07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2008

02/06

Wed.

10:32:42

本を読む本 

Category【勉強法

一昨日くらいのYahoo!の記事に面白い物がありました。「オバマ演説、ここがスゴイ!」というタイトルです。オバマ候補の演説は、ケネディ大統領の再来と言われるほど、人をひきつけるそうです。演説を聞いた翻訳家のコメントがあるのですが、「オバマの演説原稿は、時事英語のような専門用語がなく、センテンスも短いので、とても分かりやすい。ロジックの展開も絶妙で、クラシックの協奏曲を聴くようにリズミカルに読めるのです。」との事でした。人を魅了する文章というのは、聞くにも読むにも、やはり短く、シンプルな文章という事なんですね。なるほど。この話を読み、自分の文章を読む側として客観的に見てみようと思いました。そこで読んだ本が、コレです。


本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラー、C.V. ドーレン 他

商品詳細を見る


人によって、好きな読み方があるでしょう。自分のスタイルを持っているからといって、「本の読み方を教える?おおきなお世話だ!」とは言わないで下さい。そもそも本を読んだ気になっているけど、理解した気になっていたのではないですか?きっと自覚症状がないと思います。なぜなら、「理解した」と認識しながら読了する人は少ないからです。

本には種類があります。そしてその種類に対応した読み方で読むべきです。一字一句熟読する必要のないものも多々存在します。それをどうやって、読む前に見極めるのか。それは本から出される情報を、事前にサーチする事でわかります。例えば本の帯や、タイトル、目次、裏表紙。なにかと情報があるのです。その本を手にとった瞬間、どうしてこの本を読もうとしているのか、その目的が明確ならば、サーチは可能です。そして「しっかり読むべき」という判断が出たのであれば、しっかりと読めばいい。逆なら、速読でさっと読むのが適しています。

実はこの本、この間ご紹介した『図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める』と一緒に購入しました。アマゾンの書評に、この本と一緒に読めば速読も可能、というようなコメントがあったからです。そこでセットで読んでみて「ああ、そうかも。できるかも。」と思いました。

また、昨日ご紹介した『人生の教科書情報編集力をつける国語 』にも共通しています。本の情報を頭の中でまとめるには、編集能力が必要です。そのステップに共通した部分が多々見られました。そして、整理の方法はマインドマップに共通します。

自分のブログの客観的読者になるにあたり、「単語」の曖昧さを無くそうと思いました。オバマ氏が簡単な言葉を選んで使っているのは、言葉に複数の意味を持たせないようにしているからだと思います。言葉の意味は1つだけとは限りません。「幸せ」と言ったって、人によってイメージするものは異なります。言葉と概念が結びつく時、微妙に意味の幅を広げてしまう事があります。それを避けたい。そうしなくては、結局自分の意図が読んで下さる方に伝わらないからです。この本には、そのためのステップが記されています。結局、単語一つが伝わらないだけでも、その本を理解できたとはいえないわけです。無理矢理通読して、ただ「最後まで読んだ。」というのは、読書ではありません。ただの時間の浪費です。いかに本からの情報を、自分の血となり肉とするか。幸せ追求ブログ、もっともっと精進致します。

ところで、オバマ氏の2004年の演説は、「伝説の演説」と言われているそうです。サイト、探してみましたので、ご参考にどうぞ。

・英語のスピーチ原稿
http://www.americanrhetoric.com/speeches/convention2004/barackobama2004dnc.htm

・日本語翻訳
http://macska.org/article/34

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
(2005/05/24)
神田 昌典

商品詳細を見る



☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/41-4a475618
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。