07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

01/28

Thu.

23:25:59

断る力 

Category【自己啓発

断る力 (文春新書)断る力 (文春新書)
(2009/02/19)
勝間 和代

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

はじめに

 私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスをするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、見につけること」と言うでしょう。実際、私が「断る力」、英語にすると「Say No」、すなわち相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。そして、その時から、私の世界はドラマティックに変わり始めました。
 人から何かを頼まれる、頼られる、うれしいことです。そして、頼まれたことに対して相手の気に入るように振る舞うと、それなりのごほうびが来ます。そうやって私たちは親からも、先生からも、上司からも、育てられてきました。しかし、単に頼まれたことを断らずに唯々諾々と行うということは、自分の人生の進路を行き当たりばったり、他人に委ねてしまっていると言い換えることもできるのです。




ちょうど1年前に出た本。当時、密林の評があまりに悪かったので、様子見をしていた一冊です。タイトルや帯から「何でも断るなんて、とんでもない!」のような批評を多く見かけましたが、勝間さんの仰りたいことはそんな単純な事じゃない。きっとそういう書評を残した人は、『ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話』に出ているようなイタいことになっちゃうんだろうと思います。

本書は、まず総論として「断る力」とはなに?ということを説明し、それからホップ・ステップ・ジャンプの順に「断る力」を活用していく方法を説明しています。

総論では、「断る力」は自分の軸がしっかりある人は、自分がスペシャリティになる環境を選ぶべき。それには「嫌われる」とか「怒られる」とかいうよりも、アサーティブの精神で賢く自分の意見を主張する。ホップでは、自分の軸となる基準がなんであるかを知る事を、ステップでは断るためは、建設的に相手に影響を与える方法を、最後のジャンプでは断ることにより生じる好環境を語っておられるのですが、一言でいうと「理不尽なことを遠ざけ、自分を磨く方法」だと感じました。

会社で働いているわけでもないですし、家でも特に無理強いされることもないので、「断る」ことが滅多にない生活をしています。ですから、読んでいてピンと来ない部分がありました。でも、自分の中の理不尽さと闘うとなると、「あー、なるほど!」と大きくうなずいた次第。

ただ、なんとなくわかるんですよね。「断れない」っていう人の気持ちも…。まずは自分の軸作りです。これができれば、何を受け入れ、何を断るべきかが見えるのではないでしょうか。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・さーっと読んでしまったのですが、何度か読み直したい本です。とにかく自分が無い人が読んでも、「できるわけないだろー!」と逆の方向に進むのが目に見えています。早く自分テスト、しなくちゃ。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/444-6a5f8624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。