07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

06/12

Fri.

22:48:50

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし  

Category【ライフスタイル

ソウルに来てすぐの頃、せっけん、自分で作ってました。
ここは思った以上に乾燥した土地なんですけど、市販されている洗剤は洗浄力の強いものばかりで、そのうち体がカサカサになりました。おまけに冬はオンドルという床暖房ですから、乾燥バリバリ。洗濯物が乾くのに半日かからないという恐ろしさです。でも、一旦日本に戻る時、せっけんセットを譲ってしまったので、ここ3年ほどは石けんはフランスから個人輸入で購入したものを使っています。

この間、表紙+タイトルに一目惚れして購入したこの本。
久々に石けん作りたくなりました。ああ、憧れのナチュラル・ライフ!

ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diaryベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし Venetia's Ohara Herb Diary
(2007/03/27)
ベニシア・スタンリー・スミス Venetia Stanley-Smith

商品詳細を見る


ちょうどこの本が届いた日、偶然見ていたNHKワールドにベニシアさんが出演しておられました。なんと!まさにシンクロです。どうやら『猫のしっぽ カエルの手』という番組のようです。

jumee☆signHPD http://www.nhk.or.jp/venetia/next.html

書き出しをご紹介します。

 私の母の実家はケドルストン・ホールと呼ばれる一八世紀半ばに建てられた邸宅です。幼い頃、私はその大きな屋敷の中を探検したり、隠れんぼをして過ごしたことを覚えています。屋敷内や敷地内では、母は私たち兄弟を比較的自由にさせてくれましたが、使用人や料理人たちが働いているキッチンや彼らの詰め所へ遊びに行くことと、敷地外に出ることは許されませんでした。「私たちと彼らとは違うのです」という母の言葉が私にはとても寂しく感じられました。母はいつもパーティーで忙しくしているか、疲れて昼前まで寝ており、乳母が私たち兄弟の食事など日々の生活の世話をしてくれました。



京都は大原でのイギリス式生活のお話です。
ただお話は京都からスタートするわけではありません。いきなり豪奢な素晴らしいお城&庭が登場します。ベニシアさんはイギリスの貴族の生まれだそうで、写真は幼少時代を過ごした邸宅とか。ううう。レベルが違いますわ・・・。

ちょうど90年代はイギリスブームで、林望さんや井形慶子さんが次々とエッセイ本を出されました。それを読んでイギリススタイルに憧れた方は多いはず。私の実家の両親ですら、改築の時に私が持っていたイギリス関連の本から「台所はこんな風に」「家具はこんなの」と極寒の札幌でバラ園を夢みてましたから・・・듋괧 でも、やっぱり日本人にはイギリス式は作れないなーと思います。この本を読んで確信しました。いきなりイギリスで見たものを日本の住環境にはめ込んでみても、ちぐはぐ以外の何物でもありません。それよりは、日本の環境でイギリス式で暮らしている方を参考にした方がよいかも。

ガーデニングに興味のある方はもちろん、ナチュラル・ライフを実現したい方にも参考になることがたくさんあります。無添加食品や無添加化粧品の手作りレシピも満載です。それよりね、とにかくお家がステキheart0 

jumee걲point1d この本を読んで jumee걲point1d

ソウルに来てからコンクリートに圧迫された生活をしています。そんな私が断言!土や木がないと、人は狂いますよ。これは本当。自律神経がやられてくる感じ、わかりますか?意味もなくイラッとしたり、躁鬱になったり。特に女性生理には悪影響が多いと思います。それが、この間、3泊4日で九州旅行した時、一度リセットされたんです!意識して土や木に触れるようにしていたのですが、1泊目の由布院で溶けるかのように良くなりました。自然の力は偉大です。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/310-75b1579f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。