09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

04/24

Fri.

14:37:28

決弾 

Category【自己啓発

私がもっとも苦手なことに「決断すること」があります。単に優柔不断なんです、私。成功している人は決断も早いと聞きます。レストランに入る前から何を食べるか決めているそうです。そんな風になりたいなーと思い、この本を読みました。

決弾 最適解を見つける思考の技術決弾 最適解を見つける思考の技術
(2009/03/23)
小飼 弾山路 達也

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 現代人は、昔の人間にはあまり縁がなかったストレスに日々悩まされています。
 それは、無数の選択肢から何かを1つ選び取ること。すなわち決断するストレスです。
 現代、特に先進国の住民にはあり余るほどの選択肢が与えられています。サブウェイのサンドウィッチにはどんな具を挟むのか、サーティーワンのアイスクリームは何をいくつ重ねるのか、パソコンのスペックはどうするのか、どの学校に進むのか、誰と付き合うのか、どんな仕事をするのか・・・・・・。
 昔、人生というゲームはシンプルでした。身分制があった頃は自分で考えて人生を選択することなどできませんでした。武士の子は武士になり、商人の子は商人になりました。その後、社会が豊かになるにつれ選択肢も増えていきます。それでもごく最近までは、いい大学・いい会社に入る、いい会社に勤めている人の妻になる、そういうわかりやすい成功パターンが用意されており、選択にはあまり悩まなくてよかったと言えるかもしれません。



この本は、小飼さんが質問にお答えする形で決断をお手伝いしてくれます。また豪華おまけに勝間さんとの対談「知的生産のサバイバル術」まで収録されているというお買い得本です。相談の内容は、仕事、人生、恋愛、家庭、対人関係までに広がり、私もいくつかのトピックに決断の力をいただきました。個人的には前作よりぐっと来ましたよ。

jumee걲point1d この本を読んで jumee걲point1d

・小飼さんのブログを愛読しています。ブログを読み、私はちょっと恐い人を想像していました。前作のわかり易い文章から、「恐い人」の印象は薄れ、今回の作品でその印象は「温かい人」へと変わりました。というのも、折り込んだ目次を見ていただければわかると思うのですが、上げられている質問が非常に人間的だったからです。成功本に並んで、多くの人生教本が人気を集めていますが、「そうそう!それを聞きたかった!」と思える本は意外に少ない。なんとなく「キレイごと」風な本ばかり。聞きたかった答えが少し見え、楽になれました。

・成功本ではなく、自己啓発本です。与えられた質問はとても難しかったり複雑だったりするのですが、小飼さんはまず一言で結論を出しています。それがとてもユーモラスで、悩みがすっと軽くなる気になります。その後の説明部も深いです。自分が読みたい部分をピックアップするのも一つの読み方ですが、私は頭から読んでいく方が後々力になると思います。

・「仕掛品」という考え、すごいなーと思いました。仕掛品とはまだ手を加えている段階で、完成していないモノのことです。そんなスキルを自分の中にいくつか持っておく。もう少しで完成できる何かがあれば、選択肢を増やせますね。あと少しで完成できるなら、アイデアや方法一つで変化を起こせます。私も早いうちに仕掛品を増やしたいところ。今の私にはあまりにも仕掛品が少なすぎますし、余り使えないものばかりなんですよね・・・。がんばるぞ。

・勝間さんに憧れる女子、多いと思います。そういう私もカツマーです。でも、勝間さんの本を読んでいて、時々「あれ?」と思うことがあるんですね。この本を読んで、それが何かわかりました。同じ女性として、ワーキングマザーとしてがんばる姿だけではなく、家庭や子育ての話なんかも聞いてみたい。知的生産な部分ばかりではなく、心の部分にも触れて欲しいな、と思うのです。この『決弾』は、それを満たしてくれるものがありました。人間ですから、がんばるだけでは生きていけません。人と接するのだって得意先や会社の同僚だけではないのです。恋人、配偶者、子ども、家族、嫁姑など、もっと密接した関係にこそ解決したい悩みは多いのではないでしょうか。例えば夫婦の関係や、同性愛の恋愛や、他人の子を叱ることや、親の介護など、それをどう知的に解決するかは勝間さんの本にはストレートに書かれてはいません。本の傾向が違うと言われるとそれまでなのですが、私はこの本を読んで得たモチベーションの方が長く心に残る気がしました。あ、だからといってカツマー止めるわけではありませんよ!

・この本では「ゆとり」があってこそ良い決断が引き出せるとあります。小飼さんにはその「ゆとり」がデカいんだろうな、と思います。知的生産の器のデカさはこの「ゆとり」に繋がるんでしょうね。良い本でした。

・決断の時、私もそろそろ今の状態から脱出するぞー!


目次、折り込みました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

jumee걲stretchingL1 目次

00 決弾
選択肢が過剰な時代
決断とは捨てること
良い決断をするには心のゆとりが必要
暇を作って、経験値を高めておく
第三の道を探せ
仕掛品を作っておく
「明日死んでもいい」そんな決断を重ねる

01 男女
異性にモテない
配偶者に不満
親の干渉が激しい
同性愛者であることを隠すべきか

02 親交
友達ができない
人間関係に悩む
知り合いと距離をおきたい
人付き合いが苦手
人付き合いせずに生きていきたい
友だちがお金を返してくれない
パーティが苦手
口下手を直したい

03 楽習
勉強しないといけないのに、ついついゲームをやってしまう
大学に進学すべきか
子どもが勉強しない
資格を取りたい
英語を勉強すべきか
子どもに英語を学ばせるべきか
効果的な英語の学び方
ブログに何を書く?
コピペはいけないこと?

04 仕事
就職と音楽のどちらを選ぶ?
正社員になりたい
ベンチャーと上場企業
正論が通らない
起業する自信
会社に箔をつけたい
「十年泥のように働けばいい」というのは本当か
上司に嫌われている
職場の不正を見逃すべきか
先輩が仕事を教えてくれない
パソコンが苦手
仕事が出来る人になるには?
努力が評価されない
プロとは何か?
暇がない!
成功するために必要な条件とは?
才能は必要か
要領良くなれない

05 育児
いじめ対策
学生だが、出産すべきか
子どもを持つべきか
子どもの障がい
他人の子を叱る
子どもにゲーム機を与えるべきか
子どもに携帯電話を持たせるのが不安
子どもを好きになれない
子育てを評価されない
子どもの叱り方
子どもが引きこもっている

06 人生
親の期待が重い
やりたいことがわかrない
自分探しが止まらない
都会に行くべきか
生まれながらの格差
1人暮らしをすべきか
未来に希望が持てない
家族が心を病んでしまった
持ち家か賃貸か
遺伝子組み換え食品が心配
世の中は結局コネ?
仕事術は自分で見つけるもの?
親の介護が大変

ADDIION 対弾 V.S. 勝間和代

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/284-1a23f31c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。