06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

07/21

Tue.

08:24:14

20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ! 

Category【マネー

20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!
(2009/04/14)
野瀬 大樹野瀬 裕子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 私たちは、お金についてあまり考えることをしません。というか、考えたくないからこそ、私たちはお金と向き合うことを避けてしまいがちです。 世の中には、お金を稼ぐ方法も、出資を減らす方法もいくらでもあります。そんなこと、だれでも知っているはずなのです。
 しかしそれを、

 「なんだか難しそう……っていうか、面倒くさいし……」

 そんな理由で何もしていないのではないですか?
 知っているけどやってみようとしない。それは、知らないことと同じです。



※赤字部分は本文中強調されている部分です。

タイトルに「20代」とありますが、書かれたご夫婦は30代の会計士ですし、内容は「早めにお金について考える機会をもちましょうね」ということなので、30代でも40代でもヒントを見つけられると思います。ただ、年代というよりも独身者で結婚が射程距離にある方にとって、より貴重な情報が多いと思います。

著者はご夫婦の共著のようになっていますが、恐らく奥様はアイデアを提案し、ご主人が執筆したのでは?と思われます。お二人とも会計士です。帯の「1ヶ月の労働時間を72時間短縮、1年で貯金を100倍、生活費を1/2にした私の方法」とありますが、基本的に共働きの夫婦だからこそ出来ることでは?と思う点が多々ありました。72時間労働時間を減らせたのは奥様です。これは同業のご主人のサポートあってのことでしょう。また生活費を半減できたのも、稼ぎ手が2人いて、極力お金を使わない生活をすれば可能なことです。そうすれば貯金を増やすこと(100倍にするには投資が必要)もできるはず。

個人的には、結婚のくだりには共感できませんでした。まぁ、現実的に男女両者が相手の収入や可能性を重く吟味するのは、それぞれ個人の価値観によると思います。条件結婚が多く、その反動で離婚率が世界一の国で暮らしていると、「ああ、日本よ。お前もか・・・」と残念な気持ちが湧いてしまいました。

有益な知識としては、お金を使う度に「1回あたりの単価」を考えるのはよいアイデアだと思います。私も早速実践しています。例えば11万円のヴィトンのバッグ。ネットオークションで売ることを前提として買うとしましょう。オークションHPでは同じバッグが2万円で売られています。とすれば、自分も2万円程度で売ることができるでしょう。すると、

11万円-2万円=9万円

9万円が正味価格となります。それを例えば3年使うなら、

9万円÷3年=3万円/年

となり、毎日の出勤に使うなら

3万円÷260日(52週×月~金)=約115円

と、1日単位で見るならばそれが大きな投資とはなりません。むしろ安い!

ところで、最も一過性の高いものは「新婚旅行」なんだそうです。旅行は一度きりのもので、何度も再生できないことが理由です。これにも私は「うーん」と反論したい部分があります。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・共働きの夫婦が増える中、働き手が増えることで1家庭の収入も増加しています。でも、それを使ってしまうばかりでは未来において安定を掴むことはできません。著者の場合、生活費での支出を抑え、そのお金で不動産投資を行い収入を増やしているそうです。

・上でも書きましたが、私は新婚旅行はムダだと思っていません。旅行もムダだと思っていません。ただ、身の丈に合った「旅」のスタイルを選ぶ必要はあると思います。私の両親は、夏休みには必ず旅行に連れて行ってくれました。北海道内を車で回る2泊3日程度の旅でしたが、今でもそれは私の心の中で大きな支えとなっていますし、決して一過性のものではありませんでした。
新婚旅行にしても、同じです。私たち夫婦には子どもがありませんが、それでも時には意見がすれ違ったり、なかなかうまく事が運ばないこともあります。そんな時、「初心に帰る」と言いますよね。私が「初心」として思い出すのは、新婚旅行のことです。新婚旅行だって決して一過性のものではないと思います。それに多くのビジネスマンは、この機会がなければ、1週間程度の旅行なんて難しいのではないでしょうか。

目次、折り込みます。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

はじめに

1章 今こそ、お金について真剣に考えてください。
・毎日午前まで働いてもお金が貯まらない理由を考える
・私たち不不はいかにして「支出を1/2」「貯金を100倍」を達成したのか?
・「なんとなく」給料をもらって「なんとなく」使ってはいないか?
・「稼いだだけ使ってしまう」という悪循環を断ち切る
・お金はナマモノ、「もっているだけ」では絶対に増えない

2章 家計のムダを見直し、支出を2分の1にする
・「考えるのって面倒臭い」という人の家計はムダだらけ
・トータルコストを考えると買い物で損をしなくなる
・ヴィトンのかばんとWiiではどちらが贅沢品なのか
・「1回あたりいくらなのか」を考えればもっと買い物上手になれる
・コラム 今までで一番悔いの残る買い物

3章 稼ぎ方を見直し、貯金を100倍にする
・30代が見えてきたら将来をふまえた「お金の計画」を立てる
・今の会社で給料を増やすにはどうすればいいのか?
・今の会社に一生を捧げる予定でも、転職は必ず考える
・「全然儲かんないっしょ?」という前に投資の可能性を知る
・コラム 夢をかなえるために実業家になった男

4章 今のうちに心得ておきたい、結婚にまつわるお金のこと
・結婚するための頭金はいくら用意しておけば充分なのか?
・結婚後、パートナーと一緒に住みはじめたらいくらかかるのか?
・「結婚」が頭をかすめたら意識したい大人のお金の使い方
・男のモテ度を会計的に分析してみる
・現実問題、どんな嫁さんどんな旦那さんを選べばいいのか?
・コラム 「知った」ことを「やって」大成功した企業

5章 「ああ損した!」といわないためのマイホーム計画
・マンションを買うにはなぜそんなにお金が必要なの?
・忘れちゃいけない、マンションを買ったあともお金が必要
・自分が組んでもいい住宅ローンの上限を知る
・結局、持ち家と賃貸ではどちらがお得なのか?
・あきらめてはいけない、世界一賢いマイホームの買い方

6章 これだけおさえておけばもう大丈夫、お金についての「10鉄則」
1 お金にまつわる「都市伝説」を疑う
2 「見せびらかし」の支出はやめる
3 残るもの・増えるものに使う
4 1回あたり・1年あたりで考える
5 トータルコストで考える
6 予算を立てる、失敗したら原因を探す
7 「がまん」が1回で済む節約をする
8 楽しむ工夫をする
9 時間を2倍上手に使う
10 とにかく、まずはやってみる

おすすめ書籍紹介

おわりに

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/327-b6dbe201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。