07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

08/25

Tue.

09:38:57

ハイヒール・マジック 

Category【ファッション

ハイヒール・マジック! -あなたのキレイが必ずかなう、ハイヒールの履き方歩き方-ハイヒール・マジック! -あなたのキレイが必ずかなう、ハイヒールの履き方歩き方-
(2008/09/11)
マダム 由美子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

ハイヒールでいつでも魔法をかけられる

 私たちは普段から、自分を少しでも魅力的に見せたいと考えています。スタイルもよく見せたいし、振る舞いも上品に見せたいし、服の着こなしもセンスよく見せたいし……。そのためにダイエットに励んだり、服選びやメイクにあれこれ思い悩みます。
 「下腹が出ているからパンツをはくと目だってしまう。これは腹筋を鍛えるべきなのか、それともパンツ選びでどうにかなるのか?」
 「顔が大きいのが悩み。でも、整形してみたところでまさか顔自体は削れないし。なにかいい化粧法とかないかしら」
 「そもそも脚の格好が悪い。スカートをはいたってパンツにしたって、もとの形は変えられない。うまくごまかしたいけど……」



久々のファッション・ビューティー本です。
私は偏平足で足が薄く、今までピッタリ!と思える靴に出会ったことがありません。大抵は靴に下敷きを入れたりと何らかの調整を加えますが、それでも快適には程遠い。よって、どうしてもスニーカーやバレエシューズなどヒールのない靴を選びがちでした。この本を読もうと思ったキッカケは、イタリアのおばあさんが真っ赤なハイヒールを颯爽と履きこなしている映像を見たからです。何かの旅行番組だったと記憶しています。とにかくキレイでした。背筋を伸ばし、足場の悪い石畳の上をゆっくり歩いて行くおばあさん。イタリア女性は何歳になってもお洒落することを忘れないんですね。

この本を見て驚いたのは、掲載されてる「ヒールなし」「ヒールあり」の比較写真です。本当に違う。特に裸足になると、その差は歴然です。書き出しにあるスタイルも、顔の大きさも、足の長さも、写真を見ると「ああ、本当に解決してる・・・」と実感できます。ヒール一つでここまでスッキリするものかと驚くに違いありません。そして、「ああ、今までもったいないことした・・・」と思うことでしょう。

その理由は、比率の差です。例え幅が同じでも高さが変わることで比率は代わります。幅50?長さ100?のバスタオルと、幅50?長さ200?のバスタオルでは、後者が随分細く感じるはず。それと同じことで、足元を数センチ(本書では、身長160?以上なら7?以上を、160?以下なら7?程度のヒールを推奨しています。)上げるだけで、腰も締まって見えるし、顔も小さく見える。単なる目の錯覚なんでしょうけれども、効果激大です。

私のように靴探しが難しい人は、ヒールと聞いただけで引いてしまうことと思います。シューフィッターさんにお願いして見立てて頂いたにも関らず、お蔵入りしたヒールは数知れず。それを思うと、ヒールに脚を滑らす気持ちが起きませんでした。著者のマダム由美子さんは、靴を選ぶ時になんと10分余り試し履きしてみるんだそうです。私の試し履きはせいぜい長くてお店の端を行ったり来り。1分余りでしょうか。確かに脚が痛くなり始めるのって、履いて10分後くらいですよね。歩いているわけでもないのに、脚がしびれてきたり、締め付けられてきたりと、靴の数だけ症状が起きます。この靴選びのお話はとてもためになりました。あと、ストッキングの切れ端を持ち歩き、足が痛くなった時の応急処置方法や、アームバンドをベルト代わりに使う方法は今すぐにでも実行できそうです。

女性のみなさん、これはおススメ。まさにマジックです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・マダム由美子さん、長くバレエをなさっていたそうです。バレエの足裁きがヒールの履きこなし方に関連しているというお話、おもしろかったです。ヨーロッパの方がどうしてあんなにバレエを愛するかがわかりました。バレエ=優雅、ということですね?

・海外で生活している方から聞く話で共通することが一つ。観光客を観察していると、日本人の観光客には姿勢の悪い人が本当に多い。ソウルの街でもミョンドンを歩いていると、男女差なく日本人は姿勢が悪いです。背筋が曲がっているし、足も決して颯爽とは言える代物ではありません。私も猫背だったのですが、ソウルに来てすぐの頃、ショーケースに映る自分の姿があまりにもバランスが悪いことに気がつきました。必死で治している最中なのですが、なかなか難しいものですね。でもヒールなら、確かに猫背の防止になるかもと思います。

・日本人の姿勢の悪さは、舗装の良さに影響しているのではないでしょうか。ヨーロッパは基本的に石畳の街が多いですが、ヒールで闊歩している人をよく見かけました。ソウルもレンガが埋め込まれている歩道が多いので、歩き難いことが多いです。道が悪いと、猫背で歩くのは負担が大きい。単純に歩き難いと思います。ですので、意識して姿勢を正していることもあると思いますが、ガタガタの道を楽に歩こうとすると、自ずと背筋が伸びるのかもしれません。

・靴は人を表すと聞いたことがあります。確かにTPOを選びますし、汚れた靴はその人自身が汚れているようにも見えるかもしれません。欧米では高価な靴を大切に履き、手入を加えながら何年も履くんだそうです。私もこういう靴を一つ購入し、徹底的に歩き方やファッションを変えようと決めました。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/351-5b2d8bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。