05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

08/06

Thu.

14:54:42

日本の精神性と宗教 

Category【哲学・心理

日本の精神性と宗教日本の精神性と宗教
(2006/04/14)
河合 隼雄橋本 武人

商品詳細を見る


この本は、天理大学で行われたシンポジウムでの講演を書籍化したものです。
参加者は、河合隼雄先生、鎌田東二先生、山折哲雄先生、橋本武人先生で、私は河合先生と山折先生の講演内容が読みたくて、この本を購入しました。

今日の書き出しは、河合先生の講演の部分からご紹介しましょう。

 もちろん天理大学は宗教ということに非常に関心が高い大学でありますけれど、そうでなくとも、今、日本人の宗教への関心が非常に高くなっていると思います。以前でしたら、宗教のことを何か言うと、どこかうさん臭いなという感じで聞く人がけっこういたのですが、今はどこで話ても、関心をもつ人が多いのが非常に一般的だと思います。
 これにはいろいろ原因が考えられますが、その一つとしては、やはりグローバリゼーションということで、世界中の地域がお互いにコミュニケーションができるようになったことがあげられます。



おなじアジアの国で暮らしているにもかかわらず、やはり文化差による理解度や感覚の違いが生じます。ずっと何が違うのかと考えてきました。私は高校・大学をプロテスタント系の学校で過ごし、高校時代の宗教の時間に初めて聖書を学びました。高校時代は毎朝礼拝があり、聖書の朗読と賛美歌を歌い、月に何度かは講堂に全校生徒が集まり(しかもパイプオルガンがありました)大掛かりな礼拝を行った記憶があります。しかし、我が家は仏壇もあれば神棚もあるという一般的?な家庭でした。一応聖書について学びましたので、西洋のいろいろな事情もなんとなく頭で理解できるようにはなったと思います。

ソウルには至るところに教会があり、毎週礼拝に出席する熱心な信者も多い地域です。一方で儒教はこの国の文化背景の奥深い根として今でも影響を及ぼしています。確かに思考の流れは、私が高校時代に学んだ聖書というよりは、儒教の傾向が強い。キリスト教が入ってきてから、まだ100年余りのソウルでは、まだまだキリスト教的習慣が根付いているとは言いがたいと思います。

そこで、私自身の文化的思考や傾向を客観的に見てみると、幼い頃に身についた仏教的背景があることに気がつきました。それは儒教というフィルターを通したからこそ、初めて強く意識できたんだと思います。

もともと仏教美術が好きなこともあって仏教に関心を抱き続けていたところ、東洋哲学や民俗学についても興味を持つようになりました。そこで、日本人の根底にある宗教観についてもっとフォーカスしてみようと購入したのがこの本です。河合先生のお話は、自然の中で共存する神からグローバル世界での個人主義・利己主義へと広がります。敬う気持ちが薄れ始めていることが、現代の日本を変えているというご指摘です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・天理大学という場所柄もあり、お話はそちらに流れる傾向が強いのですが、河合先生のお話と山折先生のお話には非常に含蓄があります。宗教観がどのように文化として受け止められているのかを知りたい方は、山折先生と鎌田先生の講演部分を読んでみて下さい。

・河合先生の講演内にある、インディアンのお話が非常に心に残りました。河合先生が訪れたナバホ族の人々には、「宗教」という言葉がないんだそうです。理由は、生活そのものが宗教だから。目覚めたら感謝し、食事をしては感謝し、地面に立てば感謝する。「ありがたい」という気持ちを常に抱いて生きることが、私たちのいう「宗教」に相当する。だからわざわざ「宗教」という言葉を使わないんだそうです。感慨深いお話です。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/340-cf8ee600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。