06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

10/19

Mon.

10:24:45

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか 

Category【自己啓発

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
(2009/09/11)
美崎栄一郎

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 多くのビジネスパーソンがノートを使っていますが、ノートの使い方を工夫して仕事の生産性を上げる方法を知っている人は少ないと思います。
 私も会社に入って、ノートの取り方を教えてもらったことはありません。
 そうすると、どうしても学生時代に使っていたのと同じような使い方をしてしまいますが、社会人のノート術は学生のノート術とはまったく違います。
 私はビジネスの第一線で仕事をしていると自負していますが、今までの仕事の成果はノートによるところが多いと実感しています。



本文中、太字で強調されている部分は赤で色分けいたしました。

さて、いろいろな方の書評を読んで、どうしても読んでみたかった一冊。実は読むのに1週間くらい掛かってしまいました。理由はいろいろと取り入れてみたい事柄が多かったのと、じっくり読みたかったから。すきま時間ではなく、しっかりと時間を取って読み進めました。

ノートと言えば、『情報は1冊のノートにまとめなさい』も大変参考になりました。本書内でも紹介されていますが、バラバラといろいろな所にメモをとらず、1冊にまとめることの能率性を知るにはぴったりの本です。

たしかに、学生時代のノートと大人になってからのノートは違うと思います。昔は「いかにきれいにポイントをまとめるか」とオリジナルの参考書を作る気分でノートを取っていました。でも今は、アイデアだったり、メモだったり、会議ノートだったりと、用途やメモを取る内容が多様化しています。『情報は1冊のノートにまとめなさい』同様、この本でも軸となるノートに全てを記していきます。時にはメモを直接張ったり、コピーやスキャンを使って資料や名刺まで貼ってしまうのです。

この本で学べることは、ノートをいかに充実させ、自分の脳として使いこなせるかということです。結局全てのことを頭に残しておくことはできません。忘れるために、書く。書いたメモは必ず後に参照しなくては意味がありません。ですから、そのタグをどうやって脳に引っ掛けていくのかというノート技のあれこれが紹介されています。今すぐ実行したくなるものばかりです。

例えば、付箋を上手に利用する方法。
付箋をインデックス代わりに使っている人は多いでしょう。色分けで差別化したり、使うペンの色で工夫することは私でも考えつきます。この本での工夫、それは付箋を貼る場所で区分けすること。左綴じのノートの場合、上下右に付箋を貼ることができます。例えば右側につくインデックスは日付、上のインデックスはタスク、下は急ぎの用事など、項目によって付箋を貼る位置を変えるのです。これは目からウロコでした。

インプットとアウトプットに関して。
何事も、PDCAサイクルを原則とすること。これはかなり使えると思ったのですが、例えば会議の前に、「予想」するのです。どんな流れになるか、どんな結果が出るかなど、新人さんでも予想ならできるでしょう。実際にその会議が始まったら、後にタスクとなるようなことや、大切な議事録を取っていきます。そして最後に検証するのです。自分の出した予想と、実際の会議の結果を確認します。これを見開き1ページでやってみる。色ペンで項目を分けるのも良いかもしれません。

他にも読書ノートについてのよい情報もありました。
読書ノートとは「アクションプラン」なんだそうです。著者は「A書評」と読んでおられますが、読んだ内容から、今の自分に活かせることをアクションプランとしてメモしていきます。今日から私も早速この方法を実践してみることにしました。

私は『情報は1冊のノートにまとめなさい』を読むまで、バラバラといろいろなところにメモを残していました。というより、メモなんてめったにしませんでした。ところが、1冊ノートを持ち歩くようになり、心のあり方が変わってきました。ノートに書くということで、どんなに楽になるかを身を持って知ったわけです。

ノートを上手く使いこなす事は確実に効率を上げる行動に繋がります。
ビジネスマンなら、絶対に読むべき1冊。激プッシュです。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・このところ定番となってきました「本の中で他の本を紹介する」という情報の提供方法。この本の中でもいくつかの書籍が紹介されています。読んだ内容が興味のあるHACKだと、他の本も読みたくなるかも。いくつか購入してみることにしました。

・とにかく「使える!」のひと言です。今まで「まだノートを使いこなせていない」感がありました。この本を読み、一歩前進した気がします。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・ブログ内に「実行すること」欄を設け、本から得た情報で自分に活かせそうなことがらをメモる。

・文具をいくつか揃える。貼ってはがせるのり、ペン型ののりなど。

・ピックアップされている書籍を読んでみる。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

ありがとうございます。

ありがとうございます。

公式サイトで引用させて頂きました。
http://www.note272.net/?p=909
この本の中で紹介した本は、沢山読んだ中で関連して読めば役に立つものだけです。沢山の著者さんを知ってますが、関連しないものは載せていませんから、すべて読む必要無いですが、興味沸いたモノはお勧めです。

2009/10/21 05:38 | URL | 美崎栄一郎 #mQop/nM.  edit

Re: ありがとうございます。

美崎先生

こちらこそ読んで頂いただけでも大感激ですのに、ブログへの紹介までありがとうございました。
本当に役に立つ1冊でした。多くの人に読んで欲しいですね!

2009/10/23 22:58 | URL |  toh #-  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/380-3914b553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。