してまずいことは世界の定評であって、さすがイギリスを愛すること人並以上の私も、このことは遺憾ながら「ある意味で」認めざるを得ない。フランス人の如きは、イギリスの食べ物というと、一から十まで、一つとして取柄のない「カス」であるかのように罵るのであるが、しかし、こうした評価は、ある意味では正しいとしても、常に妥当であるとは思えない。味覚というものは、周知の如く、本質的に、慣れによる相対的な評価でしかあり得ないからである。



もう昭和の話ですが、私の父のいとこが高校の交換留学かなにかで1~2年をイギリスで過ごしました。伯父が我が家に遊びに来る度、「○○(父のいとこ)から手紙が来たんだけど、相当食事がひどいらしいんだ。育ちざかりなのに、毎日同じ豆とパンばかり食べてて、それでも足りないからお小遣いでりんごを買って食べてるっていうんだよ。しかもさ、姉さん(私の祖母)、イギリスにはバナナがないっていうんだから、オドロキだよね。北海道も戦時中は食べ物無かったけどさ、○○の手紙読んでると、その頃を思い出しちゃうんだよなぁ。」と、イギリスの食について、娘の健康について嘆いていくのです。小学生の頃、テレビでダイアナ妃の結婚式を見た私は、あの豪華絢爛さを「英国」として理解していました。ですから伯父の言葉にそれはそれはビックリだったのです。

りんぼう先生はお料理が得意だそうで、「食」をテーマにおもしろおかしく英国料理を紹介しています。面白いのは、国文学の先生の書いたイギリス考というところでしょうか。多くのイギリス本は旅行好き著者か英文学の先生によって書かれています。この本が出る前までのイギリス本を見ると、大抵すごく重い内容です。歴史、地理はもちろんのこと、随所に有名な作家のお話が出てきます。リンボウ先生の登場で、こういう読み物として楽しいイギリス本がたくさん発行されるようになりました。ひょっとするとガイドブック業界にも影響を与えたかもしれませんね。

イギリスと言えば、やっぱりクリーム・ティーです。(スコーンなどの軽食とミルクティ)今までスコーンは外で買うものと思っていたのですが、この本に作り方が書いてあります。私も何度か試してみました。焼きたては最高においしいです。どうぞお試しあれ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・異文化を理解するには、りんぼう先生のように食べ物から入るのも良いかもしれませんね。「郷に入っては郷に従え」とはよく言ったもので、海外で何かを習得しようとする人は現地のものを食し、現地の人と同じように時間を有し、現地の方法で考え、現地の言葉を話す。つまり、その地域の人に成りきって生活すれば、オペラでも文学でも料理でもいつのまにかすっと体に入ってくるというのです。でも、個人的には「食」が一番難しいと思っています。(経験談。いまだにキムチの国の食事を取るとおなかを壊している私って・・・。)だからこそ、りんぼう先生式「お食事体験記」風に 絵文字名を入力してください と滞在地を比較してみるのも良いのではないでしょうか。

・味覚は人の感性ですから、必ずしも全ての人が一致した感想を持つわけではありません。また10年前は好きではなかったけど、今はむしろ好物になってしまったりと同じ人でも好みの傾向は変わります。その地域の人が感じる「おいしい」とはどんな物なのかを知ることは、その文化に近づく方法の一つです。最初は「!##&’&”#+!」でも、食べ続けているうちに「おいしい!」に変わるかもしれません。

・今年は絶対にヨーロッパ旅行をしたいと思っています。夫婦で行けたら最高ですが、場合によっては一人ででも強行したいと計画中です。おいしいクリーム・ティーにめぐり合いたいなー。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/239-324c1185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。