03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

02/03

Wed.

10:49:04

老師と少年 

Category【哲学・心理

老師と少年 (新潮文庫)老師と少年 (新潮文庫)
(2009/11/28)
南 直哉

商品詳細を見る


書き出しをご紹介します。

前夜

 その夜、入り口にうつむいて立つ少年に老師は言った。
「若い友よ。こちらに来なさい」
 老師は自ら身を動かし、かたわらに場所を空けた。少年は呼ばれるまま師の横に坐った。



年末、大阪に行った時に購入した本。
開くとまず、行間の広さに驚きます。1ページに12行しか文章が書かれていない。112ページの薄い本ですので、あっという間に読めると思っていたのですが、いざ読み始めてみると薄さ=軽さではないことがわかります。

少年は心に悩みを抱いています。考えても答えがでない。森を歩きながら答えを求める少年は、老師のいる庵へたどり着きます。それぞれ、前夜から一~七夜を経て後夜まで、少年は毎夜老師を訪ねて心の問いを投げかけます。少年の心には死や生についての問題です。老師はそんな少年の心を小さな光で照らすように心の深遠に迫ります。

著者は禅僧の南直哉氏で、現在恐山の院代、そして福井市霊泉時の住職でいらっしゃるそうです。この老人と少年の話はまさに禅の問答のようで、まずは問う。そして、考える。考えに考えて、答えを求める。でも、きっと正解は1つじゃないんでしょうね。どうして人間は生きているのだろう。人は死んだらどうなるんだろう。小さい頃、だれもが死を恐れ、悩み、不安に感じたのではないでしょうか。大人になるにつれ、その恐れはどんどん日常のあれこれに消されてそれほど悩まなくなってしまったけど、何かのキッカケ一つでまた心がざわざわしてくる。

巻末のあとがきは、なんと3名もの方が寄せておられます。3名とは、茂木健一郎先生、みうらじゅんさん、歌手の土屋アンナさんです。

読んでいても、難しくてわからないんです。少年の問いの意味はわかります。でも老師の言葉はすっと簡単には理解できません。その都度本を置き、考えてみる。これは何度も読んでこそ、心に入り込む1冊です。さっと見だけでは、絶対に理解できないはず。本との対話が必要です。

jumee☆point1d この本を読んで jumee☆point1d

・南直哉さん、マイケルと同じ1958年生まれだそうです。経歴を見ると、「1984年曹洞宗で出家得度」とありますが、26歳の頃のマイケルと言えば、モータウン25周年コンサートで初めてのムーンウォークを披露した翌年、ペプシのコマーシャルで火傷で重症を負った年です。その翌年には「We are the World」を作っています。とくになんら関係のないお話ですが、そんなことをぼんやり考えてしまいました。

・巻末の土屋アンナさんのあとがきが素晴らしいです。こういう読み方もあるんだーと力をもらえます。


☆ 応援、ありがとうございます ☆ banner_03.gif

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://siawasetuikyu2.blog10.fc2.com/tb.php/448-aa7ab773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。