10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

04/13

Mon.

19:36:13

イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ  

Category【ライフスタイル

昨日はおいしいコーヒーをいただきながら、桜を堪能。
次はライラックを待つとしましょう!

イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ (集英社be文庫)イギリス的「優雅な貧乏暮らし」の楽しみ (集英社be文庫)
(2003/10)
吉谷 桂子吉谷 博光

商品詳細を見る


귽긎깏긚 に関する本が読みたいなー」と思いながらAMAZONチェックしていた時に見つけました。タイトルに惹かれて即購入!帯によりますと、“広告業界の人気デザイナー”ご夫婦のイギリス滞在記です。

では、書き出しをご紹介しましょう。

 イギリスといえば、庭や公園の美しいことで有名だが、そこに木製のベンチがたくさん置いてあるのをご存知だろうか。肘掛つきで、4人くらいがラクに座れるしっかりとしたやつだ。背もたれには「○○をしのんで1900~1985」などと彫られていて、日本にいるときにはベンチで休んだことなどなかった私も不思議にひきつけられた。色あせた分厚い木の感触がくつろいだ気分にさせてくれる。気がついたら、私はいつも講演の一番古いものを選んで座っていた。碑文の年号からオークやチーク材の強さに驚かされることも少なくなかった。周囲の景色をぼんやり眺めながら、それまでに感じたことのなかった古ベンチの心地よさの秘密を知りたいと思っていた。



私は今、キムチの国に住んでいます。귽긎깏긚 とはとーんでもなくかけ離れた文化圏で生活しておりますが、同じ海外生活という点ではなにか共通する点があるように思います。

で。

この本のように一般の人が外国に渡って生活するっていうのは、ちょっと稀なんじゃないかなー、と思った次第です。と云いますのも、この本のメインは「 귽긎깏긚 風住空間」です。現地ならではの家やお庭をステキにつくるエッセンスを紹介しておられるのですが、そこで疑問。このご夫婦は、ロンドン市内のお庭付き住宅に借り住まいなさっておられました。家を借りるって結構ハードル高いと思うんですよ。ソウルだって、借り手(この場合外国人)側に家賃を滞りなく払えるだけのお金がある場合は別かもしれませんが、保証人やら敷金・礼金だけでも結構な金額が必要になります。ましてや物価の高いロンドンです。例えばガーデニングを学びたい留学生が、庭付き住宅を借りたいとします。その場合、?現金?コネをたっぷり用意した上で渡英しなくてはならない気がしてなりません。ちなみにソウルでも同じです。安い金額ならそれなりのお部屋(トイレ・シャワー共同とか)ですし、高いお金を出せば広いマンションも借りられます。

jumee걲point1d この本を読んで jumee걲point1d

・ちょっと現実性に欠けるかなーというのが、正直な感想でした。そして個人的にちょっとと引いてしまったんですけど・・・、たしかにステキな奥様だと思うんですよ!でも頻繁に出てくる奥様の写真に、まるでお宅のリビングで「イギリス○○年~○○年」みたいなタイトルが書かれたアルバムを見せられている気分になりました。

・陶磁器好きです。アンティークのお話にかなり興味をそそられました。いいなー!こういうキッチン、欲しいです。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/279-24f9b73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。