04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

08/05

Wed.

22:00:25

海辺のカフカ 

Category【日本文学

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)海辺のカフカ (下) (新潮文庫)
(2005/02/28)
村上 春樹

商品詳細を見る



書き出しを紹介します。

「それで、お金のことはなんとかなったんだね?」とカラスと呼ばれる少年は言う。いくぶんのっそりとした、いつものしゃべりかただ。深い眠りから目覚めたばかりで、口の筋肉が重くてまだうまく動かないときのような。でもそれはそぶりみたいなもので、じっさいには隅から隅まで目覚めている。いつもと同じように。
 僕はうなずく。
「どれくらい?」
 もう一度頭の中で数字を確認してから、僕は答える。「現金が40万ほど。そのほかにカードで出せる銀行預金も少し。もちろんじゅうぶんとは言えないけど、とりあえずはなんとかなるんじゃないかな」
「まあ悪くない」とカラスと呼ばれる少年は言う。「とりあえずはね」



世の中、村上春樹さんの新刊でもりあがっているというのに、一人過去の作品(文庫になったものばかりですけど・・・)読んでいます。でも、この本は夏の今、読むべき本です。ベストタイミングで読めました。

話は2重螺旋になっています。1つは15歳の僕、もう一つはナカタさんという猫と会話できるおじいさんが主人公です。自分が15の頃、どんな風に暮らしていたのか、どんなことを考えていたのか、もうすっかり忘れてしまいました。ただ、ここに出てくる「僕」は心身ともに大人びている気がします。まだ15、中学生ですよ。なのにしっかりとした性の知識があるのに驚きました。あれ、15歳ってそんなものでしたっけ?

久しぶりに付箋片手に読書をしました。たしか『1Q84』の発売日の朝だったと思うのですが、NHKで台湾での村上さんの人気ぶりについて放送されていました。あまりに好きで、日本に留学に来た方がでておられて、大学ノートにびっちりと好きなフレーズを書き込んでいたんです。彼女は宝物のように大切にしていて、時折そのノートを見ては力を得ていると言っていました。そのことが頭の中に残っていて、私も村上さん専用のお気に入りフレーズノートを作成してみようと思ったわけです。

今回私が付箋を貼ったものは、大きく言うと「人生ってどんなものだろう」が主題になっていて、全ては人の命に関連しているものでした。少し紹介させて下さい。

"ただね、僕がそれよりも更にうんざりさせられるのは、想像力を欠いた人々だ。T.S.エリオットの言う<うつろな人間たち>だ。"(P384)

"「そりゃいい。だからね、俺が言いたいのは、つまり相手がどんなものであれ、人がこうして生きている限り、まわりにあるすべてのものとのあいだに自然に意味が生まれるということだ。いちばん大事なのはそれが自然かどうかっていうことなんだ。頭がいいとか悪いとかそういうことじゃないんだ。それを自分の目を使って見るか見ないか、それだけのことだよ」"(P400)

"「愛というのは、世界を再構築することだから、そこではどんなことだって起こりうるんだ」"(P479)



jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・猫と話せるナカタさんが非常に印象に残りました。美しいほどに真っ直ぐで、強い。

・30過ぎても、自分の存在の意味や価値がわかりません。15歳の田村くんにも人生とは何かが重くのしかかっています。たった数週間の間に少年が育っていく様子が非常に心に響きます。

・夏の読書にピッタリです。扇風機にでもあたりながらどうぞ。




☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/339-558ca67f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。