07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

02/23

Mon.

22:23:25

たのしいムーミン一家 

Category【児童文学

以前、フィンランドに留学なさった道産子(旭川のご出身です)高橋絵里香さんの『青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記』をご紹介しました。

過去記事参照 jumee☆arrow5R 2008.12.04 【本】サンタの国の教育事情を知りたいなら

高橋さんがフィンランドに留学したキッカケは、ムーミンでした。
ムーミン、ご存知ですよね?

 

「ムーミンとの出会い」という章で、高橋さんはこんな風に語っておられます。

 本を読むのは以前から好きだったが、とりわけ私は『たのしいムーミン一家』のとりこになってしまった。どうしてなのかすぐにはわからなかったが、どうやらその本は、それまで読んだ童話や絵本とは根本的に何かが違っているようだった。
 その独特の世界にはまず、他の本には見られないような「不気味さ」があった。子どもを守るために「危ないから」と言って、大人が隔離していしまいがちな「危険」や、わくわくするような「恐怖」がそのまま存在していて、どこか親近感の持てる性格のムーミントロールが仲間たちと織りなす数々の冒険のに、私は胸を躍らせた。
(P21より)



アニメでしかムーミンを見たことが無かった私は、ムーミンに不気味さなんてあったかな?としばし考えました。でも思いつくのは、「ミーの声が不気味といえば不気味だったかも。」とか、「バーバ・パパもムーミンも、なんか体形が似てる。ああいうキャラは人によっては不気味に見えるのかな?」と全く答えに結びつきそうにないことばかりが頭に浮かぶばかり。

だったら、実際読んでみよう!

たのしいムーミン一家 (講談社文庫 や 16-1)たのしいムーミン一家 (講談社文庫 や 16-1)
(1978/04)
トーベ・ヤンソン

商品詳細を見る


ありがたいことに、ムーミンシリーズは講談社文庫からも出版されています。1冊500円程度ですのでお買い得。

では、書き出しをご紹介しましょう。

 ある灰色にくもった日のことです。ムーミンたちの住む谷間に、その冬での初雪がふってきました。
 雪はしずかにつもって、みるみるうちに、なにもかも、まっ白にうずめてしまいました。
 ムーミントロールは、戸口に立って、谷間がまっ白い冬の毛布でおおわれていくのを、じっと見ていました。ムーミントロールは、心の中で思いました。
 「いよいよ今夜は、きっとぼくたち、長い冬のねむりにつくんだぞ」
 ムーミントロールたちは、だいたい十一月には、冬眠に入ります。冬の寒さと、暗い長い夜をすかない人たちには、これはうまいやりかたではないでしょうか。



読んでみて思ったこと。やっぱ、アニメと原作は違うわー。
違う点を少し揚げてみましょう。

・原作は冬眠に入るところからお話がスタートしますが、アニメはたしか冬眠から開けていたはず。
・ムーミンのガールフレンド、原作では「スノークのおじょうさん」と特定の名前はありません。アニメでは「ノンノン」ですね。
・アニメでは割と早い段階からミーが登場しますが、原作ではまだ登場してません。
・アニメではスニフとスナフキンはそれぞれの家がありますが、原作では一緒にムーミンの家で暮らしています。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・高橋さんの仰る「不気味さ」、なんとなくわかりました。なんとなく、の理由は、私が大人になってから読んだからです。これを子どものころに読んでいたら、もっと不気味に感じていたかも。飛行おになんて、ちょっと怖いかも。

・ムーミン、改めて読むと面白いですね。人情溢れたお話です。アニメの第1話でご確認ください。



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/250-88133992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。