08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

08/24

Mon.

16:16:35

辺境・近境 

Category【旅行

辺境・近境 (新潮文庫)辺境・近境 (新潮文庫)
(2000/05)
村上 春樹

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 イースト・ハンプトンに行くことになったと言ったら、何人かの出版関係の知り合いが「じゃあ向こうに行ったら是非この人に会いなさい」と言って当地に住む知り合いの作家の名前を挙げてくれた。出版社の広報担当者であるジリアンはトム・ウルフとデヴィッド・レーヴィットとE・L・ドクトロウの名を挙げた。「ニューヨーカー」の編集者であるリンダ・アッシャーはカート・ヴォネガットの名前を挙げた。ジリアンもリンダも生粋のニューヨーカーだが、ハンプトンにも家を持っていて、そういった作家たちはご近所に住んでいるお知り合いなのである(残念ながら今回はヴォネガットともドクトロウともレーヴィットとも会うことはできなかった。トム・ウルフとは後日ニューヨークで会うことができたが)。



村上春樹さんの旅行記です。今回の行き先は、イースト・ハンプトン(アメリカ)、からす島(瀬戸内海)、メキシコ、讃岐、モンゴル、アメリカ大陸横断と幅広い。メキシコでは前半はバスで移動し、後半はカメラマンの松村氏と車で太平洋沿いの街をめぐります。

旅はやっぱりいいですね。自分で旅することも好きですが、こうして優れた旅行記を読むことも旅への憧れがむくむくと刺激され、「ああ、旅に出なくちゃ」という気分にさせてくれます。「○月×日 △曜日 今日はイースト・ハンプトンに行った。海がきれいだった。ここは作家が多く住む街で、スピルバーグ監督も別荘を所有しているらしい。静かな街だった。」式の旅行記はたくさんあります。私の旅行記なんかもっと酷いものです。村上さんの旅行記には、しっかりと五感が詰められており、毎度圧倒されながら読み終えます。きっと、説明するに充分な語彙をお持ちなんだろうな、と改めて自分の言葉への扱いのぞんざいさを反省しました。

この本には、並行した写真集があります。

辺境・近境 写真篇 (新潮文庫)辺境・近境 写真篇 (新潮文庫)
(2000/05)
松村 映三村上 春樹

商品詳細を見る


合わせて読むと、楽しいですよ。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・旅が大好き。でも、どうしたって旅行はお金がかかるものです。車で移動するにしても、ガソリン代やら高速のお金がかかる。海外ともなると、航空料金代だけで旅費の半分あまりを占めてしまう。世界は広く、行きたいところはたくさん。時間とお金があれば・・・と伸ばし伸ばしにしているうちに、あっという間に旅がしんどい世代になってしまうかもしれません。村上さんの旅行記を読むと、旅での経験を生かすには、やはり後にアウトプットすべく感度を高めた旅をすることが大切だと思うようになりました。事前にガイドブックを読み、計画を立てますが、いつのまにか計画をこなすことに躍起になり、大切なことを見落としがちです。旅が消耗品にならないよう、感度を高め、自分を高めるような旅を続けたいと思います。

・ちょうど一ヶ月ほど前に、『20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!』という本をご紹介しました。

参考記事 20代、お金と仕事について今こそ真剣に考えないとヤバイですよ!

その本の中に新婚旅行は一過性のものであって、再生不可能なものとありました。旅行から多くの学びを得てきた私としては、このくだりに納得行きませんでした。村上さんの旅行記を読んでいると、旅は決して一過性のものではないと確信できます。それは旅した人のマインドのあり方と、旅を書物と同じようにインプットしアウトプットできる素材であると考えていないだけのことのように思えてなりません。みなさんはいかがお考えですか?



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/350-cdc07b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。