09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

02/05

Tue.

11:11:53

人生の教科書情報編集力をつける国語 

Category【随筆・エッセイ

昨日の文章術に続き、今日も文章修行道をひた走っております。

人生の教科書情報編集力をつける国語 (ちくま文庫 ふ 29-8)人生の教科書情報編集力をつける国語 (ちくま文庫 ふ 29-8)
(2007/10)
藤原 和博

商品詳細を見る


読書中、チラリとご紹介した本です。帯には『本物の国語力は人間関係に役立つ コミュニケーションツールとしての日本語を学ぼう!』とあります。

この本での「情報編集力」とは、世の中で必要とされるコミュニケーション技術を指しています。相手が出した情報を読み取る力や、相手が読み取り易い情報を出せる力を育成するための本です。またその情報を理解したり、批判したりする事で、そこから学びを得る力も必要です。昨今日本では、この情報編集力が損なわれる教育が続いてきました。それを再び育てなおそうと、杉並区立和田中学校の藤原和博校長先生が中心となり、新しい国語の授業を行いました。その内容が中心に綴られています。3部構成となっており、中学校での「表現力・思考力」の授業、読書感想文の書き方特別講座、そして古典文学を題材に日本語が生まれた経緯を学びます。巻末には「読まれちゃ困る!?BOOKリスト」として、中学生レベルの思考力を高める書籍の紹介があります。

1部では各章の終わりに、その時の授業で使ったプリントがそのまま掲載されています。大人はまず、その高度さに驚くでしょう。頭を使うだけではなく、イメージをしっかりもたない事には完成できません。つまり柔軟な想像力が何よりも必要なのです。中学生が楽しく取り組んだ様が多々見受けられるのですが、頭の硬い大人の頭には難問です。自分の表現力の乏しさを確認するのによいトレーニングとなります。

中学生の授業だと甘く見てはいけません。私達は、この時期に情報編集力を育てなかったから、今も困難を感じています。コミュニケーションは大人社会では必須の能力です。それが国語教育にあったとは!コミュニケーションに躓いている人大人が見過ごしてはいけない1冊かもしれない。そしてブログを書いている仲間の皆さんにもおススメしたい1冊です。

人生の教科書情報編集力をつける国語 (ちくま文庫 ふ 29-8)人生の教科書情報編集力をつける国語 (ちくま文庫 ふ 29-8)
(2007/10)
藤原 和博

国語教育を通して、コミュニケーションをつけよう!



リンボウ先生の文章術教室 (小学館文庫)リンボウ先生の文章術教室 (小学館文庫)
(2006/05/11)
林 望

これもおススメ


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/40-e4e994fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。