09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

08/04

Tue.

12:31:37

単純な脳、複雑な「私」 

Category【サイエンス

単純な脳、複雑な「私」単純な脳、複雑な「私」
(2009/05/08)
池谷裕二

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 みなさん、はじめまして。池谷裕二と申します。私はこの高校を平成元年(1989年)に卒業しています。だからみなさんの先輩にあたります。今からほぼ20年前だから、どのくらい前かと、あれ、たった今気づいたんですが、みなさんだれも生まれてないんですか・・・・・・ああ・・・・・・そうですよね、そうなんですか。思わず同様してしまいました(笑)。
 えっと、会場になっているこの体育館、当時から変わっていませんね。卒業直後一度だけ遊びに来たんですが、その後は後者の中に入ったことがありません。だからものすごく懐かしい。同時に、不思議な感覚が今しています。



池谷さんの処女作を読んだ時の衝撃、今でも覚えています。海馬が記憶の秘密を握っているという内容だったのですが、専門が医学ではなく薬学だったのが驚きだったことや、私よりたった数年歳上なだけなのに、こんなにスゴい大発見をなさっただなんて!という思いもありました。

今回の本は、池谷さんの母校で行った特別講義をまとめたものです。前半は体育館で大勢の生徒さんの前でのミニ講義、後半はもっと学びたいという有志数名の前での特別講義という構成になっています。東大めざした池谷さんの後輩たちだけあって、やはりみなさん優秀です。前半は大人数相手ということもあり、専門用語も少なく人体の神秘を楽しく伝える印象を受けますが、後半は結構専門的でした。途中「ついていけない・・・」と思う部分もありましたが、時折出てくる実験の楽しさに知らず知らずのうちに話に引き込まれてしまいました。

実験についてですが、視覚で確認できるようなサービスがついています。特設HPがありますので、それを見ながら読書を進めると、まるで教室で一緒に授業を聞いているような気分になれますのでおススメです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・脳に関する本が随分多く出されるようになりました。これも池谷さんの海馬の話題があったからではないでしょうか。この本を読み、「どうして?」と思っていたふとした習慣やクセの正体がわかった気がします。

・これは読んで良かった!と思える1冊です。授業を受けた生徒さんも言ってますが、脳は医学に属するような気がしますが、突き詰めていくと文学や哲学や心理学にも共通します。ビジネスにも、学業にも、気がつくと共通しているのです。偉人と言われる人たちがどうしてスゴかったのか。この本から少し気付きを得られました。

・付箋とともに読書することをおススメします。私は手ぶらで読んだのですが、気になることが多すぎて、最初から最後まで関心が膨らむのを感じながら読書できました。「そういえば、あの話はどこだっけ?」「あの実験は?」と再読したくなる部分が多いので、付箋などの目印を残しておくと便利です。読めば読むほど、いろいろなひらめきを得られるような本ですね。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/337-7e3060c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。