10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

02/24

Tue.

22:25:38

鈴木敏文 商売の原点 

Category【ビジネス・経済

小宮一慶さんの本で推薦されていたこの本。しばらく前から読んでいたのですが、今朝やっと読了しました。

鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)鈴木敏文 商売の原点 (講談社+α文庫)
(2006/04/21)
緒方 知行

商品詳細を見る


なかなか読み進まなかった理由は、コンビニエンス業界のお話を、ビジネスの一例として自分がうまく咀嚼できなかったからです。私は以前、食品関係メーカーでお仕事をしていたことがあり、セブン&アイ・ホールディングスさんもお得意先の一つでした。その時のことを思い出しながら、「ああ。あの時のアレは、こういう理由だったのか。」と要約わかった次第です。異業種から学ぶことはたくさんあります。私はあとがきまで読んで初めて、この本の素晴らしさに気づきました。きっとデキるビジネスパーソンなら、最初の数ページで「おお!」と内容の濃さに気がつくことでしょう。

では、書き出しをご紹介しましょう。

 基本四原則を徹底する

 品ぞろえ、鮮度管理、クリンリネス(清潔)、フレンドリーサービス - これが私どもの商売における基本四原則です。
 たとえばクリンリネスですが、セブンーイレブンの社員でこの意味を知らない人はいないはずなのに、それがきちんとできていないのが実情です。
 こうした基本的なことができていないのに、他のことをやろうとしても、お客様に店にきてもらえるわけがありません。フレンドリーサービス、鮮度管理、品ぞろえについても同じことがいえます。
 たとえば、フレンドリーなサービス、つまり感じのいい接客ができていないのに、お客様にきてほしいと思っても、それはナンセンスです。また、味や鮮度の悪い食べ物を並べておいて、うちの店にきてほしいと願っても、これまたナンセンス。お客様がほしいと思った商品を品切れさせておいて、「どうぞ買いにきてください」というのは傲慢というものです。


 
私のように、異業種と今の自分との共通点をうまく見つけられない方は、是非あとがきから読んでください。緒方知行さんの「編者解説」を読めば、どうしても読みたくなると思います。何がすごいって、緒方さんは、この本が世に出る4年以上前、不治の眼疾のため、視力が限りなくゼロに近い状態になったそうです。そこで、アシスタントさんに門外不出として保存されていたセブン&アイ・ホールディングスの会議速記録を読み上げてもらい、テープに録音して編集業にあたりました。120分のテープが80本近くあったそうですから、聞くだけでも大変な作業のはず。この本は鈴木会長と緒方編集者の熱意の記録です。

jumee걲point1d この本を読んで jumee걲point1d

・私は「日本語を教える」というサービスを提供しています。セブンーイレブンの基本四原則は、日本語教師にも適応することに気づきました。ということは、どの業種にも共通するのではないでしょうか?私の場合、品ぞろえ=日本語の知識、鮮度管理=最新情報、クリンリネス=身だしなみ、フレンドリーサービス=信頼される人柄、と解釈しました。教師として、知識はもちろんのこと、身だしなみはサービス業の基本です。また外国で暮らしていると、私を通して日本人像を思い描く人だっているはず。信頼される関係を気づくには、フレンドリーさは外国社会で暮らす最低限のマナーです。

・加盟店の管理についてのくだりで、例えば掃除の大切さがわからない店長さんには、地域の管理担当者が実際に出向いて掃除をするという話があります。どんなに話して聞かせても改善しない場合は、百聞は一見にしかずです。どうやるのか、やってみせる。人にものを教える時、相手にどうわからせるかについて改めて考える機会となりました。

・お客様が何を必要としているのか。これから何が必要とされるのか。時代の流れを読むのは難しいですし、人の心を読むのも難しい。でも、コンビニって大抵の場合、行けば用が足せますよね。それってスゴいことだと思いました。私も生徒さんが何を必要とし、これからどんな学習が必要とされるのか、一人一人をよく把握しなくては。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/251-c2dfa6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。