06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

11/17

Tue.

08:31:47

裸でも生きる 

Category【起業

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ)
(2007/09/22)
山口 絵理子

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

学校の門をくぐれない子

 いま振り返ってみると、私が二十三歳で一人でアジア最貧国のバングラデシュの商材で企業するなんていう突拍子もない道を選んだのは、まだ小さかったころに感じたこと、経験してきたことが、積み重なった結果だと言える。

 一九八一年八月、私は埼玉県で不動産業を営む父と、小柄な母のもとに、次女として生まれた。とても無口で、家にお客さんが来ると卓袱台の下に隠れてしまうような子どもだった。
 恥ずかしがり屋で、幼稚園のプールの時間では、どうしてもパンツが脱げなくて、パンツの上に水着を着ていたら、よく先生に注意された。
 そんな私は、小学校に入るといじめられた。



努力の人。上の書き出しにもありますが、幼少時代のいじめから中学時代の不良生活。ところが姉の影響で柔道を知りそこに青春を捧げるのですが、大学進学の時期には勉学が追いついていないことに気づきます。そこで一芸入学を試み、なんと慶応大学に入学なさいました。

大学生になっても著者の努力は続きます。同級生には帰国子女も多く、英語の他にも学業についていけないと感じ猛勉強。大学生時代に興味を持った開発学。ボランティアなどを通して後進国の実体を知った彼女は、単身バングラディッシュに向かいました。短い滞在の中、著者は自分の進路を決定します。それは現地の大学院に進学するというものでした。周りの反対を押し切りダッカ入りするのですが、やはりここでも困難は続きます。それも並のレベルではありません。だって、バングラディッシュです。想像もつかない世界です。しかし、ここで転機が訪れます。バングラディシュの素材を生かしたバッグを売ろう。バングラディッシュに光を差し込むために、惜しまずに力を注ぐ著者の姿は感動的です。
 
この本を読んでいると、スポ根もののような辛さというか、にじみ出る努力に圧倒されてしまいます。柔道を始めた頃の毎日繰り返したという練習内容は、類稀なる精神力の強さとしか思われません。韓国に住んでいると、本当に生活が苦しいですから「ハングリー精神」を今でもよく目にします。実際に「両親のため、家族のため」と生活のために成功を求めるかた多くいらっしゃいますし、その努力は並大抵の人には続けられるような内容ではありません。芸能人の成功秘話なんかを聞いていると、殆どが家計の苦しさのため「お金が欲しい」とがむしゃらに働いたというコメントが多くでてきます。まさにこの本はそんな「ハングリー精神」の詰まった本。とは言え、ハングリーなのは金銭に対してではなくて、夢に対してのように思えました。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・この本、韓国語に訳したら売れると思うな。タイトルもいいし、内容も韓国の人の好きそうな「あきらめない。夢をおいかけてがんばる。挫折してもがんばる。」スタイルですしね。

・著者の年齢を考えると、ゆとり教育だの、感受性が乏しいだの言われている今の20代の皆さんの根性というか芯の強さを感じられ、「日本もまだまだ大丈夫」と思えてきました。年代に関係なく、できることは夢を追うこと。実現させてみようじゃないですか。

頑張るぞ。おーっ。 実行すること

・Mother Houseについて調べること

http://www.mother-house.jp/


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/397-d4cf34d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。