09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

02/03

Sun.

18:40:25

なんくるない 

Category【日本文学

親友がグアム旅行帰りに寄ってくれました。「もう読んだから、良かったら読んでみて。」と2冊の本をくれたのですが、今日はそのうち1冊を読みました。

なんくるない (新潮文庫 よ 18-18)なんくるない (新潮文庫 よ 18-18)
(2007/05)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


一度でも沖縄に行った事があるなら、身近に感じる事でしょう。旅先の沖縄で感じた、自分でも説明できない感情、覚えていますか?妙にはしゃいだり、淋しくなったり。何か温かいものが心に流れてきたかと思えば、また日常に戻る事で心が硬くなるような感じ。沖縄を舞台に広がる、旅人の心を照らす小説です。私は日常を取り巻くいろいろな問題から開放されたい気持ちで沖縄入りしました。でも数日過ごすうちに、「どうにでもなるわ」と思えるようになりました。その理由がわからないまま今に至りましたが、その理由がこの1冊で解明しました。やっぱり沖縄には、何かあるんですね。形にもならない、言葉にもならない気持ちでしたが、それが「まぶい」だということを知りました。「まぶい」とは、魂を意味するそうです。「まぶいを落とす」と、人は不調になるそうです。きっと沖縄では、だれもが知らず知らずのうちに「まぶい」に触れているのかもしれませんね。そして自分の「まぶい」と向き合うことで、あるべき形に戻っていくのだと思います。

一方こちらは、ばななさんの沖縄旅行記です。これから沖縄へ行かれる方にもオススメです。

なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか (新潮文庫)
(2006/03)
よしもと ばなな

商品詳細を見る


「まぶい」については、こちらのサイトをご参考下さい。

美ら島物語さん
http://www.churashima.net/word/14.html
沖縄あれこれさん
http://www.will-way.com/wan_will/alpha/majun/archives/2005/12/post_2.html

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/38-823cfcba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。