05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

06/11

Thu.

22:47:35

私を美しく変えるワードローブ整理術 

Category【美容・健康

最近のテーマは「美」なんです。例えばマラソンを始めたのは「健康美」のため。食事法を変えたりダイエットしてるのは「美容」のため。で、一番難しいのはそもそもセンスがない「美装」部門です。高級ブランドのバッグを手にすると、一瞬にしてニセモノ風アレンジになるという恐るべき私の体質を改善したい!ミョンドンら辺に行く度、「絵文字名を入力してくださいの人はオシャレだなー」と祖国を遠く感じる今日この頃です。

そんな私に救世主登場キラキラ

私を美しく変えるワードローブ整理術―着こなしがたちまち見ちがえる装いのルール私を美しく変えるワードローブ整理術―着こなしがたちまち見ちがえる装いのルール
(2005/07)
メアリー・ルー アンドレ

商品詳細を見る


これは2009年、toh的大絶賛本となりました。(でも出版は2005年。)書き出しをご紹介します。

 本章では、ワードローブすべてをいったんバラバラにして再構築するという、当社の五つのステップを詳しく説明します。これは、ワードローブ管理とファッションコンサルティングの会社である当社の「美装」方式の真髄ともいえるものです。過去十年以上にわたって、個人のお客様やセミナーへの参加者が、ご自分で実践なさった成功例に基づくものです。
 五つのステップには、クローゼットと引き出しの内の全ワードローブを正しくはあくすることが含まれています。なぜなら、どんな人でもたいてい、お持ちの衣類の二〇%しか着用していないからです。



化粧もそう、ファッションもそう。私はいつも自分を省みず、コレクションに出てくるスーパーモデルをお手本にしてました。特に私の中でゴージャス中のゴージャスと言えば彼女です。



デンマーク出身のモデル、Helena Christensen。
さすがに物を知らない私でも、この顔と体でヘレナに憧れるのは無謀すぎです。ただ美しい人とはこういう人だーとして崇めておりました。

問題は雑誌ですよ・・・。コレクションに出てくるモデルさんと違うのは、雑誌のモデルさんは殆どが日本人。同じ人種というだけで、急に目の錯覚が起きました。「ああ、これならできる!」と。なんと厚かましいことでしょう!雑誌モデルさんって、相当キレイですよね。一般人が太刀打ちできるはずがない。でも浅はかな私は「できる!」と思ったんですねぇ。(この顔で・・・。)そこで、気に入ったスタイルの服やメイクがあると、後先考えずに試しました。(この顔で・・・。)当たり前ですが、同じブランドの服を着ても、モデルさんのような雰囲気にはなりません。まるで円山動物園のおさるさんに服を着せたみたい。チンケな私のまんまです。そんなことを10年繰り返して、やっとわかりました。自分に似合う服に投資してこなかったことを・・・がっくり

この本を読めば、まず何が必要で、何を揃えるべきかがわかります。まさにアイデアの世界ですが、どのように洋服を管理するかで、日々のオシャレが変わるそうです。私も早速実践してみました。まずはオフとオンの服を区別し、この2年で全く腕を通していない服と傷んだ服を処分しました。我が家のクローゼットは備え付けの小さなものなので、服を処分しただけで、随分機能がupしました。

これからバーゲンシーズンに突入します。衝動買いを防ぐためにも、手持ちの服を活かすためにも、是非読んで見て下さい。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・片付ける大切さ、身に染みます。見えるようにするだけで、普段の着合わせのコンビネーションは広がりますよ、本当に。流行に左右されない定番スタイルをキープし、それを活かす方法がとても具体的。使える小技です。

・スーパーに買い物に行くのに「買い物リスト」をつくるくせに、服を買うときリストなんか作ったことがありませんでした。これは大切なことですね。色、形など、事前に組み合わせを考えるにも役立ちます。

・靴も履きやすいことばかり優先して選んでましたが、そのスタイルによって相応しい靴、相応しくない靴があるんですねぇ。結局絵文字名を入力してくださいが靴文化を採用するようになって、まだ100年程度。やはり欧米式に学ぶのが賢いですね。(洋服もそうですが。)


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/309-e8366eec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。