04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

10/06

Tue.

23:21:29

「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術 

Category【勉強法

「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術
(2009/08/21)
齋藤 孝

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

 情報の時代だ、とよくいわれる。たしかに、世の中には情報が満ちあふれている。多くの人は朝、起きるとテレビをつけ、新聞を開く。通勤途上ではケータイのニュースに見入り、朝から晩まで、情報洪水に身をさらしている。
 会社では、いつも目の前にパソコンが立ち上げられている。仕事中でも簡単にインターネットにアクセスできる。ランチに行くときには、ケータイでネット検索をして、おいしくて安い店を探して出かける。買い物に行こうとなれば、またまたネット検索をして、どの店に行くか、店選びをする。
 こんな暮らしが、情報の時代といわれる現代にふさわしい生き方なのだろうか。



久々に齋藤 孝先生の本を読みました。
齋藤先生と言えば、3色ボールペンですね。以前は私も3色ボールペンを使って本を読んでいたのですが、線を引いてしまうと本を処分する時に困るので、今では付箋にしています。

この本を読んで、「読む・書く・話す」が一瞬で身についたかというと、決してそうとは言い切れませんが、知的生産術という意味では目からウロコがぼろぼろと落ちました。

まずは「読む」について。
とにかく数をこなしていくことが大切です。経験値が増えるに従い、自ずと質も見極められるようになります。勝間さんの影響でしょうか、数年前から速読が話題になっています。齋藤先生は、数をこなしていくうつにスピードは上がるようになると仰っており、速読に関しても「速読とは目を速く動かすことではなく、理解力を増すこと」と仰っています。

これは取り入れたい!と思ったのは、10冊を一度に読んでいくという読書法です。数冊を一気に手をつけることで、次々と読書をこなしていく流れが出来ていきます。1冊完読すれば、また次にも手が伸びる。私は3冊を並行して読むようにしていますが、時間に余裕がある生活をしているうちに冊数を増やして、読書量も増やしたいと思います。

そして齋藤先生ならではの、本は汚して読め。
3色ボールペンを駆使したり、本の端を折ったりと、後々でチェックしやすいにしておきましょう。また、目次をコピーしてメモを書き加えていく方法もかなり使えそうです。

次に「書く」について。
これは、情報は一期一会であり、その時にしっかりとものにしよう。そして、メモを取りまくろう。情報をメモするには、3色ボールペンを利用するのが一番。最重要=赤、重要=青、自由=緑、など区分けすることでメモや手帳もスッキリします。また、道具の助けを借りて、情報を整理しましょう。齋藤先生は1冊のノートにまとめてメモを取っているそうです。

最後に「話す」について。
やっぱり情報をどう収集し、編集するかが大切。これは「書く」にも共通することですが、情報をまとめている段階で「何か足りないな」「何か変だな」などの違和感を見逃さずに追求すること。ここで編集力が求められます。また、究極の情報源は「人」です。実際に会える人ならば、会いに行きましょう。もしそれが出来ない過去の人ならば、その人の作品を集中して読むなど、自分に憑依したのでは!と感じられるまでに極めてみましょう。そのうち、対話が出来るはずです。


jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・齋藤先生の本には、いつも「なるほど」と思わせられ、すぐに実行に移す行動が多々あります。今回私が取り入れたことは、一度に読む本の数を増やすこと、ノートの取り方、憑依するまではまり込んで読書すること。特に最後の「憑依」っていうのが私のフックに引っ掛かりました。これは、やりたい。

・編集力、私も身につけたいんですよね・・・。この本で挙げられていること、全てやってみようと思います。

・ネット時代となり、どの情報をゲットすべきかは自分の感性にかかっています。しっかりと目的を持ち、アンテナを張っているのならば、必要な情報だけをチョイスできるかもしれません。でもダラダラと引っ張られるようにネット生活を繰り広げているだけでは、良質な情報は引っ掛かってこない。これからは情報を整理することにもっと気を使いたいと思います。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/373-52b1d393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。